週末公開の映画……2017.5.18

『あの日、兄貴が灯した光』☆☆☆
『たたら侍』☆☆
『夜明け告げるルーのうた』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


試写を見る前に食事をするかしないか、結構迷うことがあって。
小腹が空いた時、食べないで我慢すると、上映中にお腹がぐぅ〜と鳴る。
でも、食べちゃうと眠くなったりもする。
ガチャガチャ賑やかな映画ならいいけど、静かな作品でお腹が鳴ると困るんですよねぇ(笑)。
スティックとかの小腹満たし用のものを鞄に忍ばせておく必要があるのかなぁと思いつつ、
それで1食減らすのはもったいないし。食いしん坊としては、悩むところです(笑)。
さ、今週は3本です!


『あの日、兄貴が灯した光』は、韓国映画。

柔道の韓国代表として活躍していたドゥヨン。
ところが、試合中の事故で神経を損傷。失明してしまうんですね。
ドゥヨンは早くに両親を亡くしていて、縁切り同然の異母兄弟の兄ドゥシクがいるんですが、
そのドゥシクは詐欺で服役中。
ドゥシクは弟の事故を塀の中で知り、弟の介護を理由に、仮釈放を申し出ます。
面談で流した涙は、もちろん芝居。ドゥシクは仮釈放を勝ち得ます。
久々に家に帰ると、カーテンは閉めっぱなし。
床にはゴミが散らばり、ドゥヨンは食事もほとんど取らず、部屋に引きこもり状態。
久々の再会にもかかわらず、2人はいきなりぶつかりますが、
家にいることが条件で認められた仮釈放。
ドゥシクはドゥヨンの食事の面倒を見るなど、最低限のことはするようになります。
トラブルだらけの生活でも、時間を共有することで、互いの誤解も徐々に解け始めていたある日、
今度はドゥシクに思わぬ悲劇が起こるのでした…。

韓国映画らしい韓国映画です。
儒教の国ですから、年上は敬うというのが、日本以上にあるんでしょうね。
ドゥシクは悪い兄ですが、芯から腐った人間ではないところに救いがある。
見る側にも感情移入の余地が残されているって感じ。
ドゥヨンにパラリンピック出場という目標が出来、みんな一丸となるのですが、
そんな時に今度はドゥシクに、ねぇ。
定番ですが、泣けますよ。それもまた、いかにも韓国映画。ハンカチをお忘れなく。☆3つ。
「あの日、兄貴が灯した光」公式サイト



『たたら侍』は、EXILEのHIROがエグゼクティブ・プロデューサーを務めた作品。

1000年錆びない鉄を作る幻の村が、出雲の山奥にありました。
その技術は“たたら吹き”と呼ばれ、一子相伝、門外不出。
名刀を作るためにと、多くの商人たちがその鋼を手に入れたがっていたのです。
たたらの技を次に継ぐのは、若い伍
介。鋼を狙う悪者に村が襲われる度に、「強くなりたい」と思っていた伍介。
村に来た惣兵衛という商人から「農民でも侍になれる時代がやってきた」と聞き、
「俺は侍になる」と掟を破って伍介は村を出るんですね。
惣兵衛に紹介された大商人の与平の口利きにより、
織田軍に仕えることになった伍介でしたが、戦場は怖ろしく、
無惨な死を間近で見て、村へと舞い戻ったのでした。
しばらくして、村に与平がやってきます。
与平は、村を守るには日本刀ではなく鉄砲を作ることだと主張。
確かに戦場でそんな光景を見ていた伍介は、周りの反対を押し切り、
与平の言うがままに、鉄砲作りを始めるんですね。
これが与平の策略だとは、知るよしもなかったのです…。

EXILEファミリーが出演する時代劇。海外でも評価が高かったと報じられてましたよね。
伍介は愚直なほどに真っ直ぐで、村を思えばこその行動が裏目に出る。
与平は村の用心棒にと子飼いの傭兵を入れ、村の景色が一変します。
“たたら吹き”を我がものにしようと画策していた与平は、反対勢力を粛清。
結果、伍介の親友も命を落とし、伍介はようやく自分の過ちに気付きます。
そこから村を守るための戦いが始まるというストーリー。
出雲のロケ地も美しく、HIROが見せたかったという日本人の心、
日本の美は描けていたかもしれません。
ただ、この手の映画が陥りがちなところに、残念ながら陥ってしまったかなと。
それは、伝統芸能などを折り込んでくること。
その“古き良き”が、意外や映画を退屈なものにしてしまうんです。
誤解のないように。伝統芸能を愚弄してるんじゃないんです。
映画の味付けとして用いると、狙っていた味とは別ものになってしまう可能性がある、
実は扱いの難しいスパイスだということなんです。
ボクには120分が長く感じてしまいました。削ぎ落とせる部分があったんじゃないかなと。
話題作なので、敢えて評価は厳しくさせてもらいます。☆2つ。
「たたら侍」公式サイト



『夜明け告げるルーのうた』は、アニメ映画。

男子中学生のカイ。
以前は東京に住んでいたのですが、両親が離婚。
父と祖父との3人で、故郷の漁港の町・日無町に暮らしていました。
周囲にあまり心を開かずにいたカイの唯一の楽しみは、自分で作曲し、
演奏した曲をインターネットのサイトにUPすること。
すると、その曲を聞いたクラスメートの国男と遊歩から
自分たちがやっているバンドに入らないかと誘われるんですね。
大きな音を出せるのは、港から舟でちょっと行った人魚島。
そこで3人が演奏を始めると、なんと人魚の少女ルーが現れ、
楽しそうに歌って踊り始めたのです。
海に面したカイの家の近くにまでやって来るようになったルー。
その無邪気な姿に、閉ざしていた心を開き始めたカイでしたが、
昔から日無町では、人魚は災いをもたらす存在だとされていました。
ルーの存在が明らかになると、町は大騒ぎになってしまったのです…。

ルーは日に当たると燃えてしまうので、行動は日没から夜明けまでに限られ、
音楽が大好きで、聴くと足が生えて躍り出す、天真爛漫な少女の人魚。
ルーはカイのことが大好きで、それを素直に口に出して言うのですが、
カイは両親の離婚が原因で、別れが怖くて、人を好きになることを自ら辞めていたんですね。
そんなカイがルーとの交流の中で、自分の思いをちゃんと口に出して言えるようになるという。
周りと違うことを言ったら、仲間ハズレにされてしまうような社会の風潮の中、
ちゃんと思ってることを口にしようというメッセージも込められているようです。
テーマソングは、斉藤和義の「歌うたいのバラッド」。なるほど、ハマリです!☆3つ。
「夜明け告げるルーのうた」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.5.12

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』☆☆☆☆
『サクラダリセット 後篇』☆☆☆☆
『パーソナル・ショッパー』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


GWも終わり、いつもの生活が戻ってきました。
ここからは、そうそう連休とはいかないでしょうから、心の休息は映画で取られてはいかがですか?
さ、今週は3本です!


『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、
最果タヒ(さいはて たひ)の詩集を原作にした映画。

日雇い労働者として工事現場で働く若い男性、慎二。慎二の左目には視力がありません。
仕事終わりに、仲間たちと飲みに行ったガールズバーで働いていたのが美香。
美香は看護師をしながら、夜のアルバイトもしていて、
慎二の同僚の智之が連絡先を交換していたのですが、その智之が突然倒れ、死亡。
葬儀に来た美香と慎二が再会します。
ある日のこと、工事現場で足にケガを負ってしまった慎二が運ばれた病院で美香が働いていて、
ふたりはまたもやバッタリ。
ぎこちないやり取りからメールアドレスを交換して、ふたりの物語は始まったのです…。

大都会・東京を舞台に、生きることが決して上手くはないふたりが出会い、
不器用に気持ちをぶつけ合いながら、互いを理解し、必要としていく物語。
原作が詩集というのはどういうことかというと、最果タヒの同名の詩集を、
「舟を編む」などの作品で知られる石井裕也監督が読み込み、そこからストーリーを作成。
映画化したものなんですね。
最果さんは「不器用にしか、下手くそにしか“今”を生きることができない人たちに、
届く詩が書きたいと思っていた」と。
それが映画という形に変わって表現された、新しいパターンの作品かもしれません。
ボクがよくブログに書く、スマホ支配の世の中への疑問とか、
同じことを感じている人がいるんだなということを再確認できたのも、
個人的にはうれしかったです(笑)。
確かに、泣けたり、スカッとしたりするタイプの映画ではないかもしれません。
でも、この映画を見て、最果さんの詩集を読んでみたいと思う人、きっと多いと思いますョ。☆4つ。
「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」公式サイト



『サクラダリセット 後篇』は、3月25日に公開となった前篇に続く、二部作の完結編。

特殊能力を持つ人々が暮らす街“咲良田”。
その能力は街の公的機関である“管理局”によって監視され、制御されていて、
芦原橋高校の奉仕クラブには“記憶保持”の能力を持つ浅井ケイや、
世界を最大3日巻き戻せる“リセット”の能力を持つ春埼美空などが所属していました。
ところが、今まで平穏だった咲良田市で能力が暴発。
管理局の対策室室長の浦池はすべての能力を一掃する計画に出ます。
それが“サクラダリセット”でした。
計画は進み、咲良田のことを覚えているのはケイひとり。
しかし、ケイはこの能力こそが大事な人を救う大切なものだと信じ、
元の咲良田に戻そうと、仲間たちと力を合わせるのでした…。

前篇のあらすじを知りたい方は、このコラムをさかのぼって読んでみて下さい。
あの時も書いたように、ややもすれば矛盾だらけになりそうな話を、
実に上手く組み立てた河野裕の原作も、時間の限られた映画という枠の中に、
これだけの“複雑”を描き切った深川栄洋監督の脚本も、どちらも素晴らしい才能だなと思います。
前篇を見た人は、後篇の公開が待ち遠しかったんじゃないですか?
後篇では、なぜ咲良田の街が出来ていったのか、そのルーツも明かされていきます。お楽しみに。☆4つ。
「サクラダリセット 後篇」公式サイト



『パーソナル・ショッパー』は、ファッショナブルに展開する心理ミステリー。

モウリーンの仕事は“パーソナル・ショッパー”。
忙しいセレブに代わって、高級ブランドの服やアクセサリーを買い付け、
合鍵を持って顧客の家の中まで届けるというもの。
実はモウリーン、つい先日、双子の兄を亡くしていて、その喪失感から立ち直れずにいたんですね。
2人は「どちらかが先に死んだら、必ずあの世からサインを送る」と約束をしていて、
兄からのサインを心待ちにしている状態。
そんなモウリーンのクライアントが、キーラという世界中を飛び回るセレブ女性。
自分勝手なキーラに振り回されるモウリーンでしたが、
一番のストレスは試着を禁じられていることでした。
すると、モウリーンの携帯に、差出人のわからないメッセージが届きます。
まるで彼女の一部始終を監視しているかの内容に、
兄からのサインかと 尋ねるのですが、はぐらかされてしまいます。
そのメッセージに誘導されていくモウリーンは、禁を破り、キーラの家で服を試着。
すると、高価な服を着て、別人になりたいという欲望に火がついてしまうんですね。
その行動が、とんでもない事件の引き金になったのです…。

フランス映画です。
題材が題材ですから、すごくファッショナブル。
この華やかなセレブ感の対極にあるものが、密かにフツフツと沸き立っているわけですよね。
心理サスペンスで、ホラー的要素もあり、何がどうなるんだろうというハラハラ感は、
最後まで飽きさせることはありませんでした。
心霊現象まで加わる“ごった煮”感が揶揄されることもあるそうですが、
個人的にはそうは思わなかったかな。
あなたがどう感じるかは、劇場で確かめてみて下さい。☆3つ。
「パーソナル・ショッパー」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.5.6

『カフェ・ソサエティ』☆☆☆
『八重子のハミング』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


5月になりました。
4月末までに見た試写の数は53本。
仮にこのペースなら、年間159本。
積極的に足を運んで、皆さんにいい情報をお届けできればと思っています。
さ、今週は2本です!


『カフェ・ソサエティ』は、ウディ・アレン監督最新作。

1930年代のアメリカ。
NYのブロンクスに生まれ育ったユダヤ人青年のボビーは、
映画界で大成功を収めた叔父のフィルを頼ってハリウッドへ。
仕事を紹介して欲しいと頼んだところ、雑用ながら世話をしてくれました。
その際にハリウッドの案内役として付けてくれたのが、秘書のヴォニーでした。
ボビーは、美人で頭の良いヴォニーに恋をしてしまいます。
ところが、ヴォニーは妻子持ちのフィルの愛人だったのです。
そうとは知らないボビーは猛アタック。ヴォニーもフィルとは結ばれないならと、
ボビーからのプロポーズを受けようかというところで、フィルが妻との離婚を決意。
ヴォニーはフィルの元に戻ってしまったのです。
失意の中、ハリウッドを離れ、ブロンクスに戻ったボビーは、
兄の経営する地元のナイトクラブで働き始めます。 するとメキメキと才能が開花。店は大盛況となるんですね。
ボビーも別の女性と結婚。幸せな日々を送っていたのですが、
そこにハリウッドからフィルとヴォニーが来店します。
そう、ボビーはヴォニーとの過去を忘れてはいなかったのでした…。

いかにもウディ・アレンだなという作品です。
トーンも、ストーリーも、セリフのひとつひとつも。
これだけ個性が出せるって、やっぱり凄いクリエーターなんだなぁと思ってしまいます。
この映画のためにシャネルが衣装を提供。
タイトルのようなハイソな世界に、自分も登場人物のひとりになったかのように入り込めるかも。
そんな意味では、映画のチケット代は案外と安いかもしれませんョ。☆3つ。
「カフェ・ソサエティ」公式サイト



『八重子のハミング』は、実話に基づく夫婦の愛の物語。

山口県萩市の学校で教師をしていた誠吾と八重子。ふたりは仲のいい夫婦。
誠吾は町の金谷天満宮の21代目宮司も務めていました。
ところが、夫の誠吾にガンが見つかります。
手術は成功したのですが、病室で誠吾の世話をする八重子の様子がおかしい。
実は、八重子に認知症の症状が出始めていたのです。
その後、誠吾のガンは再発を繰り返し、計4度もガンの手術をします。
八重子の心が病んだのは、もしかしたら自分のせいかもしれない。
ガンを克服した誠吾は、献身的に八重子の面倒を見るのでした…。

現代版「智恵子抄」とも言われる、短歌集「八重子のハミング」。
この陽信孝の原作を映画化。
全編、山口県萩市でロケをした作品です。
陽さんが数多くの講演会に呼ばれると、八重子さんが元気なうちは、
一緒に同席させたそうです。劇中にもありますが、そこで語られる生々しい話。
それが現実なんですよね。それでも、そこには人間の尊厳を訴えかける意味もあったとか。
陽さんは、八重子さんを本当に愛していたのです。
難しいテーマです。でも現実問題でもあります。☆3つ。
「八重子のハミング」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.4.27

『僕とカミンスキーの旅』☆☆☆
『まるでいつもの夜みたいに』(☆は無し)
『笑う招き猫』☆☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


今週末からGWですね。もう予定は決まりましたか?
どこに行っても混んでるなら、映画館がいいかも。
さ、今週は3本です!


『僕とカミンスキーの旅』は、『グッバイ、レーニン!』の監督と
主演が12年振りにコンビを組んだ作品。

無名の美術評論家ながら野心だけはある、31歳のセバスティアン。
彼が最後の賭けに出た取材対象が、85歳の盲目の画家カミンスキーでした。
表舞台から突如姿を消した伝説の画家の、伝記を書こうとしていたのです。
カミンスキーはスイスの山奥に暮らしていたのですが、セバスティアンはその家を訪問。
図々しくもホームパーティに参加するなどして、
何とかカミンスキーのお近づきになろうとするんですね。
セバスティアンには、唯一の激熱ネタがありました。
それは、カミンスキーが生涯で最も愛した女性、テレーゼの消息です。
「テレーゼは今も生きています。住所も知ってます」。
その言葉に、狙い通り、カミンスキーが反応。
セバスティアンの運転する車に乗り込み、男2人の奇妙な旅が始まったのでした…。

うさん臭い美術評論家と、盲目の画家。31歳と85歳の男2人のロードムービーです。
そんな旅ですから、道中いろんなことが起こります。
本当にカミンスキーの目は見えないのか?そんな疑念まで出てきて、
自由奔放な老人の振る舞いに腹を立てるセバスティアンも、
いつしかふたりの間に友情めいた感情が芽生えるんですね。
03年の『グッバイ、レーニン!』も、
東西ドイツの統合にショックを受けるであろう病床の母を守るために、
息子が優しい嘘をつくというものでしたが、この『僕とカミンスキーの旅』も嘘がいっぱい(笑)。
でも、それがなぜか温かく感じるのが、ヴォルフガング・ベッカー監督の味なんでしょうね。
虚も実も、その人にとって実なら、嘘も真実なのかもしれません。☆3つ。
「僕とカミンスキーの旅」公式サイト



『まるでいつもの夜みたいに』は、
05年に亡くなったフォークシンガー高田渡の東京でのラストライブを映画化したもの。

1949年生まれの高田渡は、68年に発表した「自衛隊に入ろう」で注目を集めます。
2004年に公開された映画『タカダワタル的』のヒットで、
若い世代にも支持されるようになった05年、カメラは3月27日(日)に、
高円寺の居酒屋でライブを行う彼に密着します。
アパートを出て、三鷹駅へ。電車に揺られて高円寺へ。
店に着くと、ギター1本で弾き語り、ボソボソっとしゃべる。
客席は満席で立ち見も出るほど。
曲間のトークでは、まるで自分の数日後を予感していたかのように、
死生観に関する話もちらほら。
このライブから約3週間後、
北海道でのツアー中に倒れた高田渡は帰らぬ人となってしまったのです。
享年56歳。
高田渡を知らない人も、時代を作った先達の姿を見て知っておくのもいいかと思います。
面白いとか、そういう評価は当てはまらないので、☆は控えておきます。
「まるでいつもの夜みたいに」公式サイト



『笑う招き猫』は、青春ガールズ・ムービー。

大学時代の同級生で組んだ女性漫才コンビ“アカコとヒトミ”は、
芸歴5年の売れないお笑い芸人。
アカコはお金持ちのお嬢さま。
ヒトミはお弁当屋さんでバイトをしながらの活動でしたが、
事務所の定期ライブぐらいしか仕事がなく、何度もぶつかっては、
罵り合い、「辞めてやるっ」と大喧嘩。
それでもすぐによりを戻してはまた漫才をやるという、腐れ縁のようなふたりだったのです。
最近売れっ子になった事務所の先輩男性漫才コンビ『きんぴら』からセクハラを受け、
舞台袖で先輩を殴り、ライブを台無しにしてしまったアカコとヒトミは、
社長から大目玉を食らうかと思いきや、
その度胸の良さを買われ、TV出演のチャンスをもらうんですね。
それから順風満帆に行くかと思われた、アカコとヒトミでしたが、
お笑いの世界はそう甘くはなかったのです…。

アカコに松井玲奈、ヒトミに清水富美加。
清水富美加の騒動で、一時はお蔵入りかと心配された作品が、無事公開となりました。
彼女たちの周りにはいろんな人がいて、アカコとヒトミは彼らに関わり、
人生の機微を知る。そしてそれが漫才の味になっていく。
徐々に力を付けていくふたりが、最後に漫才を披露するのですが、
これ、カメラはノンストップの長回し。上手いんですよ、漫才。惜しいなぁ、清水富美加…。
それはそれとして(笑)、映画は本当に面白かったです。
すべてのセリフがストンと入ってくる感じ。
映画によくある日常とは何か違う、違和感のある言い回しみたいなのがない。
これは飯塚健監督のセンス、手腕だと思います。
頑張った出演者や制作陣にとっても、公開になって本当によかったと思います。☆4つ。
「笑う招き猫」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.4.20

『美女と野獣』☆☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


松竹の試写室で行われる試写を見に行くのに、間違えて東映の試写室に行ってしまいました。
その2つの会場はそんなに遠くないので、急げば間に合う。
ハアハア言いながら、小走りで築地方面へ。こうなると暑さがキツい(笑)。
思い込みなんですョ。確認すればいいのにね。
さ、今週は1本です!



『美女と野獣』は、ディズニーの人気アニメの実写化。

ある城に住む、若く美しい王子。しかし、彼は傲慢で、思いやりに欠けていたのです。
嵐の夜、晩餐会を遮るように老婆が迷い込みます。
「寒さをしのがせて下さったら、一輪のバラを差し上げましょう」。
しかし、王子は鼻で笑って、老婆の申し出を断るんですね。
すると老婆は魔女となり、すべての者に呪いをかけてしまいます。
その結果、王子は恐ろしい野獣の姿に。
魔法のバラの花びらがすべて落ちる前に、真の愛を知れば元に戻れるのですが、
できなければ今の姿のまま。
そんな時、城に迷い込んだ父親を探しに、ひとりの村娘がやってきます。
彼女は呪いを解く女性になり得るのか?
調度品に姿を変えた元使用人たちは、期待に胸を膨らませるのですが…。

多くの人が知っているストーリー。
ディズニーアニメで有名な作品の完全実写化ですから、ストーリー云々より、
スクリーンに映し出される映像がどんなものか。そちらに関心がいくと思います。
そこはさすがにディズニー(笑)。
斬新さを求めるものでもないとは思いますが、きちんと高値安定。
期待は裏切らないと思いますョ。
ヒロインのエマ・ワトソンといえば、『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー。
彼女も大人になりました(笑)。☆4つ。
「美女と野獣」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.4.14

『パージ:大統領令』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


試写会では、空いていれば列の一番端に座るのですが、奥に入ろうとする人は、
大抵の人が「すみません」と一言声を掛けてボクの前を通ります。
ボクも「どうぞ」と言って、膝を折って身体を縮め、通りやすくするのですが、
たまにいるんですよね。何にも言わない人。
だいたいそういう人は、ボクの左脚を蹴って行く。
ま、故意じゃないんですが、ぶつかって行く。で、謝りもしない。
そんな時は、小さく「チッ」と言うことにしてます。
もちろん、「すみません」と言われれば舌打ちなんてしないんですよ。
いつも言うことですが、人として基本的マナー のなってないヤツに、
「感動の名作!」なんて言ってもらいたくないですよね。
さ、今週は1本です!



『パージ:大統領令』は、シリーズ3作目。

2025年のアメリカ。
政府は年間犯罪率を1%以下にとどめるため、年に一度“パージ”という12時間を設定。
この間は、殺人も窃盗も何でもあり。“パージ”を体験したいと、海外からの旅行者もいるほどでした。
政治を我がものにしているのはNFFA。
次期大統領選を直前に、対抗馬として力をつけてきたのがローン上院議員。
自分の家族を“パージ”で失った彼女は、“パージ”の廃止を訴え、国民の支持を集めていたのです。
「自分だけ逃げるわけには行かない」と、要塞に隠れることなく、自宅で12時間を過ごすと決めたローン。
護衛をいつも以上に付け、万全の体制をしいていたのですが、なんとその中に裏切り者が。
NFFAが送り込んだ傭兵が、ローンの家の中へとなだれ込みます。
ローンはこの危機から脱出することが出来るのでしょうか…。

特殊な舞台設定(笑)。まずもってあり得ないのですが、アメリカでは過激な発言をする大統領の誕生で、
多少のリアリティが生まれたのかもしれませんね。
ローンを護衛する中に、レオという、自らの命を顧みず、彼女を守ろうとするボディガードがいます。
それとは別に、パンと雑貨の店を営む、タフで心優しき黒人男性のジョーの物語も。
彼は急に高騰した“パージ”の保険料が払えず、自らの手で店を守ろうとするんですね。
ローンとレオ、そしてジョーと仲間たちが、
偶然、合流することに。ストーリーはそこから佳境に入っていきます。
“多少のリアリティが生まれた”とは言いましたが、やっぱり設定には無理があるわけで。
「じゃ、これはどうなってるのさ」みたいな部分を突っ込み始めると矛盾は山ほど出てきちゃう(笑)。
“カオス(混沌)の映画”とのことですが、カオスはカオスらしく、
カオスのままで楽しめということでしょうかね。☆3つ。
「パージ:大統領令」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.3.31

『第3の愛』☆☆☆
『はじまりへの旅』☆☆☆☆
『ムーンライト』☆☆☆
『レゴバットマン ザ・ムービー』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


今週末から4月。新年度のスタートです。
個人的にも、新しいことをスタートさせようと意気込んでます。
いつも言うことですが、映画で感性を刺激して、それを実生活にも結び付けたいところですねっ。
さ、今週は4本です!


『第3の愛』は、『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。

チージョンは、大財閥の若社長。
飛行機の中で、号泣していた隣りの女性にティッシュを差し出すのですが、彼女が後日、
労災の問題で再会する弁護士だとは知る由もありませんでした。
彼女の名前はユー。その後、チージョンとの中は急接近。
しかし、チージョンの会社に勤めるユーの妹がチージョンに思いを寄せていたり、
チージョンには父親が決めた婚約者がいたりと、ふたりの間には、
越えなくてはならないいくつもの高いハードルがあったのです。
果たして、ふたりの恋の行方は…。

タイトルが何を意味するのか?まず気になりませんか?
もちろん見ればわかるのですが、幸せな恋の結末って何なのか、そのあたりを考えさせられるかも。
ありきたりのハッピーエンドを期待すると、もしかすると食い足りないかもしれません。
これを「大人だなぁ」と割り切るのなら、ボクはいつまでも子供でいたいと思っちゃいました(笑)。☆3つ。
「第3の愛」公式サイト



『はじまりへの旅』は、全米わずか4館での公開からロングランヒットになった作品。

現代の文明社会を否定し、アメリカ北西部の森林の中で暮らす、父と6人の子供たち。
上は18歳から下は7歳までの兄弟姉妹が、自給自足のサバイバル生活を送る一方で、
父ベンの熱血指導により、勉強や哲学の知識まで身に付けていたのです。
ところが、麓の雑貨店で、ここ数年入院生活を送っていた妻の死を知るんですね。
妻の両親はベンのことを嫌っていて、娘の不幸はベンのせいだと、縁を切っていたのです。
母の死を知り、泣き叫ぶ子供たち。
「来たら警察を呼ぶ」と言われていたベンですが、子供たちを連れ、
スティーブと名付けたワゴンバスに乗り込み、妻の実家のあるニューメキシコへと向かったのでした…。

ベンたち家族は社会への適応力という意味では皆無に等しく、途中、様々な出来事に出くわします。
妻はベンと子供を愛していて、ベンも妻をものすごく思っている。
妻の両親も娘はもちろん、孫たちがホントは可愛くて仕方ない。
それぞれの思いが、噛み合いそうで噛み合わないのは、ベンの生活スタイルがあまりに奇抜だから。
本当はこれとて考えがあってのことなんですけどね。
タイトルにもあるように、本音でぶつかって“はじまる”ものがある。
確かに、たったの4館から広がっていった理由がわかるような
、一風変わってはいるけれど、ストンと収まるところに収まる映画。
よく出来ていると思います。☆4つ。
「はじまりへの旅」公式サイト



『ムーンライト』は、第89回アカデミー賞の作品賞受賞作。

貧しいシングルマザーのポーラと暮らす、少年シャロン。
学校では“リトル”と呼ばれていじめられていました。
いつものようにいじめっ子たちに追いかけられ、廃虚に逃げ込んだところを、
麻薬ディーラーのフアンに助けられます。
その後も何かと気に掛けてくれるフアンに対し、父親のいないシャロンは、徐々に心を開いていくんですね。
シャロンには唯一、友達と呼べるクラスメイトがいました。彼の名はケヴィン。
高校生になっても友情は続きますが、その一方で、いじめもまだ続いていたのです。
ある晩のこと、夜の浜辺で落ち込んでいたシャロンの所に、ケヴィンがやってきます。
砂浜に座るふたり。友情以上の感情が、ふたりの間に芽生えた瞬間でした。
しかし翌日、ある事件が起き、ふたりの関係は大きく変わってしまいます。
それがきっかけとなり、シャロン自身もまるで別人のようになっていくんですね。
体を鍛え上げ、金歯をはめ、高級車に乗る。
そう、亡くなったフアンと同じ、麻薬ディーラーとして成り上がっていったのです。
ある日のこと、シャロンの携帯が鳴ります。
高校生の時以来、互いに音信不通になっていたケヴィンからの電話でした…。

この春の話題作。アカデミー賞を取る前から、試写もメチャメチャ混んでました。
“居場所探し”の映画。
アフリカン・ブラックの体に、色を足して加工した映像美も話題で、
青光りした鋼のようなシャロンの肉体や顔が、確かに印象的でもあります。
試写終わりで、女性客のひとりが、プロモーターさんに「すっごい感動した」と伝えていました。
これも素直な感想だと思います。ただ、ボクはちょっと…。
「人種も性も関係なく、人としての大切なものが描かれていて…」とその女性。
確かにおっしゃる通り。これがピンと来るかどうかは、
やっぱり個人の感性や嗜好によって全然違うと思うんですよね。
あとは、トランプ政権になった今のアメリカに、一石を投じるような作品かも。
是非、ご覧になってみて下さい。
おそらくボクの言っている意味が、もしかするとわかってもらえるかと思います。☆3つ。
「ムーンライト」公式サイト



『レゴバットマン ザ・ムービー』は、レゴで作られたバットマンの映画。

レゴバットマンは悪の手から街を守る、大人気のヒーロー。
チヤホヤされるのが大好きな“オレさまキャラ”なんですが、その反面、
広い豪邸でひとりでディナーを食べ、
大きなホームシアターでひとりで映画を見るという、孤独な一面も。
そんな時、バットマンに「ジョーカーはバットマンの最大の敵」
と認めさせたくて仕方のないジョーカーが、大仕掛けの犯罪でちょっかいを出してきます。
ロビンやバットガールを始めとするバットマンの仲間と、
有名な悪キャラたちが手を組んだジョーカーの一味が、世紀の対決!
果たして世界の平和は守られるのでしょうか…。

2014年に映画化された『LEGOムービー』の中で、
すごく人気の高かったレゴバットマンを主役にした1本。
“お遊び”の映画ですから(笑)、難しいことは考えずに、手放しで見ればいいと思います。
ただ、レゴって、ものすごいファンがいるんですよね。
ここまで大規模にレゴで遊んでもらえるなんて、悶絶ものなんじゃないですか?
公開日の4月1日に、名古屋にレゴランドジャパンがオープン。
一気に“レゴ熱”が高まるかどうか、注目です。☆3つ。
「レゴバットマン ザ・ムービー」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.3.23

『サクラダリセット 前篇』☆☆☆☆
『未来よ こんにちは』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


環境が変わる3月、4月。悩みや迷いが生まれる時期でもあります。
映画には人生のヒントがあったりしますョ。このコラムをさかのぼって、
今の自分に刺さりそうな作品を探して、劇場に足を運んだり、DVDを見てみてはいかがですか?
さ、今週は2本です!



『サクラダリセット 前篇』は、河野 裕原作の大人気ライトノベル
「サクラダリセット」シリーズの映画化。前、後篇の前篇。

日本の片隅にある、太平洋に面した小さな街“咲良田”。
実は、住人の半数が特殊な能力の持ち主なんですね。
この街にある芦原橋高校 に通う、浅井ケイと春埼美空もやはり特殊能力を持っています。
ケイは見たことや聞いたことを完全に思い出せる“記憶保持”を、
春埼は世界を最大で3日分巻き戻せる“リセット”という能力を持っていました。
春埼が“リセット”を使うと、自分の記憶も巻き戻ってしまうのですが、
ケイの“記憶保持”はその影響を受けないため、ふたりが一緒にいれば、世界を最大3日やり直せます。
これらの能力は市の外に出ると忘れてしまうので、咲良田の特殊性が他の人たちに知られることはなく、
また公的機関である管理局に管理されているため、大きなトラブルも起きずにきたのです。
「泣いている人がいたら、その時“リセット”を使います」と語る春埼でしたが、
2年前、ある事件が起こります。ふたりが“リセット”を使った影響で、
命を落とさなくてもよかったクラスメートの相麻 菫が、亡くなってしまったのです。
「なんとか相麻をよみがえらせたい」。それがケイと春埼の願いだったのです…。

さわりもさわり。本当に入り口だけにしておきます。
というか、うまく説明しろと言われても出来ないと思います(笑)。
浅井ケイや春埼美空の他にも、様々な特殊能力を持つクラスメートや大人がたくさんいて、
そこには何やら陰謀らしきも渦巻いている。
ケイの仲間たちは、それぞれの力を駆使しながら、繋がり合って、事を成し遂げていき、
そして遂に相麻 菫がよみがえる。
しかし、相麻の口から驚くべき真実が告げられる。ここまでが前篇です。
人物相関図も能力相関図も、まずもって原作者の河野 裕という人の頭の中がすごい。
さらにこれを映画化した深川栄洋監督がすごい。深川監督、脚本も書いてます。
この複雑な登場人物たちの関係性を、わかりやすく描いたこの両名の才能はすごいっ。
実は、前篇の試写の日、
「急遽、続けて後篇も試写上映することになりました。お時間のある方は是非」と言われ、
迷わず後篇を続けて見させてもらいました。
面白かったですョ。☆4つ。
「サクラダリセット 前篇」公式サイト



『未来よ こんにちは』は、フランスを代表する女優イザベル・ユペール主演作。

ナタリーは、パリの高校で哲学を教える50代の女性教師。
夫と、2人の子供がいましたが、子供たちは独立し、今は同じ哲学教師の夫と2人暮らし。
ごくごく普通の生活を送っていたのですが、そんなナタリーに思わぬ出来事が次々と起こります。
真面目なはずの夫から、結婚25年目にして「好きな人ができた」と告げられたこと。
近くに住む母親の認知症が進み、もう独りでは暮らせなくなっていること。
自分を慕い、教師になった教え子のファビアンが、教師を辞めてアナーキストたちと活動していること。
長い付き合いのあった出版社から、社の方針転換を理由に著作の契約を打ち切られてしまったこと。
気付かないうちに、ナタリーは“孤独な中年女性”になっていたのです…。

人生も半ばを過ぎた女性が、“老い”や“孤独”といった現実を、どう受けとめていくのか、
そもそも受けとめられるのか。そんな映画です。
ボクには今、一番考えさせられるテーマでもあります(笑)。
資料にもありましたが、“孤独”には何ものにも縛られない“自由”の側面があり、
“老いゆく”とは経験が生む豊潤を受け取ることでもあるのだと。
確かにその通りだとは思いますョ。
“裏読み”が生きていく楽しさなんだから、ネガティブ・サイドじゃなく、ポジティブな側を見ようと。
ただ、言うのは簡単ですが、現実はね(笑)。
この映画は、その悲しみ、怖れと、楽しみ、希望がバランスよく描かれてるって感じかな。
タイトルにそのことは表れてますよね。“裏もまた真なり”。
いつも負の側にいて、正を見つけた喜びを良しとするのか、いつもは正の側にいて、
ふとした時に感じる負の怖さを仕方ないと諦めるのか。
どっちの生き方が幸せなんですかね…。頑張らなきゃ(笑)。☆3つ。
「未来よ こんにちは」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.3.16

『...and LOVE』☆☆
『ひるね姫』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


☆を打つ時に、いつも迷います。
2じゃないけど、3でもないよなぁとか、5じゃないけど、4よりはいいとか。
個人の感想だから、気にしないでシビアにと言ってくれる人もいれば、
プロモーションをお願いしたくて事前に見てもらってるのに、
マイナスプロモーションじゃ意味がないってことをわかってますか?なんて声もある。
悩むんですよねぇ…(笑)。
あとは文章でニュアンスを汲み取ってもらう感じですかね。
いつも言うように、映画も食も嗜好品ですから、ボクの評価は低くても、あなたのツボには刺さるかも?
さ、今週は2本です!



『...and LOVE』は、グラビアアイドル杉原杏璃の自伝的小説の映画化。

“碧い海のようなアイドル”になりたい。
アンはそのことを胸に秘めながら、グラビアアイドルとして頑張ってきたのですが、
年齢も30歳を越え、グラビアの仕事はあと1年だけと期間を決めます。
アンには付き合っていた男性が2人。
売れる前からの恋人だった若いツバサと、
忙しくなってツバサに会えない心の隙間を埋めてくれていた商社マンのカズマです。
ところが、カズマはアンの体だけが目当てだったことが判明。
そんな時、ツバサから久々に連絡が入ります。ツバサとの優しい時間を過ごしたアンは、
残されたグラビアアイドルとしての日々を懸命に頑張ろうと、改めて決意するのでした…。

実話なのか、創作なのか。どちらとも明言していない杉原杏璃の小説。
惜しむらくは、すっごいドラマチックな出来事があるとか、
壮絶な運命のイタズラなどがあるとか、そういうのではないということ。
また、男性としては、ちょっぴりセクシーなシーンを期待もしてしまうのですが(笑)、
それもそこまでは…。“売り”の部分がどこにあるのか、ちょっとはっきりしませんでした。
彼女のファンと、彼女自身のための映画かもしれませんね。
もちろん、頑張ったことには敬意を示しつつ。辛口ですが、☆2つ。
「...and LOVE」公式サイト


『ひるね姫』は、神山健治監督のアニメ作品。

2020年、岡山県倉敷市で自動車工場を営む森川モモタローと、女子高生のココネ。
父と娘です。ココネは最近、居眠りばかり。でも、なぜか同じ夢ばかりを見るのです。
東京オリンピックの開幕を3日後に控えた日、
突然、モモタローが警察に逮捕され、東京に連行されてしまうんですね。
そういえば最近、ふたりの周りをウロウロする怪しい男たちがいて、
警察沙汰になるような悪いことをする父ではないと確信していたココネは、
幼なじみの大学生のモリオと一緒に東京へ向かうことを決めます。
ココネの見る不思議な夢は、どうやら現実の世界とリンクしているよう。
モモタローを救うヒントは夢の中にある?
実はその先に、森川家の家族の秘密が隠されていたのでした…。

あまりアニメは見ないのですが、神山健治監督の代表作は『東のエデン』
『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など。アニメファンには有名な監督さん。
舞台が3年後の近未来。
まさに“近い未来”で、政府のひとつの目標となっている“自動運転自動車”がモチーフに。
日本最大手の自動車メーカー(もちろん架空)と、
町の小さな自動車工場がなぜ繋がってくるのか、
このあたりに、この作品のドラマが隠されているのです。
アニメーションだからこそ描ける、SFチックなストーリー。
個人的な感想としては、エンドロールのバックに流れる物語に一番感動したかな。
最後まで席を立たないようにして下さいね。☆3つ。
「ひるね姫」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.3.9

『逆行』☆☆☆
『モアナと伝説の海』☆☆☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


通常、試写会の受付開始時刻は、上映開始の30分前。
それでも人気の作品だと、かなり前から列が出来ていて、あっと言う間に席が埋まってしまうことも。
ディズニーはインターネットでの予約制。
こちらはUPされるや、それこそあっと言う間に“満席”になってしまいます。
今回の作品も、なんとかといった感じで見れました!感想はこのあとで(^-^)
さ、今週は2本です!


『逆行』は、人間の本質について問い掛ける作品。

NPOの医療ボランティアとして、ラオスで働くアメリカ人のジョン。
過酷な現場での作業に、心身共に疲れたジョンは、上司から休みを取るよう命じられます。
彼が向かったのはメコン川沿いのリゾート地。
夜になって飲みに出たバーで、現地の女の子とオーストラリア人観光客に出くわします。
彼らは女の子たちに過剰に酒を勧めていて、ジョンはそれをたしなめ、トラブル寸前になるんですね。
宿に帰る途中、ジョンが見たのは、あのオーストラリア人観光客が地元の女の子を襲った直後の現場。
駆け寄ったジョンと男性は殴り合いとなり、ジョンは弾みで男性を殺してしまうんですね。
倒れていた女性は、自分を襲ったのはジョンだと誤解。彼は死体を遺棄したまま、宿に戻ります。
次の日の朝、ジョンは早々に宿から立ち去ろうとするのですが、地元警察の職務質問を受けることに。
一瞬の隙をついて逃げ出すジョン。見知らぬ地での逃亡劇が始まったのです…。

ジョンが殺したのはオーストラリアの議員の息子。
それだけに事は大きくなり、自分が指名手配犯としてTVに映し出されているのを見ます。
これまで、医師として人の命を救うことに一生懸命だったジョン。
それが殺人罪で逃走することになろうとは。
思いもしなかった出来事に、人はどんな行動を取るのか。
善と悪の間で揺れるジョンの結末やいかに、というお話。
原題は『RIVER』。邦題はなるほど納得です。☆3つ。
「逆行」公式サイト



『モアナと伝説の海』は、ディズニー・アニメの最新作。

南の楽園、モトゥヌイに暮らすモアナは、村長トゥイの娘。
今日もタラおばあちゃんが、子どもたちに島の伝説を話してくれます。
「命の女神、テ・フィティの大切な“心”を半神半人のマウイが盗んで以来、
暗黒の闇が生まれた。
それがすべてを覆い尽くす前に、サンゴ礁を越えて旅するものが“心”をテ・フィティに返し、
みんなを救ってくれる」と。
モアナは幼い頃から、海がまるで生き物のように自分に接してくるという不思議な体験をしていました。
「サンゴ礁の向こうに何があるのか見てみたい」。
ずーっと、そう考えながら育ってきたんですね。
しかし、父はそれを許してはくれません。海には危険がいっぱいだと知っていたから。
そんなある日のこと。島のココナッツの木が枯れ、魚が一匹も捕れない事態に。何かがおかしい。
気持ちが押さえきれずにいたモアナの背中を押してくれたのは、タラおばあちゃんでした。
秘密の洞窟に連れて行かれたモアナが見たのは、島から島を渡り住む、
勇敢な航海士だった祖先の歴史。
それが“心”を奪われたことで、中断されてしまったのです。
このままでは闇が世界を覆ってしまう。
モアナは自分の心の声に従って、危険な海の旅に出るのでした…。

まず驚いたのは、映像の美しさ。本当にアニメ?と目を疑うほどの映像技術は、まさに日進月歩。
見る度に進化していることに驚かされます。
“心”を奪った半神半人のマウイが、極悪非道な悪者じゃなく、お茶目なヤツで(笑)。
登場するキャラクターも、みんな愛すべきキャラなんです。
涙を流すタイプの感動ではないかもしれません。それでも、見た後は元気になる。
踏み出す勇気をもらう1本であることは間違いありません。
試写の後でアンケートを依頼され、そこにも書いたのですが、
日本の神話を題材にディズニーが作品づくりをしてくれたら、
面白いものが出来るんじゃないかなぁと。
是非実現させてくれませんかね、ディズニーさん!満点☆5つ!
「モアナと伝説の海」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.3.3

『アサシン クリード』☆☆☆
『しゃぼん玉』☆☆☆
『人類遺産』☆☆☆
『フレンチ・ラン』☆☆☆
『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』☆☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


試写の会場のひとつに、映画美学校というのがあります。
ここは映画の様々なことを学ぶ場所なんですが、試写の受付を済ませ、
座っていると、遠くから罵声が聞こえてくるではありませんか。
場所柄、作品作りでぶつかってるのかなぁと思ってたら、かなり緊迫した様子。
大丈夫かと思って試写室を出たら、階段下が稽古場のようで、セリフの稽古をしていたみたいなんです。
ちょっぴり、ホッ(笑)。周りの他の人も、みんな心配してたと思いますョ。
さ、今週は5本です!



『アサシン クリード』は、人気ゲームのをベースに映画化した作品。

殺人を犯し、死刑が執行されるカラム。
ところが、気付くと奇妙な空間に。そこはアブスターゴ財団が運営する研究所でした。
そこでは、アニムスという特殊な装置を使い、遺伝子に遺された先祖の記憶を蘇らせ、
映像を使って、脳に映るすべてを見ることができたのです。
カラムの先祖は15世紀のスペインに生きたアギラールという男性。
アギラールはアサシン教団のメンバーでした。
アサシン教団は、テンプル騎士団と対立していたのですが、その原因が“エデンの果実”。
それがあれば、人間の自由が管理出来る。
世界征服の野望を抱くテンプル騎士団に対し、アサシン教団は自由を守ろうとしていたのです。
実は、アブスターゴ財団 はテンプル騎士団の系統を継ぐ組織。
カラムの遺伝子記憶を探り、“エデンの果実”の在処を入手しようとしていたのです…。

ボクはゲームをやらないので、このゲームはわからないのですが、
カラムに様々な機器を取り付け、アギラールの記憶を蘇らせる。
これはメチャメチャ苦痛で、カラムは実験が終わった後も幻影に悩むようになるんですね。
15世紀末のルネサンス時代のスペインと、SFチックな近未来と。
独特の世界観がスクリーンを覆います。
続編がありそうな気配(笑)。気になる人は見ておく必要がありそうです。☆3つ。
「アサシン クリード」公式サイト



『しゃぼん玉』は、直木賞作家、乃南アサの小説の映画化。

女性や老人ばかりを狙った通り魔事件を繰り返してきた、伊豆見翔人。
ある雨の晩、勢いで女性を刺してしまい、長距離トラックの運転手を脅かして逃亡。
辿り着いたのは宮崎県の田舎の村でした。
伊豆見が山道を歩いていると、原付バイクが転がっています。
逃げる手段が出来たと思った瞬間、老婆の声が。バイクで転倒したスマでした。
仕方なしに伊豆見はスマを乗せて、家まで送ると、スマは一人暮らしのようで、
食事を出され、風呂に入り、暖かい布団で寝る。
いつしか、スマの家に住み着いてしまったのです。
周りの人は孫が訪ねてきたんだと勘違い。
毎日何もしない伊豆見を見たシゲ爺に、山仕事を手伝うよう言われ、
ますます田舎暮らしに馴染む伊豆見でしたが、
家を物色しているところをスマに見つかってしまうんですね。
それでも何も言わないスマ。
それどころか、スマは口癖のように「ぼうは優しいええ子じゃ」と、伊豆見に語り続けたのです…。

伊豆見に林遣都、スマに市原悦子。「市原悦子さんか…」と、期待する人も多いはず。
その期待には、しっかり応えてくれています。
スマには家を出て行ったダメ息子がいる。村には訳ありで都会から戻った女性がいる。
みんなそれぞれに問題を抱えながら、一生懸命生きている。そんなお話です。
親の愛を知らないからといって、弱い者から金品を奪ってきた伊豆見を、
そう簡単に許していいのかという声も出そうですが、この映画は“許し”の物語。
そう割り切って見るといいのかもしれません。
田舎の風景と人の優しさの映画です。☆3つ。
「しゃぼん玉」公式サイト



『人生遺産』は、廃墟を映し続けたサイレント・ドキュメンタリー。

ナレーションもBGMもなく、ただその場の音だけで、延々と世界有数の廃墟ばかりを映し出した映画。
07年の『いのちの食べかた』を見た人には、あの“廃墟版”だと思ってもらえばいいと思います。
アメリカはニュージャージーにある、海にそびえ立つジェットコースター。
ブルガリアのバルカン山脈の山の頂にある、ブルガリア共産党ホール。
日本の軍艦島の鉄骨アパート。
アメリカ、インディアナ州のメソジスト教会。
一度、湖の底に沈み、水が引いて、奇跡のように再び浮かび上がった、
アルゼンチンのヴィラ・エペクエンの街。
ベルギー南部の工業都市、シャルルロワにある、火力発電所の冷却塔。
ドイツのザッケ・ヒューゴ炭鉱の労働者更衣室用の建物などなど。
当時の繁栄を偲ばせる廃墟には、廃墟マニアなる存在もいるようです。
確かにUFOみたいな、無機質な近未来建築みたいな建物もありますからね。
2020年の東京オリンピックの会場問題で、“レガシー”なんて言葉が市民権を得ましたが、
「本当に必要なの?」と疑問に感じるものが多いのも事実。
担当者には是非見てもらいたいですね。
ちなみに上映時間は94分。94分の沈黙です(笑)。☆3つ。
「人生遺産」公式サイト



『フレンチ・ラン』は、異色のコンビが事件を解決する“バディ・ムービー”。

革命記念日前夜のパリの街で、死者4人を出す爆弾テロ事件が起こります。
防犯カメラを解析したところ、容疑者はアメリカから来たマイケルという男だと判明。
CIAから派遣された捜査官のショーンがこの捜査にあたるのですが、
ショーンというのがとにかくハチャメチャ。いわくつきの捜査官なんですね。
遂に、ショーンはマイケルの身柄を確保。しかし、マイケルは無実を主張。
自分はスリで、女性のカバンを盗み、金目のものを取って捨てたら爆発したと言うのです。
証拠にと差し出したのはゾーエという女性の携帯電話。
ゾーエはある組織の男にたぶらかされて、爆弾を仕掛けに行ったのですが、
出来ずに悩んでいたところ、マイケルが来てカバンを盗んだと。
事件の全容が見え始めた頃、ゾーエの携帯にはGPSが仕掛けられていて、
組織の魔の手がショーンとマイケルに近づいていたのでした…。

荒くれ捜査官のショーンと、天才スリのマイケルという異色のコンビが手を組み、
意外な巨悪に立ち向かうという内容。
上映時間92分というのも、潔しという感じですかね。
よくある刑事モノと言ってしまえばそれまでですが、舞台がパリというところに緊迫感を感じるかも。
パリでテロを描くには、まだ勇気がいる気がします。☆3つ。
「フレンチ・ラン」公式サイト



『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』は、世界的チェリスト、
ヨーヨー・マの活動を追ったドキュメンタリー。

1955年、中国人の両親のもとパリに生まれ、幼い頃にNYへと引っ越したヨーヨー・マ。
4歳からチェロを始め、9歳でジュリアード音楽院へ。その後、ハーバード大学に入学、そして卒業。
今世紀最高のチェリストと呼ばれた彼が、2000年に立ち上げたのが“シルクロード・アンサンブル”。
東西の異文化が行き交った道、シルクロードにゆかりのあるアーティストを集め、
“アート”を築いていったのです。
伝統的な民族音楽を現代風にアレンジすることには、反対の声もあったそう。
しかし、中国人でありながら、アメリカで暮らしてきた自分のアイデンティティ探しが、
そんな音楽のミクスチャーに魅力を見たのは、なんとなく理解できるところでしょう。
天才と呼ばれるがゆえの苦悩や、音楽をやる意味など、
ヨーヨー・マの素顔がたっぷり描かれたドキュメンタリー映画だと思います。
ファンでなくても、ご覧になってみて下さい。☆4つ。
「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.2.22

『彼らが本気で編むときは、』☆☆☆☆
『トリプルX:再起動』☆☆☆
『真白の恋』☆☆☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


とある映画の試写を見た時に、ボクはあんまりピンと来なかったんですよね。
でも「いやぁ〜、いい映画っ。大好きですこの映画!」と、
プロモーターと会話をしている人がいました。
やっぱり映画は嗜好品。好みや感性の違いで、評価は変わるんだなぁと。
ボクのこのコラムも、あくまで個人的感想だということをお忘れなく。
さ、今週は3本です!



『彼らが本気で編むときは、』は、トランジェンダーの女性の物語。

男性の身体に生まれてきたけれど、心は女性。幼い頃からその違和感に悩み続け、
大人になって性別適合手術を受けたリンコ。今は老人ホームで介護士として働いていました。
自分の母を担当してくれているリンコに一目惚れしたのがマキオ。彼は言います。
「男とか、女とか、もはや関係なかったんだ」。
マキオの姉のヒロミには小学生の娘トモがいるのですが、男を追い掛けては家出を繰り返すような生活。
そのたびにトモはマキオを頼ってきていたのです。
またトモがマキオのところにやってきます。
ところが、今回はちょっと状況が変わっていました。マキオの部屋には、リンコがいたのです。
少しぎこちない3人での暮らし。それでもトモは自分の母親より愛情を注いでくれるリンコに心を開き、
子どもを産めないことがわかっているリンコはトモが可愛くて可愛くて仕方がない。
3人が結婚、親子関係などを真剣に考え始めた時、母のヒロミが戻ってきたのでした…。

リンコに生田斗真、マキオに桐谷健太。脚本・監督は『かもめ食堂』の荻上直子です。
この映画のいいところは、キレイ事でまとめてないこと。
差別、偏見…。当事者でないボクらにはわからないことがいっぱいあるわけで、
それらもちゃんと描かれてます。
ハッピーエンドという言葉があるけれど、
ハッピーエンドって何だろう?って、ちょっと考える映画かも。
ちなみにタイトルは、リンコが不条理に怒りが込み上げてきた時に、
今は無き股間のものを編んで作る。黙々と編んで怒りを押さえると。
それは自分の煩悩で、108個作ったら焚き上げて成仏させるんですって。
いい映画でした。☆4つ。
「彼らが本気で編むときは、」公式サイト


『トリプルX:再起動』は、ヴィン・ディーゼル主演の人気アクション映画、15年振りの“再起動”。

NSAに所属する、特殊工作部門“トリプルX”。
その責任者であるギボンズが、人工衛星の落下事故に巻き込まれて死亡してしまうんですね。
ところが、どうやらこれは事故ではなく、意図的な操作によるものだと判明します。
NSAが“パンドラの箱”と呼ばれる特殊装置を入手。
これさえあれば、宇宙空間にある3万もの人工衛星を墜落させることが出来、
犯人はこれを使ってギボンズを暗殺したというのです。誰が、何のために?
NSAが対策を講じていると、突然、並み外れた身体能力を持つ武装集団が乱入。
“パンドラの箱”を持ち去ってしまうんですね。
このままでは世界中が大混乱に陥ってしまう。
そこでギボンズの後任のマルケは、同じぐらいの身体能力を誇る、
伝説の“初代トリプルX”、ザンダー・ケイジを呼び出したのです。
ギボンズの仇を討つならと、仲間を集め、武装集団に挑むザンダーたち。
しかし、この事件にはとんでもない裏があったのです…。

2002年の『トリプルX』に魅せられた人には、待ってましたといった感じでしょうか。
レベルの高いアクション映画は、とにかくスクリーンに釘付けにさせてくれますから。
眠くなるヒマがない(笑)。
あの人気サッカー選手のネイマールjrが、本人役で登場。華麗な足技を見せてくれます。
ちなみに、これがハリウッドデビューだとか。
高値安定の1本です。☆3つ。
「トリプルX:再起動」公式サイト


『真白の恋』は、富山県射水市を舞台にした純愛物語。

“日本のベニス”と呼ばれる富山県射水市の、小さな町に暮らす渋谷真白。
彼女には見た目にはわからない軽度な障がいがありました。
父が経営する自転車屋さんで店番をし、飼い犬の散歩をさせるのが日課。
隣りに住む、従姉妹の雪菜が良き理解者です。
兄の結婚式で神社を訪れた時のこと。
放り投げて遊んでいたハンカチが手水舎の屋根に引っ掛かってしまい、それを取ってくれたのが、
東京から仕事で来ていたカメラマンの油井でした。
真白は預けられたカメラを興味深そうに覗き、謝ってシャッターを押してしまったのです。
言えずに油井にカメラを返す真白。
見知らぬ男の人と話してしまった真白は、経験したことのない感情にドキドキ。
ホテルに戻って、撮った写真を確かめていた油井は、真白が写り込んでいることに気付きます。
数日後、川沿いを歩いていた真白に声を掛ける油井。真白の写真をプレゼントしてくれたのでした…。

話はここから紆余曲折、いろいろなことが起こります。書いたのはさわりの部分だけです。
油井は真白に町を案内してもらったり、真白に障がいがあるとは気付かずに仲良くしていきます。
真白にとっては初めての恋。
しかし、障がいがあるからと、両親や兄など周囲は真白に対し、過保護になる。
真白の障がいを知った油井が言うんですね。
「何を持って障がい者っていうんですかね?社会に適応しきれてないって意味じゃ、
僕も自分の事、障がい者だと思ってますけど」。
この映画は、富山出身の坂本欣弘監督のデビュー作。脚本は北川亜矢子。
ふたりは助監督とアシスタント時代からの知り合いで、
坂本監督の初作品ならと北川さんが脚本を書いたそう。
実は北川さんの実弟が軽度の障がいを持っていて、ある言葉が胸に刺さったそうなんですね。
その言葉こそが、この映画の“肝”になっていることは間違いありません。
あえてここには書きません。ご覧になって、探してみて下さい。
最近、SFっぽい飛び道具?を使った恋愛映画が増えた中、
真正面から堂々と純愛を描いた素敵な作品だと思います。ボクが求めてるからかな(笑)。
自主制作映画なので、あまりたくさんの映画館ではかかりませんが、
多くの人に広がっていくことを切に祈ります。満点!☆5つ。
「真白の恋」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.2.17

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』☆☆
『ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ』☆☆☆☆
『サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ』☆☆☆
『スプリング、ハズ、カム』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


先日、アイドル系の映画の試写を見に行ったら、出演者やその友人と思しき面々が試写会に来ていて、
それはそれはいい匂い(笑)。女の子らしいパフュームの香りが試写会場を覆ってました。
まるで3Dの先にある、4DXのひとつじゃないかと思ってしまいました(笑)。
さ、今週は4本です!



『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』は、ジェイク・ギレンホール主演のヒューマンドラマ。

デイヴィスはエリート銀行員。
自分のボスであるフィルの娘、ジュリアと結婚。若くして、富も地位も手にしていたのです。
ところがある朝、突然の交通事故で妻のジュリアが亡くなってしまうんですね。
なのに、悲しむことができない。自分は妻を愛していたのか、自分の心はどこに行ってしまったのか。
義父の「心の修理も車の修理と同じ。隅々まで点検して、組み立て直すんだ」という言葉がきっかけで、
身の回りの物を片っ端から壊していくデイヴィス。
その行為は自宅にとどまらず、会社にまで及びます。
その一方で、妻が亡くなった夜、病院の自販機から商品が出ず、
苦情担当として出会ったシングルマザーのカレンとの仲が親密になっていきます。
心も壊れてしまったデイヴィスは、上手くパーツを組み直すことが出来るのでしょうか…。

プレスには「喪失と哀しみ、そして再生を描いた物語」とありますが、
主人公のデイヴィスは登場した時から既に心がない感じ。
何が楽しくて生きているんだろうといった雰囲気の、感情の無い人間としてスクリーンに現れます。
そもそも“現代病”的な要素を持ったキャラクターなので、見ている側はなかなか感情移入が難しいかも。
亡くなった妻のあちこちに貼られたメッセージのほうが哀しい…。
タイトルが秀逸だから、期待し過ぎちゃったかも(笑)。
ごめんなさい。個人的にはピンと来ませんでした。☆2つ。
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」公式サイト



『ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ』は、アメリカの人気政治家だった男のドキュメンタリー。

元アメリカ民主党下院議員、アンソニー・ウィーナー。
舌鋒鋭く相手を論破するイケメン議員。将来を期待された若手政治家のホープでした。
その期待の大きさの象徴が、妻のフーマ。
長年、ヒラリー・クリントン氏の右腕を務めた才色兼備を伴侶に迎えたのです。
順風満帆に思えたウィーナーの人生でしたが、結婚から10ヶ月、とんでもない事が起こります。
ウィーナーには、女性と性的な写真などをやり取りする“セクスティング”という性癖があり、
自ら写した下半身写真が流出してしまったんですね。
最初は否定していたウィーナーでしたが、結局自分のものと認め、議員を辞職。
それから2年。彼は再起を誓い、ニューヨーク市長選に立候補。
かつては人気の若手議員、過去を謝罪し「もう一度チャンスを」という訴えに、
ボランティアも多数集まり、支持率は急上昇。
ダントツの1位だったのですが、なんとまたまたわいせつな写真が発覚。
辞職後1年に渡り続けていたとようで、中には15歳の少女とのセクスティングもあったと。
FBIがこれを捜査。ウィーナーとフーマの共有端末から、
ヒラリー・クリントン氏の自宅私用メールサーバーから送受信したメッセージが発覚。
これが大打撃となったこともあって、ヒラリーさんは大統領選を落選してしまいます。
もちろんウィーナーも大惨敗…。
ドキュメンタリーですから、すごいでしょ?撮ってる側も、
政治家としてのウィーナーに興味があってカメラを回していたのに、まさかこんな展開になるとは…(笑)。
人の人格と下半身は、まったくの別物だということでしょうね(笑)。
ある意味、奇跡のドキュメンタリーです。☆4つ。
「ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ」公式サイト



『サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ』は、伝説のフラメンコ・コミュニティを映したドキュメンタリー。

スペインのアンダルシア地方にあるグラナダ県サクロモンテ地区。
ここに住むのはロマという、歴史的にも迫害を受けてきた民族で、数年前まで、
サクロモンテは地図にも載っていなかったと言います。
元々が流浪の民だったロマは、行く先々で差別を受けてきましたが、
この地でイスラムの文化と融合し、独自の文化を作り、根付いたのです。
ロマは洞窟で暮らしていたため、そこに洞窟フラメンコが誕生。
力強く、情熱的なフラメンコが世界を魅了したのですが、ロマのスターの死、
水害による洞窟の破壊など、次々と悲劇が彼らを襲います。
住むところを失っても、歌い、踊り、文化を代々引き継いできたという、
そんなロマの人々を追いかけたドキュメンタリー映画。
生き様が、歴史が、熱く映し出されてます。☆3つ。
「サクロモンテの丘 ロマの洞窟フラメンコ」公式サイト



『スプリング、ハズ、カム』は、落語家・柳家喬太郎の映画初主演作品。

この春から東京の大学に進学する璃子。
下宿を探そうと、父・肇も広島から上京。ふたりで祖師ヶ谷大蔵の街を歩き回ります。
いい部屋だなと思っても隣りにホスト風の男が住んでいたり、
タッチの差で気に入った部屋が埋まってしまったり。
なかなか上手くいかない部屋探しだったのですが、おしゃべりなおばあちゃんが大家さんの、
古ぼけたアパートを発見。娘も父もそこを気に入り、ここを住まいに決めるんですね。
すると大家さんが街を案内してくれると言います。
その散策で出会う人々とのふれあいに下町の温かさを感じ、
ふたりは父娘で一緒にいられる時間の大切さを噛みしめるのでした…。

ちっちゃなロードムービーと言ってもいいかもしれません。
散策中、TVドラマのロケに遭遇、エキストラでドラマに出演したり、
インド料理屋での結婚式に招かれたり。
実は璃子の母は、璃子を産んですぐに亡くなっています。
成長した璃子に、亡き妻の面影を見る父・肇。父の背中におんぶされる璃子。
ドラマチックな展開はないけれど、何でもない日常の風景に、
大切な幸せが隠れているんだなって、改めて気付かせてくれる1本です。☆3つ。
「スプリング、ハズ、カム」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.2.9

『ママ、ごはんまだ?』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


最近、TVで昔のお気に入り映画がOAされることが多く。
でも、やっぱり気になるのがCMの存在。現実に戻されちゃうんですよね。
スポンサーがなければ放送ができないのですから、仕方ないと言えば仕方ないのですが、
できればノンストップで見たいもの。やっぱり映画館ですねっ。
さ、今週は1本です!


『ママ、ごはんまだ?』は、一青妙、窈姉妹の家族の物語。

台湾人の父と日本人の母。
名家の長男である父の一目惚れで結婚を決めた母は、台湾で暮らすことになります。
長女の妙が産まれ、続いて妹の窈が産まれた頃、一家は東京に移り住むことに。
しかし、優しかった父が亡くなります。
どんなに辛い時でも、母は料理をし、その料理がふたりの娘を、
また周囲のみんなを元気づけていたのです。
しかし、その母も病に倒れ、亡くなってしまうんですね。
あれから20年。思い出の東京の家を取り壊すことになり、姉妹で片付けていると、
赤い木箱が見つかります。
中には古い手紙と、母の台湾料理のレシピが入っていたんですね。
同じ頃、母の墓前で母の小さな秘密を知り、妙は台湾へと向かったのです…。

作家として活躍する一青妙、シンガーソングライターとして活躍する一青窈の母、
かづ枝さんを中心に描いた、一青家の物語。原作は一青妙のエッセイです。
かづ枝さんの出身は石川県の中能登町。
映画は中能登町の町制10周年の記念事業のひとつでもあります。
ボクにとっての“家庭の味”はというと、寿司屋を営む両親の元で育ったから、
ごはんは手が空いた人から食べる。
味噌汁もカレーも、具はまだ固いのが長谷川家の味。正しくは“食感”(笑)。
シャキシャキした大根の味噌汁や、コリッとしたジャガイモのカレーが美味しいと、今でも思ってしまいます。
あの時代の人々は、苦労もたくさんあったはず。それでも家族のためにと、必死で頑張った。
今以上に必死で頑張った世代…。
あなたも母の味を思い出すと思いますョ。☆3つ。
「ママ、ごはんまだ?」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.2.3

『君と100回目の恋』☆☆☆
『虐殺器官』☆☆☆
『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』☆☆☆
『LIVE FOR TODAY 天龍源一郎』☆☆☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


1月21日公開の映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(→公式サイト)を
紹介し忘れてしまいました。すみません。
この映画はニコール・キッドマン主演作。
19世紀末から20世紀初頭に生きた実在のイギリス人女性、ガートルード・ベルの物語。
アラビアの人たちには“イラク建国の母”と呼ばれた、愛と情熱の女性の話です。
是非ご覧になってみて下さい。
さ、今週は4本です!



『君と100回目の恋』は、ファンタジック・ラブストーリー。

葵海と陸は幼なじみ。今は同じ大学に通い、The STROBOSCORPというバンドを結成。
仲間と共に、充実した大学生活を送っていました。
留学前に陸への思いを伝えたい。それでも告白できずにいた葵海でしたが、大事なライブの数日前、
そんな葵海にバンドメンバーの直也が愛を告白。
直也のことが好きだったマネージャーの里奈は気持ちの整理がつきません。
メンバー同士がギクシャクした、最悪のコンディションで迎えたライブは、最悪の出来に終わります。
すると、泣きながら会場を飛び出した葵海に悲劇が。交通事故で、命を落としてしまうんですね。
ところが、気付くと葵海は大学の教室の中。日付は7月25日。そう、ライブの1週間前です。
教授は同じ話をし、経験していたことが次々と起こる。動揺を隠せない葵海に、陸が言います。
「秘密を話そう。実は俺、時間を戻せるんだ」。
陸は葵海を救うために、何度も何度も時間を巻き戻していたのでした…。

シンガーソングライターのmiwaと坂口健太郎による、時空を超えた純愛物語。
タイトルは、なるほどそういうことかと、仕掛けがわかって納得です。
あらすじを書いてて、ネタバレじゃないかなぁと悩みましたが、
ここまではあちこちで取り上げているので、逆にストーリーの“売り”の部分みたいですね(笑)。
最近は、何かこういうサプライズ的な要素を加えて、ストーリーを展開させる恋愛モノが増えましたかね。
シンプルな恋愛だけじゃドラマにならないということでしょうか。☆3つ。
「君と100回目の恋」公式サイト



『虐殺器官』は、伊藤計劃(けいかく)のデビュー小説のアニメ映画化。

9.11以降、テロとの戦いが激化。アメリカは世界各国の紛争地で、首謀者を暗殺するための特殊部隊を編成。
科学と医療の最先端技術を使い、戦闘に適した能力を備えた兵士を開発したのです。
その部隊を率いるのがクラヴィス・シェパード大尉。
彼が狙うのは、ジョン・ポールというアメリカ人言語学者でした。
ジョンが訪れた国では、しばらくして、必ず内戦や大量虐殺が始まっていたのです。
ジョンが虐殺の種を蒔いていたとしたら。
クラヴィスはジョンの影を追うのですが…。

34歳の若さで亡くなった伊藤計劃の小説3作を、
連続で劇場アニメ化しようと立ち上がったのが“Project Itoh”。
『屍者の帝国』『ハーモニー』と公開されたものの、制作スタジオが倒産し、3作目の公開が遅れたとか。
それでも新たな制作スタジオがプロジェクトを引き継ぎ、この映画は作り上げられました。
単なるSF小説の枠に収まらない魅力を感じさせるのが伊藤計劃の作品です。
陳腐な表現ですが、これは体感しないとわからないと思います。
前2作も“見る”または“読む”をお勧めします。☆3つ。
「虐殺器官」公式サイト



『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は、ティム・バートン監督最新作。

周囲になじめない内気な少年のジェイク。
そんな彼にとって、唯一の理解者が、ワクワクするような冒険話をしてくれた祖父のエイブでした。
そのおじいさんが何者かに襲われたのです。
自宅裏の森に倒れていたおじいさんが、ジェイクに言います。
「早くここから離れろ。島に行くんだ」と。
精神的ショックで不安定になったジェイクは、医者の勧めもあり、か
つておじいさんが暮らしていたというケルン島に向かいます。
その島はおじいさんの冒険話の舞台で、そこには“奇妙なこどもたち”が住んでいる児童保護施設があると。
島についたジェイクは別世界の入口を見つけ、入ってみると、そこにはおじいさんの話の通り、
“奇妙なこどもたち”が幸せそうに暮らしていたのです…。

『チャーリーとチョコレート工場』などの大ヒットで知られる、ティム・バートン監督の話題作。
“奇妙なこどもたち”とは、宙に浮かぶ女の子や、小柄な少女なのに怪力の持ち主だったり、
指先から火を放ったり、オモチャに命を吹き込めたりする少年、少女。
外界で生きられない彼らを、ミス・ペレグリンという保護者が守っているんですが、
そこに邪悪な異能者が襲ってくると。
ジェイクがみんなと一緒にこの世界を守ろうと頑張る、冒険物語です。
こどもたちのキャラクターが、ファンタジーとしての肝になっています。
ティム・バートンファンは楽しめるかと思いますョ。☆3つ。
「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」公式サイト



『LIVE FOR TODAY 天龍源一郎』は、元プロレスラー・天龍源一郎さんのドキュメンタリー。

大相撲からプロレスラーに転身し、40年に渡り、リングで闘ってきた天龍源一郎。
2015年2月9日、65歳の誕生日に会見を行い、11月15日の両国国技館で引退すると発表。
プロレス界に衝撃が走ります。
その理由は、妻の看病にありました。
天龍プロジェクトの代表を務めたのは娘の紋奈。
家族の支えがあってこそのプロレス人生と感じていた天龍源一郎は、今度は自分が支える番だと考えたのです。
引退発表からの10ヶ月にカメラは密着。
プロレスはショーだとか、八百長だとか、いろいろ言われるけれど、そんなのはどうでもよくなる。そんな映像です。
自分が先達のプロレスラーから受けた技の数々が、今の自分のプロレスを築いていると。
プロレスは“伝承”だから、自分が後輩たちにそれを伝えてからリングを去りたい。
天龍源一郎の思いがヒシヒシと伝わります。
もう体はボロボロですから。生き様だなぁと。感動しますョ。
天龍さん、競馬好きなんですね。なんだか親近感(笑)。とにかく満点!☆5つ。
「LIVE FOR TODAY 天龍源一郎」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.1.28

『スノーデン』☆☆☆☆
『ドクター・ストレンジ』☆☆☆☆
『マグニフィセント・セブン』☆☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


自分が勧めた映画を知人が見てくれて、その感想を聞きながら会話を交わすのは楽しいものです。
感じ方や考え方が違ったとしても、そのやり取りの中に気づきや刺激があるから。
映画には、見るだけでなく、その後の第2波的な楽しみもあるということなんでしょうね。
さ、今週は3本です!



『スノーデン』は、オリバー・ストーン監督作品。

アメリカのごく一般的若者だった、エドワード・スノーデン。
2004年のアメリカ同時多発テロを受け、国のために軍隊に入隊するのですが、大怪我を負い、除隊。
それでも何か国の役に立てないかと考えたスノーデンは、
得意のパソコンの技を活かし、CIAに入ります。
CIAではサイバー・セキュリティーについて徹底的に学び、メキメキ頭角を現していきます。
訓練施設でトップクラスの成績を叩き出したスノーデンは、
スイス・ジュネーヴにあるアメリカの国連代表部に派遣されるのですが、そこで行われていたのは、
NSA(アメリカ国家安全保障局)による一般市民の“監視”でした。
テロ活動を疑われる人だけでなく、SNS、メール、チャットから、
国の内外を問わずあらゆる人の情報を得るやり方に、スノーデンは疑問を抱いたのです。
一度はCIAを辞めたのですが、元の上官とNSAの副長官から声が掛かり、
再びハワイのオアフ島で任務に就くスノーデン。
自分が構築したシステムが想定外の目的に使われていたり、恋人の行動まで逐一把握されている現実を知り、
「これが自由の国か」と愕然とするんですね。
スノーデンは危機感を募らせ、祖国アメリカを告発しようと決意するのでした…。

2013年、全米のみならず世界中を揺るがせた、スノーデンによる史上最大の内部告発事件。
昨年6月に『シチズンフォー スノーデンの暴露』というドキュメンタリー映画が公開になりましたが、
今作はオリバー・ストーン監督がメガホンを取り、スノーデンの生い立ちや、
恋人であるリンゼイとの関係にもスポットライトを当てた作りとなっています。
宣伝文句にもある“彼は、英雄か。犯罪者か―”。
その是非はわかりませんが、ひとつの信念に基づいての行動だったことは確かです。
あなたもメールやline、ポイントカードにSuicaなどで、完全に行動が把握され得るって、知ってましたか?
ドキュメンタリーを見てからのほうが響くと思いますが、
逆にこちらを見てからドキュメンタリーを見てもいいかと思います。☆4つ。
「スノーデン」公式サイト



『ドクター・ストレンジ』は、マーベル・スタジオの最新作。

天才外科医、スティーヴン・ストレンジ。
スタイリッシュでパーフェクトな日常を送る彼の欠点は、あまりにも気位が高いこと。
そんな彼を、悲劇が襲います。
交通事故によって、両手の機能を失ってしまうのです。
何としても外科医に復帰しようと、自ら指示を出し、高額な手術をするも、すべて失敗。
失意のどん底にいた時、脊髄損傷で歩けないはずの男性が何不自由なく生活しているという話を聞き、
会いに行くと、カトマンズにある謎の治療施設“カマー・タージ”を教えられるのでした。
最後の望みと施設を訪れたのですが、そこは神秘の力を修行する場所。
指導者であるエンシェント・ワンとの面会こそ叶ったものの、医学に通じるドクター・ストレンジが、
神秘などというものを信じるはずもなく、以前と変わらぬぞんざいな態度を取った瞬間、
彼は異次元世界に飛ばされてしまうのでした…。

と、まずは導入部だけ。
カマー・タージは“闇の魔術”から人類を守るための聖なる砦。
そこでドクター・ストレンジは、外科医から魔術師へと変わっていくのです。
街の外観がぐにゅんぐにゅん曲がって行く映像は、確かに斬新というか、すごいものがありました。
ちょいちょいギャグも入って、まったく飽きの来ない115分。
さすがディズニーとマーベルだなといった感じです。
エンドロールのあとに、今後の展開が予告編のように付くのが、お決まりのパターン。
今作も例外ではないので、場内が明るくなるまで席は立たないようにして下さいね。☆4つ。
「ドクター・ストレンジ」公式サイト



『マグニフィセント・セブン』は、勧善懲悪の西部劇。

1879年、アメリカ西部の町、ローズ・クリーク。
そこに現れた資産家のボーグが、町を乗っ取ろうと、極悪非道なやり方で住民を脅していたのです。
愛する夫をボーグに殺されたエマは、夫の復讐はもちろん、何とかこの町を守りたいと用心棒を探しに出たのですが、
そこで出会ったのが治安官のチザムでした。
エマの話を聞き、敵が横暴なボーグだと知ると、チザムは用心棒の依頼を引き受けます。
しかし、ひとりでは無理。そこで助っ人を集めることに。
バーで知り合った早撃ちが得意なギャンブラーのファラデー。
メキシコから流れてきたお尋ね者のバスケス。
凄腕スナイパーのグッドナイト。
東洋人でナイフの使い手のビリー。
インディアン・ハンターとして名を馳せたホーン。
そして、部族を追われたネイティヴ・アメリカンのレッド・ハーヴェスト。
7人の用心棒はローズ・クリークの町を守れるのでしょうか…。

アメリカの西部劇と日本の時代劇には通じる部分があります。
キャラクターのひとりひとりにドラマというか、背景があって、
大切な、特にいい人が犠牲になっちゃうけれど、最後は正義が勝つ。
また、数的には少ない正義が、バッタバッタと大量にいる悪を倒す痛快さ。
黒澤明監督の『七人の侍』が、アメリカ版リメイク作品として大ヒットとなった『荒野の七人』。
“その魂を継ぐ”とプレスにありましたが、今回の『マグニフィセント・セブン』も、まさにそう。
黒人のチザムもいれば、東洋人のビリーもいる。
敵対しているはずのインディアン・ハンターとネイティヴ・アメリカンが手を組む。
それぞれのキャラクターに入れ込んで見ると、より一層楽しめると思います。
この場合、悪は徹底的に悪いほうが面白い。ボーグはかなり悪いヤツです(笑)。☆4つ。
「マグニフィセント・セブン」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.1.20

『太陽の下で 真実の北朝鮮』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


試写会に行くのも、徐々にエンジンが掛かってきた感があり、先週は5本。
月平均10本は見たいですね…。
昨年あったように、行かなかった(行けなかった?)映画が高い評価を受けると、
かなりショックですから(笑)。
映画評論家とは違った、率直な感想を伝えるのが役割だと思ってます。
いい映画に出会いたいものです。
さ、今週は1本です!


『太陽の下で 真実の北朝鮮』は、北朝鮮の日常を映した問題作。

ロシアのドキュメンタリー映画の巨匠、ヴィタリー・マンスキー監督が、
北朝鮮の一般庶民の日常生活を撮りたいと政府に申し出たところ、北朝鮮側が承諾。
オーディションで選ばれたジンミーという8歳の女の子の家で、
1年間スタッフと共に暮らし、カメラを回すことになります。
ジンミーはエリートが集まる“朝鮮少年団”に入団。
父は縫製工場のエンジニアで、母は乳製品工場で働いていました。
模範家族ということで、住まいも高級。
食卓を囲むシーンでも、笑い声が絶えないのですが、何かがおかしい。
彼らの周りには、常に黒い服の男が数人いたのです。
思い出してみれば、ジンミーの父は、確かジャーナリストだったはず。
そう、これは北朝鮮政府がすべて指示を出し、理想の家族のイメージを作り出していたのです。
会話も、笑うタイミングも、家庭でも、職場でも、すべて指示が出されていた。
監督はこれをこっそり撮っていたんですね。
電源を切ったフリをして回し続ける。逆もまたしかり。カメラを回す前から電源は入っていたのです。
ラストでアップになるジンミーの顔の表情と、ジンミーの口から出る言葉に愕然とします。
事の善悪は、ボクにはわかりません。ただ、映画は淡々と進みます。
淡々とだからこそ、逆にゾッとするのだと思います。☆3つ。
「太陽の下で 真実の北朝鮮」公式サイト

 
 


 
 
週末公開の映画……2017.1.4

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』☆☆☆
『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』☆☆
『人魚姫』☆☆☆
(満点は☆☆☆☆☆)


あけましておめでとうございます!
2017年も、ご愛読よろしくお願いします。
2016年は、最終的に本の試写を見させて頂きました。
昨年はドキュメンタリー映画に佳作が多かった印象です。
今年はどんな出会いがあるのか、ボクも楽しみにしています!
年の始めの、今週は3本です!



『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』は、ドイツ映画。

第二次世界大戦終結後、ヒトラー率いるナチス・ドイツの重要戦犯の多くが海外に逃亡。
中でも最重要犯とされたのが、アドルフ・アイヒマンでした。
何百万人ものユダヤ人を強制収容所に送り、命を奪った“ホロコースト”の中心的人物です。
ドイツ・フランクフルト、ヘッセン州の検事長であるフリッツ・バウアーは、
ナチスの戦争犯罪者をひとりでも多く逮捕したいと、執念を燃やしていました。
ところが、政治家や企業家の中には、まだたくさんの元ナチ党員がいて、バウアーの行動は監視されていたのです。
信じられる人間は、ごく僅か。
そんなある日のこと、バウアーのもとに1通の手紙が届きます。
アイヒマンが、アルゼンチンのブエノスアイレスに潜伏しているというのです…。

最近は、ナチスに関する映画がすごく増えている気がします。
世界中がきな臭い中、過去の過ちを繰り返さないためなのかもしれませんね。
事実に基づくストーリーで、バウアーの執念が描かれてます。
誰を信じてよくて、誰は疑わしきなのか。また、敵も狡猾で、様々な罠を仕掛けてくる。
歴史映画でありながら、サスペンスの要素もあって、見るものを飽きさせない作りとなっています。
自国ドイツと、日本とでは、リアリティとしての温度差があるかもしれませんが、
こういうところから過去に興味、関心を抱く。これも映画の持つ役割かもしれません。☆3つ。
「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」公式サイト



『NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』は、
インターネットの参加型オンラインゲームを題材にした作品。

高校3年の女子高生ヴィーは、母親と2人暮らし。
名門のカリフォルニア芸術大学から入学通知を受け取ったものの、
母は奨学金で地元の大学に通うことを願っており、その進路に悩んでいました。
そんな時、親友のシドニーが“NERVE”というゲームのことを教えるんですね。
“NERVE”は、多人数参加型オンラインゲームで、挑戦者と視聴者に別れ、視聴者は視聴料金を支払い、
挑戦者は視聴者が出す“指令”にチャレンジ。
最も視聴者数を獲得した2名が決勝戦を行い、莫大な賞金を手にするというもの。
冴えない普通の女子高生だったヴィーが、母に内緒で“NERVE”の挑戦者にエントリー。
次々と課せられる過酷なミッションに挑んでいくのですが…。

いわゆるユーチューバーなど、インターネット上で大人気となり、それで大金も稼げる現代。
その危険性に警鐘を鳴らしながら、サスペンス・アクションに仕上げた内容となっています。
ダサい女子高生から、一瞬にして時代の寵児へ。
そこには、それ相応のリスクや代償があるということを考えないといけない。
でも、考えないんでしょう。
インターネットの負の遺産は、努力と想像力を欠如させたことにあると思ってます。
いや、もちろんインターネットと出会ったからこそ、努力し、想像力を働かせ、
起業した人もたくさんいるのはわかってます。ただ、甘やかしのツールになってしまったのも事実。
この映画のヴィーを見てると、イライラしちゃうんですよね。「なんで立ち止まらないんだ」って。
ごめんなさい、ボクにはどうにもそれが不快でなりません。☆2つ。
「NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」公式サイト



『人魚姫』は、香港のチャウ・シンチー監督作品。

金儲けしか頭にない、成金青年の実業家リウ。
イルカが生息する自然保護区域を莫大な金で買収し、そこをリゾート地にしようと企てていました。
ところが、そこには人魚族が住んでいて、行き場を失った彼らが思いついたのは、
可憐な人魚のシャンシャンを人間に変装させ、リウに接近、暗殺させようというものでした。
ハニートラップでリウに近づくことはできたシャンシャンでしたが、
あまりにドジで、繰り出す作戦をことごとく失敗してしまいます。
そうとは知らず、シャンシャンの純粋無垢な振る舞いに、
他の金目当ての女性には無い魅力を感じていたリウは、徐々にシャンシャンに惹かれていくんですね。
同時にシャンシャンも、リウを暗殺することなどできなくなっていたのでした。
その一方で、金に目がくらんだ人間たちは、人魚族との戦いを激しいものにしていったのです…。

チャウ・シンチー監督は、『少年サッカー』や『西遊記 はじまりのはじまり』などで知られる監督。
笑いも散りばめながら、環境破壊へのメッセージを送っています。
CGによる独特の世界観は、ファンにはすっかり定着しており、
その期待を裏切らない作りとなっています。
プレス資料には“ロマンシング・アドベンチャー”とありましたが、言い得て妙!安定の☆3つ。
「人魚姫」公式サイト