週末公開の映画……2020.1.21
『KCIA 南山の部長たち』★★★★
『どん底作家の人生に幸あれ!』★★★
(満点は★★★★★)


緊急事態宣言中に、ボクは“家の大掃除をします宣言”を発出。
今、多くのスペースを取っているもののひとつが、映画の資料なんです。
試写会の際にもらったマスコミ用プレスを、25年前からすべて取ってあるので、これが段ボールや袋に詰まってメチャメチャある。
どうしたらいいと思います?
捨てるのもなぁ…。思案のしどころです(笑)。
さ、今週は2本です!

1979年10月26日、パク・チョンヒ大統領が、射殺されます。
犯人は諜報機関であるKCIA(中央情報部)の部長で、韓国No.2の権力者とも言われた、キム・ジェギュ。
話は、暗殺の40日前にさかのぼります。
軍事クーデターによって最高権力の座に就いたパク・チョンヒ大統領は、いわゆる独裁者。その腐敗を、亡命先のアメリカ
院議会の聴聞会で証言したのが、KCIAの元部長のパク・ヨンガク。さらには回顧録も執筆していると知り、パク大統領
激怒するんですね。
大統領の側近、クァク・サンチョン警護室長は、KCIAに責任があると、キム部長を責め立てます。
キム部長はアメリカに飛び、友人でもあったパク元部長に会って、真意を尋ねます。
「大統領にとって、No.2は要らないんだ」。
パク元部長はそうこぼします。
母国のために奔走するキム部長でしたが、国内では民主化運動の激化など、問題が多発。大統領にとって、国民の声などただの騒音にしか聞こえず、取り巻きはそれを是とする。
そこに権力争いも加わって、キム部長は追い詰められていきます。
韓国映画は相変わらずレベルが高い。面白かったです。
パク・チョンヒ大統領の暗殺も、犯人がKCIAのキム・ジェギュ部長だったことも事実。
ただ、動機については様々な見解があるようで、純粋な愛国心、出世のためのクーデター、あるいは追い詰められたがゆえの突発的行動とも言われています。
あらすじも簡単にしか書きませんでしたが、様々な人物の思惑が複雑に絡みあい、世界中に衝撃を与えた大統領暗殺事件へと進んでいきます。
まだ、40年前の事件。韓国が民主主義国家になるのには、そこからさらに時間が必要でした。
隣国の歴史の一端を、ボクらは映画で知ることが出来る。あくまでフィクションですから、すべてを信じこむのはいかがかなものかとは思いますが、関心を持つきっかけにはなりますよね。
ちなみに、“南山”は「なむさん」と読むそう。キム部長を、イ・ビョンホンが演じています。★4つ。
「KCIA 南山の部長たち」公式サイト


『どん底作家の人生に幸あれ!』は、19世紀のイギリス人作家、チャールズ・ディケンズの半自伝的小説の映画化。

デイヴィッドは、優しい母親と、肝っ玉母さん的な家政婦のペゴディのもとで、幸せな毎日を過ごしていました。
ところが、母の再婚相手が暴力夫。デイヴィッドは家から追い出され、ロンドンの瓶詰め工場で働かされることになります。
数年が経ち、大好きだった母の訃報を聞いたデイヴィッドは、工場から逃げ出し、唯一の肉親である叔母の家に駆け込みます。
資産家の叔母は、デイヴィッドを名門校に進学させるんですね。
子供の頃から空想好きだったデイヴィッドは、“作り話”で学校の人気者になります。
卒業式の日、デイヴィッドはドーラという犬好きの令嬢に恋をします。そして、彼女の父親が経営する法律事務所に就職。ドーラへのプロポーズを決意したその時です。叔母が破産宣告を受けたというのです。
すべてをなくしてしまったデイヴィッド。波乱万丈な彼の人生は、果たしてどうなってしまうのでしょうか…。

イギリスの国民的作家で、2020年が没後150年となる、チャールズ・ディケンズの代表作「デイヴィッド・コパフィールド」の映画化です。
120分で、出産から結婚までを描いているので、大忙し(笑)。
原作となったのが、作家の半自伝的小説ですから、生い立ちはもちろん、なぜ小説家になったのか、才能やそのきっかけも描かれていると思って下さい。
キーワードは“空想”と“変わり者”。
登場人物には変わり者が確かに多い…。
昔、イギリスにモンティ・パイソンというコメディグループがいて、日本でも『空飛ぶモンティ・パイソン』という番組を吹き替えで放送してました。ボクが中学生か高校生の頃のお話。
イギリスのコメディが難解で、背伸びしながら「面白い」と言っていたのを思い出しました。
そんな笑いって言えばわかる人にはわかるかな。たぶん、フィッシュ&チップス的なイギリス独自の笑いの文化。
何言ってるかわからないって?
あ、そんな感じの映画です(笑)。★3つ。
「どん底作家の人生に幸あれ!」公式サイト


 
 
 
 
週末公開の映画……2020.1.13
『ウォーデン 消えた死刑囚』★★★
『キング・オブ・シーヴズ』★★★★
『ジャスト6.5 闘いの証』★★★★
『聖なる犯罪者』★★★★
(満点は★★★★★)


今週の星の数には迷いました。いずれも面白くて、すべて★4つでもいいかなと思ったぐらい。
ちなみに1作目と3作目は、公式サイトが一緒です。どちらかに興味を持った方は、両方観ることをお勧めします!
さ、今週は4本です!

『ウォーデン 消えた死刑囚』は、イラン映画。

1966年、ヤヘド少佐が所長を務めるイラン南部の刑務所は、新空港建設の敷地内にあるため、閉鎖することになりました。
そのため、たくさんの囚人を新たな刑務所に移送しなくてはなりません。
何台かの車に囚人を乗せ、無事移送が完了したかに思えたその時、1本の電話が入ります。
囚人がひとり足りないと言うのです。それも死刑囚。
担当官をすべて呼び戻し、作業行程を確認したのですが、それぞれに落ち度はないと。ならば、その囚人はまだこの建物の中にいるはずだと、一斉捜索を始めますが、一向に見つけられません。
そのまま刑務所を壊そうとした時、家族や村人、その囚人を担当していたソーシャルワーカーまでもが、彼は無実だと訴えるのです。
所長はこのことが公になってキャリアに傷がつくのは御免。でも、未だに隠れているなら、無実かもしれない囚人は、瓦礫の下敷きになってしまいます。
期限は刻一刻と迫っていたのです…。

イラン映画は、さすがになかなか観る機会がなかったのですが、ぐっと見入ってしまいました。
イスラム革命前のイランが舞台。冤罪も多数あったのでしょう。
この所長も人間臭いというか、厳しさの一方で、出世欲もあれば、女性に対する欲もある。
消えた死刑囚の無実を伝えるソーシャルワーカーも美しい女性で、彼女に対する下心もたっぷりあるわけです。
所長のヤヘド少佐にナヴィッド・モハマドザデー、ソーシャルワーカーの女性にパリナーズ・イザドヤール。
イランを代表する人気男性俳優と女優のふたりは、このあと紹介する『ジャスト6.5 闘いの証』にも出演。特にナヴィッド・モハマドザデーは、主役のひとり、あちらでは麻薬捜査官のトップを演じています。
ひとつ、脱獄のカギらしき“靴墨”の意味がよくわからず…。ボクの理解力不足かも?
加えて、所長のラストの行動の理由付けも、もっと欲しかったかな。
その分だと思って下さい。★3つ。
「ウォーデン 消えた死刑囚」公式サイト


『キング・オブ・シーヴズ』は、2015年に実際に起きたロンドンの事件を映画化した作品。

ロンドンの宝飾店が集まる街、ハットンガーデン。そこにある貸金庫には、ケタ外れの財が保管されています。
ブライアンは“泥棒の王”と呼ばれた大泥棒でしたが、今は足を洗い、老後の人生を妻と満喫していました。
ところが、最愛の妻が亡くなってしまうんですね。
葬儀の席に集まった中には、かつての泥棒仲間もいました。
すると、バジルという男が、ハットンガーデンの貸金庫破りを持ち掛けてきます。
妻亡き今、刺激も欲しいブライアンは、計画に参同。他に集まったのは、テリー、ケニー、ダニー、カールの計6人。
バジル以外は、高齢の泥棒ばかり。平均年齢60歳オーバーの、緻密で大胆な金庫破りが始まったのです…。

ほんの数年前の事件。実話だというのがすごい…。
当日イギリスでは、“英国史上、最高額、最高齢の金庫破り”と言われたそうです。
一番若いバジル以外は、既に逮捕されているのですが、逮捕時の年齢が、リーダーのブライアン77歳、テリー67歳、ケニー75歳、カール59歳、ダニー61歳、ビリー60歳。
よくもまぁ…といった感じでしょ(笑)。
彼らは皆、過去の犯罪歴を誇りに、自信満々で行動に移ります。
途中、仲間割れもあるし、警察がいち早く察知もする。“知らぬは老泥棒ばかりなり”ですが、それでもことの一部始終は見てみたい。そんな気持ちで見続ける映画です。
ブライアン役のマイケル・ケインを始め、映画ファンには、知られた顔ばかり。そんな名優たちの懐かしの作品の出演シーンを入れてくるあたり、演出も乙なもの。
まだ捕まっていないバジルも、どこかの劇場で観て、ほくそ笑んでいるかもしれませんョ。★4つ。
「キング・オブ・シーヴズ」公式サイト


『ジャスト6.5 闘いの証』は、こちらもイラン映画。

イラン国内に蔓延する薬物問題。その多くの依存者はホームレスでした。
これをなんとか解決したいと、サマドを中心とした、警察の薬物撲滅特別チームが動きます。
ターゲットは麻薬売人のトップ、ナセル・ハグザド。誰も見たことがなく、実在するのかもわからない大物です。
まずはホームレスに麻薬を売る、小物の売人を吊し上げ、徐々に真のターゲットへと近づいていきます。
そして、遂にナセルの元へ。高級ペントハウスで彼を捕らえたのですが…。

イランの警察vs麻薬組織。緊迫のクライム・サスペンスです。
ナセルの逮捕までもハラハラドキドキ。ただ、思ったよりも順調に?ナセルまで辿り着きます。
ところが物語は、ナセル収監後に、もうひとヤマも、ふたヤマもあるんですね。
なぜ、こんなにも薬物がはびこるのか。酸素が足りないほどに詰め込まれる囚人たち。警察の体質など、おそらく今のイランのリアルであろうことが、多方面の視点から描かれていて、よく131分にまとめたなと感じました。
まだ30歳だというサイード・ルスタイという監督の名前は、確かに覚えておくといいかもしれません。★4つ。
「ジャスト6.5 闘いの証」公式サイト


『聖なる犯罪者』は、ポーランドで実際に起きた事件に基づいて作られた作品。

ダニエルは、少年院に収容されている20歳の男性。
更正のために教義を説く、キリスト教の神父に影響され、聖職者になりたいと願いますが、前科のある者にその道は開かれていないのです。
仮釈放が決まり、就職のため、田舎の村の製材所に向かうダニエル。そこは少年院を出た若者を集めた、村長の営む製材所でした。
途中、教会を見つけ、ダニエルは中へと入ります。
前に座る少女に、自分は司祭だと冗談を言うと、彼女はこの教会の関係者。ダニエルは新任の司祭と勘違いされ、健康面に問題のあった現職の司祭に代わって、教会のあれこれを任されることになります。
実はこの村では、1年前に住人7人の命を奪う、凄惨な事故がありました。
普通の聖職者とは違ったアプローチで、遺族の心を癒やすダニエル。
風変わりながら、村人の気持ちに寄り添っていくダニエルに、人々は信頼を寄せていきます。
ところが、製材所にいた昔の少年院仲間が、司祭の格好をしたダニエルに気付いてしまったのです…。

最後はどうなるんだろうと、ドキドキしながら観てました。
ダニエルは熱心な信者の代表として、少年院では神父の手伝いをしていたので、ミサの流れはわかっていましたが、他のあれこれは“スマホで調べる”というのが、いかにも現代的(笑)。
横道に逸れたがゆえの説得力がダニエルの言葉にはある。でも、偽の聖職者なんですよね。
「人のためになりたいのなら、他のやり方もある」と少年院の神父は言うけれど、簡単にはいかないのが現実。
ダニエルは偽の聖職者に生き甲斐を見つけてしまったのです。
言葉の持つ意味やパワーと、逆に危険性。誰の口からそれが出ると重くなるのか、逆に軽んじられるのかなど、いろいろと自分に置き換えて考えてました。
ラストはかなり衝撃的。これまた「う〜ん」と考えさせられるはず。
あちこちで言われていますが、ダニエル役の俳優、バルトス・ビィエレニアの目力がすごいです!★4つ。
「聖なる犯罪者」公式サイト

 
 
 
 
週末公開の映画……2021.01.07
『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』★★★★
『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』★★
(満点は★★★★★)


2021年、最初の映画コラムです。今年もよろしくお付き合い下さい。
1都3県に非常事態宣言…。
でも、今回は映画館の閉鎖はないので、ホッとしている方も多いのでは?
ただ、それでも街の人出が減少すると、映画の興行収入にも影響しそう。
早く収束に向かって欲しいものです。
さ、今週は2本です!

『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』は、ドキュメンタリー。

数々のアーティストのレコードジャケットをデザインしてきた菅谷晋一。
大学で建築を学び、実家の町工場で働いた後、やはりデザインがやりたいと、ひとり独立。手探りで仕事を進めてきたと言います。
彼がジャケットを手掛けるアーティストのひとつが、ザ・クロマニヨンズ。甲本ヒロト、真島昌利を中心とした4人組のパンク・ロックグループです。
その作品作りの工程をメインに据えながら、様々なアーティストや関係者が、菅谷晋一デザインの魅力について語るという内容になっています。
レコードジャケットが、曲の説明をしてはいけない。
そんな考えのもと、絵を描き、時に彫刻やオブジェまで作り、写真に撮る。それらすべてをひとりでやって、デザインを作っていくという。
さらに、「案は1つしか出さない」。これがポリシー。
菅谷晋一は言います。
「100%の力を注いだものじゃないと失礼でしょ?」。
たとえば複数の案を出せと言われた時、そのすべてに100%は不可能だと。ハナから“棄て”の作品を出すのはいかがなものかと言うのです。
出演するアーティストたちが口を揃えるのは、「菅谷さんの作品に間違いはない。何かこうしてくれと言ったことがない」ということ。
柔らかい口調で、優しく笑う彼の表情は、子どもが工作を楽しんでいるかのよう。
特に出来上がった時のうれしそうな顔、「早く見せてあげたいなぁ」という言葉に、ものづくりの根底にあるべき“何か”を感じずにはいられません。
アナログのLP盤の頃は、“ジャケット買い”なるものがありました。懐かしく思い出す人もいるはずです。★4つ。
「エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット」公式サイト

『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』は、カトリーヌ・ドヌーヴ出演のフランス映画。

ジャンとアンドレアの夫婦は、孫娘のエマと、フランス南西部の緑豊かな邸宅で暮らしています。
妻アンドレアの70歳の誕生日。家族みんなで集まることになりました。
長男のヴァンサンは妻とふたりの息子を、次男のロマンは恋人を連れてやってきます。
やがて、バタバタと賑やかに宴の準備が始まります。
すると1本の電話が。3年前に姿を消した、長女のクレールが帰ってきたというのです。
車でクレールを迎えに行くヴァンサン。
しかし、心に傷を持つクレールが、家族の間を掻き回し始めたのです…。

フランス人の個人主義が如実に表れた作品。
たくさんの揉め事が起きるのですが、日本だったら、もう親子の断絶、兄弟の縁切り(笑)。
でも、この映画の中では、揉めに揉めて、暴言を吐かれようが、次の瞬間、皆で食卓を囲むという。
昔、聞いたことがあります。
「俺は原爆を持つことには反対だけど、シラク(当時大統領)がいいって言うなら、いいんじゃないか」。これがフランスの個人主義だと。
裏を返せば、他人の考えを尊重するということなのかもしれません。
この国民性の差が、もしかすると、作品への理解を妨げる壁になるのかなぁと。
「いやいや、うちもこんなだったけど、実は仲良しでね…」なんてご家庭には楽しめるのかもしれませんが。
個人的には、ごめんなさい。★2つ。
「ハッピー・バースデー 家族のいる時間」公式サイト