週末の重賞……2020.7.9
七夕賞(日曜・福島)
芝2000mのハンデ戦。
中山で行われた11年を除く、データは過去9回で見ていきましょう。
また、10年は3着同着。従いまして、3着は9回で10頭となります。
1番人気は〔212〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔347〕、2ケタ人気馬〔315〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
毎年7番人気以下の伏兵が馬券に絡む、波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞は2つ。
鳴尾記念から〔220〕。
エプソムCから〔201〕。
その他、AJCC、東京新聞杯から勝ち馬が。
ヴィクトリアマイル、目黒記念、新潟大賞典、海外GTのドバイシーマCから2着馬が。
天皇賞・春、GU時代の産経大阪杯から3着馬が出ています。
重賞組は、人気、着順不問です。
芝のOPから〔324〕。4着以内6頭に、8、10、11着馬。
ダートのOPから〔011〕。10着馬と4着馬。
ダートの3勝クラスから〔001〕。8着馬。
2勝クラスから〔001〕。こちらは1番人気1着馬でした。
ステップレースを見ても、実に様々。クラスも、人気、着順もバラバラなあたりに難解さが現れています。
トップハンデは、9回で15頭いて〔122〕。
勝ち馬のハンデは57.5〜52キロで、平均すると55.83キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均56.11キロ。
3着馬は58〜50キロで、平均54.3キロ。
近7年は、57キロ以上の馬が6勝。昨年は57.5キロのミッキースワローが、トップハンデ馬としては12年振りの優勝を果たしています。
連対18頭中、15頭に芝2000mでの勝ちがあり、残る3頭中2頭には芝1800mの重賞に勝ちがありました。
また、連対18頭中16頭に、過去1年以内の勝ち、または重賞2着がありました。
牝馬は〔010〕。
最後に年齢別に見ておくと、3歳〔000〕、4歳〔210〕、5歳〔422〕、6歳〔257〕、7歳〔100〕、8歳〔011〕。
5、6、4歳の順にいいようです。
取捨選択の最後は、小回り福島への適性の高さが決め手になるかもしれません。コース実績をしっかりチェックして下さい。


プロキオンS(日曜・阪神)
ダート1400m戦。
京都改修のため、今年は中京ではなく、阪神で施行されますが、10年には阪神で、11年には京都で行われているレース。データは過去10年で見ていきます。
1番人気は〔224〕、2番人気は〔232〕、3番人気は〔030〕。
6番人気以下〔203〕、2ケタ人気馬〔101〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
近7年連続で、1、2番人気のいずれかが連絡み。軸は人気馬でと、データは語ります。
ステップレースは実に様々。
複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞は、交流GTのかしわ記念だけで〔110〕。2、3着の馬。
その他、交流重賞のマリーンC、北海スプリントから勝ち馬が。
フェブラリーS、交流重賞のさきたま杯、かきつばた記念、海外GUのゴドルフィンマイルから2着馬が出ています。
重賞組は、すべて掲示板確保の馬です。
OPから〔6410〕。馬券圏内3分の2の、20頭が前走OP組。
内訳は、3着以内15頭に、2番人気3頭(着順は4、6、10着)。
どちらにもあてはまらずに残るのは2頭ですが、この2頭の前々走は、共に連対を果たしていました。
格上げ初戦で連に絡んだ2頭を除くと、連対18頭中15頭にダートのOPクラスでの勝ちがあり、そのうちの13頭はダート1400mでのOPクラス勝ちでした。
連対にはダート1400mの複勝率65%以上が必要なように、この距離が得意な馬を狙いたいレースです。
牝馬は〔211〕。
最後に年齢別で見ておくと、3歳〔000〕、4歳〔521〕、5歳〔254〕、6歳〔311〕、7歳〔013〕、8歳〔011〕。
勝ち馬は4〜6歳。
中でも4歳馬がいいようです。

 



 
 
週末の重賞……2020.7.2
ラジオNIKKEI賞(日曜・福島)
3歳馬による、芝1800mのハンデ戦。
中山で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔230〕、2番人気は〔310〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔147〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
穴党は、3着に人気薄を持ってきたいレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
NHKマイルCから〔013〕。人気、着順は不問です。
ダービーから〔010〕。11着馬。
オークスから〔010〕。8着馬。
青葉賞から〔200〕。人気、着順は不問。
京都新聞杯から〔100〕。6着馬。
OPのプリンシパルSから〔211〕。連対3頭は3着以内の馬、3着馬は17着の馬でした。
白百合Sから〔120〕。3着以内の馬。
古馬混合の2勝クラスから〔102〕。人気、着順は不問。
1勝クラスから〔233〕。こちらはすべて勝ち馬です。
重賞、古馬混合の2勝クラスからは、人気、着順不問。
OPからは、基本3着以内。
1勝クラスからは、勝ち馬。
ざっくり、そう考えてよさそうです。
トップハンデは9回で13頭いて〔200〕。
勝ち馬のハンデは56.5〜54キロで、平均すると54.72キロ。
2着馬は55〜53キロで、平均54.33キロ。
3着馬は56〜53キロで、平均53.78キロ。
ハンデ53キロの馬が〔025〕。すべて6番人気以下の伏兵です。
対18頭中、16頭に芝1800mまたは2000mでの勝ちがありました。例外の2頭は、OPクラスに連対があった馬です。
また、連対18頭中、17頭が中2〜8週での出走。例外の1頭は、中10週で臨んだ18年の2着馬、フィエールマン。
ちなみに、今年は前走が5月2日、3日〜6月13日、14日の馬が、中2〜8週となります。
牝馬は〔010〕。
小回り福島の開幕週。イメージとしては、逃げ、先行馬有利ですが、後方待機の馬、特に捲るタイプの馬の好走も見られます。小回り適性や、展開をっかり読むようにしてみて下さい。


CBC賞(日曜・阪神)
京都競馬場の秋の改修工事に伴い、今年は中京ではなく、阪神で行われる芝1200mのハンデ戦。
実は、10年は京都、11年は阪神と、過去に他場での施行もありました。
従いまして、データは過去10年で見ていきたいと思います。
1番人気は〔311〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔113〕。
6番人気以下〔064〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
勝ち馬は4番人気までです。
ステップレースを見ていきましょう。
高松宮記念から〔223〕。
ヴィクトリアマイルから〔011〕。
芝1400m時代の阪神牝馬Sから〔110〕。
マイラーズCから〔001〕。
京王杯SCから〔010〕。
海外GTのアルクオーツスプリントから〔001〕。
重賞組は、人気、着順不問です。
芝のOPから〔434〕。こちらも人気、着順は不問。
ダートのOPから〔100〕。勝ち馬でした。
3勝クラスから〔121〕。勝ち馬または1番人気に推されていた馬です。
前走を距離別(ダートも含む)で見てみると、1200m〔446〕、1400m〔551〕、1600m〔112〕。海外の1000m〔001〕というのもあります。
同距離または1400mからの距離短縮組が互角の成績です。
ちなみに、近6年の馬券圏内18頭は、すべて前走1200mか1400mからの馬となっています。
トップハンデは10年で10頭いて〔203〕。
勝ち馬のハンデは58.5〜53キロで、平均すると56.05キロ。
2着馬は57.5〜50キロで、平均54.65キロ。
3着馬は59〜54キロで、平均56.15キロ。
57.5キロ以上の馬は13頭出走して〔332〕。
牝馬は2キロ軽いので、55.5キロで出走した牝馬2頭の〔101〕を加えると、15頭で〔433〕。
重いハンデは力の証しと見ていいようです。
連対20頭中、2戦続けて掲示板をハズしていたのは2頭のみ。前年の勝ち馬と、GU勝ちの実績馬でした。
牝馬は〔242〕。
年齢別では、3歳〔010〕、4歳〔112〕、5歳〔644〕、6歳〔324〕、7歳〔020〕。
中でも6歳馬がいいよう。
なお、近6年の馬券圏内18頭は、すべて5歳以上の馬で占められています。
また、リピーターが多いのも特徴です。具体的に見ていきましょう。
10年勝ったヘッドライナー、翌11年2着。
10年2着ダッシャーゴーゴー、翌11年優勝、12年も3着。
12年勝ったマジンプロスパー、翌13年も連覇。
13年3着サドンストーム、15年も3着。
17年2着セカンドテーブル、翌18年3着。
18年勝ったアレスバローズ、翌19年2着。
今年は昨年の覇者、レッドアンシェルが出走予定です。
ちなみに、ヘッドライナーは10年京都、11年阪神。ダッシャーゴーゴーも、10年京都、11年阪神、12年中京と、異なる開催場での好走ですから、コース適性以上に、“夏に強い馬”がキーワードになるのかも?
最後に、連対20頭中、16頭に6〜8月の勝ちがあったことを付け加えておきたいと思います。
 



 
 
週末の重賞……2020.6.23
宝塚記念(日曜・阪神)
上半期のグランプリ。芝2200m戦。
過去10年、1番人気は〔241〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔202〕。
6番人気以下〔535〕、2ケタ人気馬〔022〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
波乱含みのGTです。
ステップレースを見ていきましょう。
天皇賞・春から〔422〕。連対または1、2番人気だった馬が5頭に、4、7、10着馬。
大阪杯から〔110〕。3番人気6着馬と、2着馬。
ヴィクトリアマイルから〔023〕。連対3頭と、1番人気7着と7番人気8着の馬。
海外GTのクイーンエリザベスU世Cから〔110〕。3着以内の馬。
同じく、ドバイシーマクラシックから〔012〕。3着以内の馬。
目黒記念から〔101〕。2着馬。
鳴尾記念から〔121〕。3着以内3頭に、2番人気4着馬。
OP特別のメトロポリタンSから〔100〕。勝ち馬です。
日本馬に限れば、前走GT以外からなら4着以内必須。
また海外帰りの馬は、前走3着以内必須です。
連対20頭すべてに、GT連対またはGU勝ちがありました。
また、連対20頭中、18頭に芝2200m以上での勝ちが、例外の2頭には芝2400mでの2着がありました。
勝ち馬10頭すべてが、4月以降に1戦を消化。
阪神芝に勝ちの無い関西馬に、1着はありません。
このレースの上がり3F最速の馬が11頭(最速タイが1頭)いて、〔650〕とすべてが連に絡んでいます。内回りでも、末の確かな馬がいいということでしょう。
年齢別では、3歳〔000〕、4歳〔325〕、5歳〔655〕、6歳〔120〕、7歳〔010〕。
5歳馬がいいよう。
また、勝ち馬10頭のうち、8頭が10番枠より外の馬。覚えておくといいかもしれません。
 



 
 
週末の重賞……2020.6.17
ユニコーンS(日曜・東京)
3歳限定のダート重賞。ダート1600m戦。
データは過去10年ですが、13年は3着同着。従いまして、3着は10年で11頭となります。
1番人気は〔330〕、2番人気は〔331〕、3番人気は〔413〕。
6番人気以下〔010〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ6回に、万馬券はなし。
勝つのは3番人気までの馬です。
ステップレースを見ていきましょう。
芝のNHKマイルCから〔100〕。9着馬。
交流GUの兵庫CSから〔311〕。連対馬。
海外のUAEダービーから〔001〕。10着馬。
OP特別の青竜Sから〔133〕。連対6頭に、4着馬。
鳳雛Sから〔111〕。1番人気4着馬と、2、3馬着。
伏竜Sから〔101〕。連対馬。
昇竜Sから〔101〕。勝ち馬と、1番人気4着馬。
端午Sですが、1800m時代(11年のいぶき賞を含む)は〔021〕。連対馬。1400mに短縮されてから〔020〕。こちらも連対馬です。
2勝クラスから〔100〕。4着馬。
1勝クラスから〔103〕。すべて勝ち馬です。
条件戦からの2頭の勝ち馬には、OPクラスの経験がありました。
連対には、OPクラスの出走歴が必須ということです。
牝馬は〔120〕。
また、キャリア3戦以下の馬に馬券圏内はなく、逆にキャリア9戦以上の馬は3着まで。
今年はキャリア2戦、3戦の馬が、上位人気に推されそう。ジンクスの壁を打ち破れるか、注目です。


函館スプリントS(日曜・函館)
芝1200m戦。
過去10年、1番人気は〔122〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔211〕。
6番人気以下〔334〕、2ケタ人気馬〔122〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券4本。
この万馬券4本は、近6年で出たもの。波乱の度合いは高くなっているようです。
ステップレースを見ていきましょう。
桜花賞から〔200〕。人気、着順は不問です。
高松宮記念から〔121〕。3着以内3頭と、11着馬。
ヴィクトリアマイルから〔012〕。人気、着順は不問。
NHKマイルCから〔011〕。人気、着順は不問。
オークスから〔001〕。12着馬。
京王杯SCから〔201〕。人気、着順は不問。
阪神牝馬Sから〔100〕。勝ち馬。
阪急杯から〔010〕。17着馬。
OPから〔242〕。3着以内が6頭に、4着と6着の馬。
3勝クラスから〔101〕。勝ち馬と10着馬。
2勝クラス勝ち馬の〔010〕というのもあります。
連対20頭中、17頭にOPクラスでの勝ちがあり、13頭は重賞勝ち馬。
また勝ち馬10頭に絞ると、9頭にOPクラスでの勝ちがありました。残る1頭は、昨年のカイザーメランジェですが、昨年は禁止薬物検出問題に関連して、有力馬を含む6頭が競走除外。優勝にはOPクラスでの勝ちが必須と考えてもよさそうです。
連対20頭中、15頭に芝1200mでの勝ちがあり、残る5頭中4頭は芝1400mか芝1600mの重賞ウイナーでした。
牝馬は〔426〕。
最後に年齢別に見ておきましょう。
3歳〔232〕、4歳〔533〕、5歳〔313〕、6歳〔121〕、7歳〔110〕、8歳〔000〕、9歳〔001〕。
7歳以上の好走馬は、人気薄の函館巧者。ベテランでも、コース巧者は注意が必要です。
また、逃げ馬が〔211〕。現在、逃げ馬が連勝中であることは、頭の中に置いておきたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2020.6.10
エプソムC(日曜・東京)
芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔421〕、2番人気は〔311〕、3番人気は〔030〕。
6番人気以下〔026〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券なし。
勝ち馬は5番人気までとなっています。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
マイラーズCから〔311〕。
新潟大賞典から〔023〕。
他に、ヴィクトリアマイル、京王杯SC、GU時代の産経大阪杯から勝ち馬が。
阪神牝馬S、香港のチャンピオンズマイルから2着馬が。
中山記念、小倉大賞典から3着馬が出ています。
重賞組は基本的に人気、着順は不問ですが、重賞の中で最も好相性のマイラーズCは、4着以内または2番人気までの馬となっています。
実は、OPからの馬がよく、メイS(15年のモンゴル大統領賞を含む)から〔230〕。3着以内4頭に、1番人気9着馬。
都大路Sから〔202〕。連対3頭と、9着馬。
3勝クラスから〔011〕。こちらは勝ち馬です。
現在6年連続で、中2週または中3週の馬が勝っています。
連対20頭で見ると、17頭に芝1800mの出走経験があり、そのうち16頭に勝ち、または重賞2着がありました。
また、19頭に東京芝コースでの勝ち、またはOPクラス掲示板がありました。
さらに、18頭に重賞3着以内か、OP勝ちがあり、残る2頭は3勝クラス勝ちの舞台が東京の芝でした。
逃げ馬(4角先頭)が〔123〕。時に追い込みも決まりますが、基本、前々の馬が頑張ります。
以前は、勝ち馬のほとんどが内枠の馬でしたが、近年は真ん中から外の馬が勝っています。
牝馬は〔110〕。重賞連対実績は必須です。
最後に年齢別に見ておくと、3歳〔000〕、4歳〔862〕、5歳〔222〕、6歳〔023〕、7歳〔003〕。
4歳馬が抜けて好成績です。


マーメイドS(日曜・阪神)
牝馬限定のハンデ戦。芝2000m戦。
過去10年、1番人気は〔211〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔584〕、2ケタ人気馬〔143〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
10年のうち、8年で2ケタ人気馬が馬券圏内に来ている、波乱の牝馬重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
ヴィクトリアマイルから〔012〕。人気、着順は不問。
目黒記念から〔001〕。10着馬。
阪神牝馬Sから〔002〕。5、6着馬。
OPのメイS(モンゴル大統領賞を含む)から〔201〕。6、7着馬。
大阪城Sから〔100〕。13着馬。
都大路Sから〔020〕。5、8着馬。
福島牝馬Sから〔020〕。3、6着馬。
最も好相性なのが、3勝クラスからの馬で〔523〕。3着以内の馬が7頭に、4着馬2頭、7着馬1頭です。
2勝クラスから〔131〕。3番人気までで勝った馬です。
トップハンデは10年で13頭いて〔111〕。
勝ち馬のハンデは56〜51キロで、平均すると53.3キロ。
2着馬は56〜50キロで、平均52.6キロ。
3着馬は56〜50キロで、平均53.4キロ。
55キロ以上が〔322〕、54キロ以下が〔788〕ですから、軽めのハンデの馬を中心に組み立てたいレースです。
連対20頭中、19頭に芝1800mか2000mでの勝ちがあり、残る1頭は芝1600mのGT勝ち馬です。
また、連対を果たした関西馬16頭中、阪神の芝に勝ちがあったのが14頭。関西馬なら、阪神での良績が求められるようです。
年齢別に見てみると、3歳〔000〕、4歳〔324〕、5歳〔664〕、6歳〔121〕、7歳〔001〕。
5歳馬が他を圧倒しています。
施行時期が変わった金鯱賞を除けば、勝ち馬9頭中、8頭が芝1800m戦からの馬。
重賞組に勝ちがないので、芝1800mのOPまたは条件戦を走っていた馬を、あたまに狙いたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2020.6.3
安田記念(日曜・東京)
春のマイル王決定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔312〕、2番人気は〔100〕、3番人気は〔022〕。
6番人気以下〔545〕、2ケタ人気馬〔024〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
波乱のGTです。
ステップレースを見ていきましょう。
NHKマイルCから〔100〕。3着馬。
高松宮記念から〔100〕。勝ち馬。
ヴィクトリアマイルから〔020〕。4、5着馬。
前年のマイルCSから〔010〕。9着馬。
大阪杯から〔001〕。勝ち馬。
ドバイデューティフリーから〔100〕。勝ち馬。
香港のチャンピオンズマイルから〔010〕。勝ち馬。
ドバイターフから〔001〕。勝ち馬。
京王杯SCから〔231〕。3着以内3頭に、1、2番人気が1頭ずつと、7着馬。
マイラーズCから〔116〕。3着以内2頭に、3番人気までが4頭と、6着、10着の馬。
GU時代の産経大阪杯から〔011〕。2着と5着の馬。
中山記念から〔010〕。3着馬。
ダービー卿CTから〔200〕。連対馬。
OP特別から〔200〕。連対馬です。
馬券圏内30頭中、前走で掲示板を外していた、または4番人気以下の馬は4頭だけ。
勝ち馬はすべて前走3着以内、または1、2番人気の馬に限られています。
連対20頭中、18頭が重賞勝ち。そのうち13頭は芝のマイル重賞勝ち馬。
残る2頭にも、マイル重賞の2着がありました。
取捨選択のポイントになるかと思います。覚えておいて下さい。
牝馬は〔012〕。
年齢別に見ていくと、3歳〔100〕、4歳〔322〕、5歳〔243〕、6歳〔424〕、7歳〔021〕。
勝つのは6歳まで。
また、過去の好走馬が再びの好走を見せるのも特徴のひとつ。
具体的に見ていきましょう。
10年3着スマイルジャック、翌11年も3着。
1年2着ストロングリターン、翌12年優勝。
12年2着グランプリボス、14年も2着。
13年2着ショウナンマイティ、翌14年3着。
15年勝ったモーリス、翌16年2着。
16年勝ったロゴタイプ、翌17年2着。
18年2着アエロリット、翌19年も2着。
今年は昨年の覇者インディチャンプと、不利あって3着のアーモンドアイが出走予定。もちろん注目の2頭です。


鳴尾記念(土曜・阪神)
芝2000m戦。
距離延長になり、6月の施行に変わったのが12年のこと。従いまして、データは過去8年です。
1番人気は〔230〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔201〕。
6番人気以下〔133〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
8年のうち7年で、1、2番人気のいずれかが連に絡んでいます。
ステップレースは実に様々。まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
天皇賞・春から〔200〕。
中山記念から〔200〕。
GU時代の産経大阪杯から〔011〕。
新潟大賞典から〔133〕。
その他、京王杯SCから勝ち馬が。
ヴィクトリアマイル、小倉大賞典、海外GTの香港Cから2着馬が。
大阪杯、日経賞から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
またOPから〔212〕。こちらも人気、着順は不問です。
連対16頭中、11頭に重賞勝ちがあり、4頭にはOPクラスでの連対歴がありました。
前走成績が不問ということなら、過去の実績重視でいいのかもしれません。
牝馬は〔010〕。
関東馬も〔001〕と苦戦の傾向です。
最後に年齢別に見ておくと、3歳〔000〕、4歳〔224〕、5歳〔421〕、6歳〔222〕、7歳〔021〕。
4〜6歳の馬を中心に組み立てたいレースです。
 



 
 
週末の重賞……2020.5.27
日本ダービー(日曜・東京)
2017年生まれのサラブレッド、7262頭の頂点を決める“競馬の祭典”。
芝2400m戦。
過去10年、1番人気は〔313〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔331〕。
6番人気以下〔215〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
意外や波乱のGTです。
ステップレースを見ていきましょう。
クラシック1冠目の皐月賞からの馬が圧倒的で〔875〕。3着以内14頭に、3番人気以内6頭。加えて、4番人気4着と5番人気5着の馬。この2頭の前々走はGU連対です。
TRの青葉賞から〔023〕。連対4頭と、3番人気6着馬。連を外した1頭の前々走はGV勝ちでした。
同じく、プリンシパルSから〔001〕。1番人気1着馬。
京都新聞杯から〔211〕。連対馬。
馬券圏内30頭のすべてが、この4つのレースからとなっています。
連対20頭中、19頭に重賞勝ちがあり、残る1頭にも重賞2着(京都新聞杯クビ差)がありました。
さらに、必須ではありませんが、連対に欲しいものを挙げておきましょう。
連対20頭中、
18頭にあるもの
芝2000m以上の重賞3着以内。
デビュー2戦目までの初勝利。
17頭にあるもの
芝2000m以上での勝ち。
キャリア4〜6戦。
16頭にあるもの
複勝率80%以上。
ちなみに、乗り替わりでの優勝は34年なし。
初騎乗での優勝は65年もありません。
キャリア3戦以下と10戦以上の馬の馬券圏内はなし。
皐月賞4着以下から連対を果たした馬は5頭いて、そのうち4頭が勝ち馬から0秒4差。
最も好相性の皐月賞組。取捨選択の参考にして下さい。


目黒記念(日曜・東京)
芝2500mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔132〕、2番人気は〔010〕、3番人気は〔201〕。
6番人気以下〔546〕、2ケタ人気馬〔121〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
馬券圏内30頭中、半分の15頭が6番人気以下。波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
天皇賞・春から〔111〕。2ケタ着順の馬。
有馬記念から〔001〕。13着馬。
AJCCから〔010〕。1番人気7着馬。
日経賞から〔010〕。3着馬。
日経新春杯から〔001〕。勝ち馬。
阪神大賞典から〔001〕。4着馬。
新潟大賞典から〔201〕。4着馬2頭に、11着馬。
ダイヤモンドSから〔101〕。3番人気6着の馬と、2着馬。
OPから〔443〕。掲示板9頭と6着馬2頭。2戦続けて掲示板を外した馬はいません。
中でもメトロポリタンS組が〔223〕です。
3勝クラスから〔230〕。勝ち馬4頭と、12着馬。
2勝クラス勝ち馬の〔001〕というのもあります。
トップハンデは10年で24頭いて〔101〕。
勝ち馬のハンデは58〜51キロで、平均すると55キロ。
2着馬は57〜51キロで、平均55.15キロ。
3着馬は58〜53キロで、平均55.15キロ。
幅広いハンデの馬が馬券に絡んでいます。
連対20頭中、18頭に芝2300m以上での勝ち、またはOPクラス2着がありました。
牝馬は〔010〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔223〕、5歳〔371〕、6歳〔212〕、7歳〔203〕、8歳〔101〕。
7歳以上の7頭中、6頭が7番人気以下。人気薄のベテランに注意が必要です。


葵S(土曜・京都)
3歳限定の芝1200m戦。
重賞に格上げされたのが、18年のこと。従いまして、データは過去2年です。
18年は2着同着。9、6・2番人気で、馬連6980円と4700円。
19年は1、13、2番人気で、馬連6390円。
過去10年で見ても、毎年6番人気以下の馬が馬券圏内に来ています。
馬券圏内6頭中、5頭にOPクラスの芝1400m以下のレースに、連対歴がありました。
また、前走芝1400m以上で1秒以上負けた馬、今年は不在ですが、前々走でダートの昇竜Sを走っていた馬が連に絡んでいます。
牝馬が〔211〕。重賞昇格前から、牝馬の好走が目立ちます。
狙いは“内の先行馬”。
それが牝馬なら、人気薄でも穴と狙ってみるのが面白いかと思います。
 



 
 
週末の重賞……2020.5.20
オークス(日曜・東京)
牝馬によるマイル女王決定戦。芝1600m戦。
牝馬クラシック2冠目。芝2400m戦。
データは10年ですが、2010年は1着同着。従いまして、1着は11頭、2着は9頭です。
1番人気は〔521〕、2番人気は〔124〕、3番人気は〔201〕。
6番人気以下〔233〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券3本。

1番人気が4連勝中。かつ、6年連続連対中です。 ステップレースを見ていきましょう。
桜花賞から〔745〕。3着以内が13頭に、1、2、4番人気だった馬が1頭ずつ。
皐月賞から〔001〕。11着馬。
TRのフローラSから〔144〕。3着以内8頭と、1番人気だった馬が1頭。
忘れな草賞から〔300〕。1、2番人気で勝った馬。
TRのスイートピーSから〔010〕。2番人気1着馬です。
馬券圏内30頭中、前走で3着を外したのは5頭。そのすべてが、前々走では重賞勝ち。
この高いハードルは、覚えておきたいところです。
馬券圏内30頭中、前走が桜花賞以外の馬は14頭。そのすべてに芝1800m、芝2000mのOPクラス勝ち、または同距離の重賞3着以内がありました。
東京コースの実績を見ると、連対20頭中14頭に芝での勝ち、または重賞2着があり、残る6頭は東京未経験の関西馬でした。
連対にあったらいいものとしては、次の3つ。
重賞連対実績(16頭)。
複勝率80%以上(15頭)。
騎手の継続騎乗(17頭)。
また、キャリア2戦の馬と、9戦以上の馬の馬券圏内はありません。
人気の1頭、デゼルはこのジンクスに挑むことになりますが、果たして?


平安S(土曜・京都)
ダ1900m戦。
距離が変更になり、5月の施行となったのが13年のこと。従いまして、データは過去7年です。
1番人気は〔400〕、2番人気は〔000〕、3番人気は〔031〕。 6番人気以下〔141〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
2番人気の馬券圏内はありません。
ステップレースを見ていきましょう。
フェブラリーSから〔101〕。2着馬と3番人気10着馬。
交流GUのダイオライト記念から〔110〕。勝ち馬。
アンタレスSから〔333〕。掲示板6頭に、6、12、16着馬。
交流GVのマリーンCから〔011〕。連対馬。
マーチSから〔010〕。5着馬。
OPの仁川Sから〔110〕。勝ち馬と5番人気11着馬。
同じく、ブリリアントSから〔102〕。掲示板2頭に、1番人気14着馬。
馬券圏内21頭のうち、2戦続けて掲示板を外した馬は1頭だけ。それも1戦は6着でした。
また、すべてが2月以降にレースを使っていました。長期休養明けは割引が必要なよう。
連対に欲しいのは、ダート1800m以上のOPクラス(交流重賞含む)での勝ち(12頭)。
また、馬券圏内21頭のすべてが関西馬です。
牝馬は〔011〕。
年齢別に見ていくと、4歳〔421〕、5歳〔222〕、6歳〔121〕、7歳〔012〕、8歳〔001〕。
若い順にいいようです。

 



 
 
週末の重賞……2020.5.12
ヴィクトリアマイル(日曜・東京)
牝馬によるマイル女王決定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔230〕、2番人気は〔101〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔456〕、2ケタ人気馬〔133〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
その万馬券は3万馬券と4万馬券。
さらに15年は3連単が2070万円ですから、大波乱の牝馬GTです。
ステップレースを見ていきましょう。
高松宮記念から〔101〕。共に1番人気で、3着と13着の馬。
海外GTのドバイシーマクラシックから〔100〕。2着馬。
同じくドバイワールドCから〔010〕。3番人気8着馬。
阪神牝馬Sから〔444〕。掲示板8頭に、3番人気2頭、5、6番人気が1頭ずつです。
GU時代の産経大阪杯から〔111〕。4番人気6着、3番人気7着、4番人気3着の馬。
マイラーズCから〔100〕。4着馬。
中山牝馬Sから〔212〕。勝ち馬または4番人気までの馬。
福島牝馬Sから〔012〕。掲示板確保の馬。
京都牝馬Sから〔010〕。勝ち馬。
ダービー卿CTから〔010〕。2着馬。
すべて前走は重賞組。さらに、馬券圏内30頭のうち29頭までもが、3月以降の重賞から。例外の1頭も1月末の京都牝馬Sから2着というのがあるだけ。
アーモンドアイ、ラヴズオンリーユーは、そのジンクスに挑みます。
ちなみに、阪神牝馬Sが1400mから1600mに距離が延長されたのが、16年のこと。
それからの4年間で〔323〕と、相性の良さは格段にUPしています。
内訳は、掲示板7頭と、3番人気9着馬。
今年も、真っ先にチェックが必要なステップレースです。
連対20頭中、18頭に重賞勝ちがあり、残る2頭にも2、3着がありました。重賞好走歴は必須です。
また、連対20頭中、前走3着以内はわずかに6頭。3着を外していても、過去にGT3着以内があるか、前々走で重賞連対の馬なら巻き返し可。このパターンは13頭もいます。
例外の1頭も、前走は重賞4着の馬でした。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔673〕、5歳〔225〕、6歳〔112〕、7歳〔100〕。
若い順にいいようです。


京王杯スプリングC(土曜・東京)
芝1400m戦。
過去10年、1番人気は〔200〕、2番人気は〔124〕、3番人気は〔111〕。
6番人気以下〔254〕、2ケタ人気馬〔221〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
1000円台も1回もない、波乱の重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
高松宮記念から〔302〕。人気、着順は不問。
1400m時代の阪神牝馬Sから〔100〕。10着馬。
マイラーズCから〔021〕。人気、着順は不問。
阪神Cから〔001〕。勝ち馬。
東京新聞杯から〔231〕。掲示板5頭に、3番人気13着馬。
ダービー卿CTから〔222〕。掲示板5頭に、10番人気10着馬。
京都牝馬Sから〔010〕。2着馬。
OPから〔112〕。人気、着順は不問。
3勝クラスから〔111〕。こちらは勝ち馬です。
GT、GUは人気、着順不問。GVはそのほとんどが、掲示板確保または上位人気だった馬。
ただ、難しいのはOP特別やリステッド競走になると、また人気、着順が不問になるあたりでしょう。
牝馬は〔110〕。
年齢別に見ておくと、4歳〔303〕、5歳〔434〕、6歳〔143〕、7歳〔120〕、8歳〔110〕。
牝馬と8歳馬は、人気薄での好走が目立ちます。精査が必要かもしれません。
東京コースはスタミナも求められます。マイル以上もこなすような伏兵を探してみて下さい。
 



 
 
週末の重賞……2020.5.7
NHKマイルC(日曜・東京)
3歳のマイルチャンピオン決定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔500〕、2番人気は〔231〕、3番人気は〔111〕。
6番人気以下〔247〕、2ケタ人気馬〔133〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券4本。
上位人気馬が頑張っている割に、高配当続出。
近8年で、7年は9番人気以下の馬が馬券圏内に来ています。
ステップレースを見ていきましょう。
皐月賞から〔212〕。人気、着順は不問です。
桜花賞から〔200〕。掲示板確保の馬。
ニュージーランドTから〔413〕。3着以内5頭に、4番人気3頭。
スプリングSから〔011〕。人気、着順は不問。
弥生賞から〔001〕。12着馬。
毎日杯から〔130〕。連対3頭に、4着馬1頭。
アーリントンCから〔112〕。3着以内の馬。
ファルコンSから〔010〕。勝ち馬。
フラワーCから〔010〕。勝ち馬。
京成杯から〔001〕。1番人気10着馬。
OPから〔020〕。1着と4着の馬。
馬券圏内30頭のすべてが、前走OPクラスから。
連対20頭中、17頭に重賞連対歴があり、残る3頭にはOPでの勝ちがありました。
また、連対20頭中15頭に芝1600mの勝ち、または芝1600mの重賞2着がありました。
マイル以上での好走実績は欲しいところです。
連対20頭中、15頭が新馬勝ち。年明けデビューなら、全勝かつ重賞勝ちが必須のよう。
牝馬は〔220〕。
キャリア2戦以下、逆に10戦以上の馬に、馬券圏内はありません。


新潟大賞典(日曜・新潟)
芝2000mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔013〕、2番人気は〔210〕、3番人気は〔230〕。
6番人気以下〔355〕、2ケタ人気馬〔141〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
波乱のハンデ重賞です。
ステップレースは実に様々。まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
GU時代の産経大阪杯から〔111〕。
中山記念から〔020〕。
小倉大賞典から〔102〕。
他にも、ダートGTのフェブラリーSから勝ち馬が。
有馬記念、AJCC、ダービー卿CT、中山金杯、函館記念から2着馬が。
日経賞、東京新聞杯から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OPから〔413〕。連対7頭に、3着馬1頭。
3勝クラスから〔102〕。こちらはすべて勝ち馬でした。
トップハンデは10年で18頭いて〔231〕。
勝ち馬のハンデは57〜54キロで、平均すると55.85キロ。
2着馬は57.5〜54キロで、平均56.3キロ。
3着馬は56.5〜55キロで、平均55.8キロ。
勝つのは57キロまで。54キロ以下の馬券圏内はありません。
連対20頭すべてに、芝2000mの勝ち、または芝2000mのOPクラスでの掲示板がありました。
牝馬は〔000〕。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔323〕、5歳〔322〕、6歳〔133〕、7歳〔232〕、8歳〔100〕。
まんべんなくのイメージかと思います。


京都新聞杯(土曜・京都)
3歳馬による、芝外回り2200m戦。
ダービーへの“東上最終切符”とも言われるレース。
過去10年、1番人気は〔222〕、2番人気は〔240〕、3番人気は〔300〕。
6番人気以下〔245〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
人気馬も、人気薄も好走する、難解なレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
皐月賞から〔111〕。人気、着順は不問です。
スプリングSから〔010〕。7着馬。
弥生賞から〔001〕。5着馬。
毎日杯から〔202〕。掲示板3頭に、7着馬1頭。
共同通信杯から〔100〕。2番人気10着馬。
きさらぎ賞から〔001〕。3着馬。
OPから〔021〕。掲示板確保の馬。
1勝クラスからが最もよく〔654〕。連対12頭に、1番人気1頭、4着と6着の馬が1頭ずつです。
初勝利を挙げてすぐの馬の馬券圏内はありません。
連対20頭中、15頭に芝2000m以上での勝ち、または芝2000m以上のOPクラスでの3着以内があり、残る5頭にも芝1800mでの連対歴がありました。つまり、1800m未満にしか好走歴がない馬は苦戦ということです。
また、連対20頭中、10頭にOPクラスの3着以内があり、9頭には1勝クラスでの連対歴が。ここが、連対のためのボーダーラインということでしょう。
キャリア2戦以下は3着に1頭のみ。逆に9戦以上の馬の馬券圏内はありません。
クラスに関係なく、2戦続けて連を外していたのは1頭のみ。その馬も、1つはGT3着でした。2戦続けて好走を逃している馬は、苦戦の傾向にあると覚えておいて下さい。
 



 
 
週末の重賞……2020.4.28
天皇賞・春(日曜・京都)
芝3200m戦。
過去10年、1番人気は〔210〕、2番人気は〔502〕、3番人気は〔040〕。
6番人気以下〔235〕、2ケタ人気馬〔113〕。
馬連3ケタはなく、万馬券2本。
ちょいとひと捻りのイメージでしょうか。
ステップレースを見ていきましょう。
GTになってからの大阪杯から〔110〕。勝ち馬と4番人気13着馬。
U時代の産経大阪杯から〔220〕。3着以内の馬。
阪神大賞典から〔325〕。3着以内が7頭に、4、6、10着の馬。
日経賞から〔222〕。連対5頭と、2番人気5着馬。
京都記念から〔111〕。連対2頭と、4着馬。
AJCCから〔100〕。2着馬。
日経新春杯から〔010〕。勝ち馬。
ダイヤモンドSから〔010〕。勝ち馬。
OPから〔001〕。11着馬。
他に、海外GTのドバイワールドC2着馬の〔001〕というのもあります。
馬券圏内30頭すべてが年内に1走以上していました。
連対で見ると、連対20頭のすべてにGTまたはGUでの連対歴があり、18頭はGT3着以内を持つ馬です。
連対20頭中、13頭に芝3000m以上のGTでの3着以内があり、残る7頭は4着以下でも勝ち馬と0秒5差以内、または芝2400mでのGT連対歴がありました。加えて、この7頭の前走は重賞で3着以内です。
牝馬は〔000〕。
年齢別で見ていくと、4歳〔425〕、5歳〔430〕、6歳〔232〕、7歳〔013〕、8歳〔010〕。
勝ったのは4〜6歳の3世代。
勝ち馬10頭は、すべて12番枠より内の馬。覚えておくとよさそうです。


青葉賞(土曜・東京)
芝2400mのダービーTR。上位2着までの馬に、優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔423〕、2番人気は〔011〕、3番人気は〔002〕。
6番人気以下〔432〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
1番人気の馬券圏内が90%もある割には、大きな配当もチラホラ。波乱含みと言えそうです。
ステップレースを見ていきましょう。
弥生賞から〔210〕。4、6、7着の馬。
スプリングSから〔110〕。7、6着の馬。
京成杯から〔010〕。2着馬。
毎日杯から〔001〕。3着馬。
OPから〔101〕。勝ち馬と、2番人気7着馬。
最も好相性なのが、1勝クラスからの馬で〔678〕。勝ち馬18頭に、2、3、4着馬がそれぞれ1頭ずつです。
前走1勝クラスで、芝2000m以下だった馬は、3着に1頭だけです。
連対20頭すべてに芝2000m以上の出走歴があり、そのうち19頭にそこでの勝ちがありました。残る1頭は芝2000mの重賞に4着があった馬です。
キャリア1戦は2着まで。
逆にキャリア8戦以上の馬に、馬券圏内はありません。
好相性の1勝クラスからのうち、アザレア賞勝ち馬は、近5年で〔301〕。
大寒桜賞勝ち馬は、近7年で〔132〕。
積極的に狙ってみたいですね。
 



 
 
週末の重賞……2020.4.23
フローラS(日曜・東京)
3歳牝馬による芝2000mのオークスTR。上位2着までの馬に優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔410〕、2番人気は〔142〕、3番人気は〔202〕。
6番人気以下〔245〕、2ケタ人気馬〔133〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券3本。
11年には馬連10万馬券。大波乱もあるようです。
ステップレースを見ていきましょう。
フラワーCから〔133〕。掲示板6頭に、6着馬。
クイーンCから〔002〕。掲示板確保の馬。
OPのアネモネSから〔100〕。勝ち馬。
1勝クラスからが最もよく〔664〕。連対12頭に、4、6、8、9着の馬。
未勝利勝ちから〔211〕。
連対20頭中、18頭に芝1800m以上の出走歴があり、うち16頭に勝ちが、1頭に2着がありました。
例外の2頭は、芝1600mを連勝中で、かつ3着以下が無かった馬です。
また、キャリア2戦以下だった馬の好走は、14年にキャリア2戦で勝ったサングレアルのみ。基本的には、キャリア3戦は欲しいところ。
勝ち馬10頭中、上がり最速が7頭、2位が2頭ですから、開幕週でも決め手勝負。牝馬らしいキレを持つ馬を狙いたいレースです。
なお、東京の芝2000mは外枠不利。勝ち馬10頭中、7頭が8番枠より内の馬。残る3頭は、12、15、18番枠ですが、人気は1、1、3番人気。外枠の不利をはねのけるだけの実力があるかどうかが、カギになりそうです。


マイラーズC(日曜・京都)
芝外回りの1600m戦。
京都に移ったのが12年のこと。従いまして、データは過去8年です。
1番人気は〔122〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔301〕。
6番人気以下〔123〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
1〜3番人気の馬が1頭は馬券圏内にはいます。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔001〕。2着馬。
海外の香港マイルから〔101〕。人気、着順は不問です。
阪神Cから〔200〕。2着と3着の馬。
中山記念から〔100〕。2着馬。
金鯱賞から〔100〕。勝ち馬。
スワンSから〔010〕。2着馬。
東京新聞杯から〔023〕。3着まで、または1、2番人気だった馬。
阪急杯から〔020〕。2着と7着の馬。
京都金杯から〔002〕。勝ち馬。
ダービー卿CTから〔001〕。14着馬。
OPから〔230〕。連対もしくは1番人気だった馬。
前走が国内のレースだった馬券圏内の22頭中、19頭が連対もしくは1、2番人気。残る3頭は、3番人気3着、7番人気7着、11番人気14着の馬でした。
連対16頭中、12頭に芝1600mの重賞3着以内またはOP勝ちがあり、2頭は芝1600mで2勝以上+4着以内なし。残る2頭は、ここが初めての芝1600m戦でした。
さらに連対16頭中、14頭に京都芝外回りコースでの勝ち、または同コースの重賞での連対がありました。
牝馬は〔000〕。
中3週以内で臨んだ馬に勝ちはありません。覚えておいて下さい。


福島牝馬S(土曜・福島)
牝馬限定の芝1800m戦。
新潟で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔231〕、2番人気は〔012〕、3番人気は〔211〕。
6番人気以下〔214〕、2ケタ人気馬〔104〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券1本。
1〜3番人気が1頭も連に絡まなかったのは1回だけです。
ステップレースを見ていきましょう。
最も好相性なのが中山牝馬S組で〔773〕。人気、着順は不問です。
次に、愛知杯から〔200〕。こちらも人気、着順は不問。
阪神牝馬Sから〔001〕。11着馬。
京都牝馬Sから〔001〕。9着馬。
OPから〔001〕。12着馬。
3勝クラスから〔013〕。人気、着順は不問。
2勝クラス勝ち馬の〔010〕というのもあります。
連対18頭中、17頭には芝1800mでの勝ち、または同距離の重賞での3着以内があり、例外の1頭は前走が中山牝馬Sで勝ち馬から0秒2差でした。
また、連対18頭中、15頭には重賞3着以内があり、残る3頭にはOPでの掲示板がありました。
年齢別では、4歳〔142〕、5歳〔554〕、6歳〔203〕、7歳〔100〕。
5歳馬がいいようです。
最後に、好走馬の多くを輩出している中山牝馬Sを詳しく見てみると、1着または勝ち馬から0秒2差だった馬が〔642〕。
加えて、ハンデ52キロ以下だった馬は〔011〕。
取捨選択の参考にしてみて下さい。
 



 
 
週末の重賞……2020.4.16
皐月賞(日曜・中山)
3歳牡馬クラシック第1弾。芝2000m戦。
東京で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔311〕、2番人気は〔130〕、3番人気は〔113〕。
6番人気以下〔324〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
近4年は、8、3番人気、9、4番人気、7、9番人気、1、4番人気のワンツー。
波乱の度合いが高くなってきた感があります。
ステップレースを見ていきましょう。まずは3つのTRから。
スプリングSから〔212〕。連対馬。
弥生賞から〔142〕。3着以内の馬が5頭に、4着馬が2頭。4着だった2頭は、前々走では1着でした。
若葉Sから〔031〕。連対馬。
共同通信杯からの馬がよく〔401〕。勝ち馬4頭に、2着馬1頭。
ホープフルSから〔100〕。勝ち馬。
毎日杯から〔100〕。勝ち馬。
アーリントンCから〔010〕。勝ち馬。
京成杯から〔002〕。勝ち馬。
きさらぎ賞から〔001〕。勝ち馬です。
前走はすべて4着以内。連対を外して馬券に絡んだのは、弥生賞組だけです。
また、前走5番人気以下も1頭のみ。その馬の前走は6番人気でした。
連対18頭中、16頭が前走1着または1番人気。
同様に、16頭が前走2着以内の馬。
さらに、連対18頭中、16頭に重賞またはOPクラスでの勝ちがあり、残る2頭は重賞2着+1勝クラスV。
ちなみに、1勝馬は3着に1頭いるだけです。
連対18頭すべてに、芝1800m以上での勝ちがありました。
芝1800m未満にしか勝ちがない馬は、3着に1頭いるだけです。
連対18頭中、17頭は掲示板を外したことがなく、連対率も出来れば75%は欲しいところ。
中9週以上空けた馬で、連に絡んだのは、昨年の勝ち馬サートゥルナーリアのみです。
キャリア3〜5戦の馬で8勝。
キャリア2戦以下、逆に8戦以上の馬の馬券圏内はありません。
取捨選択の参考にしてみて下さい。


アンタレスS(日曜・阪神)
ダート1800m戦。
阪神での施行に変わったのが、12年のこと。従いまして、データは過去8年です。
1番人気は〔411〕、2番人気は〔121〕、3番人気は〔123〕。
6番人気以下〔221〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
毎年1〜3番人気のいずれか1頭が連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
JCダートを含む、チャンピオンズCから〔110〕。人気、着順は不問。
フェブラリーSから〔010〕。3着馬。
地方交流のダイオライト記念から〔011〕。連対馬。
東海Sから〔003〕。人気、着順は不問。
地方交流の名古屋大賞典から〔430〕。3着以内6頭と、1番人気4着馬。
平安Sから〔100〕。勝ち馬。
マーチSから〔023〕。人気、着順は不問。
OPクラスの仁川Sから〔200〕。勝ち馬。
同じく、総武Sから〔001〕。13着馬です。
馬券圏内は、前走すべてOPクラスを走っていた馬に限られます。
連対16頭中、14頭にOPクラスのダート1800m〜2000mでの勝ちがありました。
また、連対16頭中、15頭にOPクラス3着以内がありました。
牝馬は〔000〕です。
最後に年齢別に見ていくと、4歳〔142〕、5歳〔611〕、6歳〔124〕、7歳〔011〕。
6、7歳で連対した馬は、前走連対馬のみ。3着に広げても、例外は1頭だけです。


アーリントンC(土曜・阪神)
3歳馬による芝1600m戦。NHKマイルCのTRで、上位3着までに優先出走権が与えられます。
TRになり、施行時期が4月に移ったのが、18年のこと。従いまして、データは過去2年です。
18年は1、3、4番人気の1〜3着で、馬連1050円。
19年は12、7、11番人気で、馬連36120円。3連単は1361140円!
対照的な結果となっています。
どちらにも共通しているのが、勝ったのは前走重賞出走馬だということ。
また、重賞以外からなら、クラスに関係なく、馬券圏内には前走勝ちが必要だということ。
牝馬は〔100〕。
今年はどちらのアーリントンC?楽しみです。
 



 
 
週末の重賞……2020.4.9
桜花賞(日曜・阪神)
牝馬クラシック第1弾。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔221〕、2番人気は〔430〕、3番人気は〔123〕。
6番人気以下〔224〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
1〜3番人気が1頭も連に絡まなかったのは1回だけです。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは3つのTRから。
チューリップ賞から〔666〕。3着以内が13頭、1、2番人気だった馬が3頭。残る2頭は、4番人気6着と8番人気8着の馬。どちらも桜花賞では3着でした。
フィリーズレビューから〔102〕。連対馬。
OPのアネモネSからの馬券圏内はありません。
朝日杯FSから〔100〕。3着馬。
シンザン記念から〔100〕。勝ち馬。
クイーンCから〔021〕。勝ち馬。
フラワーCから〔011〕。勝ち馬。
阪神JFから〔010〕。2着馬。
OPのエルフィンSから〔100〕。勝ち馬。
朝日杯FS、チューリップ賞以外からなら、連対必須。
TR以外の4着以下からの馬券圏内はありません。
連対20頭すべてに、重賞連対またはOPの勝ちがありました。
また、連対20頭中19頭に、芝1600mでの勝ちまたは芝1600mの重賞での3着以内がありました。
さらに連対20頭中19頭が、デビュー2戦目までに勝ち上がっていました。
馬券圏内30頭すべてが、キャリア3〜6戦の馬。裏を返せば、キャリア2戦以下または7戦以上の馬の馬券圏内はないということです。
勝ち馬の馬体重は452キロ以上。前走448キロまでとなっています。
最後に枠順ですが、6〜13番枠で9勝。
内枠が不振で、1〜5番枠は2着1頭、3着2頭のみとなっています。
覚えておくとよさそうです。


阪神牝馬S(土曜・阪神)
牝馬限定の芝1600m戦。
1400mから1600mに距離変更になったのが、16年のこと。従いまして、データは過去4年です。
1番人気は〔111〕、2番人気は〔100〕、3番人気は〔010〕。
6番人気以下〔021〕、2ケタ人気馬〔020〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
両極端な結果となっています。
有馬記念から〔100〕。5着馬。
JCから〔010〕。3番人気8着馬。
京都牝馬Sから〔111〕。3着以内の馬。
東京新聞杯から〔101〕。勝ち馬。
中山牝馬Sから〔100〕。2番人気14着馬。
京都金杯から〔001〕。3着馬。
3勝クラスから〔021〕。勝ち馬。
有馬記念5着以外は、3着以内または3番人気以内。
有馬記念5着馬も含む、前走3着を外していた3頭の前々走は、重賞3着以内でした。
連対には、重賞経験があれば連対必須です。
最後に年齢別で見ておきましょう。
4歳〔232〕、5歳〔110〕、6歳〔102〕。
好走は、この3世代に限られています。


ニュージーランドT(土曜・中山)
芝1600mの3歳重賞。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔320〕、2番人気は〔322〕、3番人気は〔020〕。
6番人気以下〔225〕、2ケタ人気馬〔112〕。
連3ケタ2回に、万馬券2本。
2本の万馬券は2万馬券です。
ステップレースを見ていきましょう。
スプリングSから〔100〕。4着馬。
弥生賞から〔010〕。4着馬。
チューリップ賞から〔010〕。3番人気9着馬。
ファルコンSから〔313〕。4着以内5頭に、2番人気と4番人気の馬。
アーリントンCから〔102〕。3着以内の馬。
シンザン記念から〔100〕。勝ち馬。
きさらぎ賞から〔100〕。5着馬。
共同通信杯から〔010〕。5番人気8着馬。
京成杯から〔001〕。3番人気13着馬。
OPクラスから〔011〕。1着と4着の馬。
1勝クラスから〔142〕。勝ち馬6頭に、2着馬1頭。
未勝利戦から〔100〕。1番人気1着馬でした。
牝馬は〔012〕。
前走をまとめると、馬券圏内27頭中、25頭が4着以内または3番人気以内。残る2頭は、4番人気と5番人気の馬でした。
狙いは、勢いと好素材ということかもしれません。
 



 
 
週末の重賞……2020.4.2
大阪杯(日曜・阪神)
芝2000m戦。
GTに昇格したのが、2017年のこと。従いまして、データは過去3年です。
17年は1、7、4人気の1〜3着で、馬連2320円。
18年は1、6、2番人気で、馬連2930円。
19年は9、2、4番人気で、馬連3680円。
毎年、1、2番人気のいずれかと、6番人気以下の伏兵が連絡み。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔110〕。2着と5着の馬。
金鯱賞から〔211〕。掲示板確保が3頭に、3番人気6着馬。
中山記念から〔010〕。1番人気5着馬。
京都記念から〔001〕。2着馬。
神戸新聞杯から〔001〕。勝ち馬でした。
馬券圏内9頭すべてが、GTまたはGUから。
これは、GU・産経大阪杯時代の過去10年で見ても、GT、GU以外からの馬券圏内は3頭だけです。
さらに、掲示板確保が8頭に、6着馬1頭。前走で大きく崩れた馬の巻き返しはありません。
前走の人気を見ると、9頭すべてが3番人気まで。
また、馬券圏内9頭すべてに重賞勝ちがありました。
連対で見ると、GT連対必須。かつ、芝2000m以上の勝ちか、芝2000mのGTに2着がありました。
勝ち馬に絞れば、加えて阪神芝での勝ち、または阪神芝での重賞2着が必須となります。
牝馬は〔000〕。過去10年でも〔101〕。どちらも4番人気に推されていた馬です。
年齢別で見ておくと、4歳〔112〕、5歳〔211〕、6歳〔010〕。
サンプルは少ないのですが、勝つのは4歳、5歳の2世代。
極端な脚質に好走は見られません。先行、好位差しがいいようです。


ダービー卿CT〔土曜・中山〕
芝1600mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔120〕、2番人気は〔103〕、3番人気は〔110〕。
6番人気以下〔135〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタはなく、万馬券もなし。
毎年4番人気以内の馬が連に絡んでいるものの、波乱含みのハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
海外GTの香港Cから〔001〕。
中山記念から〔013〕。
阪神Cから〔010〕。
阪急杯から〔210〕。
京都牝馬Sから〔100〕。
東京新聞杯から〔011〕。
ターコイズSから〔010〕。
小倉大賞典から〔001〕。
牝馬重賞は2着と1番人気とアピールポイントがありましたが、牡馬の重賞は人気、着順不問です。
OP特別の東風Sから〔231〕。3着以内5頭と、2番人気4着馬。
ニューイヤーSから〔001〕。2着馬。
3勝クラスから〔411〕。3番人気までで勝ち上がった馬です。
トップハンデは9回で12頭いて〔110〕。
勝ち馬のハンデは57.5〜53キロで、平均すると55.56キロ。
2着馬は58〜55キロで、平均56キロ。
3着馬は57.5〜54キロで、平均55.39キロ。
58、57.5キロの馬は、当日4番人気までに推されれば、馬券圏内も可能なよう。
馬券圏内27頭中、前走が国内のレースだった馬は、すべて芝1400、1600、1800mから。
加えて、全馬に芝1600mでの勝ちがありました。
さらに、前走3勝クラスからの馬以外は、重賞3着以内、またはOPクラスの勝ちが必須です。
牝馬は〔110〕。5番人気と3番人気の馬。
最後に年齢別で見ていくと、4歳〔242〕、5歳〔626〕、6歳〔121〕、7歳〔010〕。
5歳馬の好走が目立ちます。
 



 
 
週末の重賞……2020.3.25
高松宮記念(日曜・中京)
今年最初の芝のGT競走。芝1200m戦。
中京コースが改修されたのが、12年のこと。従いまして、データは過去8年です。
1番人気は〔203〕、2番人気は〔230〕、3番人気は〔222〕。
6番人気以下〔033〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
勝つのは5番人気までの馬です。
ステップレースを見ていきましょう。
外国馬の〔100〕を除き、日本馬の勝ち馬を輩出しているレースは3つ。
シルクロードSから〔322〕。連対5頭に、1番人気5着と5番人気15着の馬。
阪急杯から〔321〕。3着以内5頭に、1番人気7着の馬。
オーシャンSから〔124〕。掲示板6頭に、3番人気9着の馬。
他では、ダートのフェブラリーSから〔010〕。5着馬。
香港スプリントから〔001〕。11着馬。
京都牝馬Sから〔010〕。勝ち馬です。
連対16頭中、13頭が重賞勝ち馬。残る3頭には、芝1200mの重賞で2着がありました。
別の見方では、連対16頭中、14頭に芝1200mの重賞で3着以内があり、残りの2頭は芝1200mが未経験で、かつ芝1400mの重賞に勝ちがありました。
さらに別の見方をすると、芝1400m以下の重賞に連対歴のない馬は3着に1頭だけ。連対には、芝1400m以下の重賞の連対歴が必須ということです。
ふるいにかけてみて下さい。
また、過去8年の勝ち馬は、すべて11番枠より内の馬。覚えておきましょう。
さらに、年明け初戦は3着に1頭だけ。
逃げ馬は3着に1頭のみ、追い込み馬も2着に1頭のみです。
牝馬は〔123〕。当日3番人気までに推されていた馬が5頭、10番人気馬が1頭です。
年齢別では、4歳〔304〕、5歳〔422〕、6歳〔062〕、7歳〔100〕。
この7歳馬は香港馬ですから、日本馬で馬券に絡んだのは6歳まで。
勝ち馬に限れば、「当日5番人気までに推された4、5歳馬」。
「前走はシルクロードS、阪急杯、オーシャンSのいずれかを走っており、連対もしくは1番人気だった馬」。
「牝馬なら2番人気まで」。
「11番枠より内の馬」。
取捨選択の参考にして下さい。


マーチS(日曜・中山)
ダート1800mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔011〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔102〕。
6番人気以下〔544〕、2ケタ人気馬〔123〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
1000円台もない、波乱のハンデ重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
フェブラリーSから〔200〕。
旧JCダートから〔001〕。
平安Sから〔100〕。
みやこSから〔010〕。
地方交流のダイオライト記念から〔100〕。
同じく佐賀記念から〔101〕。
中央の重賞なら人気、着順は不問。地方交流重賞なら3着以内です。
OP特別の総武Sから〔240〕。6着以内の馬。
仁川Sから〔113〕。4着以内の馬。
フェアウェルSから〔010〕。勝ち馬。
師走Sから〔001〕。勝ち馬。
3勝クラスから〔112〕。勝ち馬。
韓国のレースから〔010〕。また地方所属馬の〔001〕というのもあります。
トップハンデは9回で14頭いて〔220〕。
勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると56.28キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均55.94キロ。
3着馬も58〜54キロで、平均55.94キロ。
連対18頭中、14頭にダ1800mでの勝ちがあり、残る4頭にはダ1600mで、OP特別か3勝クラスの勝ちを含む、2勝以上の勝ちがありました。
また、18頭中16頭にはOPクラスでの掲示板があり、例外の2頭はOPクラス未経験の馬でした。
牝馬は〔000〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔132〕、5歳〔213〕、6歳〔541〕、7歳〔112〕、8歳〔001〕。
6歳馬がいいようです。


日経賞(土曜・中山)
芝2500m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔221〕、2番人気は〔110〕、3番人気は〔201〕。
6番人気以下〔245〕、2ケタ人気馬〔110〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券1本。
1000円台がなく、どちらかと言えば、波乱含みの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔232〕。人気、着順は不問。
ジャパンCから〔110〕。人気、着順は不問。
菊花賞から〔010〕。2着馬。
日経新春杯から〔301〕。連対3頭と、9着馬。
AJCCから〔112〕。掲示板確保の馬。
京都記念から〔020〕。共に6着馬。
中山記念から〔002〕。4着以内の馬。
ステイヤーズSから〔001〕。5着馬。
ダイヤモンドSから〔100〕。15着馬。
小倉大賞典から〔001〕。勝ち馬。
3勝クラスから〔110〕。勝ち馬です。
連対18頭中、14頭に芝2400mまたは芝2500mの重賞での3着以内があり、残る4頭中3頭は同距離で2勝以上が。例外の1頭には中山芝での勝ちがありました。
また、前走で2000m以下のレースを走っていた馬は、3着までとなっています。
牝馬は〔001〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔451〕、5歳〔213〕、6歳〔212〕、7歳〔112〕、8歳〔001〕、9歳〔010〕。
若い順にいいようです。


毎日杯(阪神・土曜)
3歳馬による芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔413〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔232〕。
6番人気以下〔112〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
毎年1〜3番人気のいずれかが連に絡む、堅めの決着となっています。
ステップレースを見ていきましょう。
共同通信杯から〔401〕。4着以内4頭に、2番人気6着の馬。
シンザン記念から〔200〕。勝ち馬と、2番人気6着馬。
きさらぎ賞から〔121〕。4着以内3頭に、4番人気6着馬。
弥生賞ディープインパクト記念から〔102〕。人気、着順は不問です。
アーリントンCから〔020〕。1番人気5着と2番人気7着の馬。
OP特別から〔002〕。3着以内の馬。
芝の1勝クラスから〔244〕。連対または1番人気に推されていた馬。
ダートの1勝クラスから〔010〕。1番人気2着馬。
新馬勝ちから〔010〕。1番人気2着馬です。
芝未経験馬1頭を除く、連対19頭中、14頭に芝1800mまたは芝2000mでの勝ちがあり、5頭に芝1600mでの2勝以上、あるいは芝1600mでの勝ちとOPクラス3着以内がありました。
2勝馬はOPクラスでの成績が不問でも、1勝馬は8頭中6頭に重賞での掲示板がありました。1勝馬には必須ではありませんが、重賞の好走歴が欲しいということでしょう。
牝馬は〔000〕。
また、キャリア1戦の馬は2着までです。覚えておいて下さい。
 



 
 
週末の重賞……2020.3.19
スプリングS(日曜・中山)
皐月賞TR。芝1800m戦。上位3着までの馬に、優先出走権が与えられます。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔242〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔115〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
1、2番人気の、どちらも連に絡まなかったのは1回だけ。その時も1番人気は、3着には来ていました。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔222〕。勝ち馬4頭に、3番人気で2、4着の馬。
GU時代のホープフルSから〔001〕。2着馬。
共同通信杯から〔120〕。3着以内の馬。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔100〕。3着馬。
きさらぎ賞から〔011〕。勝ち馬と、3番人気4着の馬。
OP特別から〔002〕。勝ち馬。
1勝クラスから〔543〕。連対11頭に、3番人気5着馬も1頭。
馬券圏内27頭すべてが、前走掲示板確保の馬。中でも、24頭が3着以内の馬でした。
連対で見ると、18頭中7頭が重賞勝ちの馬。2頭にはOP特別勝ちが、8頭に1勝クラスでの勝ちがありました。例外の1頭には、1勝クラスの2着がありました。
また、17頭に芝1600m以上での勝ちがあり、残る1頭には朝日杯FSでの4着がありました。
さらに、17頭が中4週以上、間を空けての出走。中2週以内の馬は〔001〕となっています。
キャリア1戦の馬に、馬券圏内はありません。覚えておいて下さい。


阪神大賞典(日曜・阪神)
芝3000m戦。
過去10年、1番人気は〔622〕、2番人気は〔011〕、3番人気は〔312〕。
6番人気以下〔022〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ6回に、万馬券なし。
馬連の最高配当は、1、6番人気で決まった昨年の2700円。
1番人気は馬券圏内100%ですから、堅い決着が続きます。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔451〕。
ジャパンCから〔001〕。
日経新春杯から〔203〕。
AJCCから〔200〕。
京都記念から〔002〕。
ダイヤモンドSから〔222〕。
OP特別の万葉Sから〔010〕。勝ち馬。
3勝クラスから〔021〕。勝ち馬2頭に、3着馬1頭です。
すべてが、前走芝2200m以上のレースから。
前走で掲示板を外していた馬は6頭。そのうち5頭は有馬記念。1頭はAJCCを1番人気で7着の馬でした。
連対20頭中、13頭に重賞勝ちがあり、6頭にも重賞3着以内がありました。
距離の面では、連対20頭中、17頭に芝2200m以上での勝ちが。また、17頭に芝3000m以上のレースへの出走経験がありました。
連対20頭中、16頭は中4週以上間隔を空けて出走の馬。
もうひとつ、上がりの脚は重要なよう。先行して、しっかりまとめる。そんな馬を狙って下さい。
牝馬は〔011〕。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔452〕、5歳〔234〕、6歳〔322〕、7歳〔002〕、8歳〔100〕。
4歳馬が主役。6歳、5歳と続いています。


フラワーC(金曜・中山)
3歳牝馬の重賞。芝1800m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
14年は2着同着。従いまして、9回で2着は10頭、3着は8頭です。
1番人気は〔321〕、2番人気は〔311〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔134〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
毎年1〜3番人気のいずれか1頭が、連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔010〕。4着馬。
チューリップ賞から〔100〕。4着馬。
クイーンCから〔100〕。3番人気9着馬。
フェアリーSから〔010〕。勝ち馬。
京成杯から〔010〕。5着馬。
重賞組は掲示板、もしくは3番人気までなら巻き返せるといった感じでしょうか。
OP特別時代のアルテミスSから〔010〕。2着馬。
1勝クラスからが最もよく〔447〕。勝ち馬10頭に、2着馬1頭、3着馬1頭。さらに6着馬1頭、7着馬2頭です。
連対した8頭で見ると、7頭が1着馬。前走1勝クラスからなら、勝ちが欲しいよう。
新馬勝ちから〔100〕。
芝の未勝利勝ちから〔220〕。
ダートの未勝利勝ちから〔001〕。
新馬、未勝利勝ちからは、当日の人気が3番人気以内なら〔210〕。4番人気以下だと〔011〕。
連対19頭中、16頭は芝1800m、2000mに勝ちがあり、残る3頭は未経験でした。芝1800〜2000mに出走歴があるなら、勝ち必須とデータは語ります。
ちなみに、未経験の3頭は芝1600m戦で新馬勝ち。短いところしか走っていない馬は、評価を下げる必要がありそうです。
ここが今年最初のレースとなる馬には勝ちがなく、2着まで。これも覚えておくとよさそうです。


 



 
 
週末の重賞……2020.3.12
金鯱賞(日曜・中京)
芝2000m戦。
3月に移行したのが、17年のこと。従いまして、データは過去3年です。
17年は1、7、13番人気の1〜3着で、馬連3800円。
18年は1、8、2番人気で、5860円。
19年は2、5、1番人気で、1700円。
勝ち馬は1または2番人気の馬。2着に伏兵といった感じでしょうか。
勝ち馬の前走は、すべてGT。4着以内または1番人気に推されていた馬です。
連対には芝1800m以上での勝ちが必須。
芝2000mで見ると、勝ちか、勝ちが無ければ同距離での重賞2着は必須です。
左回りは経験があるなら、勝ち必須。
近2年の連対4頭は、GTに連対歴のある実績馬。大阪杯へのステップレースとしての地位が、確立されてきたと見る向きも多いようです。
牝馬は〔010〕。
年齢別では、4歳〔210〕、5歳〔112〕、6歳〔001〕、8歳〔010〕。
4、5歳馬が中心のようです。


フィリーズレビュー(日曜・阪神)
3歳牝馬による、芝1400mの桜花賞TR。。3着までに優先出走権が与えられます。
データは過去10年ですが、昨年19年は1着同着。従いまして、10年で1着は11頭、2着は9頭です。
1番人気は〔230〕、2番人気は〔212〕、3番人気は〔300〕。
6番人気以下〔445〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
毎年6番人気以下の伏兵が1頭は馬券圏内にいる、一筋縄では収まらないレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔133〕。人気、着順不問です。
朝日杯FSから〔100〕。10着馬。
クイーンCから〔111〕。すべて4着馬。
フェアリーSから〔010〕。2着馬。
OP特別から〔211〕。掲示板3頭に、3番人気9着馬。
芝の1勝クラスから〔534〕。勝ち馬10頭、2着馬1頭に、1番人気5着だった馬。
ダートの1勝クラスから〔001〕。勝ち馬。
未勝利勝ちから〔100〕。4番人気で勝ち上がった馬です。
馬券圏内30頭すべてが、前走1400mまたは1600m(ダートも含む)を走っていました。
また、連対20頭中、18頭に芝1400m以上での勝ちがありました。
過去5年の連対馬10頭は、すべて“前走5番人気以内で掲示板を確保していた馬”です。
キャリア1戦の馬券圏内はなく、7戦以上は2着まで。覚えておきましょう。


中山牝馬S(土曜・中山)
牝馬限定のハンデ戦。芝1800m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回ですが、14年は2着同着。従いまして、9回で2着馬10頭、3着馬は8頭になります。
1番人気は〔121〕、2番人気は〔020〕、3番人気は〔110〕。
6番人気以下〔236〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
ハンデの牝馬重賞らしく、波乱含みのよう。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
日経新春杯から〔101〕。
愛知杯から〔323〕。
京都牝馬Sから〔102〕。
(OP特別時代も含む)ターコイズSから〔120〕。
その他、エリザベス女王杯から勝ち馬が。
有馬記念、交流GUのエンプレス杯、東京新聞杯、中山金杯から2着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔201〕。こちらも人気、着順は不問。
3勝クラスから〔021〕。連対馬でした。
トップハンデは9回で16頭いて〔130〕。
勝ち馬のハンデは、56〜53キロで、平均すると53.78キロ。
2着馬は56〜52キロで、平均53.9キロ。
3着馬は56〜51キロで、平均53.25キロ。
連対19頭中、14頭に重賞3着以内があり、1頭にはOP特別勝ちが。2頭に重賞0秒2差があり、残る2頭は3勝クラス勝ち上がりから参戦の馬でした。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔230〕、5歳〔534〕、6歳〔242〕、7歳〔002〕。
5歳馬中心で、6歳、4歳が、それを追っているようです。


ファルコンS(土曜・中京)
3歳限定の芝1400m戦。
コースの改修がなされたのが、12年のこと。
従いまして、データは過去8年です。
1番人気は〔100〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔230〕。
6番人気以下〔133〕、2ケタ人気馬〔121〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
1番人気は13年に一度勝ったきりで、他は馬券に絡めていません。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔032〕。
阪神JFから〔001〕。
交流GTの全日本2歳優駿から〔001〕。
シンザン記念から〔210〕。
アーリントンCから〔202〕。
京成杯から〔010〕。
OP特別のクロッカスSから〔200〕。
OPクラスは人気、着順不問です。
1勝クラスの芝から〔122〕。4着以内、または1番人気に推されていた馬。
1勝クラスのダートから〔110〕。共に1番人気で1着の馬です。
新馬、未勝利を勝ってすぐの馬の馬券圏内はありません。
連対16頭中、芝未経験の馬は2頭。
それを除く、14頭中8頭に芝1400mでの勝ちがあり、2頭に芝1600m以上での勝ちが。残る4頭中3頭は、芝1200mのOPクラスを勝った馬でした。
牝馬は〔001〕。
馬券圏内24頭中、23頭までもが、前走1400mまたは1600m(ダートも含む)に出走していました。
前走芝1200mから臨戦の馬は、3着に1頭いるだけです。覚えておいて下さい。


 



 
 
週末の重賞……2020.3.6
弥生賞ディープインパクト記念(日曜・中山)
今年からレース名が変わった、芝2000mの皐月賞TR。上位3着までに、優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔510〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔011〕。
6番人気以下〔342〕、2ケタ人気馬〔011〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券2本。
ただし、その万馬券は3万馬券と5万馬券。荒れる時は、ドカンと荒れるようです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔233〕。連対5頭に、1番人気4着、2番人気7着と、7番人気6着の馬。
ホープフルSから〔002〕。掲示板確保の馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔110〕。勝ち馬。
きさらぎ賞から〔101〕。掲示板確保の馬。
共同通信杯から〔100〕。5着馬。
京都2歳Sから〔100〕。勝ち馬。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔120〕。勝ち馬2頭に、1番人気4着馬。
OP特別の若駒Sから〔210〕。4着以内の馬。
1勝クラスから〔121〕。連対馬。
新馬勝ちからの〔010〕というのもあります。
連対20頭すべてに、芝1800m以上での勝ちがありました。
また連対20頭中、13頭に重賞またはOPクラスの勝ちが、6頭には重賞またはOPクラスの掲示板がありました。
連対20頭の、前走の人気と着順を見てみると、どちらにも“3”より小さな数字が無かったのは、2頭だけ。その2頭とも重賞5着と、掲示板は外していませんでした。
キャリア1戦の馬と6戦以上の馬は2着まで。勝ち馬は3〜5戦の馬から出ています。
本番と同じ舞台で行われるTR。注目です。
勝ち馬は6歳までとなっています。


チューリップ賞(土曜・阪神)
芝1600mの桜花賞TR。上位3着までに、優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔521〕、2番人気は〔113〕、3番人気は〔120〕。
6番人気以下〔135〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
毎年、1〜3番人気の馬が1頭は馬券圏内に来ています。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔735〕。3着以内13頭に、2番人気8着と4番人気7着の馬。
クイーンCから〔020〕。掲示板確保の馬。
シンザン記念から〔010〕。2着馬。
フェアリーSから〔001〕。3着馬。
OP特別の紅梅Sから〔100〕。勝ち馬。
エルフィンSから〔013〕。掲示板確保の馬。
1勝クラスから〔111〕。勝ち馬2頭に、2番人気5着馬。
新馬勝ちから〔010〕。
未勝利勝ちから〔110〕。
連対20頭中、14頭が2勝以上を挙げており、残る6頭中5頭には芝1600mでの勝ち、または芝1600mの重賞に連対がありました。
芝1600mの好走歴は重要なようです。
キャリア1戦は2着まで。逆に6戦以上の馬の馬券圏内はありません。
こちらも本番と同じ舞台のTR。要注目です。


オーシャンS(土曜・中山)
芝1200m戦。
過去10年、1番人気は〔222〕、2番人気は〔230〕、3番人気は〔210〕。
6番人気以下〔326〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
馬券圏内の3分の1を超える11頭が、6番人気以下の伏兵ですからね。波乱の目もありそうです。
ステップレースは実に様々。
馬券圏内に2頭以上を送り込んでいる重賞は2つ。
シルクロードSから〔142〕。
阪神Cから〔121〕。
その他、京成杯から勝ち馬が。
スプリンターズS、京都牝馬S、根岸Sから2着馬が。
海外の香港スプリント、東京新聞杯、阪急杯から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順は不問です。
OP特別組がよく〔613〕。連対6頭に、3番人気までに推されていた馬が3頭、13番人気12着馬も1頭います。
3勝クラスから〔101〕。勝ち馬です。
連対20頭中、19頭に芝1200mでの勝ちがありました。
また、連対20頭中9頭に重賞勝ちが、8頭にOP特別勝ちがありました。
牝馬は〔341〕。
年齢別に見ておくと、4歳〔311〕、5歳〔414〕、6歳〔161〕、7歳〔210〕、8歳〔014〕。
ベテランの頑張りにも注意が必要です。
過去の好走馬が再び、三度の好走を見せるのも特徴のひとつ。具体的に見ていきましょう。
10年勝ったキンシャサノキセキ、翌11年2着。
11年勝ったダッシャーゴーゴー、13年2着。
11年3着のレッドスパーダ、14年3着。
13年勝ったサクラゴスペル、15年も優勝。
14年2着のスノードラゴン、16年3着。
15年2着ハクサンムーン、16年も2着。
17年2着ナックビーナス、18年、19年も2着。
18年3着ダイメイフジ、19年も3着。
今年は3年連続で2着のナックビーナスと、18年優勝のキングハートが出走予定。この2頭からは、目が離せません。

 



 
 
週末の重賞……2020.2.27
中山記念(日曜・中山)
芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔200〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔312〕。
6番人気以下〔143〕、2ケタ人気馬〔110〕。
この9年で、1〜3番人気が8勝です。基本的には、人気馬信頼でよさそうです。
ステップレースは実に様々。まずは2頭以上を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
有馬記念から〔210〕。
天皇賞・秋から〔120〕。
秋華賞から〔020〕。
マイルCSから〔002〕。
海外の香港マイルから〔101〕。
阪神Cから〔002〕。
中山金杯から〔300〕。
京都金杯から〔011〕。
ダートの根岸Sから〔011〕。
その他、日本ダービー、エリザベス女王杯から勝ち馬が。
小倉大賞典、旧朝日CC(現チャレンジC)から2着馬が。
菊花賞、札幌記念、富士Sから3着馬が出ています。
OP特別組の〔110〕というのもあります。
馬券圏内30頭で見ると、前走がGT以外の芝のレースなら、近2走のいずれかに5着以内が必要です。
連対20頭中、17頭に重賞勝ちがあり、そのうち15頭は芝1800m、2000mの重賞の勝ち馬でした。
また、19頭に芝1800m以上での勝ちがあり、うち14頭は芝1800m以上で3勝以上を挙げていました。
さらに、中山の芝コースの経験馬は15頭いて、13頭に、勝ちまたは重賞3着以内がありました。
距離短縮の馬は15頭。前走も芝1800mだった馬が2頭。距離延長組も3頭いますが、このタイプの馬には3着が多いようです。
牝馬は〔120〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔435〕、5歳〔421〕、6歳〔242〕、7歳〔011〕、8歳〔001〕。
勝ち馬は6歳までとなっています。


阪急杯(日曜・阪神)
芝1400m戦。
過去10年、1番人気は〔221〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔010〕。
6番人気以下〔314〕、2ケタ人気馬〔102〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
近年、波乱の度合いが高まっているよう。
ステップレースを見ていきましょう。
海外の香港スプリントから〔200〕。
交流ダートのJBCスプリントから〔010〕。
マイルCSから〔002〕。
阪神Cから〔333〕。
シルクロードSから〔220〕。
京都金杯から〔120〕。
東京新聞杯から〔102〕。
京都牝馬Sから〔020〕。
京阪杯から〔001〕。
重賞組は、人気、着順不問です。
芝のOP特別から〔101〕。掲示板確保の馬。
ダートのOP特別から〔001〕。3着馬です。
連対20頭中、17頭に芝の重賞での3着以内があり、そのうち13頭が重賞勝ち。
また、13頭に阪神芝の2勝クラス以上に勝ちがあり、残る7頭中3頭に、阪神芝の重賞で3着以内がありました。
さらに、16頭に芝1400mでの勝ちがあり、残る4頭中2頭は、芝1200mで5勝以上を挙げていました。
もうひとつ、12頭に1600mでの勝ちがあり、2頭には1800mでの勝ちがありました。1400mより長い距離への適応性も必要なようです。
牝馬は〔132〕。
年齢別で見ていくと、4歳〔145〕、5歳〔621〕、6歳〔222〕、7歳〔111〕、8歳〔011〕。
5歳馬がいいようです。
連対20頭のすべてが、前走から4ヶ月以内。より長期の休養明けだという馬は、割引が必要です。

 



 
 
週末の重賞……2020.2.13
フェブラリーS(日曜・東京)
2020年最初のJRA・GT。ダート1600m戦。
過去10年、1番人気は〔422〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔111〕。
6番人気以下〔214〕、2ケタ人気馬〔100〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券3本。
残る4回は1000円台ですから、堅いか、荒れるかの両極端です。
ステップレースを見ていきましょう。
(旧JCダートを含む)チャンピオンズCから〔322〕。勝ち馬4頭に、2着馬1頭。あとは、2番人気12着と9番人気11着の馬。
交流GTの川崎記念から〔031〕。3着以内の馬。
同じく、東京大賞典から〔024〕。3着以内4頭に、5着と7着の馬。
東海Sから〔311〕。3着以内の馬。
根岸Sから〔322〕。3着以内の馬。
OP特別から〔100〕。3番人気9着馬。
馬券圏内30頭中、25頭が前走3着以内に好走していて、4着以下から巻き返した5頭は、すべて1800m以上のレースから距離を短縮してきた馬たちです。
連対20頭すべてに、交流を含む重賞勝ちと、1600m以上のダート戦に勝ちがありました。
また連対20頭中16頭にダートGT3着以内があり、残る4頭中3頭はGT初出走。その3頭はすべて、重賞での複勝率が100%でした。
さらに、連対20頭中19頭は、1年以内に重賞を勝っていた馬です。
連対には、左回りの勝ちが必須。
勝ち馬10頭中9頭は、前走時の馬体重が500キロを超えていました。
牝馬は〔000〕。
年齢別に見てみると、4歳〔321〕、5歳〔535〕、6歳〔222〕、7歳〔021〕、8歳〔011〕。
勝つのは6歳まで。
過去の好走馬が、再び、三度の好走を見せるのも特徴。具体的に見ていきましょう。
10年勝ったエスポワールシチー、13年2着。
10年2着のテスタマッタ、12年優勝。
12年3着のワンダーアキュート、13年も3着。
14年勝ったコパノリッキー、15年も連覇。
15年2着のインカンテーション、18年3着。
15年3着のベストウォーリア、17年2着。
16年2着のノンコノユメ、18年優勝。
17年勝ったゴールドドリーム、18年、19年共に2着。
今年は昨年の覇者、インティが連覇を狙います。


小倉大賞典(日曜・小倉)
芝1800mのハンデ戦。
10年は中京での施行。従いまして、データは11年からの9年です。
1番人気は〔212〕、2番人気は〔110〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔272〕、2ケタ人気馬〔022〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
11年から18年までは、6番人気以下が連絡み。それが途切れた昨年も、3着には14番人気の馬が入る、波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔100〕。
AJCCから〔101〕。
日経新春杯から〔031〕。
目黒記念から〔010〕。
中山金杯から〔212〕。
福島記念から〔100〕。
京都金杯から〔012〕。
チャレンジCから〔011〕。
愛知杯から〔010〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔112〕。3着以内3頭に、1番人気8着馬。
3勝クラスから〔200〕。こちらは勝ち馬でした。
トップハンデは9年で16頭いて〔221〕。
勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると55.89キロ。
2着馬は58〜53キロで、平均55.89キロ。
3着馬は57.5〜53キロで、平均55.83キロ。
馬券圏内27頭中、ハンデ54キロ以下は4頭のみ。そのうち1頭は、牝馬の53キロですから、牡馬に換算すれば55キロ。
ある程度、背負わされているほうがよさそうです。
連対18頭中、12頭に重賞3着以内があり、5頭にOP特別勝ちがありました。
また、17頭に芝1800m以上での勝ちがあり、例外の1頭は小倉芝の連対率が100%でした。
牝馬は〔010〕。
年齢別で見ておくと、4歳〔312〕、5歳〔314〕、6歳〔120〕、7歳〔232〕、8歳〔020〕、9歳〔001〕。
ベテランも頑張ります。
4角先頭の馬が〔401〕。逃げ残りにも注意が必要です。


ダイヤモンドS(土曜・東京)
芝3400mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔710〕、2番人気は〔122〕、3番人気は〔002〕。
6番人気以下〔136〕、2ケタ人気馬〔101〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
毎年、1または2番人気の馬が、必ず連に絡んでいます。 ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔200〕。人気、着順は不問。
海外GTの香港ヴァーズから〔010〕。2着馬。
同じく、メルボルンCから〔010〕。13着馬。
AJCCから〔300〕。3着以内または3番人気までに推されていた馬。
ステイヤーズSから〔111〕。連対または3番人気までに推されていた馬。
日経新春杯から〔014〕。人気、着順は不問。
OP特別の万葉Sから〔322〕。掲示板確保の馬。
白富士Sから〔010〕。4着馬。
ダートの師走Sから〔100〕。14着馬。
3勝クラスから〔013〕。勝ち馬3頭に、4着馬1頭。
2勝クラスから〔020〕。勝ち馬と9着馬でした。
馬券圏内30頭中、前走2200m未満のレースに出走していたのは、わずかに2頭です。
トップハンデは10年で12頭いて〔330〕。
勝ち馬のハンデは58.5〜53キロで、平均55.85キロ。
2着馬は58.5〜50キロで、平均54.5キロ。
3着馬は56〜50キロで、平均53.7キロ。
ハンデの重い馬も、軽い馬も頑張ります。
連対20頭中、9頭に重賞勝ちがあり、9頭にOPクラスの3着以内がりました。
また、連対20頭中17頭に、芝2400m以上での勝ちがありました。
牝馬は〔000〕。
セン馬は〔121〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔433〕、5歳〔321〕、6歳〔214〕、7歳〔011〕、8歳〔121〕、9歳〔010〕。
若いほうが好成績ですが、8歳馬の頑張りもあるように、年齢で切ることはしないほうがよさそうです。


京都牝馬S(土曜・京都)
牝馬限定戦。芝1400m戦。
距離が1600mから1400mに短縮されたのが、16年のこと。従いまして、データは過去4年です。
1番人気は〔300〕、2番人気は〔000〕、3番人気は〔001〕。
6番人気以下〔131〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
1番人気以外の上位人気馬に、信頼が置けないレースとなっています。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔100〕。8着馬。
スワンSから〔100〕。6着馬。
(OP特別時代も含む)ターコイズSから〔210〕。連対2頭に、7着馬。
京都金杯から〔001〕。勝ち馬。
3勝クラスから〔033〕。連対5頭に、3番人気8着馬。
毎年1頭は、3勝クラスからの馬が馬券圏内に来ています。
連対8頭すべてに、芝1600m以上での勝ちがあり、前走芝1200mからの馬は2着に1頭だけ。3着馬4頭の前走も、すべて芝1400m以上です。
前走が年明けのレースの馬に勝ちはなく、前走が前年の馬が〔421〕、年明けの馬は〔023〕です。
年齢別では、4歳〔221〕、5歳〔221〕、6歳〔002〕。
4、5歳馬が中心と見てよさそうです。
 



 
 
週末の重賞……2020.2.13
共同通信杯(日曜・東京)
3歳馬による、芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔132〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔422〕。
6番人気以下〔222〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
ただし、6番人気が〔220〕。波乱の目もありそうです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔030〕。1、3、9着の馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔211〕。3着以内の馬。
京成杯から〔003〕。人気、着順は不問です。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔111〕。3着以内の馬。
若駒Sから〔110〕。3着以内の馬。
ジュニアCから〔100〕。勝ち馬。
OP特別時代のホープフルSから〔112〕。連対もしくは1番人気に推されていた馬。
同じく、京都2歳Sから〔001〕。勝ち馬。
1勝クラスから〔222〕。連対馬。
新馬勝ちから〔110〕。1番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔100〕。1番人気で勝ち上がった馬です。
馬券圏内30頭すべてが前走1600m以上の芝を走っており、連対20頭すべてに芝1600m以上での勝ちがありました。
勝ち馬で見れば、前走はどの条件であろうと、3着以内の馬。
また、連対20頭中、14頭が前走から2ヶ月以内の出走。残る6頭は、連対100%の馬です。
少頭数で行われることが多いのですが、それでも勝つのは、すべて8番枠より内の馬。
2着も9頭までが、8番枠より内。例外の1頭も9番枠の馬でした。
3歳戦ですが、キャリアは不問のようです。


京都記念(日曜・京都)
芝外回り2200m戦。
過去10年、1番人気は〔222〕、2番人気は〔015〕、3番人気は〔241〕。
6番人気以下〔400〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタはなく、万馬券もありません。
馬券圏内30頭、すべて6番人気以内の馬です。
ステップレースは実に様々。まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
有馬記念から〔314〕。
天皇賞・秋から〔110〕。
海外GTの香港ヴァーズから〔220〕。
菊花賞から〔110〕。
ジャパンCから〔002〕。
中山金杯から〔110〕。
その他、AJCC、新潟記念から勝ち馬が。
マイルCS、エリザベス女王杯、ステイヤーズSから2着馬が。
宝塚記念、天皇賞・春、海外GTの凱旋門賞、日経新春杯から3着馬が出ています。
前走GT以外は、4着以内、または3番人気以内に推されていた馬。
あと、OP特別のディセンバーSを1番人気1着だった馬の〔010〕というのもあります。
馬券圏内30頭中、29頭が前走重賞組です。
連対20頭中、19頭に重賞連対歴があり、16頭が重賞V。重賞勝ちのない4頭中3頭には、GT4着以内がありました。
また、連対20頭中、14頭に芝2200m以上での勝ちがあり、残る6頭には芝2200m以上のGT、GUで掲示板がありました。
牝馬は〔130〕。
最後に、年齢別で見ておくと、4歳〔453〕、5歳〔515〕、6歳〔132〕、7歳〔010〕。
4、5歳馬が中心のようです。


クイーンC(土曜・東京)
3歳牝馬限定重賞。芝1600m戦。
データは過去10年ですが、13年は3着同着。従いまして、10年で3着は11頭となります。
1番人気は〔511〕、2番人気は〔313〕、3番人気は〔130〕。
6番人気以下〔025〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券なし。
勝ち馬は4番人気まで。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔442〕。掲示板6頭に、1番人気だった馬が1頭、6着馬2頭、16着馬も1頭です。
フェアリーSから〔323〕。掲示板、または1番人気に推されていた馬。
アルテミスSから〔001〕。2着馬。
OP特別から〔011〕。3着と1着の馬。
1勝クラスから〔311〕。3着以内の馬。
新馬勝ちから〔012〕。1番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔011〕。こちらも1番人気で勝ち上がった馬です。
連対20頭中、14頭が芝1600mでV。残る6頭中、5頭に芝1600mの重賞掲示板、または芝1800mでの勝ちがありました。
キャリア1戦は2着まで。逆に6戦以上は3着が精一杯です。
 



 
 
週末の重賞……2020.2.5
東京新聞杯(日曜・東京)
芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔112〕、2番人気は〔202〕、3番人気は〔310〕。
6番人気以下〔243〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
ちょいとひと捻りのイメージでしょうか。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔300〕。5、6、8着馬。
マイルCSから〔100〕。6着馬。
菊花賞から〔010〕。11着馬。
阪神Cから〔104〕。掲示板3頭に、9着と15着の馬。
京都金杯から〔123〕。掲示板5頭と、7着馬。
中山金杯から〔011〕。共に5着馬。
ターコイズSから〔010〕。6着馬。
ニューイヤーSから〔232〕。連対もしくは1、2番人気だった馬。ちなみに掲示板を外していたのは1頭だけです。
キャピタルSから〔020〕。連対馬。
3勝クラスから〔200〕。1、2番人気で勝ち上がった馬でした。
連対20頭中、19頭に芝1600mでの勝ちがあり、残る1頭には重賞2着が。
また、連対20頭中、15頭にOPクラスでの3着以内があり、2頭に芝1800m以上の重賞で2着が。残る3頭中2頭は、昇級初戦の馬でした。
さらに、連対20頭中、15頭に東京芝での勝ちがあり、3頭は東京芝でのOPクラス3着以内が。残る2頭は東京芝1走、または未出走の馬でした。
牝馬は〔310〕。このうち3頭はGT連対馬、1頭はGT未出走の馬でした。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔543〕、5歳〔146〕、6歳〔410〕、7歳〔011〕。
勝つのは4、6歳が中心。連対では4歳がいいようです。


きさらぎ賞(日曜・京都)
3歳馬による芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔330〕、2番人気は〔124〕、3番人気は〔202〕。
6番人気以下〔223〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ5回に、万馬券1本。
少頭数で行われることが多いのですが、1、2番人気でのワンツーは2回だけです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔102〕。人気、着順は不問。
シンザン記念から〔101〕。3着と2着の馬。
OP特別時代の京都2歳Sから〔100〕。1番人気1着馬。
若駒Sから〔100〕。1番人気2着馬。
1勝クラスから〔483〕。3着以内が14頭、例外の1頭も4着馬でした。
新馬勝ちから〔100〕。2番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔124〕。1、2番人気で勝ち上がった馬が6頭、9番人気1頭です。
連対20頭中、15頭に芝1800mでの勝ちがあり、4頭に芝2000mでの勝ちがありました。例外の1頭は芝1400mで勝ち、芝1600mの重賞に3着があった馬です。
勝ち馬の8頭が、前走1、2番人気。残る2頭は、重賞で3番人気と9番人気でしたが、前々走では勝っていた馬です。
また、勝ち馬10頭中8頭が新馬勝ち。必須ではありませんが、初戦Vが望ましいといった感じでしょうか。
牝馬は〔100〕。出走自体が少ないよう。
キャリア5戦以上は、3着に1頭いるだけ。逆にキャリア1戦も1勝のみ。2〜4戦の馬を狙いたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2020.1.29
根岸S(日曜・東京)
ダート1400m戦。
過去10年、1番人気は〔330〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔030〕。
6番人気以下〔234〕、2ケタ人気馬〔104〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券1本。
8回は1、2番人気が連絡み。残る2回でも、4番人気の馬が連対しています。
ステップレースを見ていきましょう。
チャンピオンCから〔212〕。人気、着順は不問。
交流GTの東京大賞典から〔001〕。3着馬。
同じく、JBCスプリントから〔010〕。2着馬。
武蔵野Sから〔301〕。勝った3頭は4着以内、3着の1頭は14着馬。
カペラSから〔211〕。3着以内の馬。
交流GVの兵庫GTから〔001〕。1番人気5着馬。
OP特別のギャラクシーSから〔220〕。3着以内の馬。
エニフSから〔100〕。勝ち馬。
大和Sから〔021〕。勝ち馬。
師走Sから〔012〕。2頭が3着以内、3着の1頭は9着馬。
ファイナルSから〔011〕。連対馬。
OP特別をまとめると〔364〕。3着の1頭を除き、12頭が3着以内の馬でした。
また、3勝クラス1番人気1着だった馬の〔010〕というのもあります。
連対20頭中、前走で掲示板を外していたのは、チャンピオンC組だけ。
3着外しも、武蔵野S4着から勝った14年のゴールスキーのみです。
また、連対20頭中18頭にダート1400mでの勝ちがあり、14頭にオープンクラスの勝ちがありました。1300m以下にしか勝ちがなかった馬の連対は、19年勝ったコパノキッキング、ただ1頭です。
さらに、連対20頭中17頭にダート重賞での連対か、OP特別勝ちがあり、残る3頭中2頭にもOPクラスでの3着がありました。
牝馬は〔000〕。馬券圏内がありません。
年齢別に見てみると、4歳〔320〕、5歳〔342〕、6歳〔323〕、7歳〔111〕、8歳〔014〕。
馬券では、ベテランの頑張りに注意が必要です。
脚質的には、逃げ馬は壊滅状態。後ろから行く馬が上位に来ています。
また、関西馬が〔9109〕と、関東馬を圧倒しているのも特徴のひとつです。覚えておきましょう。


シルクロードS(日曜・京都)
芝内回り1200mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔310〕、2番人気は〔410〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔029〕、2ケタ人気馬〔027〕。
1〜3番人気で9勝。残る1勝も4番人気の馬。ただし、2、3着には人気薄が来ます。3連複、3連単には大きな数字が並んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
スプリンターズSから〔210〕。人気、着順は不問です。
阪神Cから〔220〕。掲示板確保の馬が3頭に、16着馬。
スワンSから〔001〕。17着馬。
京阪杯から〔322〕。掲示板5頭に、1番人気8着と5番人気7着の馬。
OPの淀短距離Sから〔154〕。3着以内8頭に、2番人気5着と4番人気8着の馬。
ラピスラズリSから〔101〕。3着以内の馬。
尾張Sから〔101〕。勝ち馬と、2番人気11着の馬。
トップハンデは、10年で11頭いて〔220〕。
勝ち馬のハンデは58〜55キロで、平均すると56.7キロ。
2着馬は59〜53キロで、平均56.2キロ。
3着馬は57〜53キロで、平均54.9キロ。
勝ち馬で見ると、牡馬は56.5キロ以上、牝馬は55キロ以上。勝つのは、ある程度背負わされている実力馬ということでしょうか。
連対20頭すべてに、芝1200mでの勝ちがあり、京都の芝1200mか1400mへの出走歴がありました。
また、11頭に重賞勝ちが、残る9頭にも重賞掲示板、またはOP特別勝ちがありました。
牝馬は〔322〕。3番人気までが4頭、2ケタ人気馬が3頭。両極端な成績となっています。
年齢別で見ていくと、4歳〔220〕、5歳〔342〕、6歳〔434〕、7歳〔111〕、8歳〔002〕、9歳〔001〕。
6歳、5歳がいいようです。
近8年連続で、勝ち馬は7番枠より内の馬。
内回りの芝1200m戦。内枠の逃げ、先行馬を狙いたいレースです。
 



 
 
週末の重賞……2020.1.22
AJCC(日曜・中山)
芝2200m戦。
過去10年、1番人気は〔230〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔113〕。
6番人気以下〔243〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券3本。
実は、GT馬が勝てない、波乱含みの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念組が最もよく〔511〕。人気、着順は不問です。
天皇賞・春から〔100〕。4着馬。
菊花賞から〔020〕。勝ち馬と3番人気6着馬。
天皇賞・秋から〔010〕。17着馬。
ジャパンCから〔001〕。12着馬。
ステイヤーズSから〔100〕。3着馬。
福島記念から〔020〕。連対馬。
中山金杯から〔012〕。人気、着順は不問。
中日新聞杯から〔012〕。人気、着順は不問。
OP特別のディセンバーSから〔021〕。こちらも人気、着順は不問です。
3勝クラスから〔101〕。1、2番人気で勝ち上がった馬です。
連対20頭中、19頭に芝2000m以上のレースでの勝ちがありました。
また、連対20頭中、17頭に芝2000m以上の重賞での連対がありました。
中長距離実績と重賞好走歴が欲しいところです。
牝馬は〔000〕と、馬券圏内がありません。
年齢別に見ていきましょう。
4歳〔142〕、5歳〔403〕、6歳〔312〕、7歳〔221〕、8歳〔032〕。
4歳馬が、なかなか勝ち切れないレースのようです。


東海S(日曜・京都)
今年は京都で行われる、ダート1800m戦。
中京でですが、1月の施行になったのが、13年のこと。データは過去7年で見ていきましょう。
1番人気は〔502〕、2番人気は〔020〕、3番人気は〔011〕。
6番人気以下〔043〕、2ケタ人気馬〔021〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券1本。
1番人気馬が、馬券圏内100%を誇ります。
ステップレースを見ていきましょう。
旧JCダートを含む、チャンピオンズCから〔213〕。人気、着順は不問。
交流GTの東京大賞典から〔210〕。4着以内の馬。
みやこSから〔020〕。人気、着順は不問。
交流GUの名古屋グランプリから〔010〕。勝ち馬。
OP特別から〔223〕。4着以内または4番人気までに推されていた馬。
3勝クラスから〔101〕。1番人気1着馬です。
連対14頭中、9頭に交流を含む重賞勝ちがあり、2頭にOPクラスの連対歴がありました。
また、連対14頭中、10頭がダート1800mで3勝以上を挙げており、ダート1800mで未勝利だった馬は2着に1頭いるだけです。
勝ち馬は、すべて前走で掲示板を確保。
中2週以内での出走に勝ちはありません。
牝馬は〔000〕。馬券圏内なし。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔112〕、5歳〔433〕、6歳〔102〕、7歳〔120〕、8歳〔010〕。
5歳馬の好走が目立っています。
 



 
 
週末の重賞……2020.1.15
京成杯(日曜・中山)
3歳重賞。芝2000m戦。
過去10年、1番人気は〔321〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔111〕。
6番人気以下〔135〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ3回に、万馬券なし。
どちらかと言えば、堅めの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
中山施行時代も含む、朝日杯FSから〔110〕。2番人気馬と2着馬。
GU、OP特別時代も含む、ホープフルSから〔113〕。掲示板確保の馬。
京都2歳Sから〔010〕。5着馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔001〕。3着馬。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔020〕。掲示板確保の馬。
OP特別の萩Sから〔100〕。5着馬。
1勝クラスから〔522〕。連対馬。
新馬勝ちから〔103〕。
未勝利勝ちから〔131〕。
連対20頭中、11頭に芝2000mでの勝ちがあり、残る9頭は芝1800mに勝ちがあるか、重賞に連対歴のある馬でした。
キャリア5戦以上の馬は2着まで。
ちなみに、「キャリア1戦の馬は3着まで」というジンクスを、昨年勝ったラストドラフトが初めて破っています。
牝馬は〔000〕と、苦戦の傾向に。
前走1800m未満の距離を走って、馬券圏内に来たは2頭。どちらも朝日杯FS組でした。
前走で掲示板を外していたのも1頭のみ。それも朝日杯FSから(2番人気7着)の馬でした。
近2走、どちらも3着を外していた馬の馬券圏内はありません。
取捨選択の参考になさって下さい。


日経新春杯(日曜・京都)
芝外回り2400mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔441〕、2番人気は〔410〕、3番人気は〔021〕。
6番人気以下〔214〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ6回に、万馬券1本。
1、2番人気が共に連を外したのは1回だけ。ハンデ戦ながら、意外や堅い決着が多いよう。
ステップレースを見ていきましょう。
菊花賞から〔300〕。掲示板確保の馬。
有馬記念から〔200〕。3着と6着の馬。
ダービー以来の馬が〔100〕。7着馬。
ジャパンCから〔001〕。勝ち馬。
アルゼンチン共和国杯から〔010〕。2着馬。
札幌記念から〔001〕。14着馬。
ステイヤーズSから〔001〕。3着馬。
中日新聞杯から〔020〕。3着馬。
OP特別から〔002〕。2着と16着の馬。
3勝クラスから〔141〕。勝ち馬。
2勝クラスから〔111〕。こちらも勝ち馬でした。
トップハンデは10年で14頭いて〔112〕。
勝ち馬のハンデは58.5〜52キロで、平均すると55.1キロ。
2着馬は56〜53キロで、平均55.2キロ。
3着馬は58〜52キロで、平均55.15キロ。
連対20頭中、14頭に重賞3着以内があり、残る6頭中、1頭はOP特別に勝ちが、5頭は前走で3勝クラスまたは2勝クラスを勝ち、かつ芝2200m以上に勝ちがある馬でした。
また、連対20頭中、13頭に芝2200m以上での勝ちがあり、残る7頭には芝2000mのOPクラスでの勝ち、または芝1800m以上の重賞連対歴がありました。
牝馬は〔112〕。連対率では、牡馬と互角かそれ以上と言えます。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔751〕、5歳〔235〕、6歳〔124〕。
4歳馬が圧倒的によく、対照的に7歳以上の馬の馬券圏内はありません。


愛知杯(土曜・小倉)
牝馬限定のハンデ戦。芝2000m戦。
今年は、舞台を中京から、小倉に移して行われます。
データは1月施行になった、16年以降の過去4年で見ていきましょう。
1番人気は〔111〕、2番人気は〔000〕、3番人気は〔000〕。
6番人気以下〔321〕、2ケタ人気馬〔020〕。
馬連3ケタはなく、万馬券2本。
残る2回も、7450円、4600円。2、3番人気が馬券に絡めない、大波乱の牝馬重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔110〕。
マーメイドSから〔100〕。
OP特別時代を含む、ターコイズSから〔110〕。
中日新聞杯から〔001〕。
重賞組は人気、着順不問です。
3勝クラスから〔103〕。連対馬。
2勝クラスから〔020〕。こちらは勝ち馬でした。
トップハンデは4年で7頭いて〔111〕。優秀な成績と言えそうです。
勝ち馬のハンデは55.5〜53キロで、平均すると54.13キロ。
2着馬は55〜50キロで、平均52キロ。
3着馬は56〜53キロで、平均53.75キロ。
連対8頭すべてに、芝1800m以上での勝ちがありました。
年齢別に見ておくと、4歳〔012〕、5歳〔321〕、6歳〔111〕。
7歳以上の馬券圏内はなく、5歳馬中心。4歳馬は苦戦の傾向です。
10年と11年は、12月の施行でしたが、小倉で行われました。
その時は、府中牝馬S→エリザベス女王杯という馬が、連対4頭中3頭を占め、残る1頭も府中牝馬S→アンドロメダSというステップ。
近3年、エリザベス女王杯出走馬が〔311〕。
エリザベス女王杯、府中牝馬S出走馬には、注意が必要です。
 



 
 
週末の重賞……2020.1.9
シンザン記念(日曜・京都)
明け3歳の重賞。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔301〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔364〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
10年中、9年で7番人気以下の伏兵が連絡み。波乱の重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
中山施行時も含む、朝日杯FSから〔212〕。
京王杯2歳Sから〔010〕。
デイリー杯2歳Sから〔010〕。
東京スポーツ杯2歳Sから〔100〕。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔001〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別の中京2歳Sから〔010〕。勝ち馬。
1勝クラスから〔435〕。掲示板確保または3番人気までに推されていた馬。
新馬勝ちから〔121〕。3番人気までで勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔211〕。1番人気で勝ち上がった馬です。
勝ち馬の9頭までもが、前走で芝1600mを走っていた馬。2着も7頭を数えます。
連対20頭中、16頭に芝1600m以上での勝ちがあり、残る4頭中3頭には芝1600mの重賞出走歴がありました。
なお、OP実績は不問です。
勝ち馬は、キャリア5戦までの馬。
6戦は2着まで。
7戦以上の馬の馬券圏内はありません。
牝馬は〔221〕。連対率では牡馬を上回ります。
勝ち馬10頭中、9頭が9番枠より内の馬。残る1頭も12番枠の馬ですから、内有利、外枠不利は否めません。覚えておいて下さい。


フェアリーS(月曜・中山)
明け3歳の牝馬による芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔211〕、2番人気は〔112〕、3番人気は〔301〕。
6番人気以下〔463〕、2ケタ人気馬〔430〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
その万馬券のすべてが3万馬券!
勝つのは1〜3番人気か、2ケタ人気馬。かなり極端な結果となっています。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔201〕。
アルテミスSから〔100〕。
重賞組は、どちらも掲示板外しの馬。
1勝クラスから〔264〕。3着以内8頭に、1番人気7着馬1頭。あとは、人気も低く、大きく負けた馬が3頭います。
新馬勝ちから〔222〕。
芝の未勝利勝ちから〔322〕。
ダートの未勝利勝ちから〔001〕。
人気は不問です。
連対20頭中、17頭に芝1600m以上での勝ちがあり、2頭に1勝クラスでの3着以内が、残る1頭には1勝クラスの芝1400m戦に2着がありました。
1勝クラスに勝ちがなくても、好走は可能なようです。
また、勝ち馬10頭中、9頭が、こちらも前走で芝1600mを走っていた馬です。
キャリアは不問。
関西馬は2着まで。
さらに勝ち馬の8頭までもが9番枠より内の馬。こちらも内枠が有利と覚えておいて下さい。
 



 
 
週末の重賞……2020.1.5
中山金杯(日曜・中山)
芝2000mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔413〕、2番人気は〔210〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔043〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券なし。
勝つのは5番人気までの馬。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔120〕。人気、着順は不問。
天皇賞・秋から〔001〕。6着馬。
毎日王冠から〔100〕。3着馬。
アルゼンチン共和国杯から〔100〕。3着馬。
福島記念から〔111〕。掲示板確保の馬。
中日新聞杯から〔102〕。連対2頭に、11着馬。
朝日CCを含む、チャレンジCから〔032〕。掲示板確保の馬。
新潟記念から〔001〕。勝ち馬。
OP特別のディセンバーSから〔131〕。掲示板もしくは1番人気だった馬。
3勝クラスから〔102〕。勝ち馬でした。
トップハンデは10年で12頭いて〔321〕。
勝ち馬のハンデは58〜55キロで、平均すると56.5キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均56.05キロ。
3着馬は57.5〜53キロで、平均55キロ。
連対20頭中、10頭に重賞勝ちがあり、8頭に重賞2、3着がありました。
牝馬は〔000〕。牝馬の馬券圏内はありません。
年齢別に見ていくと、4歳〔322〕、5歳〔344〕、6歳〔232〕、7歳〔212〕。
7歳馬は5番人気までに推されていた馬。人気薄の高齢馬は、好走が難しいようです。


京都金杯(日曜・京都)
芝1600mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔321〕、2番人気は〔011〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔236〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタはなく、万馬券1本。
2番人気が不振の、波乱含みのハンデ重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔121〕。
菊花賞から〔100〕。
毎日王冠から〔100〕。
阪神Cから〔022〕。
朝日CCを含む、チャレンジCから〔120〕。
中日新聞杯から〔010〕。
ターコイズSから〔001〕。
重賞組は、人気、着順不問です。
OP特別のリゲルSから〔301〕。
キャピタルSから〔102〕。
ファイナルSから〔100〕。
タンザナイトSから〔001〕。
OP特別組は、掲示板確保の馬。
また、3勝クラス1番人気1着馬の〔020〕というのもあります。
トップハンデは10年で20頭いて〔122〕。
勝ち馬のハンデは、57〜53キロで、平均すると55.75キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均56.15キロ。
3着馬は58〜53キロで、平均55キロ。
57.5キロ以上のハンデの馬に勝利はありません。
連対20頭中、17頭に重賞連対またはOP特別の勝利があり、残り3頭中2頭にはOP特別の3着以内がありました。
また、例外の1頭は、前走で3勝クラスを勝ち上がったばかりの馬でした。
牝馬は〔103〕。このうち3頭が2ケタ人気の馬。人気薄の牝馬の激走には注意が必要です。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔442〕、5歳〔222〕、6歳〔422〕、7歳〔023〕、8歳〔001〕。
勝つのは6歳までとなっています。