週末の重賞……2019.6.18
宝塚記念(日曜・阪神)
上半期のグランプリ。芝内回りの2200m戦
過去10年、1番人気は〔232〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔112〕。
6番人気以下〔534〕、2ケタ人気馬〔022〕。
馬連3ケタはなく、万馬券1本。
波乱含みのG1です。
ステップレースを見ていきましょう。
天皇賞・春から〔534〕。3着以内または3番人気以内に推されていた馬が6頭。
どちらも満たさない馬も3頭。
G1昇格後の大阪杯から〔100〕。3番人気6着馬。
ヴィクトリアマイルから〔023〕。
連対3頭、1番人気7着馬が1頭。7番人気8着馬が1頭。
安田記念から〔001〕。2着馬。
海外G1から〔021〕。連対馬。
金鯱賞から〔111〕。3着以内の馬。
目黒記念から〔101〕。連対馬。
鳴尾記念から〔121〕。3着以内3頭に、2番人気4着馬。
OP特別勝ち馬の〔100〕というのもあります。
前走G1なら、大敗からの巻き返しも可ということ。
G2以下では、鳴尾記念2番人気4着から2着というのがあるだけで、
あとはすべて前走3着以内の馬でした。
連対20頭中12頭にG1勝ちがあり、残る8頭にもG2勝ちがありました。
また、連対20頭すべてが芝2000m以上で2勝以上を挙げており、
芝2200m以上に勝ちがないのは3頭のみ。
関西馬で連対を果たした14頭中、13頭に阪神芝での勝ちがあり、
残る1頭にも阪神芝での重賞に2着が。
逆に関東の連対馬のすべてに、中山芝での勝ちがありました。
牝馬は〔134〕と、健闘しています。
年齢別で見ておくと、3歳〔000〕、4歳〔326〕、
5歳〔644〕、6歳〔130〕、7歳〔010〕。
現在、5歳馬が5連勝中。
前走海外G1組を見ると、3着以下、または当日の人気が4番人気以下だった馬は、
すべて馬券圏外に。
今年は前走海外組の着順が、すべて当てはまってしまいます。
ジンクスを破れるか、注目です。
最後に、勝ち馬10頭中8頭が、9番枠より外の馬です。
外枠好走の事実を、頭の中に置いておきたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2019.6.14
ユニコーンS(日曜・東京)
3歳馬による、ダート1600m戦。
データは過去10年ですが、13年は3着同着。従いまして、10年で3着は11頭です。
1番人気は〔430〕、2番人気は〔331〕、3番人気は〔314〕。
6番人気以下〔016〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ7回に、万馬券なし。
勝つのは1〜3番人気の馬に限られます。
ステップレースを見ていきましょう。
兵庫CSから〔311〕。3番人気までで連対した馬。
UAEダービーから〔001〕。10着馬。
1800m時代の端午S(11年のいぶき賞を含む)から〔121〕。連対馬。
1400mに変更後の端午Sから〔020〕。こちらも連対馬。
青竜Sから〔123〕。4着以内の馬。
鳳雛Sから〔111〕。4着以内の馬。
伏竜Sから〔110〕。連対馬。
昇竜Sから〔101〕。4着以内の馬。
ヒヤシンスSから〔001〕。勝ち馬。
古馬混合の2勝クラスから〔100〕。4着馬。
1勝クラスから〔112〕。1、2番人気で勝った馬です。
連対20頭すべてに、ダートの重賞またはOP特別への出走歴がありました。
また、連対20頭中16頭にダート1600m以上での勝ちがあり、3頭はOP特別を勝利。
残る1頭にはダート1600mのOP特別に2着がありました。
連対20頭中、17頭はダートの連対率が60%以上。
近6年の勝ち馬には、東京ダートでの勝ちがありました。
キャリア9戦以上の馬は3着まで。
牝馬は〔120〕。
堅めのダート重賞です。大振りをせず、確実に当てたいところです。


函館SS(日曜・函館)
函館開催の開幕を飾る、芝1200m戦。
データは函館に戻った10年からの、過去9年です。
1番人気は〔121〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔211〕。
6番人気以下〔334〕、2ケタ人気馬〔122〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券4本。
4本の万馬券は、近5年で出現したもの。徐々に波乱の傾向に変わりつつあるようです。
ステップレースを見ていきましょう。
高松宮記念から〔121〕。
桜花賞から〔200〕。
ヴィクトリアマイルから〔012〕。
NHKマイルCから〔011〕。
オークスから〔001〕。
京王杯SCから〔200〕。
阪神牝馬Sから〔100〕。
CBC賞から〔101〕。
阪急杯から〔010〕。
高松宮記念組は3着以内3頭と11着馬ですが、基本、重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔132〕。4着以内の馬。
3勝クラスから〔101〕。勝ち馬と10着馬。
2勝クラス勝ち馬の〔010〕というのもあります。
連対18頭中すべてに、重賞3着以内、またはOP特別勝ちがありました。
また、18頭すべてに芝1400m以下のOPクラスでの3着以内がありました。
牝馬は〔426〕。“夏の牝馬”を先取りするかのような成績です。
年齢別では、3歳〔222〕、4歳〔232〕、5歳〔313〕、
6歳〔121〕、7歳〔110〕、8歳〔000〕、9歳〔001〕。
まんべんなくのイメージでしょうか。
高松宮記念からの1番人気は6頭。3頭が馬券圏内で〔021〕。
勝ちはなく、半数の3頭が馬券から外れています。
“両刃の剣”と思っておくといいかもしれませんね。
 



 
 
週末の重賞……2019.6.8
エプソムC(日曜・東京)
芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔430〕、2番人気は〔411〕、3番人気は〔031〕。
6番人気以下〔016〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
最高で14年の2360円(2番人気と4番人気)ですから、堅い決着の重賞です。
勝ち馬は5番人気までとなっています。
ステップレースを見ていきましょう。
複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞は2つ。
マイラーズCから〔321〕。4着以内または2番人気だった馬。
新潟大賞典から〔123〕。人気、着順は不問。
その他、ヴィクトリアマイル、京王杯SCから勝ち馬が。
海外G1から2着馬が。
中山記念、小倉大賞典から3着馬が出ています。
重賞組は、基本的に人気、着順不問です。
OP特別の都大路Sから〔202〕。連対3頭と、6番人気9着馬。
メイS(15年のモンゴル大統領賞を含む)から〔130〕。3着以内の馬。
準OPから〔011〕。共に3番人気1着馬です。
牝馬は〔100〕。G1連対実績のある馬でした。
連対20頭中、16頭が芝1800mまたは2000mでV。
残る4頭は芝1600mのOPクラスに勝ちがありました。
また、連対20頭中18頭に重賞またはOP特別での連対があり、
さらに18頭に東京の芝でのVまたはOPクラスの3着以内がありました。
重賞を経験していない連対馬は、わずかに1頭です。
年齢別では、3歳〔000〕、4歳〔752〕、5歳〔231〕、6歳〔124〕、7歳〔003〕。
圧倒的に4歳馬が好成績を残しています。
1着と2着の馬の当日の人気を足して、“7”を超えたことがありません。
軸馬を見つけたら、足し算で相手を選ぶのも“あり”かもしれませんね。


マーメイドS(日曜・阪神)
牝馬限定のハンデ戦。芝2000m戦。
過去10年、1番人気は〔211〕、2番人気は〔112〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔574〕、2ケタ人気馬〔133〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
連対の半数以上が6番人気以下。波乱のハンデ重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
ヴィクトリアマイルから〔013〕。
目黒記念から〔001〕。
阪神牝馬Sから〔002〕。
福島牝馬Sから〔020〕。
OP特別のメイS(15年のモンゴル大統領賞を含む)から〔201〕。
大阪城Sから〔100〕。
都大路Sから〔020〕。
重賞、OP特別組は人気、着順不問です。
準OPから〔432〕。4着以内の馬が8頭、7着馬が1頭。
特にパールS組がよく〔412〕です。
1000万勝ち馬の〔121〕というのもあります。
トップハンデの馬は10年で13頭いて〔112〕。
勝ち馬のハンデは56〜51キロで、平均すると53.5キロ。
2着馬は56〜50キロで、平均52.7キロ。
3着馬は56.5キロ〜50キロで、平均53.75キロ。
連対20頭中、19頭に芝1800m〜2000mでの勝ちがあり、例外の1頭は桜花賞馬です。
年齢別に見ておくと、3歳〔000〕、4歳〔214〕、5歳〔674〕、
6歳〔221〕、7歳〔001〕。
5歳馬が圧倒的好成績を残しています。
勝つのはすべて関西馬。これも覚えておくといいかもしれません。
雨が降ると、さらに波乱の度合いが増しそうです。
せっかく穴馬を見つけたのなら、抜けることのないよう、手広く買いたいレースです。
 



 
 
週末の重賞……2019.6.1
安田記念(日曜・東京)
春のマイル王決定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔411〕、2番人気は〔110〕、3番人気は〔022〕。
6番人気以下〔546〕、2ケタ人気馬〔025〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券4本。
毎年8番人気以下の馬が、少なくとも1頭は馬券圏内にいる、波乱のG1です。
ステップレースを見ていきましょう。
ヴィクトリアマイルから〔110〕。1着と4着の馬。
高松宮記念から〔100〕。勝ち馬。
NHKマイルCから〔100〕。3着馬。
マイルCSから〔010〕。9着馬。
大阪杯から〔001〕。勝ち馬。
また、海外G1から〔110〕。どちらも勝ち馬でした。
京王杯SCから〔232〕。掲示板5頭に、1番人気9着馬と5番人気7着馬。
マイラーズCから〔016〕。5頭が3着以内または1、2番人気に推されていた馬。
残る2頭は5番人気6着馬と9番人気10着馬です。
ダービー卿CTから〔200〕。連対馬。
中山記念から〔010〕。3着馬。
OP特別から〔200〕。勝ち馬で、かつ前々走で重賞連対の馬です。
連対20頭中18頭に重賞勝ちがあり、残る2頭にも2着がありました。
また、連対20頭中、マイル経験がなかったのは、13年2着のショウナンマイティのみ。
でも、この馬は芝1800mで〔2200〕。東京のマイルはスタミナも必要。
この舞台をこなす要素はあったということでしょう。
さらにマイル未勝利馬は、ショウナンマイティ以外にも2頭いますが、
その2頭にはマイル戦2着がありました。
東京芝未経験は、13年勝ったロードカナロアのみ。
連対16頭に東京芝での勝ちがありました。
牝馬は〔110〕。共にG1馬です。
年齢別では、3歳〔100〕、4歳〔232〕、5歳〔333〕、
6歳〔424〕、7歳〔021〕。
6、5、4歳の順にいいようです。
大型馬がいいのも特徴で、連対20頭中19頭が前走時、480キロ以上。
小さな馬より、馬格のある馬と覚えておきましょう。
過去の好走馬が、再びの好走を見せます。
具体的には、10年3着スマイルジャック、翌11年も3着。
11年2着ストロングリターン、翌12年優勝。
12年2着グランプリボス、14年も2着。
13年2着ショウナンマイティ、翌14年3着。
15年勝ったモーリス、翌16年2着。
16年勝ったロゴタイプ、翌17年2着。
今年は昨年勝ったモズアスコットと、2着アエロリットが出走予定。注意が必要です。


鳴尾記念(土曜・阪神)
芝2000m戦。
6月の施行になったのが、12年のこと。従いまして、データは過去7年です。
1番人気は〔130〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔133〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
1、2番人気のどちらも連に絡まなかったのは1回だけです。
ステップレースは、実に様々。まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
天皇賞・春から〔200〕。
中山記念から〔200〕。
新潟大賞典から〔023〕。
その他、京王杯SCから勝ち馬が。
ヴィクトリアマイル、小倉大賞典、海外G1から2着馬が。
日経賞から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔212〕。こちらも人気、着順不問です。
OPクラスに連対歴、芝1800mまたは2000mに勝ち、阪神芝に3着以内。
連対14頭中13頭が、この項目のいずれかをクリアしていました。
さらに、近3走続けて掲示板を外していた馬の馬券圏内はありません。
牝馬は〔010〕。
関東馬の連対はなく、3着に1頭いるだけ。
最後に年齢別で見ておくと、3歳〔000〕、4歳〔123〕、
5歳〔421〕、6歳〔212〕、7歳〔021〕。
5歳馬中心でよさそうです。
 



 
 
週末の重賞……2019.5.24
日本ダービー(日曜・東京)
2016年生まれのサラブレッド、7071頭の頂点を決めるレース。
クラシック3冠の2冠目。芝2400m戦。
過去10年、1番人気は〔313〕、2番人気は〔210〕、3番人気は〔321〕。
6番人気以下〔116〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券1本。
1〜3番人気で8勝。残る2勝は、5番人気と7番人気の馬でした。
ステップレースを見ていきましょう。
皐月賞組が圧倒的で〔974〕。掲示板または3番人気までの馬。
TRの青葉賞から〔023〕。連対4頭に、3番人気6着の馬。
同じくOP特別のプリンシパルSから〔002〕。1番人気で連対した馬。
京都新聞杯から〔111〕。こちらはすべて勝ち馬でした。
ダービーで好走してきたのは、上記の4つのレースのみ。覚えておきましょう。
連対20頭すべてに、芝1800m以上の重賞での勝ちがありました。
3着も7頭が重賞勝ち。残る3頭にも、重賞2着がありました。
また、連対にはJRA3勝以上、もしくは重賞勝ちを含むJRA2勝に加えて、
重賞2着が必要となります。
1勝馬の馬券圏内はありません。
キャリア3戦以下の馬券圏内はなく、逆に9戦以上は2着に1頭、8戦以上も1勝のみです。
馬券圏内の30頭すべてが、4月以降に1走していたことも付け加えておきましょう。
乗り替わりでの優勝は、1954年のゴールデンウェーブ以来なく、
またダービー初騎乗での優勝は、
03年のMデムーロ騎手とネオユニヴァースとのコンビにまでさかのぼらなくてはなりません。
勝てば、05年のディープインパクト以来14年振りの“無敗の3冠馬”となるサートゥルナーリアには、
そんな騎手面のジンクスが立ちはだかりますが、果たして?


目黒記念(日曜・東京)
芝2500mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔142〕、2番人気は〔010〕、3番人気は〔101〕。
6番人気以下〔646〕、2ケタ人気馬〔122〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
連対の半数が6番人気以下の伏兵ですから、大波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
天皇賞・春から〔121〕。
新潟大賞典から〔201〕。
ダイヤモンドSから〔101〕。
その他、AJCC、日経賞から2着馬が。
有馬記念、日経新春杯から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔444〕。
ですが、条件が変わったり、取りやめになったものもあり、
一概に“OP特別組が最もよく”とは言えないようです。
一応、この12頭中、掲示板確保の馬が9頭でした。
準OPから〔220〕。勝ち馬3頭と、12着馬。
1000万勝ち馬の〔001〕というのもあります。
トップハンデは10年で13頭いて〔101〕。この2頭は共に重賞4勝馬。
勝ち馬のハンデは58〜51キロで、平均すると55キロ。
2着馬は57〜51キロで、平均55.45キロ。
3着馬は58〜52キロで、平均54.95キロ。
馬券圏内30頭のすべてが、前走芝2000m以上を走っていました。
連対20頭中、18頭に芝2400m以上での連対歴があり、また18頭に芝左回りでの連対歴が。
さらに15頭にOPクラス3着以内の好走歴がありました。
牝馬は〔010〕。
最後に年齢別で見ていくと、4歳〔213〕、5歳〔382〕、
6歳〔212〕、7歳〔202〕、8歳〔101〕。
5歳馬が中心のようです。


葵S(土曜・京都)
昨年から重賞に格上げになったレース。芝内回りの1200m戦。
この距離になったのが10年のこと。
OP特別時代も含む、過去9年で見ていきましょう。
ただし、昨年は2着同着。従いまして、9年で2着馬は10頭、3着馬は8頭です。
1番人気は〔210〕、2番人気は〔121〕、3番人気は〔100〕。
6番人気以下〔357〕、2ケタ人気馬〔024〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
波乱のスプリント重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
桜花賞から〔011〕。
フィリーズレビューから〔111〕。
ニュージーランドTから〔100〕。
ファルコンSから〔001〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別の橘S組が最も好相性で〔532〕。掲示板9頭と、5番人気8着馬。
ただし、この馬は前々走で500万を勝っていました。
マーガレットSから〔002〕。こちらは人気、着順不問です。
ダートの端午Sから〔010〕。
昇竜Sから〔001〕。
ダートからの馬も人気、着順は不問です。
500万から〔231〕。こちらは勝ち馬でした。
連対19頭すべてに500万以上のクラスでの勝ちがあり、
18頭に芝1400m以下での勝ちがありました。
牝馬が〔672〕と、とにかく好成績。
また、9勝中、8頭の勝ち馬が5番枠より内の馬ですから、
内の先行できる牝馬がいたら、人気薄でも狙ってみたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2019.5.18
オークス(日曜・東京)
牝馬クラシックの2冠目。芝2400m戦。
データは過去10年ですが、2010年は1着同着。
従いまして、10年で1着は11頭、2着は9頭です。
1番人気は〔521〕、2番人気は〔133〕、3番人気は〔201〕。
6番人気以下〔223〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ4回に、万馬券2本。
近5年は1番人気が連絡み。
加えて、2、3番人気のいずれか1頭も馬券圏内にきており、堅めの決着となっています。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは桜花賞組が圧倒的好成績で〔855〕。
3着以内が15頭。
残りの3頭も4番人気までで、かつ前々走は重賞勝ちの馬。
高いレベルが求められます。
TRのフローラSから〔144〕。
3着以内が8頭。
残る1頭は1番人気5着の馬。この馬も前々走は500万勝ちの馬でした。
もうひとつのTR、スイートピーSからは22頭が出走していますが、馬券圏内はありません。
OP特別の忘れな草賞から〔200〕。1、2番人気で1着の馬。
例外的に、皐月賞11着馬の〔001〕というのもありますが、こちらも前々走は重賞を勝っていました。
まとめてみると、馬券圏内30頭中、25頭が前走3着以内。
ハズしていているなら、前々走勝ちは必須で、
前走が牝馬限定戦なら4番人気までの高い支持が必要だということです。
連対20頭に絞ってみると、18頭に重賞連対歴があり、
残る2頭にも重賞3着か、OP特別勝ちがありました。
また、17頭が複勝率75%以上。どんなレースでも対応できる柔軟性が必要ということでしょうか。
キャリア3戦以下は2着まで。逆に9戦以上は3着までに入っていません。
キャリア4〜6戦の馬で〔976〕ですから、狙いはこのあたりでしょうか。
すべての馬にとって未知となる芝2400m戦。“血統+絶対能力”で予想を立てる必要がありそうです。


平安S(土曜・京都)
ダート1900m戦。
5月の施行になったのが13年のこと。
従いまして、データは過去6年です。
1番人気は〔300〕、2番人気は〔000〕、3番人気は〔030〕。
6番人気以下〔231〕、2ケタ人気馬〔101〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
大きな波乱も頭に置いておく必要があります。
ステップレースを見ていくと、最も相性のいいのがアンタレスS組で〔333〕。
掲示板6頭。
ハズしていた3頭は前々走で掲示板を確保していました。
フェブラリーSから〔100〕。2着馬。
交流重賞のダイオライト記念から〔010〕。勝ち馬。
同じくマリーンCから〔011〕。1番人気で連対の馬。
マーチSから〔010〕。5着馬。
OP特別のブリリアントSから〔102〕。掲示板または1番人気に推されていた馬。
仁川Sから〔100〕。1番人気1着馬です。
条件戦からの馬の馬券圏内はありません。
まとめてみると、アンタレスSからの馬のみ、人気も着順も悪かった馬が巻き返せると。
あとは、掲示板または1番人気必須です。
そのアンタレスS不振馬も、前々走では掲示板確保ですから、
まずはそのあたりでふるいにかけてみて下さい。
牝馬は〔011〕。
また、関東馬の馬券圏内はありません。
連対12頭中、11頭がダート1800m以上のOPクラスに勝ちがありました。
また、10頭に京都のダート1800m、1900mでの勝ちがありました。
年齢別では、4歳〔320〕、5歳〔212〕、
6歳〔121〕、7歳〔012〕、8歳〔001〕。
若い順にいいようです。
すべての勝ち馬が、4コーナーで先頭または2番手。
逃げ、先行馬しか勝てません。脚質、展開もしっかりチェックして下さい。
 



 
 
週末の重賞……2019.5.10
ヴィクトリアマイル(日曜・東京)
マイル女王決定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔330〕、2番人気は〔101〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔466〕、2ケタ人気馬〔142〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
連対の半数、馬券圏内の半数以上が6番人気以下の伏兵という、波乱の牝馬G1です。
ステップレースを見ていきましょう。
高松宮記念から〔101〕。共に1番人気で13着と3着の馬。
ドバイ遠征から〔210〕。2、7、8着の馬(すべて3番人気)。
阪神牝馬Sから〔443〕。
掲示板7頭、5番人気までが3頭、6番人気14着の馬が1頭。
マイラーズCから〔100〕。4着馬。
中山牝馬Sから〔112〕。掲示板3頭と、4番人気11着馬。
福島牝馬Sから〔022〕。掲示板確保の馬。
京都牝馬Sから〔010〕。勝ち馬。
準OP勝ち馬の〔001〕というのもあります。
馬券圏内30頭中、前走で人気も、着順も“5”より大きいのは1頭だけ。
覚えておくとよさそうです。
連対20頭中、9頭が芝1600m以上のG1勝ち馬。
残る11頭のうち、7頭が芝1600mの重賞勝ち馬。
さらに残る4頭はというと、前走福島牝馬S勝ち、
阪神牝馬S2着、前年の3着馬が2頭となっています。
勝ち馬に絞ると、10頭すべてが3月以降の重賞から。また重賞連対歴は必須です。
前走3着ハズシなら、G1に3着以内あり、または前々走で重賞勝ち。
3歳3冠レースに3着以内がないなら、近2走で重賞勝ち、または前年3着以内。
近3走すべて掲示板ハズシから巻き返したのは2頭。
どちらも前年の勝ち馬でした。
年齢別で見ていくと、4歳〔573〕、5歳〔325〕、
6歳〔112〕、7歳〔100〕。
若い順にいいようです。
11頭を馬券圏内に送り込み、カギを握るステップレースの阪神牝馬Sですが、
1400mから1600mに距離が延長になった15年以降、
その15年こそ馬券に絡んでいませんが、
16年は1、2着、17年は1、3着、18年は1〜3着独占と、
年々重要なステップとなっています。
5着以内または5番人気以内。
“5”の数字を基準に、また上記のデータを参考に、取捨選択をしてみて下さい。


京王杯SC(土曜・東京)
芝1400m戦。
過去10年、1番人気は〔100〕、2番人気は〔124〕、3番人気は〔121〕。
6番人気以下〔344〕、2ケタ人気馬〔221〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
1番人気が馬券に絡んだのは一度だけという、大波乱のレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
高松宮記念から〔312〕。
阪神牝馬Sから〔100〕。
マイラーズCから〔021〕。
阪神Cから〔001〕。
ダービー卿CTから〔222〕。
東京新聞杯から〔131〕。
OP特別から〔112〕。
OPクラスは人気、着順不問です。
準OPから〔211〕。こちらはすべて勝ち馬となっています。
牝馬は〔100〕。ほぼ牡馬が独占しています。
連対20頭中15頭に重賞連対歴があり、
残る5頭は近3走のうちに準OPを勝ち上がった勢いがありました。 最後に年齢別に見ておくと、4歳〔204〕、5歳〔524〕、
6歳〔142〕、7歳〔130〕、8歳〔110〕。 5歳馬中心ですが、ベテランの頑張りにも注意が必要です。
 



 
 
週末の重賞……2019.5.4
NHKマイルC(日曜・東京)
3歳マイル王決定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔500〕、2番人気は〔131〕、3番人気は〔111〕。
6番人気以下〔337〕、2ケタ人気馬〔224〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券4本。
波乱含みの3歳G1です。
ステップレースを見ていきましょう。
桜花賞から〔200〕。掲示板確保の馬。
皐月賞から〔112〕。人気、着順不問。
NZTから〔513〕。掲示板7頭に、4番人気だった馬が2頭。
スプリングSから〔021〕。人気、着順は不問。
弥生賞から〔001〕。12着馬。
毎日杯から〔120〕。連対馬。
アーリントンCから〔101〕。3着以内の馬。
ファルコンSから〔010〕。勝ち馬。
フラワーCから〔010〕。こちらも勝ち馬。
京成杯から〔001〕。1番人気10着馬。
OP特別から〔021〕。勝ち馬2頭に、4着馬1頭。
勝つのは前走重賞組。
また、1勝馬の連対は2頭しかいません。
連対20頭中、18頭に芝1600mへの出走歴があり、12頭がV。
3頭は2着に入っていて、残る3頭には別距離でのOPクラスの連対がありました。
芝1600mに出走したことのない2頭は、芝1800m、2000mにのみ出走し、
重賞連対の実績がありました。
さらに、連対20頭中、17頭は重賞の連対歴を持ち、
2頭には芝1400m以上のOP特別勝ちが、
残る1頭にも芝1200mのOP特別勝ちと交流重賞勝ちがありました。
牝馬は〔221〕。率では牡馬を上回ります。
直線の長い東京ですが、逃げ馬が〔301〕というのも特徴のひとつです。
このレースのいらない馬を切るためのポイントは、東上初の関西馬、
3月以降に1戦もしていない馬、
1600m以上に連対またはマイル重賞での4着以内がない馬。
スタミナとスピードが必要な東京のマイル戦。
上記以外で、1分33秒台の持ち時計と、
1800m、2000mの好走歴を持つ馬を見つけてみて下さい。


京都新聞杯(土曜・京都)
3歳馬による、芝外回りの2200m戦。
過去10年、1番人気は〔322〕、2番人気は〔230〕、3番人気は〔310〕。
6番人気以下〔144〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券1本です。
昨年こそ波乱の結果でしたが、その前は1〜3番人気が毎年連に絡んでいました。
ステップレースを見ていきましょう。
皐月賞から〔211〕。人気、着順は不問。
弥生賞から〔001〕。5着馬。
毎日杯から〔202〕。勝ち馬2頭と、4、7着の馬。
共同通信杯から〔100〕。2番人気10着馬。
きさらぎ賞から〔001〕。3着馬。
OP特別から〔021〕。掲示板確保の馬。
500万から〔564〕。勝ち馬11頭に、2着3頭、6着1頭です。
連対20頭すべてにOPクラスでの3着以内または500万での連対がありました。
また、馬券圏内30頭中、28頭までもが、前走芝1800m以上のレースから。
馬券圏内30頭すべてに、
2戦続けて3着を外した馬がいないことを付け加えておきたいと思います。
 



 
 
週末の重賞……2019.4.27
天皇賞・春(日曜・京都)
古馬最高峰のレース。芝3200m戦。
過去10年、1番人気は〔110〕、2番人気は〔502〕、3番人気は〔041〕。
6番人気以下〔324〕、2ケタ人気馬〔213〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
波乱の長距離G1です。
ステップレースを見ていきましょう。
G1昇格後の大阪杯から〔110〕。勝ち馬と4番人気13着馬。
G2時代の産経大阪杯から〔221〕。3着以内の馬。
日経賞から〔332〕。連対馬7頭に、2番人気5着の馬。
阪神大賞典から〔325〕。3着以内7頭に、4、6、10着の馬。
京都記念から〔110〕。連対馬。
ダイヤモンドSから〔010〕。勝ち馬。
海外のドバイWCから〔001〕。2着馬でした。
OP特別から〔001〕。11着馬です。
馬券圏内30頭のすべてが、2月以降に1戦はしています。
連対20頭で見ると、20頭すべてにG1またはG2での連対歴あり。
20頭中16頭が天皇賞・春または菊花賞に出走。
このうち5頭が勝ち馬で、残る11頭中8頭は2、3着馬。
残る3頭は勝ち馬から0秒4差と、あまり離されてはいませんでした。
天皇賞・春、菊花賞のいずれにも出走していない4頭中3頭は、
芝2400mのG1で連対を果たしています。
この5年で見ると、連対10頭すべてに芝3000m以上のレースの経験がありました。
牝馬は〔000〕。馬券圏内はありません。
年齢別で見ていくと、4歳〔315〕、5歳〔441〕、
6歳〔332〕、7歳〔012〕、8歳〔010〕。
4〜6歳の馬が中心です。
過去の好走馬が再び、三度の好走を見せるのも特徴のひとつで、
09年勝ったマイネルキッツ、10年2着。
12年3着のウインバリアシオン、14年2着。
13年勝ったフェノーメノ、14年連覇。
15年3着カレンミロティック、16年2着。
16年勝ったキタサンブラック、17年連覇。
16年3着シュヴァルグラン、17年2着、18年も2着です。
今年は昨年3着のクリンチャーが、出走を予定しています。
勝ち馬の8頭までもが7番より内。勝ち馬は12番まで。
13番から外の馬は、苦戦の傾向にあると覚えておきましょう。


青葉賞(土曜・東京)
芝2400mのダービーTR。上位2着までの馬に優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔513〕、2番人気は〔011〕、3番人気は〔001〕。
6番人気以下〔443〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
1番人気の複勝率は90%。その一方で、2、3番人気は不振です。
ステップレースを見ていきましょう。
弥生賞から〔210〕。人気、着順は不問。 スプリングSから〔110〕。人気、着順は不問。
毎日杯から〔101〕。どちらも3着馬。
OP特別から〔111〕。3着以内2頭に、2番人気7着の馬。
500万から〔578〕。
勝ち馬17頭に、2番人気2着、2番人気3着、3番人気4着の馬。
馬券圏内30頭の前走を見ると、重賞は1800mでもOK。
OP特別なら2000m以上。
500万は17頭中16頭が2200m以上、残る1頭は2000mからの馬でした。
連対20頭すべてに芝2000m以上の出走歴があり、18頭が勝利。
残る2頭はOPクラスに掲示板がありました。
キャリア1戦の馬の馬券圏内はなし。2戦は2着まで。逆に7戦以上も3着まで。
前走重賞組ではG2を6、7着の馬が〔310〕。
敗れていても、改めて見直す手と、データは語っています。


新潟大賞典(月曜・新潟)
芝2000mのハンデ戦。外回りコースを使います。
過去10年、1番人気は〔012〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔265〕、2ケタ人気馬〔151〕。
馬連3ケタはなく、万馬券5本。
1番人気に勝ちがなく、馬連の半数が万馬券。
10年のうち7年で2ケタ人気馬が馬券圏内に。大波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
G2時代の産経大阪杯から〔111〕。
中山記念から〔020〕。
小倉大賞典から〔102〕。
中山金杯から〔031〕。
その他、ダートG1のフェブラリーSから勝ち馬が。
AJCC、ダービー卿CT、函館記念から2着馬が。
日経賞、東京新聞杯から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔523〕。連対9頭に、1番人気3着の馬。
特に福島民報杯から〔302〕です。
準OP1番人気1着馬の〔001〕というのもあります。
トップハンデは10年で18頭いて〔221〕。
勝ち馬のハンデは57〜55キロで、平均すると56.05キロ。
2着馬は57.5〜54キロで、平均56.05キロ。
3着馬は56.5〜55キロで、平均55.9キロ。
馬券圏内30頭中、28頭がハンデ57〜55キロの馬でした。
勝ち馬で見れば、ダートのフェブラリーS以外は、芝1800〜2000mからの馬。
連対20頭中、15頭が重賞連対馬。残る5頭は前走OPクラス5着以内の馬。
また、連対20頭には芝2000mでの連対歴もしくはOPクラスでの掲示板がありました。
距離短縮組は2着が精一杯。
逃げ馬の馬券圏内はありません。
牝馬は〔000〕。大苦戦です。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔222〕、5歳〔313〕、
6歳〔243〕、7歳〔232〕、8歳〔100〕。
まんべんなくのイメージでしょうか。
穴の狙いとしては、当日9番人気以下の、過去の重賞勝ち馬。
昔の戦績まで、しっかりチェックをする必要がありそうです。
 



 
 
週末の重賞……2019.4.20
フローラS(日曜・東京)
3歳牝馬によるオークスTR。芝2000m戦。上位2着までに、優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔410〕、2番人気は〔231〕、3番人気は〔112〕。
6番人気以下〔244〕、2ケタ人気馬〔133〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券4本。
近8年で、9番人気以下の伏兵が馬券に絡まなかったのは1度だけ。
波乱サイドのオークスTRです。
ステップレースを見ていきましょう。
フラワーCから〔222〕。3着以内5頭に、6着馬1頭。
毎日杯から〔010〕。7着馬。
クイーンCから〔002〕。掲示板確保の馬。
OP特別のアネモネSから〔100〕。勝ち馬。
実は、500万からが最もよく〔565〕。連対12頭に、4着馬が1頭。
一方で、掲示板外しも2着に1頭、3着に2頭います。
未勝利勝ちから〔211〕。1番人気での勝ち上がり3頭に、5番人気が1頭です。
馬券圏内30頭中、27頭が前走芝1800m以上のレースから。
連対で見ても、20頭中18頭に芝1800m以上への出走経験がありました。
また、17頭は前走3着以内。残る3頭中2頭は、牡馬混合戦で4着と9着の馬。
さらに、18頭が3月のレースに出走。休み明けはやや不利なようです。
キャリア1戦の馬の馬券圏内はなく、2戦の馬も1勝のみ。
開幕週でも、逃げ切りは難しく、逃げ馬は2着に1頭いるだけ。
終いのしっかりとした馬を狙いたいレースです。


マイラーズC(日曜・京都)
芝1600m戦。
阪神から京都に移ったのが12年のこと。従いまして、データは過去7年です。
1番人気は〔022〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔301〕。
6番人気以下〔123〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
1番人気が勝てていないマイル重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
海外の香港マイルから〔101〕。
阪神Cから〔200〕。
東京新聞杯から〔023〕。
阪急杯から〔020〕。
その他、中山記念から勝ち馬が。
スワンSから2着馬が。
マイルCS、京都金杯、ダービー卿CTから3着馬が出ています。
国内の重賞からは、14頭が馬券圏内に。その内10頭が3着以内。1、2番人気が2頭。
掲示板外しの馬も2頭いますが、着順もしくは人気のいい馬を狙いたいところ。
OP特別から〔220〕。連対3頭に、1番人気5着の馬。
準OP以下からの好走はありません。
連対14頭は重賞3着以内があるか、もしくは前走OPで連対。
中3週以内の馬は2着が精一杯。こちらは間隔を空けた馬のほうがいいようです。
牝馬は〔000〕と大苦戦。
年齢別に見ていくと、4歳〔240〕、5歳〔315〕、6歳〔111〕、
7歳〔101〕、8歳〔010〕。
5歳、4歳がいいよう。
また、6歳以上の馬券圏内6頭中、5頭は芝1600mのG1に連対歴があるか、
芝1600mの重賞を2勝以上していました。
ベテランを狙う時は、実績をしっかりチェックするようにして下さい。


福島牝馬S(土曜・福島)
芝1800mの牝馬限定戦。
新潟で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔221〕、2番人気は〔011〕、3番人気は〔211〕。
6番人気以下〔325〕、2ケタ人気馬〔115〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
3着に2ケタ人気の穴馬が半数以上の5頭も来ている、波乱含みの牝馬重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
好相性なのは、圧倒的に中山牝馬S組で〔764〕。
愛知杯から〔200〕。
京都牝馬Sから〔001〕。
阪神牝馬Sから〔001〕。
OP特別から〔011〕。
準OPから〔012〕。
1000万から〔010〕。
さすがに1000万から2着の馬は、前走勝っていましたが、
それ以外は準OPも含めて、人気、着順は不問です。
そのあたりに難解さがよく出ていますよね。
連対18頭中、17頭に芝1800mでの勝ちまたは重賞3着以内があり、
16頭にOPクラスの3着以内がありました。
どちらも満たさない3頭は、前走中山牝馬Sに出走し、勝ち馬か0秒5差以内の馬でした。
好相性の中山牝馬S組ですが、当日8番人気以下になった馬は、3着に1頭だけ。
当日の人気をチェックするのを忘れずに。
年齢別に見ておくと、4歳〔241〕、5歳〔554〕、
6歳〔103〕、7歳〔101〕。
5歳、4歳の順にいいようです。
勝ち馬はすべて8番枠より内の馬。連対18頭で見ても、14頭が8番枠より内。
内枠有利と覚えておきましょう。
 



 
 
週末の重賞……2019.4.13
皐月賞(日曜・中山)
牡馬クラシック第1弾。
芝2000m戦。
東京で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔211〕、2番人気は〔130〕、3番人気は〔212〕。
6番人気以下〔334〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
1番人気は15年以降、連に絡めていません。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは3つのTRから。
スプリングSから〔312〕。連対馬。
弥生賞から〔143〕。4着以内または1、2番人気の馬。
OP特別の若葉Sから〔031〕。連対馬。
その他では、共同通信杯から〔400〕。連対馬。
毎日杯から〔100〕。2番人気1着馬。
アーリントンCから〔010〕。1番人気1着馬。
京成杯から〔002〕。1番人気1着馬。
きさらぎ賞から〔001〕。1番人気1着馬。
勝ち馬に限れば、前走重賞勝ちが7頭、2着が2頭。
芝1800m出走が8頭、芝2000mが1頭。
つまり、勝つのは芝1800mか2000mの重賞連対馬ということになります。
連対18頭中、13頭に重賞勝ちが。
重賞勝ちの無い5頭のうち、4頭は前走が重賞またはOP特別で2着でした。
連対18頭中、17頭に芝1800m以上での勝ちあり。
また、中9週以上空いた馬は、3着が精一杯です。
キャリア3戦以内の馬は2着まで。
逆に8戦以上の馬に3着以内はなく、キャリア4、5戦の馬で〔876〕。
キャリア4、5戦が狙いとなっています。
人気の馬が、いくつかのジンクスに挑みます。
それを破って頂点に立てるかどうか?注目です。


アンタレスS(日曜・阪神)
ダート1800m戦。
阪神に舞台を移したのが12年のこと。従いまして、データは過去7年です。
1番人気は〔411〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔122〕。
6番人気以下〔121〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
毎年1〜3番人気の馬が、連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
旧JCダートを含む、チャンピオンズCから〔110〕。
人気、着順は不問です。
フェブラリーSから〔010〕。3着馬。
交流重賞のダイオライト記念から〔011〕。連対馬。
東海Sから〔003〕。人気、着順は不問。
交流重賞の名古屋大賞典から〔320〕。連対4頭に、1番人気4着馬。
平安Sから〔100〕。勝ち馬。
マーチSから〔022〕。人気、着順は不問です。
OP特別の仁川Sから〔200〕。1番人気1着馬。
総武Sから〔001〕。13着だった馬。
勝ち馬7頭で見ると、すべて関西馬。
前走勝ちが5頭、残る2頭は1番人気4着馬とG1を8着だった馬です。
勝つのは、前走で4角3番手以内で回ってきた馬。
また、連対14頭中、13頭にダート1800〜2000mでの連対歴がありました。
牝馬は〔000〕。
準OPからの3着以内もありません。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔132〕、5歳〔511〕、
6歳〔123〕、7歳〔011〕。
5歳馬がいいようです。


アーリントンC(土曜・阪神)
3歳馬による芝1600m戦。
4月に移行したのが昨年のこと。
その昨年は1、3、4番人気の1〜3着で、馬連1050円。
前走G1の3着馬が優勝、500万勝ちが2着、未勝利勝ちが3着でした。
過去10年で見ても、馬連3ケタ3回に、万馬券3本と両極端。
連対20頭中、14頭にOPクラスでの3着以内があり、
残る6頭中5頭にも500万勝ちがありました。
OP好走歴または2勝以上の勝ち星が必要なようです。
脚質的には、差し、追い込みが決まります。
終いのしっかりした馬を狙いたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2019.4.6
桜花賞(日曜・阪神)
牝馬3冠レースの第1弾。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔321〕、2番人気は〔340〕、3番人気は〔122〕。
6番人気以下〔214〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ5回に、万馬券1本。
波乱のイメージの強い牝馬G1ですが、比較的堅い決着になることが多いよう。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは3つのTRから。
チューリップ賞から〔757〕。
3着以内が13頭。3番人気以内が4頭。残る2頭は、4番人気6着と8番人気8着の馬。
3着ハズシの5頭中4頭は前々走勝ち。残る1頭は前々走阪神JF6着でした。
フィリーズレビューから〔102〕。
すべて1番人気で連対の馬。
OP特別のアネモネSから〔000〕。
馬券圏内はありません。
その他、
阪神JFから〔010〕。
シンザン記念から〔100〕。
クイーンCから〔020〕。
フラワーCから〔011〕。
OP特別のエルフィンSから〔110〕。
すべて5番人気までで1着の馬です。
様々なデータを、連対20頭で見ていきましょう。
1:17頭が前走1または2番人気。残る3頭は3、3、5番人気。
2:15頭が500万以上の芝1600mに勝ちがあり、4頭が芝1600mの重賞で2、3着。
残る1頭は芝1400m2勝+阪神JF出走。
3:15頭が芝1600m以上の重賞に連対歴、4頭がOP特別勝ち。残る1頭はG1に3着あり。
4:12頭がデビュー勝ち、7頭が2戦目勝ち上がり。
続いて、勝ち馬10頭で見ていきましょう。
1:前走は6頭が1番人気で連対、3頭が2番人気で1、3、4着。
残る1頭は5番人気で3着でした。
2:9頭に阪神芝1600mの出走歴あり。無くて勝ったのは、昨年のアーモンドアイのみ。
3:10頭すべてに重賞3着以内あり。
4:7頭に牡馬との対戦経験あり。
また、400キロ未満、500キロ以上の馬に勝ちはありません。
キャリア2戦の馬は2着に1頭だけ。逆に7戦以上の馬の馬券圏内もありません。
過去10年、5番枠から内は勝ち馬が出ていません。2着と3着が1頭ずついるだけ。
逆にいいのは6番枠から13番枠。
ここから9頭の勝ち馬を輩出しています。覚えておきましょう。


ニュージーランドT(土曜・中山)
3歳馬による芝1600m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔420〕、2番人気は〔321〕、3番人気は〔011〕。
6番人気以下〔225〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
近6年は7番人気以下の伏兵が、少なくとも1頭は馬券圏内に。
波乱の度合いは増しているようです。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは2頭以上を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
スプリングSから〔200〕。
ファルコンSから〔314〕。
アーリントンCから〔102〕。
その他、シンザン記念、きさらぎ賞から勝ち馬が。
弥生賞、共同通信杯から2着馬が。
京成杯から3着馬が出ています。
芝1600m以下のレースなら、
ファルコンSは4着以内または4番人気以内ならOKも、それ以外は連対必須。
芝1800m以上なら、大きく負けていても、5番人気以内だったら巻き返せます。
OP特別のクロッカスSから〔010〕。勝ち馬。
アネモネSから〔001〕。4着馬。
500万の芝から〔150〕。勝ち馬5頭に、2着馬1頭。
500万のダートから〔001〕。勝ち馬です。
新馬、未勝利からの馬券圏内はありません。
連対18頭中、12頭に芝1600m以上での勝ちがあり、
5頭に芝1400mの勝ちまたは重賞3着以内がありました。
牝馬は〔002〕。
キャリア1戦、逆に10戦以上の馬の馬券圏内はありません。


阪神牝馬S(土曜・阪神)
古馬牝馬による芝1600m戦。
この距離になったのが16年のこと。従いまして、データは過去3年です。
16年は2、1、5番人気の1〜3着で、馬連350円。
17年は1、3、4番人気で、馬連820円。
18年は4、11、1番人気で、馬連16680円。
1番人気が毎年3着以内に頑張っています。
馬券圏内9頭中、6頭が前走1着(3頭が重賞、3頭が準OP)。
残る3頭中、2頭が牡馬混合のG1敗退から、1頭が牝馬重賞3着からでした。
2戦続けて掲示板を外している馬はいません。
前走G1以外は芝1400m〜1800m戦。
9頭中8頭は中4週以上と、間を空けての出走。
例外の1頭は、3月の準OP勝ちから3着に。
3月施行の中山牝馬Sからの馬券圏内はありません。
9頭すべてに芝1600mでの勝ちあり。
9頭中8頭は芝1600mの重賞連対またはOP特別勝ち、あるいは桜花賞5着。
残る1頭も芝1600m戦3勝のマイル巧者。
高いマイル適性が求められていると、言っていいのかもしれません。
 



 
 
週末の重賞……2019.3.30
大阪杯(日曜・阪神)
芝2000m戦。
G1に格上げされたのが17年のこと。従いまして、データは過去2年です。
17年は1、7、4番人気の1〜3着で、馬連2320円。
18年は1、6、2番人気で、馬連2930円。
2年とも、1番人気が優勝し、2着に人気薄の伏兵が来ています。
過去10年で見ても、1番人気は〔432〕。
1番人気を信頼してよさそうです。
馬券圏内6頭すべてに重賞勝ちがあり、
G1に連対がなかったのは17年3着のヤマカツエースのみ。
芝2000mでの優勝は必須です。
また、勝ち馬には阪神芝での勝利か、阪神芝での重賞2着が必要で、
これは過去10年で見てもそう。覚えておいて下さい。
有馬記念出走馬が連勝中。
馬券圏内6頭の前走は、G1もしくはG2で、
掲示板確保か、6着なら勝ち馬から0秒3差以内。
金鯱賞組が〔111〕と好相性です。
過去10年で見ても、7歳馬は2着に1頭いるだけ。残る29頭は4〜6歳馬。
また、関西馬が〔10710〕と関東馬を圧倒しています。
今年は関東からG1馬が2頭参戦。関西馬の牙城を崩せるか?注目です。


ダービー卿CT(土曜・中山)
芝1600mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔220〕、2番人気は〔003〕、3番人気は〔100〕。
6番人気以下〔145〕、2ケタ人気馬〔011〕。
馬連3ケタはなく、万馬券もなし。
ですが、上位人気馬不振の、波乱のハンデ重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
海外の香港Cから〔001〕。
阪急杯から〔210〕。
中山記念から〔013〕。
阪神Cから〔010〕。
東京新聞杯から〔011〕。
京都牝馬Sから〔100〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別の東風Sから〔332〕。3着以内6頭に、2番人気4着と7番人気14着の馬。
ニューイヤーSから〔001〕。2着馬。
準OPから〔321〕。こちらはすべて勝ち馬でした。
トップハンデは9回で13頭いて〔110〕。
勝ち馬のハンデは57.5〜53キロで、平均55.67キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均55.89キロ。
3着馬は57.5〜54キロで、平均55.39キロ。
勝ち馬は55キロ(牝馬は53キロ)以上に限られます。
牝馬は〔100〕。
年齢別では、4歳〔342〕、5歳〔525〕、6歳〔121〕、
7歳〔010〕、8歳〔001〕。
5、4、6歳の順にいいようです。
連対18頭中、12頭に重賞3着以内があり、1頭にはOP特別勝ちが。
残る5頭は前走で準OPを勝ち上がった馬でした。取捨選択の参考にして下さい。
 



 
 
週末の重賞……2019.3.22
高松宮記念(日曜・中京)
春のG1シーズンの幕開けを飾る、芝1200m戦。
コースが改修された12年以降の、データは過去7年です。
1番人気は〔203〕、2番人気は〔230〕、3番人気は〔122〕。
6番人気以下〔022〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券1本。
勝つのは5番人気までです。
ステップレースを見ていくと、主要なレースは3つ。
シルクロードSから〔312〕。連対または1番人気に推された馬。
阪急杯から〔221〕。3着以内の馬。
オーシャンSから〔123〕。2着または3番人気までの馬。
この3つで〔656〕と、馬券圏内21頭中17頭ですから、しっかりと精査して下さい。
その他では、ダートG1のフェブラリーSから〔010〕。5着馬。
京都牝馬Sから〔010〕。1番人気1着馬。
海外の香港スプリントから〔001〕。12着馬。
外国馬の〔100〕というのもあります。
勝ち馬7頭のすべてが前走は重賞で、連対または1番人気で掲示板確保の馬。
連対14頭で見ると、すべてに1400m以下の重賞で連対歴がありました。
また、前走で2着を外していたなら、近3走に重賞3着以内必須。
連対14頭すべてが中7週以内のローテとなっています。
牝馬は〔123〕。連対3頭はG1馬です。
年齢別で見ておくと、4歳〔204〕、5歳〔422〕、6歳〔051〕、7歳〔100〕。
7歳で勝ったのは外国馬ゆえ、日本馬なら5、4歳がいいということになります。
過去の好走馬が再びの好走を見せるのも特徴のひとつ。
12年3着ロードカナロア、翌13年優勝。
13年3着ハクサンムーン、15年2着。
15年3着ミッキーアイル、翌16年2着。
17年2着レッツゴードンキ、翌18年も2着。
今年は2年連続2着のレッツゴードンキ、昨年3着のナックビーナスが出走を予定しています。
12番枠より外の馬は2着が精一杯。これも覚えておいて下さい。


マーチS(日曜・中山)
ダート1800mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔111〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔102〕。
6番人気以下〔443〕、2ケタ人気馬〔122〕。
馬連3ケタはなく、万馬券2本。
波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞は、フェブラリーSだけで〔300〕。
その他、平安S、地方交流のダイオライト記念、佐賀記念から勝ち馬が。
みやこSから2着馬が、旧JCダート(現チャンピオンズC)から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別の総武Sから〔240〕。6着以内の馬。
仁川Sから〔114〕。4着以内の馬。
ポラリスSから〔010〕。勝ち馬。
フェアウェルSから〔010〕。勝ち馬。
師走Sから〔001〕。勝ち馬。
また準OP勝ち馬の〔012〕というのもあります。
トップハンデは9回で13頭いて〔211〕。
勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると56.56キロ。
2着馬も58〜54キロで、平均55.67キロ。
3着馬も58〜54キロで、平均55.94キロ。
ハンデ54キロ未満の馬の、馬券圏内はありません。
連対18頭中14頭にダート1800mでの勝ちがあり、
残る4頭にはダート1600mで2勝以上の勝ち星がありました。
牝馬は〔000〕。
地方所属馬が〔001〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔232〕、5歳〔214〕、
6歳〔441〕、7歳〔112〕。
6歳馬がいいようです。


日経賞(土曜・中山)
芝2500m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔211〕、2番人気は〔110〕、3番人気は〔102〕。
6番人気以下〔255〕、2ケタ人気馬〔110〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
1000円台も1回もない、波乱含みの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔232〕。4着以内5頭に、2ケタ着順の馬も2頭。
ジャパンCから〔110〕。5着と12着の馬。
AJCCから〔221〕。6着以内の馬。
日経新春杯から〔201〕。連対馬。
京都記念から〔020〕。6着馬。
中山記念から〔002〕。4着以内の馬。
ステイヤーズSから〔001〕。5着馬。
ダイヤモンドSから〔101〕。15着と1着の馬。
小倉大賞典から〔001〕。勝ち馬。
準OP勝ち馬の〔110〕というのもあります。
馬券圏内27頭中、24頭が前走芝2200m以上から。
残る3頭は3着に3頭いて、前走は芝1800mを1、1、4着の馬たちでした。
また、連対18頭中13頭に芝2400mまたは2500mでの勝ちがあり、
残る5頭中2頭には中山芝2200mでの勝ちが、
また2頭には芝3000m以上のG1での連対歴がありました。
牝馬は〔001〕。
年齢別で見ると、4歳〔342〕、5歳〔313〕、6歳〔222〕、
7歳〔112〕、8歳〔000〕、9歳〔010〕。
まんべんなくのイメージでよさそうです。


毎日杯(土曜・阪神)
芝1800mで行われる3歳重賞。
過去10年、1番人気は〔512〕、2番人気は〔213〕、3番人気は〔132〕。
6番人気以下〔122〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
毎年1〜3番人気の馬が連に絡んでいる、堅めの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
弥生賞から〔102〕。人気、着順は不問です。
共同通信杯から〔401〕。4着以内または2番人気までの馬。
シンザン記念から〔200〕。勝ち馬または1番人気に推されていた馬。
アーリントンCから〔120〕。人気、着順は不問です。
きさらぎ賞から〔120〕。連対2頭に、6着馬1頭。
OP特別から〔002〕。3着以内の馬。
芝の500万から〔145〕。
すべて3番人気までで、勝ち馬8頭、2着馬1頭、4着馬1頭。
ダートの500万から〔010〕。1番人気2着馬。
地方のダート勝ち馬の〔010〕というのもあります。
昨年は500万からの馬が1〜3着を独占しましたが、
実は前走重賞出走馬がいませんでした。基本、勝ち馬は重賞からでよさそうです。
連対20頭中、14頭に芝1800mでの連対歴が、
5頭に芝1600mでの勝ちまたは重賞掲示板がありました。
例外の1頭は芝未出走の馬です。
キャリア1戦の馬に馬券圏内なし。
また、1勝馬で重賞掲示板がないと〔021〕。
このあたりもチェックを忘れずに。
逃げ馬は一度も馬券に絡めていません。
しっかりと末を伸ばせる馬を狙いたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2019.3.16
スプリングS(日曜・中山)
芝1800mの皐月賞TR。
上位3着までの馬に優先出走権が与えられます。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔332〕、2番人気は〔112〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔024〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券1本。
勝ち馬は5番人気まで。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔213〕。連対馬。
共同通信杯から〔120〕。3着以内の馬。
きさらぎ賞から〔011〕。3着と4着の馬。
OP特別から〔101〕。1番人気1着馬。
500万から〔453〕。勝ち馬8頭に、2着馬3頭、5着馬が1頭です。
新馬、未勝利から、また1600m未満のレースからの馬券圏内はありません。
勝ち馬9頭のすべてが、2勝以上または重賞2着があるOP馬。
同じく9頭すべてが、朝日杯FS組以外は年明け1走していました。
また、勝ち馬は前走が重賞なら3着以内、OP特別、500万なら勝ち必須です。
さらに、勝ち馬の8頭が連対率60%以上。
連対で見ると、18頭すべてに芝1600m以上での勝ちがありました。
キャリア1戦の馬の馬券圏内はなく、キャリア2戦で連対を果たした2頭は共に2戦2勝の馬。
逆に7戦以上は3着までとなっています。
覚えておいて下さい。


阪神大賞典(日曜・阪神)
芝3000m戦。
過去10年、1番人気は〔522〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔312〕。
6番人気以下〔021〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ6回に、万馬券なし。
その他も、1000円台3回に、2000円台1回ですから、堅い長距離重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔451〕。
JCから〔001〕。
日経新春杯から〔212〕。
京都記念から〔102〕。
AJCCから〔100〕。
ダイヤモンドSから〔222〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別の万葉Sから〔010〕。勝ち馬。
準OPから〔012〕。連対馬。
勝ち馬のすべてが前走重賞組です。
また、勝ち馬の9頭が1〜3番人気の馬。残る1頭は5番人気でした。
連対20頭中、16頭に芝3000m以上の出走歴があり、残る4頭には芝2400m以上での勝ちか、
芝2400mのG1での2着がありました。
関東馬は2着に2頭だけ。この2頭は前走ダイヤモンドS4着以内の馬でした。
牝馬は〔011〕。前走は牡馬混合の重賞だった馬です。
年齢別に見ておくと、4歳〔463〕、5歳〔334〕、6歳〔211〕、
7歳〔002〕、8歳〔100〕。
若い順にいいようです。


フラワーC(土曜・中山)
3歳牝馬限定戦。芝1800m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回です。
14年は2着同着。従いまして、9回で2着は10頭、3着は8頭です。
1番人気は〔321〕、2番人気は〔212〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔225〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタは2着同着の14年に670円というのがあるだけ。万馬券は1本です。
毎年1〜3番人気が1頭、連に絡んでいてのこの配当。
ヒモ荒れの傾向にあると言っていいかもしれません。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔010〕。4着馬。
クイーンCから〔110〕。3番人気9着馬と、勝ち馬。
チューリップ賞から〔100〕。4着馬。
フェアリーSから〔010〕。勝ち馬。
京成杯から〔010〕。5着馬。
OP特別時代のアルテミスSから〔010〕。2着馬でした。
500万、まずは芝から〔436〕。勝ち馬8頭ですが、掲示板外しも4頭。
ダートから〔001〕。7着馬。
新馬勝ちから〔100〕。
芝の未勝利勝ちから〔220〕。
ダートの未勝利勝ちから〔001〕。
500万、新馬、未勝利からで〔758〕。特に3着はすべてそう。
重賞組よりも、まずは条件戦を戦ってきた馬から精査すべきかと思います。
キャリア6戦以上は2着まで。
また、連対19頭すべてに芝1600m以上での勝ちがありました。
スタミナも必要な中山芝1800m戦。しっかりチェックして下さいね。


ファルコンS(日曜・中京)
3歳馬による芝1400m戦。
コースが改修なった12年以降の、データは過去7年です。
1番人気は〔100〕、2番人気は〔210〕、3番人気は〔221〕。
6番人気以下〔133〕、2ケタ人気馬〔121〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
毎年6番人気以下が1頭、馬券圏内に頑張っています。
ステップレースを見ていきましょう。
2勝、3着2頭のアーリントンCは、このレースの後に行われるようになったので割愛します。
朝日杯FSから〔032〕。
交流ダートの全日本2歳優駿から〔001〕。
シンザン記念から〔110〕。
京成杯から〔010〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別のクロッカスSから〔200〕。こちらも人気、着順は不問。
500万、まずは芝から〔122〕。掲示板または1番人気だった馬。
ダートから〔100〕。1番人気1着馬。
新馬、未勝利からの馬券圏内はありません。
キャリアで見ても、2戦以下の馬の馬券圏内はなし。
8戦以上は2着までとなっています。
牝馬は〔000〕。
連対14頭のすべてが、前走1400m以上の距離を走っていました。
距離延長組は3着までと覚えておきましょう。
 



 
 
週末の重賞……2019.3.9
フィリーズレビュー(日曜・阪神)
芝1400mで行われる桜花賞TR。上位3着までの馬に、優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔230〕、2番人気は〔212〕、3番人気は〔210〕。
6番人気以下〔445〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
1000円台がなく、勝ち馬は1〜3番人気か6〜9番人気。波乱含みの桜花賞TRです。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔234〕。人気、着順は不問です。
朝日杯FSから〔100〕。10着馬。
クイーンCから〔111〕。すべて4着馬。
フェアリーSから〔010〕。2着馬。
OP特別から〔121〕。人気、着順は不問。
500万の芝から〔533〕。勝ち馬9頭に、1番人気2着と5着の馬。
500万のダートから〔001〕。勝ち馬です。
新馬、未勝利からの馬券圏内はありません。
馬券圏内30頭の前走は、1600mまたは1400mのみ。
キャリア1戦の馬に馬券圏内はなく、逆に7戦以上は2着まで。
連対20頭すべてが12月以降に1戦はしていました。
また連対20頭中17頭に2勝以上または重賞2着があり、
残る3頭には1400mでの3着以内が2回以上ありました。
取捨選択の参考にしてみて下さい。


金鯱賞(日曜・中京)
芝2000m戦。
3月の2回中京開催での施行になったのが、17年のこと。
従いまして、データは過去2年です。
17年は1、7、13番人気の1〜3着で、馬連3800円。
18年は1、8、2番人気で、馬連5860円。
1番人気が連勝中ですが、2着に伏兵が。ヒモ荒れの傾向にありそうです。
加えて、逃げ馬が2年連続2着に粘っていること、2年連続で有馬記念4着馬が勝っていること。
このあたりが近2年の特徴です。
以前のデータからも少しピックアップしておくと、半年以上の休み明けは3着まで。
勝ち馬には芝2000mでの勝ち星がある。
牝馬は3着が精一杯。
今年も該当する有力馬がいます。果たして?
昨年は8歳馬が2着に。年齢的にも幅広く好走が可能なようです。


中山牝馬S(土曜・中山)
牝馬による芝1800mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9回。
なお、14年は2着同着ですから、過去9回で2着は10頭、3着は8頭となります。
1番人気は〔121〕、2番人気は〔020〕、3番人気は〔100〕。
6番人気以下〔346〕、2ケタ人気馬〔023〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
上位人気馬不振。波乱の牝馬のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
日経新春杯から〔101〕。
愛知杯から〔313〕。
京都牝馬Sから〔102〕。
東京新聞杯から〔110〕。
OP特別時代も含む、ターコイズSから〔020〕。
その他、エリザベス女王杯から勝ち馬が。
有馬記念、阪急杯、中山金杯、交流ダートのエンプレス杯から2着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔201〕。こちらも人気、着順は不問。
準OPから〔021〕。勝ち馬です。
トップハンデは9回で17頭いて〔230〕。
勝ち馬のハンデは56.5〜53キロで、平均54.06キロ。
2着馬は56〜52キロで、平均54キロ。
3着馬は56〜52キロで、平均53.5キロ。
連対20頭すべてが重賞3着以内、または重賞で勝ち馬から0秒2差、
あるいは前走準OP勝ちの、いずれかを満たしていました。
さらに芝1800mか2000mでの勝ちが欲しく、無ければ、中山の芝1600mに勝ち必須です。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔220〕、5歳〔544〕、
6歳〔242〕、7歳〔002〕。
4〜6歳馬が中心。中でも5歳馬がいいようです。
 



 
 
週末の重賞……2019.3.1
弥生賞(日曜・中山)
芝2000mで行われる皐月賞TR。上位3着までに優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔610〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔011〕。
6番人気以下〔233〕、2ケタ人気馬〔011〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
1、2番人気で8勝と、人気馬が好走しています。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔233〕。7頭が連対もしくは1、2番人気に推されていた馬。
残る1頭は7番人気6着馬です。
ホープフルSから〔001〕。2着馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔110〕。勝ち馬。
京都2歳Sから〔100〕。勝ち馬。
共同通信杯から〔100〕。5着馬。
京成杯から〔003〕。4着以内の馬。
きさらぎ賞から〔001〕。3着馬。
シンザン記念から〔001〕。3番人気10着馬。
OP特別の若駒Sから〔210〕。4着以内の馬。
500万から〔121〕。連対馬。
未勝利勝ちから〔010〕。1番人気で勝ち上がった馬です。
勝ち馬10頭すべてが、芝で2勝以上、過去の戦績すべて5着以内、
連対率60%以上、前走勝ちまたは重賞掲示板です。
連対で見ると、20頭すべてに芝1800m、2000mでの勝ちがあり、
すべてがデビュー3戦までに勝ち上がっていました。
また、11頭が重賞勝ち馬、8頭はOP特別連対または500万勝ちの馬でした。
キャリア1戦の馬の馬券圏内はなく、6戦以上は2着まで。
皐月賞と同じ舞台で争われるTR。要注目です!


チューリップ賞(土曜・阪神)
こちらも本番と同じ、芝1600mで行われる桜花賞TR。
上位3着までに優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔521〕、2番人気は〔113〕、3番人気は〔120〕。
6番人気以下〔145〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
比較的堅めのTRです。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔735〕。3着以内13頭に、2番人気8着と4番人気7着の馬。
クイーンCから〔020〕。掲示板確保の馬。
シンザン記念から〔010〕。2着馬。
フェアリーSから〔001〕。3着馬。
OP特別の紅梅Sから〔100〕。勝ち馬。
エルフィンSから〔012〕。掲示板確保の馬。
500万の芝から〔111〕。勝ち馬。
500万のダートから〔010〕。勝ち馬。
新馬勝ちから〔010〕。
未勝利勝ちから〔101〕。
キャリア1戦の馬は2着まで。逆に6戦以上の馬の馬券圏内はありません。
前走重賞組で勝利を挙げたのは、阪神JF組だけ。
馬券圏内の半分はこのレースから。
まずは阪神JFを精査することから始めたいレースです。


オーシャンS(土曜・中山)
芝1200m戦。
過去10年、1番人気は〔122〕、2番人気は〔220〕、3番人気は〔310〕。
6番人気以下〔335〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ2回、万馬券2本。
波乱含みのスプリント重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞は2つ。
阪神Cから〔121〕。
シルクロードSから〔152〕。
その他、京阪杯から勝ち馬が。
スプリンターズS、京都牝馬S、ダートの根岸Sから2着馬が。
海外の香港スプリント、東京新聞杯から3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別からが最もよく〔504〕。勝った5頭は4着以内の馬。
3着の4頭は、4、4、12、12着の馬でした。
準OPから〔201〕。3番人気までで勝った馬です。
連対20頭中、19頭に芝1200mでの勝ちがあり、例外の1頭はこの条件未経験の馬でした。
また、連対20頭中9頭が重賞勝ち、8頭がOPクラス連対、1頭が重賞3位入線(降着)の馬。
残る2頭はOPクラス未経験で、前走準OP勝ちの馬でした。
年齢別に見ておくと、4歳〔212〕、5歳〔523〕、
6歳〔151〕、7歳〔210〕、8歳〔014〕。
勝利数では5歳馬ですが、連対では6歳馬も健闘しています。
過去の好走馬が、年を跨いでもまた好走するのも特徴のひとつ。
具体的に見ておきましょう。
10年勝ったキンシャサノキセキ、翌11年2着。
11年勝ったダッシャーゴーゴー、13年2着。
11年3着レッドスパーダ、14年3着。
13年勝ったサクラゴスペル、15年に再び優勝。
14年2着スノードラゴン、16年3着。
15年2着ハクサンムーン、翌16年2着。
17年2着ナックビーナス、翌18年も2着。
今年はキングハート(昨年優勝)、ダイメイフジ(昨年3着)、スノードラゴン、
ナックビーナスが登録馬に名を連ねています。出走してきたなら、注意が必要です。
 



 
 
週末の重賞……2019.2.22
中山記念(日曜・中山)
芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔300〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔312〕。
6番人気以下〔133〕、2ケタ人気馬〔110〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
勝ち馬10頭中、9頭が1〜3番人気の馬たちです。
ステップレースは、実に様々。まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
有馬記念から〔210〕。
天皇賞・秋から〔120〕。
マイルCSから〔101〕。
海外の香港マイルから〔101〕。
阪神Cから〔002〕。
中山金杯から〔201〕。
京都金杯から〔011〕。
ダートの根岸Sから〔011〕。
その他、エリザベス女王杯、ダービーから勝ち馬が。
秋華賞、AJCC、小倉大賞典、チャレンジC(旧朝日CC)から2着馬が。
菊花賞、札幌記念、富士Sから3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別の白富士Sから〔110〕。こちらも人気、着順は不問です。
連対20頭の前走を見ると、G1、それ以外なら3ヶ月以内の出走となっています。
勝ち馬10頭中、9頭までもが9番枠より内。外枠は不利と考えてよさそうです。
連対20頭すべてに芝1800または2000mでの勝ちがありました。
また、連対20頭中13頭はG1またはG2勝ち馬。
残る7頭は中山芝3勝以上か、芝1800mの複勝率5割以上の馬でした。
牝馬は〔110〕。この2頭はG1馬です。
最後に年齢別に見ていくと、4歳〔424〕、5歳〔331〕、
6歳〔242〕、7歳〔012〕、8歳〔101〕。
連対数は4〜6歳で互角。勝利数は4、5、6歳の順にいいようです。
なお、7歳以上で連対を果たすには、重賞2勝以上の実績が必要です。


阪急杯(日曜・阪神)
芝1400m戦。
過去10年、1番人気は〔221〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔020〕。
6番人気以下〔314〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
ちなみに、7番人気が〔301〕。伏兵の一発に注意が必要です。
ステップレースを見ていきましょう。
海外の香港スプリントから〔200〕。
マイルCSから〔002〕。
阪神Cから〔333〕。
シルクロードSから〔220〕。
東京新聞杯から〔111〕。
京阪杯から〔101〕。
京都金杯から〔020〕。
京都牝馬Sから〔020〕。
重賞組は人気、着順不問です。
芝のOP特別から〔101〕。掲示板確保の馬。
ダートのOP特別から〔001〕。5着馬。
準OPから〔001〕。1番人気1着馬でした。
連対20頭中、19頭に芝1400mでの勝利、
または芝1200m5勝以上かつ芝1500m以上のOP特別に2着以内の、いずれかがありました。
また、連対20頭中16頭に重賞3着以内があり、
残る4頭は前走OPクラスで勝ち馬から0秒5差以内の馬でした。
牝馬は〔122〕。人気薄での頑張りが目立ちます。
年齢別で見ておくと、4歳〔146〕、5歳〔731〕、6歳〔121〕、
7歳〔101〕、8歳〔011〕。
5歳馬が抜けて好成績です。
逃げ馬に注意が必要で〔310〕と4連対。
逃げ切った3頭は、芝1400m以下の重賞勝ち馬です。覚えておいて下さい。
 



 
 
週末の重賞……2019.2.15
フェブラリーS(日曜・東京)
JRA、今年最初のG1競走。ダート1600m戦。
過去10年、1番人気は〔323〕、2番人気は〔212〕、3番人気は〔121〕。
6番人気以下〔313〕、2ケタ人気馬〔100〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券3本。
毎年1〜3番人気馬が、1頭は馬券に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
旧JCダートを含む、チャンピオンズCから〔322〕。
勝ち馬4頭に、2着馬1頭。あとは2番人気12着と9番人気11着の馬でした。
交流G1の川崎記念から〔132〕。3着以内の馬。
同じく東京大賞典から〔014〕。掲示板4頭に、4番人気7着馬。
東海Sから〔211〕。3着以内の馬。
根岸Sから〔321〕。3着以内の馬。
OP特別から〔100〕。3番人気9着馬。
準OP1番人気1着馬の〔010〕というのもあります。
連対20頭すべてが重賞勝ち馬。
また、20頭中18頭にダート1800〜2000mでの勝ちがあり、
残る2頭にもダート1600mに勝ちがありました。
牝馬は〔000〕。
年齢別で見ていくと、4歳〔431〕、5歳〔434〕、6歳〔212〕、
7歳〔022〕、8歳〔011〕。
勝ち馬は4〜6歳に限られています。
過去の好走馬が再びの好走を見せるのも特徴のひとつ。具体的に挙げていきましょう。
09年勝ったサクセスブロッケン、翌10年3着。
10年勝ったエスポワールシチー、13年2着。
10年2着テスタマッタ、12年優勝。
12年3着ワンダーアキュート、翌13年も3着。
14年勝ったコパノリッキー、翌15年連覇。
15年2着インカンテーション、18年3着。
15年3着ベストウォーリア、17年2着。
16年2着ノンコノユメ、18年優勝。
17年勝ったゴールドドリーム、翌18年2着。
今年はノンコノユメ、ゴールドドリームに加え、16年勝ったモーニンが出走予定。
ただし、この10年で三度の好走はありません。
モーニン以外は、そのジンクスを破れるかどうか。注目です。


小倉大賞典(日曜・小倉)
芝1800mのハンデ戦。
中京で行われた10年を除く、データは過去9回です。
1番人気は〔202〕、2番人気は〔110〕、3番人気は〔100〕。
6番人気以下〔371〕、2ケタ人気馬〔021〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
馬連に1000円台すらない、波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
AJCCから〔101〕。
日経新春杯から〔031〕。
中山金杯から〔213〕。
京都金杯から〔012〕。
その他、有馬記念、毎日王冠、金鯱賞から勝ち馬が。
目黒記念、チャレンジC、愛知杯から2着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔112〕。3着以内または1番人気に推されていた馬。
準OP勝ち馬の〔200〕というのもあります。
トップハンデは9回で17頭いて〔231〕。
勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると55.89キロ。
2着馬は58〜53キロで、平均56.22キロ。
3着馬は57.5〜55キロで、平均56.16キロ。
馬券圏内27頭中、25頭が55キロ以上。
残る2頭は54キロと53キロですが、53キロは牝馬。
牡馬に換算すると55キロ。
つまり、27頭中26頭が55キロ以上のハンデと考えてもよさそう。
軽ハンデの馬は苦戦の傾向にあります。
牝馬は〔010〕。
連対18頭中、16頭に重賞3着以内があり、残る2頭は前走で勝利を収めた馬。
また連対18頭すべてに、芝1700〜2000mでの勝ちがありました。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔312〕、5歳〔314〕、
6歳〔121〕、7歳〔232〕、8歳〔020〕。
まんべんなくのイメージでよさそうです。


ダイヤモンドS(土曜・東京)
芝3400mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔610〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔001〕。
6番人気以下〔137〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
毎年1、2番人気のいずれか連に絡んでいるのに、馬連3ケタは1回。
ヒモ荒れの重賞と言えそうです。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔200〕。人気、着順は不問。
海外G1の香港ヴァーズから〔010〕。2着馬。
同じくメルボルンCから〔010〕。1番人気13着馬。
AJCCから〔300〕。3着以内または3番人気までの馬。
ステイヤーズSから〔111〕。3着以内または3番人気までの馬。
日経新春杯から〔014〕。人気、着順は不問です。
OP特別の万葉Sから〔230〕。掲示板確保の馬。
白富士Sから〔010〕。4着馬。
ダートの師走Sから〔100〕。14着馬でした。
準OPから〔113〕。連対4頭に、4着馬1頭。
1000万勝ち馬の〔011〕というのもあります。
トップハンデは10年で14頭いて〔330〕。なかなかの好成績です。
勝ち馬のハンデは58.5〜53キロで、平均55.75キロ。
2着馬は58.5〜51キロで、平均54.8キロ。
3着馬は56〜50キロで、平均53.5キロ。
重いハンデから、軽ハンデまで。幅広く好走しています。
連対20頭中、19頭にOPクラス3着以内があり、残る1頭は前走1000万勝ちの馬。
また、18頭に芝3000m以上での掲示板または芝2400〜2600mでの勝ちがありました。
OP実績とステイヤー資質の両方が欲しいということでしょう。
牝馬は〔000〕ですが、セン馬は〔121〕。
年齢別で見ていくと、4歳〔434〕、5歳〔311〕、6歳〔213〕、
7歳〔021〕、8歳〔121〕、9歳〔010〕。
ベテランの頑張りに注意が必要です。


京都牝馬S(土曜・京都)
牝馬限定の芝1400m戦。
この距離になったのが16年のこと。従いまして、データは過去3年です。
16年は1、6、3番人気の1〜3着で、馬連3500円。
17年は1、7、5番人気で、馬連3070円。
昨18年は1、4、5番人気で、馬連860円。
マイル戦から1400m戦になって、勝ち馬はすべて1番人気。
現在、3連勝中です。
前走を見てみると、勝ち馬は、エリザベス女王杯5番人気8着馬と、
OP特別時代も含むターコイズS連対馬。
2着馬3頭は、すべて準OP勝ち馬。
3着馬は、京都金杯勝ち馬と、準OP連対馬が2頭。
重賞組を1着に、2、3着には準OP好走馬か重賞組をといった図式でしょうか。
馬券圏内9頭中8頭が前走連対馬で、連対6頭すべてに芝1600mでの勝ちがありました。
年齢別では、4歳〔220〕、5歳〔111〕、6歳〔002〕の3世代のみ。
データはわずかに3年ですが、見えてくるものがあるはずです。参考になさって下さい。
 



 
 
週末の重賞……2019.2.8
京都記念(日曜・京都)
芝外回りの2200m戦。
過去10年、1番人気は〔222〕、2番人気は〔014〕、3番人気は〔340〕。
6番人気以下〔301〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ1回に、万馬券なし。
連対20頭はすべて6番人気までの馬です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
有馬記念から〔413〕。
天皇賞・秋から〔110〕。
菊花賞から〔110〕。
ジャパンCから〔002〕。
海外の香港ヴァーズから〔220〕。
その他、新潟記念、中山金杯から勝ち馬が。
マイルCS、エリザベス女王杯、ステイヤーズSから2着馬が。
宝塚記念、天皇賞・春、日経新春杯、京都金杯、海外の凱旋門賞から3着馬が出ています。
重賞組で連対を果たすには、G1なら人気、着順不問。
G2、G3なら4着以内または1番人気が必要です。
ちなみに連対20頭中、15頭が前走G1出走馬。覚えておくとよさそうです。
OP特別1番人気1着馬の〔010〕というのもあります。
連対20頭中、19頭に重賞連対歴がありました。
そのうち16頭が重賞ウイナー。格は重要です。
牝馬は〔130〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔443〕、5歳〔516〕、
6歳〔141〕、7歳〔010〕。
5、4歳馬が中心のようです。


共同通信杯(日曜・東京)
3歳馬による芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔222〕、2番人気は〔231〕、3番人気は〔322〕。
6番人気以下〔223〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
現在6番人気が3年連続で連対中。大きくは荒れませんが、ひと捻り必要なようです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔120〕。3着2頭と、9着馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔211〕。3着以内の馬。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔111〕。3着以内の馬。
京成杯から〔003〕。人気、着順は不問。
シンザン記念から〔001〕。3着馬。
OP時代のホープフルSから〔122〕。連対もしくは1番人気に推されていた馬。
若駒Sから〔110〕。3着以内の馬。
ジュニアCから〔100〕。勝ち馬。
500万から〔122〕。連対馬。
新馬勝ちから〔110〕。1番人気1着馬。
未勝利勝ちから〔100〕。こちらも1番人気1着馬でした。
馬券圏内30頭すべての前走が芝1600m以上のレース。
また、連対20頭中、19頭が前走3着以内。残る1頭は朝日杯FS9着馬。
ただし、前々走はOP特別2着。2走続けて凡走の馬は軽視してよさそうです。
連対20頭すべてに芝1600m以上での勝ちと、
芝1800m、2000mでの3着以内がありました。
さらに、連対20頭中15頭に芝OPクラスでの3着以内があり、
残る5頭は前走芝1800m以上のレースで勝利を挙げた馬でした。
もうひとつ、連対20頭中14頭が前走から2ヶ月以内の出走。
それ以上間が空いての連対は、連対100%の馬に限られています。


クイーンC(土曜・東京)
3歳牝馬の重賞。芝1600m戦。
データは過去10年ですが、13年は3着同着。従いまして、3着は10年で11頭となります。
1番人気は〔411〕、2番人気は〔313〕、3番人気は〔130〕。
6番人気以下〔025〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
勝ち馬は4番人気まで。毎年3番人気以内の馬が、1頭は連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔341〕。6着以内または1番人気に推されていた馬。
京王杯2歳Sから〔001〕。6着馬。
フェアリーSから〔323〕。掲示板または1番人気に推されていた馬。
アルテミスSから〔001〕。2着馬。
OP特別から〔011〕。3着以内の馬。
500万から〔411〕。3着以内の馬。勝ち馬4頭はすべて勝ち馬です。
新馬勝ちから〔012〕。1番人気1着馬。
未勝利勝ちから〔011〕。こちらも1番人気1着馬でした。
キャリア1戦の馬を含め、前走で初勝利の馬は2着が精一杯です。
データから、勝つのは前走阪神JF、フェアリーS、500万勝ちの馬。
このステップで、当日4番人気までに推されれば単候補となります。
上手く馬券を組み立てて、3連単で当てたいレースです。
 



 
 
週末の重賞……2019.2.1
東京新聞杯(日曜・東京)
芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔012〕、2番人気は〔202〕、3番人気は〔310〕。
6番人気以下〔244〕、2ケタ人気は〔011〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券3本。
この10年、1番人気に勝ちがありません。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔300〕。
マイルCSから〔101〕。
菊花賞から〔010〕。
G1組は、人気、着順不問です。
阪神Cから〔103〕。掲示板3頭と、9着馬。
京都金杯から〔123〕。4着以内または4番人気までの馬。
中山金杯から〔011〕。共に5着馬。
OP特別から〔262〕。連対もしくは1、2番人気に推されていた馬。
中でも、ニューイヤーSから〔232〕です。
準OPから〔200〕。共に勝ち馬でした。
牝馬は〔300〕。すべてエリザベス女王杯から。G2以上の勝ち、またはG1での2着が必須です。
連対20頭中、19頭に芝1600mでの勝ちがあり、例外の1頭にも芝1600mの重賞に2着がありました。
また、連対20頭中、15頭に東京芝での勝ちがあり、残る5頭中2頭には東京芝の重賞2着がありました。
東京の芝に勝ちが無ければ、他の左回りのコースでの勝ちが欲しいところです。
年齢別に見ていくと、4歳〔444〕、5歳〔235〕、6歳〔420〕、7歳〔011〕。
勝ち馬は4〜6歳に限られます。
勝ち馬10頭中、9頭までもが8番枠より内の馬。内枠有利と覚えておきましょう。



きさらぎ賞(日曜・京都)
芝1800mの3歳重賞。
過去10年、1番人気は〔430〕、2番人気は〔134〕、3番人気は〔102〕。
6番人気以下〔213〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ6回に、万馬券1本。
堅めの決着となっています。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔102〕。人気、着順不問。
シンザン記念から〔101〕。3着と2着の馬。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔100〕。2着馬。
OP特別から〔200〕。連対馬。
500万から〔383〕。連対11頭に、3、4、6着馬が1頭ずつ。
新馬勝ちから〔100〕。
未勝利勝ちから〔124〕。
牝馬は〔100〕。そもそも出走例が少なく、過去10年で3頭しか出走していません。
連対20頭中、19頭に芝1800mまたは2000mでの勝ちがあり、
例外の1頭は距離未経験の馬でした。
キャリア1戦の馬は〔100〕。昨年初めて優勝。
逆にキャリア5戦以上の馬も〔001〕。
良績は2〜4戦の馬に集中しています。
外回りコースながら、比較的前が残ります。展開もしっかり読む必要がありそうです。
 



 
 
週末の重賞……2019.1.24
根岸S(日曜・東京)
ダート1400m戦。
過去10年、1番人気は〔330〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔020〕。
6番人気以下〔235〕、2ケタ人気馬〔104〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券1本。
近4年は1番人気が連対を果たしていますが、それでも波乱含みのダート重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
チャンピオンズCから〔212〕。人気、着順は不問です。
地方交流のJBCスプリントから〔010〕。2着馬。
同じく、東京大賞典から〔001〕。3着馬。
武蔵野Sから〔301〕。4着以内3頭と、14着馬。
カペラSから〔111〕。3着以内の馬。
地方交流の兵庫GTから〔001〕。5着馬。
OP特別から〔363〕。連対には3着以内が必須、3着なら人気、着順は不問です。
準OPから〔011〕。こちらは勝ち馬でした。
連対20頭中、18頭がクラスを問わずに前走4着以内。例外の2頭はチャンピオンズC組。
さらに、連対20頭すべてにダート1400m以上での勝ちがあり、
1400mを勝っていた馬は18頭を数えます。
牝馬は〔000〕。
逃げ馬も〔000〕。
関西馬が〔9109〕と、関東馬を圧倒しているのも特徴のひとつです。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔221〕、5歳〔442〕、
6歳〔322〕、7歳〔111〕、8歳〔014〕。
2ケタ人気で馬券に絡んだ、5頭中4頭が7、8歳の高齢馬。
人気薄のベテランに注意が必要です。


シルクロードS(日曜・京都)
芝1200mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔210〕、2番人気は〔410〕、3番人気は〔210〕。
6番人気以下〔128〕、2ケタ人気馬〔016〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
それでも、10年のうち7年で2ケタ人気馬が馬券に絡んでおり、
3連複、3連単で高配当続出のハンデ重賞となっています。
ステップレースを見ていきましょう。
スプリンターズSから〔210〕。
阪神Cから〔230〕。
スワンSから〔001〕。
京阪杯から〔212〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔455〕。
3着以内11頭に、2番人気2頭、4番人気1頭。
人気も着順も数字が大きな馬は“消し”でよさそう。
中では、特に淀短距離S組がよく〔153〕です。
準OPから〔002〕。勝ち馬と4着馬でした。
トップハンデは10年で12頭いて〔220〕。
勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると56.45キロ。
2着馬は59〜54キロで、平均56.3キロ。
3着馬は57〜53キロで、平均54.6キロ。
連対すべてが54キロ以上。
また、勝ち馬10頭中9頭が57キロ(牝馬55キロ)以上となっています。
牝馬は〔312〕。3番人気以内4頭+2ケタ人気馬2頭と、実に両極端。
連対20頭中、17頭にOPクラスでの勝ち、または重賞2着があり、
残る3頭には芝1200mで3勝以上、かつ芝1200mの複勝率が50%を超えていました。
また、勝ち馬の9頭までもが9番枠より内の馬。残る1頭も12番枠。
内有利と覚えておきましょう。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔120〕、5歳〔443〕、
6歳〔424〕、7歳〔121〕、8歳〔002〕。
5、6歳馬がいいようです。
ステップレースも限られており、4番人気までの上位人気馬と伏兵を軸に、
手広く流したいレースです。


愛知杯(土曜・中京)
牝馬限定のハンデ戦。芝2000m戦。
コース改修後、1月施行になったのが16年のこと。
従いまして、データは過去3年です。
16年は8、5、4番人気の1〜3着で、馬連15570円。
17年は1、10、6番人気で、馬連7450円。
18年は6、11、1番人気で、馬連13120円。
以前から波乱のレースでしたが、近3年でも8番人気以下の馬が連絡み。
難解な牝馬のハンデ戦となっています。
ステップレースに注目すると、重賞から〔201〕。5着以内または5番人気までの馬。
OP特別から〔010〕。10着馬。
準OPから〔102〕。連対馬。
1000万から〔020〕。勝ち馬。
前走OPクラス出走馬のハンデは54キロ以上。条件戦からの馬は53キロ以下。
つまり、好走の条件は次の2つ。
“前走重賞出走馬で、人気、着順は問わず、ハンデ54キロ以上の馬”。
もうひとつ“前走条件戦出走馬で、連対を果たし、ハンデ53キロ以下の馬”。
ざっくりなようで、意外と絞れると思います。
取捨選択の第一段階にでも活用してみて下さい。
年齢別では、4歳〔001〕、5歳〔321〕、6歳〔011〕。
過去10年で見ても、この3世代に限られます。
データで絞って、美味しい万馬券をゲットしたいですね。
 



 
 
週末の重賞……2019.1.18
AJCC(日曜・中山)
芝2200m戦。
過去10年、1番人気は〔220〕、2番人気は〔322〕、3番人気は〔113〕。
6番人気以下〔144〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券3本。
波乱含みの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
有馬記念から〔421〕。
金鯱賞から〔202〕。
中山金杯から〔112〕。
福島記念から〔020〕。
中日新聞杯から〔011〕。
その他、天皇賞・春、ステイヤーズSから勝ち馬が。
天皇賞・秋、菊花賞から2着馬が。
ジャパンCから3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OP特別から〔022〕。連対3頭に、6着馬。
準OP勝ち馬の〔101〕というのもあります。
国内G1勝ち馬に馬券圏内がないのも、特徴のひとつ。
連対20頭中、19頭に芝2000m以上での勝ちがあり、残る1頭にも芝1800mでの勝ちと、
中山芝連対パーフェクトというコース実績がありました。
また、連対20頭中、15頭に芝1800m以上の重賞勝ちがあり、
残る5頭中4頭にも重賞3着以内の実績がありました。
さらに、連対20頭中、15頭に中山の1000万クラス以上での勝ち、
または重賞3着以内があり、18頭に近1年以内の勝ち、
またはOPクラスでの2着がありました。
連対20頭中、19頭は前走から3ヶ月以内での出走です。
牝馬は〔000〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔132〕、5歳〔403〕、
6歳〔312〕、7歳〔221〕、8歳〔042〕。
ベテランの頑張りに注意が必要です。


東海S(日曜・中京)
ダート1800m戦。
1月の中京で行われるようになったのが、13年のこと。従いまして、データは過去6年です。
1番人気は〔402〕、2番人気は〔010〕、3番人気は〔011〕。
6番人気以下〔043〕、2ケタ人気馬〔021〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
1番人気馬は馬券圏内パーフェクトです。
その一方で、8番人気以下の馬が6回中5回3着以内に。
ヒモ荒れのダート重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
(旧JCダートを含む)チャンピオンズCから〔213〕。人気、着順は不問です。
東京大賞典から〔210〕。4着以内の馬。
みやこSから〔020〕。人気、着順は不問。
OP特別から〔222〕。4着または4番人気以内の馬。
中でも師走S組が〔121〕。
準OP勝ち馬の〔001〕というのもあります。
牝馬は〔000〕。
年齢別では、4歳〔101〕、5歳〔333〕、6歳〔102〕、
7歳〔120〕、8歳〔010〕。
5歳馬がいいようです。
OPクラスに出走歴のある馬には、好走実績が欲しく、
OP経験の浅い馬には、それを補うだけの勢いが欲しいところです。
 



 
 
週末の重賞……2019.1.11
京成杯(月曜・中山)
3歳馬による芝2000m戦。
過去10年、1番人気は〔331〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔111〕。
6番人気以下〔135〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券なし。
1、2番人気が連を外した2回は、5、7番人気のワンツー。
波乱は人気上位馬の信頼度によるようです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FS(中山施行時を含む)から〔110〕。2番人気7着馬と、2着馬。
ホープフルS(OP特別、G2時代も含む)から〔113〕。掲示板確保の馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔011〕。3着以内の馬。
京都2歳Sから〔010〕。5着馬。
OP特別の萩Sから〔100〕。5着馬。
500万からの馬が最も好相性で〔612〕。連対馬。
中でも、エリカ賞から〔301〕。
葉牡丹賞から〔211〕。
新馬勝ちから〔002〕。
未勝利勝ちから〔131〕。
連対20頭すべてに、芝2000mか1800mでの勝ち、または芝1800mの重賞3着がありました。
キャリア1戦は3着まで、5戦以上は2着までとなっています。
皐月賞と同じ舞台で争われる3歳重賞。要注目です。


フェアリーS(土曜・中山)
3歳牝馬の重賞。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔311〕、2番人気は〔112〕、3番人気は〔201〕。
6番人気以下〔464〕、2ケタ人気馬〔431〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
その万馬券はいずれも3万馬券!波乱の牝馬重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔301〕。
アルテミスSから〔100〕。
OP特別から〔001〕。
500万から〔254〕。
すべて人気、着順は不問です。
新馬勝ちから〔231〕。
芝の未勝利勝ちから〔222〕。
ダートの未勝利勝ちから〔001〕。
連対20頭中、18頭に芝1600mでの勝ちがあり、
残る2頭にも芝1600m以上の500万クラスで3着以内がありました。
勝ち馬10頭中、9頭が前走で東京または阪神の芝1600mを走っており、
例外の1頭は中山芝1800mからの馬でした。
近4年、アルテミスS出走馬(前々走も含む)が馬券に絡んでいます。
2ケタ着順に敗れていた馬も3頭。アルテミスS組には注意が必要なようです。


日経新春杯(日曜・京都)
芝外回り2400mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔341〕、2番人気は〔410〕、3番人気は〔030〕。
6番人気以下〔314〕、2ケタ人気馬〔211〕。
馬連3ケタ6回に、万馬券2本。
両極端な結果に終わっています。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔200〕。3着と6着の馬。
菊花賞から〔200〕。2着と5着の馬。
ダービーから〔100〕。7着馬。
ジャパンCから〔001〕。勝ち馬。
金鯱賞から〔102〕。2番人気8着馬と、3着と4着の馬。
アルゼンチン共和国杯から〔010〕。2着馬。
ステイヤーズSから〔001〕。3着馬。
札幌記念から〔001〕。14着馬。
中日新聞杯から〔010〕。3着馬。
OP特別から〔002〕。2着と16着の馬。
準OPから〔130〕。すべて1番人気1着の馬です。
1000万勝ち馬の〔112〕というのもあります。
トップハンデは10年で14頭いて〔112〕。
勝ち馬のハンデは58.5〜49キロで、平均すると54.5キロ。
2着馬は56〜53キロで、55.3キロ。
3着馬は58〜52キロで、平均54.85キロ。
連対20頭中、15頭に重賞3着以内があり、1頭にはOP特別勝ちがありました。
残る4頭は前走条件戦勝ちの馬です。
また、連対20頭中、15頭に芝2200〜2500mの勝ちか重賞3着以内があり、
残る5頭にも芝1800mか2000mのOP特別勝ちがありました。
牝馬は〔212〕。2ケタ人気だった馬が3頭います。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔652〕、5歳〔245〕、6歳〔213〕。
好走はこの3世代に限られているようです。
 



 
 
週末の重賞……2019.1.4
中山金杯(土曜・中山)
芝2000mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔413〕、2番人気は〔220〕、3番人気は〔100〕。
6番人気以下〔033〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
勝ち馬は5番人気までです。
ステップレースを見ていきましょう。
旧JCダート(現チャンピオンズC)から〔100〕。14着馬。
マイルCSから〔020〕。人気、着順は不問。
天皇賞・秋から〔001〕。6着馬。
金鯱賞から〔210〕。4着馬2頭と、2番人気10着馬。
毎日王冠から〔100〕。3着馬。
アルゼンチン共和国杯から〔100〕。3着馬。
中日新聞杯から〔112〕。連対3頭と、11着馬。
福島記念から〔111〕。4着以内の馬。
チャレンジC(旧朝日CCを含む)から〔022〕。掲示板確保の馬。
新潟記念から〔002〕。1着と9着の馬。
OP特別のディセンバーSから〔131〕。掲示板確保もしくは1番人気の馬。
準OPから〔101〕。勝ち馬です。
トップハンデは10年で13頭いて〔321〕。
勝ち馬のハンデは58〜55キロで、平均すると56.5キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均56.05キロ。
3着馬は57.5〜54キロで、平均55.7キロ。
勝ち馬はすべて55キロ以上。54キロ未満の馬の馬券圏内はありません。
連対20頭のすべてが、芝2000mまたは1800mに勝ちがありました。
連対20頭中、19頭に重賞連対またはG2掲示板があり、例外の1頭はここがOPクラス初の馬でした。
牝馬は〔000〕と馬券圏内なし。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔321〕、5歳〔244〕、6歳〔233〕、7歳〔312〕。
勝ち馬の9頭までもが6番枠より内の馬。2着も6頭が7番枠より内。
内枠有利と覚えておきましょう。


京都金杯(土曜・京都)
芝1600mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔221〕、2番人気は〔012〕、3番人気は〔230〕。
6番人気以下〔335〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタはなく、万馬券1本。
6番人気以下の馬が馬券に絡まなかったのは昨年だけです。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔131〕。5、6、7着だった馬。
菊花賞から〔100〕。3着馬。
毎日王冠から〔100〕。9着馬。
阪神Cから〔023〕。4着以内4頭と、16着馬。
チャレンジCから〔120〕。人気、着順は不問。
OP特別からが最も好成績で〔504〕。掲示板確保の馬。
準OPから〔020〕。1番人気1着馬です。
トップハンデは10年で20頭いて〔132〕。
勝ち馬のハンデは57〜53キロで、平均すると55.95キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均56.3キロ。
3着馬は58〜53キロで、平均55.2キロ。
勝ち馬は55キロ以上(牝馬は53キロ以上)。
また、57.5キロ以上の馬に勝ちはありません。
連対20頭中、15頭に重賞連対またはOP特別勝ちがあり、
2頭は前走マイル勝ちかつマイル連対率60%以上、
残る3頭は芝1800mの連対率が60%以上の馬でした。
牝馬は〔102〕。うち2頭は2ケタ人気の伏兵です。
年齢別に見ておくと、4歳〔343〕、5歳〔212〕、
6歳〔531〕、7歳〔023〕、8歳〔001〕。
6歳馬が最も成績がよく、勝ち馬は4〜6歳に限られます。
勝ち馬は、すべて9番枠より内。
馬券圏内30頭中、26頭までもが1ケタ馬番の馬です。外枠は不利と考えてよさそうです。


シンザン記念(日曜・京都)
明け3歳馬の重賞。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔301〕、2番人気は〔320〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔365〕、2ケタ人気馬〔014〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
7番人気以下が連に絡まなかったのは1回だけ。波乱の3歳重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FS(中山施行時も含む)から〔212〕。人気、着順は不問です。
京王杯2歳Sから〔010〕。1番人気で10着の馬。
デイリー杯2歳Sから〔010〕。1番人気で8着の馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔100〕。7着馬。
OP特別から〔011〕。3着以内の馬。
500万から〔435〕。掲示板確保10頭に、2、3番人気だった馬。
新馬勝ちから〔021〕。1、2番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔310〕。1番人気で勝ち上がった馬です。
キャリア1戦と6戦以上の馬は2着まで。
牝馬は〔221〕。
勝ち馬の9頭までもが1ケタ馬番の馬。あまり外の枠は引きたくないところ。
朝日杯FSですが、阪神に移ってからは3着が精一杯。
このことも頭に置いておきましょう。