週末の重賞……2021.01.21
AJCC(日曜・中山)
芝2200m戦。
過去10年、1番人気は〔330〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔112〕。
6番人気以下〔233〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
毎年、1または2番人気が馬券圏内に来ています。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔401〕。人気、着順は不問です。
天皇賞・春から〔100〕。4着馬。
菊花賞から〔020〕。勝ち馬と3番人気6着馬。
天皇賞・秋から〔010〕。17着馬。
ジャパンカップから〔001〕。12着馬。
凱旋門賞11着馬の〔100〕というのもあります。
金鯱賞から〔202〕。3着以内3頭と、2番人気8着馬。
ステイヤーズSから〔100〕。3着馬。
福島記念から〔020〕。連対馬。
中日新聞杯から〔013〕。18着の馬と、掲示板確保の馬が3頭。
中山金杯から〔011〕。人気、着順は不問です。
チャレンジCから〔010〕。4番人気10着馬。
OPのディセンバーSから〔021〕。連対2頭と、6着馬。
3勝クラスから〔101〕。1、2番人気で1着の馬。またこの2頭の前々走は菊花賞でした。
芝1800mのディセンバーS以外は、すべて芝2000m以上のレースです。
連対20頭中19頭に、GTまたはGUに3着以内がありました。
また、連対20頭中17頭に、芝2000m以上の重賞での連対歴がありました。
ただし、GT馬の優勝は、昨年のブラストワンピースが、この10年で初となります。
さらに、連対20頭中19頭に、芝2000以上での勝ちがありました。
牝馬は〔000〕。
年齢別では、4歳〔143〕、5歳〔513〕、6歳〔312〕、7歳〔120〕、8歳〔022〕。
馬券圏内30頭すべてが、近2走のいずれかで重賞に出走していました。チェックをお忘れなく。


東海S(日曜・中京)
ダート1800m戦。
1月の中京に移ったのが13年のこと。ただし、昨年は京都での施行。従いまして、データは13年から19年の7回で見ていきたいと思います。
1番人気は〔502〕、2番人気は〔020〕、3番人気は〔011〕。
6番人気以下〔043〕、2ケタ人気馬〔021〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券1本。
勝ち馬は4番人気まで。
1番人気の馬券圏内は100%です。
ステップレースを見ていきましょう。
JCダートを含む、チャンピオンズCから〔213〕。人気、着順は不問です。
交流GTの東京大賞典から〔210〕。4着以内の馬。
みやこSから〔020〕。人気、着順は不問。
交流GUの名古屋グランプリから〔010〕。勝ち馬。
OPから〔223〕。4着以内または4番人気までの馬。
3勝クラスから〔101〕。1番人気1着馬でした。
連対14頭中、9頭に交流を含む重賞勝ちがあり、2頭にOPクラスの連対歴がありました。
また、連対14頭中10頭が、ダート1800mで3勝以上を挙げており、ダート1800mで未勝利の馬は2着に1頭だけ。
別の見方では、14頭中13頭に、1700mから2000mのダート戦に4つ以上の勝ち星がありました。
中2週以内の馬の勝ちはなく、勝ち馬のすべては前走掲示板確保の馬。
牝馬は〔000〕。
年齢別では、4歳〔112〕、5歳〔433〕、6歳〔102〕、7歳〔120〕、8歳〔010〕。
5歳馬が中心ですが、ベテランの頑張りも見逃せません。
さて昨年ですが、2、3、1番人気の1〜3着。
年齢は、5、7、6歳馬。
1番人気は馬券圏内100%を維持しましたが、勝ったエアアルマスは武蔵野S1番人気11着から。“掲示板確保の馬”ではありませんでした。
ちなみに、2、3着はそれぞれ、チャンピオンズC7着、3着の馬です。
中京ダートは逃げ、先行馬が優勢。中京に限れば、4コーナーで先頭の馬が、7回で〔310〕。
前々で進められる馬を狙いたいところです。

 



 
 
週末の重賞……2021.01.13
日経新春杯(日曜・中京)
芝2200mのハンデ戦。
昨年までは京都芝2400mで行われていましたが、今年は中京芝2200mに舞台が移ります。
データは、京都での過去10年で見ていきましょう
1番人気は〔431〕、2番人気は〔410〕、3番人気は〔021〕。
6番人気以下〔214〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ5回に、万馬券1本。
1、2番人気のいずれも連に絡まなかったのは1回だけ。
1〜3番人気でのワンツーが5回ある、堅めのレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
菊花賞から〔300〕。掲示板確保の馬。
有馬記念から〔200〕。3着と6着の馬。
ダービーから〔100〕。7着馬。
ジャパンカップから〔001〕。勝ち馬。
アルゼンチン共和国杯から〔010〕。2着馬。
札幌記念から〔001〕。14着馬。
金鯱賞から〔102〕。2番人気8着と、3、4着馬。
ステイヤーズSから〔001〕。3着馬。
中日新聞杯から〔020〕。3着馬。
鳴尾記念から〔010〕。2着馬。
OPの万葉Sから〔001〕。2着馬。
3勝クラスから〔242〕。勝ち馬6頭に、2、4着馬。
2勝クラスから〔111〕。すべて勝ち馬でした。
様々なレースからの好走が見られますが、重賞をまとめてみると、
GT〔601〕。掲示板5頭に、6、7着が1頭ずつ。
GU、GV〔144〕。3着以内5頭に、4、8、14着が1頭ずつ。
ざっくりとですが、なんとなくの傾向は見えるかと思います。
トップハンデは10年で13頭いて〔112〕。
勝ち馬のハンデは58.5〜52キロで、平均すると54.9キロ。
2着馬は56〜53キロで、平均55.1キロ。
3着馬は58〜51キロで、平均55.05キロ。
トップハンデで馬券に絡んだ4頭中3頭は、当日人気が1番人気の馬でした。
連対20頭中、13頭に芝2200m以上での勝ちがあり、残りの7頭には芝2000mのOPクラスでの勝ちか、芝1800m以上の重賞の連対歴がありました。
また、連対20頭中、12頭に重賞3着以内が、1頭にOPでの勝ちがあり、残る7頭中6頭は、前走3勝クラスまたは2勝クラスを勝ち、かつ芝2200m以上に勝ちのあった馬。
例外の1頭は前走3勝クラス4着の馬ですが、この馬にも芝2200m以上での勝ちはありました。
実績か勢いの、いずれかは欲しいといった感じでしょうか。
牝馬は〔011〕。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔841〕、5歳〔144〕、6歳〔125〕。
馬券圏内は3世代のみ。中でも4歳馬が、他を圧倒しています。


京成杯(日曜・中山)
明け3歳馬による芝2000m戦。
過去10年、1番人気は〔231〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔101〕。
6番人気以下〔236〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
7番人気の馬が〔222〕。ひと捻り必要なようです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔110〕。2番人気7着の馬と、2着馬。
OP、GU時代も含む、ホープフルSから〔113〕。掲示板確保の馬。
京都2歳Sから〔010〕。5着馬。
OPの萩Sから〔100〕。5着馬。
1勝クラスから〔423〕。3着以内の馬。
新馬勝ちから〔213〕。
未勝利勝ちから〔131〕。
馬券圏内には、前走OPクラスなら掲示板が必要で、例外の1頭はGT2番人気7着の馬。
1勝クラスは3着以内。
距離別で見ると、前走芝1600mからは朝日杯FSのみ。他はすべて芝1800mか、芝2000mからの馬。
近2走続けて3着を外している馬の馬券圏内もありません。
連対20頭中、11頭に芝2000mでの勝ちがあり、残る9頭には芝1800mでの勝ち、または同距離の重賞2着がありました。
牝馬は〔010〕。出走自体が少なく、昨年1番人気で2着のスカイグルーヴのみ。
キャリア5戦以上の馬は2着まで。
一方で、キャリア3戦の馬が〔642〕と連対の半数を占めています。


愛知杯(土曜・中京)
芝2000mで行われる、牝馬限定のハンデ戦。
1月に変わったのが16年のこと。また、昨年は小倉での施行。従いまして、データは16〜19年の過去4年で見ていきたいと思います。
1番人気は〔111〕、2番人気は〔000〕、3番人気は〔000〕。
6番人気以下〔321〕、2ケタ人気馬〔020〕。
馬連3ケタはなく、万馬券2本。
残る2回も7450円、4600円ですから、大波乱の牝馬重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔110〕。
OP時代も含む、ターコイズSから〔110〕。
マーメイドSから〔100〕。
中日新聞杯から〔001〕。
OPクラスからの人気、着順は不問です。
3勝クラスから〔103〕。連対馬。
2勝クラスから〔020〕。勝ち馬。
トップハンデは4年で7頭いて〔111〕。
勝ち馬のハンデは55.5〜53キロで、平均すると54.13キロ。
2着馬は55〜50キロで、平均52キロ。
3着馬は56〜53キロで、平均53.75キロ。
連対8頭すべてに芝1800m以上での勝ちがあり、勝ち馬4頭中3頭に重賞3着以内がありました。
年齢別では、4歳〔012〕、5歳〔321〕、6歳〔111〕。
そして昨年は、9、5、11番人気の1〜3着。
馬連12500円の万馬券。
前走は、ターコイズS6着、エリザベス女王杯8着、万葉S4着。
ハンデは56、53、52キロ。
年齢は7歳、6歳、7歳馬。
また連対2頭に芝1800m以上での勝ちがあったこと。勝ち馬に重賞3着以内があったことも引き継がれました。
舞台が変わっても、波乱の傾向は変わらず。
今年も穴狙いでいきたいところです。
ちなみにハンデ55.5キロ以上は3頭出走して〔201〕。昨年の勝ち馬デンコウアンジュも、56キロでのV。
重いハンデは強さの証しと狙ってみるのも面白いかもしれません。
 



 
 
週末の重賞……2021.01.07
シンザン記念(日曜・中京)
明け3歳馬によるマイル重賞。芝1600m戦。
例年は京都での施行ですが、今年は中京で行われます。
データは過去10年で見ていきます。
1番人気は〔301〕、2番人気は〔321〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔354〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
10年中、9年で7番人気以下の伏兵が馬券圏内に。そのうち8年では連対まで果たしている波乱のレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔122〕。
デイリー杯2歳Sから〔011〕。
京王杯2歳Sから〔010〕。
東京スポーツ杯2歳Sから〔100〕。
アルテミスSから〔100〕。
重賞組は人気、着順不問です。
1勝クラスから〔434〕。掲示板9頭に、2、3番人気だった馬が1頭ずつ。
新馬勝ちから〔121〕。1、2番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔211〕。こちらはすべて1番人気での勝ち上がりでした。
連対20頭中、14頭に芝1600mでの勝ちがあり、1頭は芝1600mに2着が。残る5頭には、芝1400mまたは芝1800mに勝ちがありました。
別の見方をすると、連対20頭中、16頭に芝1600m以上での勝ちがあり、残る4頭中3頭に芝1600mの重賞出走歴がありました。
勝ち馬10頭中9頭が前走で1600mを走っていて、例外の1頭は芝1800mに出走。
2着馬も8頭が前走で芝1600mを走っていて、残る2頭は芝1400m、芝1800mの出走馬。
かなりマイルの距離にこだわった、予想の立ち位置でよさそうです。
OP実績は不問。
キャリア6戦の馬は2着まで。7戦以上の馬の馬券圏内はありません。
牝馬は〔321〕。前走1、2番人気で、1着または重賞2着が好走の条件になります。
尚、牝馬で勝った3頭は、レース当日も1、2番人気に推されていました。
過去10年の勝ち馬10頭中9頭までもが、9番枠より内の馬。今年は中京で傾向は変わるかもしれませんが、本来は内有利のレースです。
同じ舞台で行われた今年の京都金杯は、2番と4番のワンツー。果たして、データは受け継がれるのでしょうか?


フェアリーS(月曜・中山)
明け3歳の牝馬限定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔210〕、2番人気は〔102〕、3番人気は〔401〕。
6番人気以下〔373〕、2ケタ人気馬〔330〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
勝つのは1〜3番人気までの馬か、2ケタ人気馬という両極端。3本の万馬券は、すべて3万馬券です。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神ジュベナイルFから〔201〕。
アルテミスSから〔100〕。
どちらも掲示板を外していた馬ですが、共通するのは前々走で1着だったということ。これは重要なポイントかもしれません。
1勝クラスから〔373〕。掲示板9頭に、1番人気1頭ですが、人気も着順も低い馬が3頭も連に絡んでいます。
新馬勝ちから〔213〕。
未勝利勝ち、芝から〔222〕。
ダートから〔001〕。ただし、この馬にも芝での2着がありました。
新馬、未勝利の人気は不問です。
勝ち馬の前走はすべて芝1600m戦。
関西馬は〔022〕と、2着まで。
連対20頭中、16頭に芝1600m以上での勝ちがあり、3頭に1勝クラスの芝1600m戦での4着以内が。残る1頭には1勝クラスの芝1400mでの2着がありました。
1勝クラスに勝ちがなくても好走出来てしまうあたりに、難解さがあると言えそうです。
ただし、芝1600m以上のレースで馬券圏内に入ったことのない馬は、2着が精一杯というのも覚えておきましょう。
キャリアは不問。
過去10年の勝ち馬10頭中、8頭が8番枠より内の馬。14番、15番枠での勝ち馬もいますが、基本は内枠。
内に入った先行馬の粘り込みに注意が必要なレースです。
 



 
 
週末の重賞……2021.01.04
中山金杯(5日・中山)
芝2000mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔313〕、2番人気は〔310〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔053〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券なし。
勝ち馬は5番人気まで。1〜3番人気が連に絡まなかったのは1回だけ。その時も3着は1番人気の馬でした。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔120〕。人気、着順は不問です。
天皇賞・秋から〔001〕。6着馬。
金鯱賞から〔210〕。2番人気10着馬と4着馬2頭。
毎日王冠から〔100〕。3着馬。
アルゼンチン共和国杯から〔100〕。3着馬。
チャレンジC(朝日CCも含む)から〔133〕。掲示板6頭と、12着馬。
福島記念から〔111〕。勝ち馬2頭と、4着馬。
中日新聞杯から〔101〕。連対馬。
新潟記念から〔001〕。勝ち馬。
OPのディセンバーSから〔131〕。掲示板確保の馬。
3勝クラスから〔102〕。こちらは勝ち馬です。
GTからなら人気、着順は不問。
GU以下は掲示板もしくは1、2番人気に推されていた馬。
例外は、チャレンジC9番人気12着から3着に来た、昨年のテリトーリアルのみ。この馬も前々走では、OP1着の成績を残しています。
トップハンデは10年で12頭いて〔421〕。
勝ち馬のハンデは58〜55キロで、平均すると56.6キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均55.95キロ。
3着馬は57.5〜53キロで、平均55.7キロ。
54キロ以下の馬は〔012〕。勝ち馬10頭と2着馬9頭までが、ハンデ55キロ以上となっています。
連対20頭すべてに、芝1800mまたは芝2000mでの勝ちがありました。
また、19頭が中8週以内(今年は10月31日、11月1日)での出走。冬場の長期休養明けは、割引が必要ということかもしれません。
勝ち馬で見ると、10頭中9頭に複数回のOP3着以内歴があり、残りの1頭は2勝クラス、3勝クラスと連勝で臨んだ重賞初挑戦の馬。
牝馬は〔000〕。苦戦を強いられています。
年齢別にみておくと、4歳〔322〕、5歳〔343〕、6歳〔343〕、7歳〔102〕。
ひとつ年を重ねて、4〜6歳馬でまんべんなく。7歳の好走馬は、5番人気以内に支持された馬でした。
実は13年からの8年中7年で、トップハンデ馬が馬券に絡んでいます。
このレースでの重いハンデは“強さの証し”と考えていいのかもしれません。


京都金杯(5日・中京)
芝1600mのハンデ戦。
例年は京都での施行ですが、今年は中京で行われます。
データは、京都での過去10年で見ていきましょう。
1番人気は〔311〕、2番人気は〔021〕、3番人気は〔320〕。
6番人気以下〔236〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタはなく、万馬券1本。
6番人気以下の伏兵が1頭も馬券に絡まなかったのは、1回だけ。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔121〕。
菊花賞から〔100〕。
毎日王冠から〔110〕。
阪神Cから〔022〕。
チャレンジC(朝日CCを含む)から〔120〕。
中日新聞杯から〔010〕。
ターコイズSから〔001〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OPからが最も好相性で〔604〕。すべて掲示板確保の馬で、3着以内7頭に、5着が3頭。
中でも、リゲルS組がよく〔401〕。要注目のステップと言えそうです。
3勝クラスから〔021〕。こちらはすべて勝ち馬でした。
トップハンデは10年で16頭いて〔032〕。
勝ち馬のハンデは57〜53キロで、平均すると55.35キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均56.15キロ。
3着馬は58〜53キロで、平均55.1キロ。
ハンデ53キロで馬券に絡んだのは4頭で、内訳は〔202〕。このうち〔201〕が牝馬。連対した牡馬は、すべて54キロ以上と覚えておきましょう。
連対20頭中、17頭に重賞3着以内またはOPでの勝ちがあり、残りの3頭は芝1600mの3着以内率が8割を超えていました。
また、連対20頭中17頭に芝1600mでの勝ちがあったことから、マイル適性の高さは重要なポイントのよう。
ちなみに、前走からの距離延長馬は〔024〕。2着までとなっています。
牝馬は〔202〕。勝った2頭は共に3番人気で、ハンデはどちらも53キロ。3着の2頭は10、11番人気で、ハンデは53キロと54キロ。
牝馬は上手く狙い分けしたいところです。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔442〕、5歳〔322〕、6歳〔322〕、7歳〔023〕、8歳〔001〕。
勝つのは6歳までとなっています。