週末の重賞……2021.5.6
NHKマイルC(日曜・東京)
3歳マイル王決定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔410〕、2番人気は〔231〕、3番人気は〔110〕。
6番人気以下〔348〕、2ケタ人気馬〔133〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券4本。
10年のうち、8年で1または2番人気が連に絡むも、高配当続出。波乱のGTです。
ステップレースを見ていきましょう。
皐月賞から〔211〕。人気、着順は不問です。
桜花賞から〔210〕。掲示板確保の馬。
ニュージーランドTから〔403〕。掲示板5頭に、4番人気だった馬が2頭。
スプリングSから〔011〕。人気、着順は不問。
弥生賞から〔001〕。12着馬。
ファルコンSから〔110〕。連対馬。
アーリントンCから〔103〕。3着以内の馬。
毎日杯から〔030〕。4着以内の馬。
フラワーCから〔010〕。勝ち馬。
京成杯から〔001〕。1番人気10着馬。
OPの橘Sから〔010〕。勝ち馬。
アネモネSから〔010〕。4着馬。
前走1勝クラスからの馬券圏内はありません。
連対20頭中、16頭に重賞連対歴があり、残る4頭にはOP勝ちがありました。
また、連対20頭中、16頭に芝1600mの勝ちが、1頭にダート1600mの勝ちがあり、残る5頭中、2頭は芝1400mのOP勝ち馬、3頭は芝1400mか芝1800mの重賞2着馬でした。
連対20頭中、16頭が新馬勝ちの馬。
年明けデビューの馬は、全勝かつ重賞勝ちが必須です。
牝馬は〔231〕。
キャリア2戦以下と10戦以上の馬の、馬券圏内はありません。
逃げ馬が〔311〕と、半数が馬券圏内に。そのうち4頭が、当日1番人気に推されていました。
人気の逃げ馬には注意が必要です。


新潟大賞典(日曜・新潟)
芝2000mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔013〕、2番人気は〔110〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔465〕、2ケタ人気馬〔242〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
1000円台も1回だけ、1番人気に10年勝ちなしという、大波乱のハンデ重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
中山記念から〔020〕。
G2時代の産経大阪杯から〔011〕。
小倉大賞典から〔102〕。
その他、ダートのフェブラリーSから勝ち馬が。
有馬記念、AJCC、中山金杯、函館記念から2着馬が。
日経賞、東京新聞杯から3着馬が出ています。
重賞組は、人気、着順不問です。
OPから〔413〕。連対6頭に、3着と8着の馬。
3勝クラスから〔212〕。こちらは勝ち馬でした。
トップハンデは、10年で16頭いて〔120〕。
勝ち馬のハンデは57〜54キロで、平均すると55.65キロ。
2着馬は57.5〜54キロで、平均56.1キロ。
3着馬は56.5〜54キロで、平均55.6キロ。
54キロ未満の3着以内はありません。
連対20頭中、14頭に芝2000mでの勝ちがあり、残る6頭にも芝1800mでの勝ちがありました。
また、連対20頭中、13頭に重賞連対歴が、2頭にOP勝ちがあり、残る5頭はOPに上がってから2戦以下の馬でした。
牝馬は〔000〕。馬券圏内がありません。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔323〕、5歳〔422〕、6歳〔034〕、7歳〔231〕、8歳〔100〕。
ベテランも頑張ります。
前走OPと3勝クラス勝ち馬で〔625〕。それでいて、ハンデ54キロ未満の馬券圏内がないのですから、ハンデを背負わされるのは力の証し。
重賞以外のステップで、54キロ以上のハンデの馬から、穴馬を見つけたいですね。


京都新聞杯(土曜・中京)
3歳馬による、ダービーへの“東上最終切符”とも言われるレース。芝2200m戦。
今年は中京で行われますが、例年は京都での施行。データは、京都での過去10年です。
1番人気は〔221〕、2番人気は〔231〕、3番人気は〔210〕。
6番人気以下〔245〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
人気馬も人気薄も好走する、難解なレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
皐月賞から〔110〕。人気、着順は不問です。
スプリングSから〔011〕。人気、着順は不問。
弥生賞から〔001〕。5着馬。
毎日杯から〔202〕。勝ち馬2頭と4着馬に、4番人気7着馬。
共同通信杯から〔100〕。2番人気10着馬。
きさらぎ賞から〔001〕。3着馬。
OPから〔021〕。1番人気4着馬が2頭に、2番人気5着馬。
実は、1勝クラスからが最もよく〔664〕。連対13頭に、4、6、7着馬。
前走で初勝利を挙げた馬の馬券圏内はありません。
また、馬券圏内30頭中、近2走のいずれかで連対していた馬が29頭。例外の1頭も、前々走はGT3着でした。続けて凡走している馬の好走は望めません。
連対20頭中、14頭に芝2000m以上での勝ちがあり、残る6頭にも芝1800mでの複数回の連対歴がありました。
芝1800m未満にしか好走歴のない馬の連対は難しいということです。
また、連対20頭中、8頭にOPクラスの3着以内があり、11頭に1勝クラスの連対歴がありました。
OP実績は、そう重視しなくてもいいのですが、“OPクラス3着、1勝クラス2着”がボーダーラインであることは覚えておきましょう。
キャリア2戦以下の馬は3着に1頭のみ。逆に9戦以上の馬の馬券圏内はありません。
過去10年、関西馬が1〜3着をすべて独占。関東馬の馬券圏内はありません。中京に替わって、果たして?


 



 
 
週末の重賞……2021.4.30
天皇賞・春(日曜・阪神)
古馬最高峰のレース。芝3200m戦。
例年は京都での施行。今年は阪神で行われますが、データは京都で行われた過去10年です。
1番人気は〔310〕、2番人気は〔402〕、3番人気は〔041〕。
6番人気以下〔244〕、2ケタ人気馬〔122〕。
馬連3ケタはなく、万馬券2本。
近8年で、1、2番人気が7勝。残る1回も4番人気の勝利と、人気馬の優勝が多くなっています。
ステップレースを見ていきましょう。
大阪杯から〔110〕。勝ち馬と4番人気13着馬。
GU時代の産経大阪杯から〔220〕。こちらは3着以内の馬でした。
有馬記念から〔100〕。4着馬。
海外GTのドバイワールドCから〔001〕。2着馬。
阪神大賞典から〔325〕。3着以内7頭に、4、6、10着馬が1頭ずつ。
日経賞から〔223〕。3着以内6頭に、2番人気5着馬。
AJCCから〔100〕。2着馬。
京都記念から〔011〕。1着と4着の馬。
日経新春杯から〔010〕。勝ち馬。
ダイヤモンドSから〔010〕。こちらも勝ち馬です。
馬券圏内30頭すべてが、前走重賞組。そのうち29頭がGT、もしくはGUから。例外の1頭もGVからの馬でした。
また、掲示板を外していたのは3頭のみ。その前走の人気は、4、5、6番人気でした。
連対20頭すべてに、GT、もしくはGUの連対歴があり、17頭にGTでの3着以内がありました。
また、連対20頭中、13頭に芝3000m以上のGTでの3着以内があり、残る7頭にはGT、GUの勝ちに加え、前走重賞3着以内必須です。
この7頭をさらに詳しく見ていくと、芝3000m以上のGTに4着以下でも勝ち馬から0秒5差か、芝2400mのGT連対歴、または芝2200mのGU勝ちがありました。
牝馬は〔000〕。馬券圏内はありません。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔424〕、5歳〔530〕、6歳〔143〕、7歳〔003〕、8歳〔010〕。
5歳、4歳の順にいいようです。


青葉賞(土曜・東京)
3歳馬によるダービーTR。芝2400m戦。
2着までの馬に優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔324〕、2番人気は〔001〕、3番人気は〔101〕。
6番人気以下〔432〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
1番人気の複勝率が90%なのに、波乱含みの結果となっています。
ステップレースを見ていきましょう。
弥生賞から〔310〕。3、4、6、7着の馬。
スプリングSから〔110〕。6、7着の馬。
この2つのGUからは、勝ち馬から0秒9差以内の馬だけ好走可のようです。
京成杯から〔010〕。2着馬。
毎日杯から〔001〕。3着馬。
共同通信杯から〔001〕。3着馬。
OPのすみれSから〔001〕。2番人気7着馬。
最も好走馬を輩出しているのが、1勝クラスからで〔677〕。勝ち馬17頭に、2、3、4着馬が1頭ずつ。
1勝クラスの距離を見てみると、19頭が芝2200m以上、例外は芝1600mから3着に来た1頭のみです。
連対20頭すべてに、芝2000m以上での出走歴があり、19頭はそこで勝利。残る1頭にも、芝2000mの重賞での4着がありました。
新馬、未勝利勝ちからの馬券圏内はなく、キャリア8戦以上の馬にも馬券圏内はありません。覚えておきましょう。


 



 
 
週末の重賞……2021.4.20
フローラS(日曜・東京)
3歳牝馬による、オークスTR。芝2000m戦。2着までの馬に優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔310〕、2番人気は〔151〕、3番人気は〔202〕。
6番人気以下〔245〕、2ケタ人気馬〔133〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券3本。
荒れる時は大きく荒れるようです。
ステップレースを見ていきましょう。
フラワーCから〔033〕。6着までの馬。
クイーンCから〔011〕。6着と3着の馬。
OPのアネモネSから〔100〕。勝ち馬。
1勝クラスからが最もよく〔754〕。連対12頭に、4、6、8、9着馬。ちなみに、勝ち馬7頭中、6頭は勝ち馬で、残る1頭は2番人気4着馬でした。
未勝利戦勝ちから〔212〕。連対3頭と3着の1頭は、1番人気で勝ち上がった馬。残る3着の1頭は5番人気での勝ち上がりでした。
前走芝1600mで馬券圏内に来たのは、クイーンC、アネモネS、OPクラスの2レースのみ。それより短い距離からの馬券圏内はありません。
また、前走重賞組は2着までです。
連対20頭中、19頭に芝1800m以上の出走歴があり、そのうち17頭に勝ちが、1頭に2着がありました。例外の1頭は芝1600mを連勝中で、デビューから連対100%の馬でした。
勝ち馬で見ると、10頭すべてが近2走のどちらかで勝利を挙げていました。
キャリア1戦の馬の馬券圏内はなく、8戦以上の馬は2着まで。
開幕週でも決め手勝負になるようです。
最後に枠順で見ておくと、東京芝2000mは外枠不利。それを顕著に示すかのように、勝ち馬の8頭までもが8番枠より内の馬。
残る2頭は、12番枠と18番枠ですが、1番人気と3番人気。枠の不利を覆すような高い支持がないと厳しいといった感じです。
現在、前走1勝クラス勝ちの、キャリア3、4戦の馬が4連勝中。該当する馬がいたら、枠順を確かめて、積極的に狙っていきたいところです。


マイラーズC(日曜・阪神)
芝1600m戦。
12年から昨年までは京都で行われていましたが、今年は11年以来となる阪神での施行。
データは過去10年で見ていきたいと思います。
1番人気は〔223〕、2番人気は〔112〕、3番人気は〔301〕。
6番人気以下〔243〕、2ケタ人気馬〔011〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券3本。
波乱含みのレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔001〕。2着馬。
海外GTの香港マイルから〔101〕。人気、着順は不問。
阪神Cから〔200〕。2、3着馬。
中山記念から〔200〕。2着と4着の馬。
金鯱賞から〔100〕。勝ち馬。
スワンSから〔010〕。2着馬。
東京新聞杯から〔025〕。2着または1、2番人気に推されていた馬。
阪急杯から〔020〕。2着と7着の馬。
京都金杯から〔002〕。勝ち馬。
ダービー卿CTから〔001〕。14着馬。
OPから〔350〕。連対もしくは1、2番人気に推されていた馬が7頭。残る1頭は5番人気12着の馬。
馬券圏内30頭の前走は、すべてOPクラスから。
また、前走時の好走、または高い人気が欲しく、着順、人気共に“3”を外していたのは、わずかに5頭です。
前走1200mからの馬券圏内はなく、国内の芝GTからは3着に1頭のみ。ダートのGTフェブラリーSからの馬券圏内もありません。
中3週以内で出走の馬に連対はなく、ダービー卿CT組の苦戦はローテーション的な問題かもしれません。
連対20頭中、15頭に芝1600mの重賞での3着以内またはOP勝ちがあり、3頭は芝1600mで2勝以上。残る2頭は、ここが初めての芝1600m戦でした。
牝馬は〔000〕。大苦戦です。
年齢別に見ておくと、4歳〔342〕、5歳〔426〕、6歳〔211〕、7歳〔111〕、8歳〔020〕。
ベテランの頑張りにも注意が必要なよう。
逃げも、差しも決まります。ちなみに11年の阪神開催時は“行った、行った”で大波乱となりましたが、今年は果たして?


福島牝馬S(土曜・福島)
牝馬限定の芝1800m戦。
今年は福島ではなく、新潟での施行。こちらも11年以来の新潟となります。
データは過去10年です。
1番人気は〔231〕、2番人気は〔012〕、3番人気は〔311〕。
6番人気以下〔325〕、2ケタ人気馬〔115〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
半数の5回で2ケタ人気馬が馬券圏内に。大波乱もありそうです。
ステップレースを見ていきましょう。
圧倒的好相性なのが、中山牝馬S組で〔872〕。3着以内10頭に、4〜8着が7頭。過去7年でワンツーがあり、現在、このステップの馬が4連勝中です。
愛知杯から〔201〕。こちらは人気、着順不問。
勝ち馬は、この2つの重賞からしか出ていません。
阪神牝馬Sから〔001〕。11着馬。
京都牝馬Sから〔001〕。9着馬。
OPの六甲Sから〔001〕。12着馬。
3勝クラスから〔024〕。人気、着順は不問。
2勝クラスから〔010〕。こちらは勝ち馬でした。
2勝クラスを除き、中山牝馬S以外は人気、着順不問。このあたりに難解さが表れていますよね。
連対20頭中、19頭に芝1800mの勝ち、または芝1800mの重賞での3着以内があり、例外の1頭は前走中山牝馬Sで、勝ち馬から0秒2差6着の馬。
また、連対20頭中、16頭に重賞3着以内があり、4頭にはOPでの掲示板がありました。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔253〕、5歳〔555〕、6歳〔202〕、7歳〔100〕。
5歳馬が中心のようです。


 



 
 
週末の重賞……2021.4.15
皐月賞(日曜・中山)
クラシック3冠の第1弾。芝2000m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
1番人気は〔311〕、2番人気は〔130〕、3番人気は〔123〕。
6番人気以下〔314〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ5回に、万馬券なし。
大きな波乱は少ないようです。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、3つのTRから。
スプリングSから〔213〕。連対馬。
弥生賞から〔042〕。4着以内の馬。
若葉Sから〔021〕。1、2番人気で連対の馬。
他に、ホープフルSから〔200〕。1番人気1着馬。
朝日杯FSから〔010〕。1番人気1着馬。
共同通信杯から〔401〕。3番人気以内で連対の馬。
毎日杯から〔010〕。2番人気1着馬。
アーリントンCから〔010〕。1番人気1着馬。
きさらぎ賞から〔001〕。1番人気1着馬。
京成杯から〔001〕。こちらも1番人気1着の馬でした。
馬券圏内27頭で見ると、弥生賞以外は前走連対必須。弥生賞は4着まで。
また、27頭中、22頭が前走3番人気以内。4番人気以下だった5頭は、弥生賞以外なら前走1着で人気不問。弥生賞は5番人気まで好走可となっています。
連対18頭中、14頭に重賞勝ちがあり、2頭に重賞2着が。残る2頭にはOP勝ちがありました。
また、連対18頭中、17頭に芝1800mと2000mに勝ちがあり、例外の1頭はデビュー以来、芝1600mを3戦3勝。中には朝日杯FSを含む重賞2勝がありました。
芝1800m、2000mに勝ちがない馬は、3着で見ても1頭しかいません。
さらに、連対18頭すべてが、2勝以上の馬。1勝馬は3着に1頭いるだけです。
連対18頭中、17頭がデビュー以来、掲示板を外していませんでした。
キャリア2戦以下と8戦以上の馬券圏内はありません。
〔898〕と、ほとんどを占めるキャリア3〜5戦の馬を狙いたいレースです。


アンタレスS(日曜・阪神)
ダート1800m戦。
京都から阪神へ移ったのが12年のこと。従いまして、データは過去9年です。
1番人気は〔411〕、2番人気は〔122〕、3番人気は〔223〕。
6番人気以下〔231〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
毎年、1〜3番人気が連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
JCダートを含む、チャンピオンズCから〔110〕。人気、着順は不問です。
フェブラリーSから〔010〕。3着馬。
東海Sから〔003〕。人気、着順は不問。
交流重賞のダイオライト記念から〔121〕。3番人気以内で連対の馬。
同じく、名古屋大賞典から〔430〕。3着以内6頭に、1番人気4着馬。
平安Sから〔100〕。1番人気1着馬。
マーチSから〔024〕。人気、着順は不問。
OPの仁川Sから〔200〕。1番人気1着馬。
総武Sから〔001〕。13着の馬でした。
馬券圏内27頭の前走は、すべてOPクラス。
ちなみに、昨年の1番人気は3勝クラスを勝ったばかりのベストタッチダウンでしたが、14着に敗れています。
連対18頭中、17頭に重賞3着以内があり、例外の1頭は前々走で3勝クラスを勝ち、重賞2戦目の馬でした。
また、連対18頭中、16頭にダート1800m〜2000mのOPクラスに勝ちがありました。
残る2頭のうち、昨年勝ったウェスタールンドは、芝1800mとダート1700mに勝ちがあった馬です。
牝馬は〔000〕。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔142〕、5歳〔611〕、6歳〔135〕、7歳〔011〕、8歳〔100〕。
6歳以上の連対6頭は、前走でも連対していた馬。
勝ちという意味では、5歳馬がいいようです。


アーリントンC(土曜・阪神)
3歳馬によるNHKマイルCのTR。芝1600m戦。3着までに優先出走権が与えられます。
4月の施行に変わったのが18年のこと。従いまして、データは過去3年です。
18年は1、3、4番人気の1〜3着で、馬連1050円。
19年は12、7、11番人気で、馬連36120円。
20年は1、4、5番人気で、馬連1160円。
ちなみに、19年の3連単は1361140円です。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔200〕。2、3着の馬。
フィリーズレビューから〔100〕。4着馬。
京成杯から〔010〕。11着馬。
シンザン記念から〔001〕。2着馬。
1勝クラスから〔021〕。1または2番人気で勝った馬。
未勝利勝ちから〔001〕。1番人気1着馬でした。
勝ち馬3頭は、すべて前走重賞出走馬。
また、2、3着で見ると、重賞以外は勝ち必須です。
牝馬は〔110〕。
18年と20年は似た傾向に。わずか3年のデータですが、もし隔年で繰り返されるなら、19年の波乱の再現なるかも?
穴党は、先物買いで100万馬券を狙ってみてはいかがです?


 



 
 
週末の重賞……2021.4.8
桜花賞(日曜・阪神)
3歳牝馬の3冠初戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔131〕、2番人気は〔530〕、3番人気は〔113〕。
6番人気以下〔224〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
1番人気の1勝に対し、2番人気は5勝。2番人気馬が、現在3連勝中です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは3つのTRから。
チューリップ賞から〔576〕。連対12頭はすべて3着以内または1、2番人気だった馬。3着の6頭は人気、着順不問です。
フィリーズレビューから〔102〕。1番人気で連対した馬に限られます。
アネモネSから〔000〕。馬券圏内はありません。
その他では、朝日杯FSから〔100〕。1番人気3着馬。
阪神JFから〔010〕。5番人気1着馬。
シンザン記念から〔100〕。1番人気1着馬。
クイーンCから〔021〕。1、2番人気で1着の馬。
フラワーCから〔001〕。5番人気1着馬。
OPのエルフィンSから〔200〕。2、3番人気で1着の馬。
チューリップ賞と朝日杯FS以外は、連対必須です。
また、前走4着以下からの馬券圏内はチューリップ賞組のみとなります。
連対20頭すべてに、重賞連対またはOPでの勝ちがありました。
また、連対20頭すべてが、デビュー2戦目までに勝ち上がっていました。
さらに、連対20頭中19頭に、芝1600mでの勝ちまたは芝1600mの重賞3着以内がありました。
ちなみに、前走距離が1600m未満だったのは、フィリーズレビュー(1400m)からの3頭のみ。この3頭には、1600mの阪神JFの掲示板がありました。距離適性は重要なようです。
キャリア7戦以上の馬の馬券圏内はなく、逆にキャリア2戦での馬券圏内は昨年優勝のデアリングタクトのみ。
勝ち馬の馬体重は、当日452キロ以上、前走時448キロ以上でした。
脚質的には、差し、追い込みが決まりやすいよう。
最後に枠順ですが、6番枠から13番枠で9勝を挙げており、1番枠から5番枠は〔013〕。意外や内枠は不振と覚えておきましょう。


ニュージーランドT(土曜・中山)
3歳重賞。芝1600m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
1番人気は〔220〕、2番人気は〔412〕、3番人気は〔020〕。
6番人気以下〔225〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
8回で1〜3番人気が連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
チューリップ賞から〔010〕。9着馬。
ファルコンSから〔314〕。人気、着順は不問です。
アーリントンCから〔101〕。2着馬。
シンザン記念から〔100〕。勝ち馬。
きさらぎ賞から〔100〕。5着馬。
共同通信杯から〔010〕。8着馬。
フラワーCから〔010〕。3着馬。
京成杯から〔001〕。13着馬。
OPのクロッカスSから〔010〕。勝ち馬。
アネモネSから〔001〕。4着馬。
芝の1勝クラスから〔241〕。連対馬。
ダートの1勝クラスから〔001〕。勝ち馬。
未勝利勝ちから〔100〕。1番人気で勝ち上がった馬です。
牝馬は〔022〕。
連対18頭中、16頭が前走3着以内または3番人気に推されていた馬。例外の2頭も重賞で4、5番人気だった馬。
勢いと素質がモノを言うレースなのかもしれません。


阪神牝馬S(土曜・阪神)
牝馬限定の芝1600m戦。
距離が1600mに延長されたのが16年のこと。従いまして、データは過去5年です。
1番人気は〔111〕、2番人気は〔200〕、3番人気は〔010〕。
6番人気以下〔032〕、2ケタ人気馬〔021〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
近3年は、2ケタ人気馬が馬券圏内に来ています。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔110〕。人気、着順は不問。
ジャパンカップから〔010〕。8着馬。
京都牝馬Sから〔212〕。3着以内4頭に、6着馬。
東京新聞杯から〔101〕。勝ち馬。
中山牝馬Sから〔100〕。2番人気14着馬。
京都金杯から〔001〕。3着馬。
3勝クラスから〔021〕。1〜3番人気で勝った馬です。
連対10頭中、GTからの3頭を除く7頭は、前走3着以内または2番人気だった馬。
3着5頭中4頭も、前走3着以内の馬でした。
連対10頭中、7頭に重賞勝ちまたはGT2着があり、残る3頭は昇級初戦または格上挑戦の馬でした。ちなみに、この格上挑戦の馬には、過去に重賞3着がありました。
また、連対10頭中、9頭に芝1600mでの勝ちがあり、例外の1頭は芝1600mが初めての馬でした。
年齢別に見ておくと、4歳〔232〕、5歳〔220〕、6歳〔103〕。
好走は3世代に限定されるようです。


 



 
 
週末の重賞……2021.4.1
大阪杯(日曜・阪神)
芝2000m戦。
GTに格上げになったのが17年のこと。従いまして、データは過去4年です。
1番人気は〔201〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔000〕。
6番人気以下〔120〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタはなく、万馬券もなし。
毎年、1または2番人気の馬が、連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔110〕。2着と5着の馬。
金鯱賞から〔211〕。掲示板3頭に、6着馬1頭。
中山記念から〔111〕。掲示板確保の馬。
京都記念から〔011〕。連対馬。
神戸新聞杯から〔001〕。勝ち馬。
馬券圏内12頭すべての前走が、GTまたはGUから。その前走での人気は、すべて1〜3番人気でした。
また、馬券圏内12頭すべてに重賞勝ちがありました。
連対8頭すべてに、GTでの連対歴があり、かつ芝2000m以上での勝利、または芝2000mのGTでの2着がありました。
さらに、勝ち馬4頭には、阪神芝での勝利、または阪神芝の重賞での2着がありました。
馬券圏内12頭中、8頭に芝2000mのGT3着以内があり、残る4頭には芝1800m〜2200mの重賞での勝ちがありました。
別の見方もしておくと、馬券圏内12頭中、11頭に芝GTでの連対歴があり、残る1頭には有馬記念0秒3差の4着がありました。
とにかく高いハードルを課していいということのようです。
牝馬は〔110〕。2番人気と4番人気の馬。
GU時代も含む、過去10年で見ると〔211〕。やはり4番人気までの馬でした。
関西馬が〔443〕。関東馬を圧倒しています。
過去10年で見ても、すべて関西馬が勝っています。
年齢別では、4歳〔123〕、5歳〔311〕、6歳〔010〕。
5歳馬がいいよう。
勝ち馬4頭中、3頭が5番枠より内の馬。
2着の3頭、3着の3頭も8番枠より内の馬であることから、内が有利と考えてもよさそうです。


ダービー卿CT(土曜・中山)
芝1600mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
1番人気は〔120〕、2番人気は〔103〕、3番人気は〔110〕。
6番人気以下〔045〕、2ケタ人気馬〔020〕。
馬連3ケタはなく、万馬券1本。
波乱含みのハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
海外GTの香港Cから〔001〕。
中山記念から〔012〕。
阪神Cから〔010〕。
阪急杯から〔210〕。
東京新聞杯から〔112〕。
京都牝馬Sから〔100〕。
ターコイズSから〔010〕。
小倉大賞典から〔001〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OPの東風Sから〔131〕。3着以内が3頭に、2番人気4着と3番人気12着の馬。
ニューイヤーSから〔001〕。1番人気2着馬。
実は、3勝クラスからが最も好成績で〔411〕。1〜3番人気で勝った馬です。
トップハンデは9年で12頭いて〔110〕。
勝ち馬のハンデは57.5〜53キロで、平均すると55.67キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均55.67キロ。
3着馬は57.5〜54キロで、平均55.73キロ。
勝ち馬は牡馬なら55キロ以上。53キロは牝馬。牡馬換算なら55キロになります。
また、57.5キロ以上の馬は、当日4番人気以内に支持された場合、馬券圏内が可能なようです。
馬券圏内27頭すべてが、前走芝1400m、1600m、1800mから。
連対18頭中、17頭に芝1600mでの勝ちがあり、例外の1頭には芝1600mでの2着と芝1400mでの勝ちがありました。
また、前走で3勝クラスを勝ち上がったばかりの5頭を除く、連対13頭には、重賞3着以内またはOPクラスでの勝ちがありました。
牝馬は〔110〕。5番人気と3番人気の馬。
年齢別で見ていくと、4歳〔241〕、5歳〔617〕、6歳〔031〕、7歳〔010〕、8歳〔100〕。
5歳馬がいいようです。
勝ち馬9頭中、8頭が10番枠より内の馬で、残る1頭は13番枠の馬。
中山芝1600mでは、あまり外だと厳しいのかもしれません。

 



 
 
週末の重賞……2021.3.25
高松宮記念(日曜・中京)
2021年、JRA最初の芝のGTです。芝1200m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
1番人気は〔203〕、2番人気は〔240〕、3番人気は〔222〕。
6番人気以下〔133〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券2本。
1〜3番人気の馬が連に絡まなかったのは1回だけ。その年も、勝ったのは4番人気の馬。軸は人気馬でいいようです。
ステップレースを見ていきましょう。
メインとなるのは3つのGVから。
シルクロードSから〔422〕。掲示板7頭に、5番人気15着馬。
阪急杯から〔322〕。3着以内6頭に、1番人気7着馬。
オーシャンSから〔124〕。掲示板6頭に、3番人気9着馬。
勝ち馬は、この3つのレースからしか出ていません。
他に、ダートGTのフェブラリーSから〔010〕。5着馬。
海外GTの香港スプリントから〔001〕。12着馬。
阪神Cから〔010〕。勝ち馬。
京都牝馬Sから〔010〕。勝ち馬。
外国馬の〔100〕というのもあります。
連対18頭中、15頭に重賞勝ちがあり、残る3頭にも芝1200mの重賞2着がありました。
また、連対18頭中、15頭に芝1200mの重賞に3着以内があり、残る3頭にも芝1200mの経験と芝1400mの重賞勝ちがありました。
連対には芝1400m以下の重賞連対歴が必須ということです。
牝馬は〔233〕。
年齢別で見ておくと、4歳〔314〕、5歳〔523〕、6歳〔062〕、7歳〔100〕。
7歳の勝ち馬は外国馬。日本の勝ち馬は4、5歳のみです。
勝ち馬の8頭が11番枠より内の馬。例外の1頭は16番枠の馬。
ですが、これは昨年繰り上がりで優勝のモズスーパーフレア。1位入線は11番のクリノガウディーですから、“11番枠より内”は覚えておくといいかもしれません。


マーチS(日曜・中山)
ダート1800mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
1番人気は〔111〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔101〕。
6番人気以下〔435〕、2ケタ人気馬〔123〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
波乱のハンデ重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
フェブラリーSから〔200〕。人気、着順は不問。
旧JCダートから〔001〕。10着馬。
平安Sから〔100〕。6着馬。
みやこSから〔010〕。12着馬。
交流重賞の佐賀記念から〔101〕。連対馬。
OPの総武Sから〔240〕。掲示板5頭に、6着馬1頭。
仁川Sから〔122〕。4着以内の馬。
アルデバランSから〔100〕。2着馬。
フェアウェルSから〔010〕。勝ち馬。
師走Sから〔001〕。勝ち馬。
ポルックスSから〔001〕。4番人気14着馬。
海外のコリアCから〔010〕。勝ち馬。
3勝クラスから〔102〕。勝ち馬。
地方所属馬の〔001〕というのもあります。
トップハンデは9年で15頭いて〔130〕。
勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると56.17キロ。
2着馬は58〜55キロで、平均56.33キロ。
3着馬は58〜54キロで、平均55.83キロ。
連対18頭中、17頭にOPクラスのダートでの掲示板があり、例外の1頭はここがOP初挑戦でした。
また、連対18頭中、13頭にダート1800mでの勝ちがあり、4頭にダート1600mでOPまたは3勝クラスを含む2つ以上の勝ちがありました。例外の1頭は、前走仁川S(2000m)2着が初ダートだった昨年の2着クリンチャーです。
牝馬は〔000〕。
最後に、年齢別に見ておくと、4歳〔122〕、5歳〔313〕、6歳〔451〕、7歳〔112〕、8歳〔001〕。
6歳馬がいいようです。


日経賞(土曜・中山)
芝2500m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
1番人気は〔321〕、2番人気は〔120〕、3番人気は〔201〕。
6番人気以下〔145〕、2ケタ人気馬〔110〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券1本。
12番人気の馬が勝った12年を除けば、勝ち馬は4番人気までとなっています。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔222〕。人気、着順は不問です。
ジャパンCから〔110〕。こちらも人気、着順は不問。
菊花賞から〔010〕。2着馬。
日経新春杯から〔311〕。連対4頭に、9着馬1頭。
AJCCから〔113〕。掲示板4頭に、3着馬1頭。
京都記念から〔020〕。共に6着馬。
中山記念から〔001〕。4着馬。
ステイヤーズSから〔001〕。5着馬。
ダイヤモンドSから〔100〕。15着馬。
小倉大賞典から〔001〕。勝ち馬。
3勝クラスから〔110〕。勝ち馬。
連対18頭のすべてが、前走芝2200m以上。
これには3着も8頭が当てはまり、例外の2頭は芝1800mからの馬でした。
連対18頭中、14頭に芝2200m以上の重賞での3着以内がありました。
勝ち馬9頭で見ると、すべてに重賞3着以内またはOP勝ちがありました。
牝馬は〔001〕。
最後に年齢別で見ておきましょう。
4歳〔461〕、5歳〔213〕、6歳〔312〕、7歳〔012〕、8歳〔001〕。
4歳馬を中心に、6歳までの馬がいいようです。


毎日杯(土曜・阪神)
3歳馬による、芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔423〕、2番人気は〔321〕、3番人気は〔132〕。
6番人気以下〔112〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ5回に、万馬券なし。
毎年1〜3番人気の馬が連に絡み、上位3着までに2頭が含まれることが9回。例外の1回も3、4番人気が馬券に絡んでいる堅い重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
弥生賞から〔102〕。人気、着順は不問です。
共同通信杯から〔301〕。4着以内3頭に、2番人気6着馬。
シンザン記念から〔200〕。勝ち馬と2番人気6着馬。
きさらぎ賞から〔131〕。4着以内4頭に、4番人気6着馬。
アーリントンCから〔020〕。1番人気5着と2番人気7着の馬。
OPのすみれSから〔001〕。3着馬。
芝の1勝クラスから〔335〕。連対10頭に、1番人気4着馬。
ダートの1勝クラスから〔010〕。2着馬。
新馬勝ちから〔010〕。1番人気で勝ち上がった馬です。
ここが初芝だった1頭を除く、連対19頭中、13頭に芝1800mまたは芝2000mでの勝ちがあり、残る6頭中4頭は芝1600mで2勝、2頭には芝1600mの勝ちとOPクラスの3着以内がありました。
2勝馬はOP実績不問も、1勝馬には8頭中6頭に重賞での掲示板がありました。
牝馬は〔000〕。
キャリア1戦の馬は、2着に1頭だけです。
 



 
 
週末の重賞……2021.3.17
スプリングS(日曜・中山)
3歳馬による、芝1800mの皐月賞TR。3着までの馬に、優先出走権が与えられます。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年で見ていきましょう。
1番人気は〔251〕、2番人気は〔012〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔205〕、2ケタ人気馬〔102〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券1本。
1番人気の馬券圏内率は90%。ただし、勝ちで見ると、2勝止まりとなっています。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔221〕。連対4頭に、4着馬1頭。
OP時代も含む、ホープフルSから〔011〕。連対馬。
旧ラジオNIKKEI2歳Sから〔100〕。3着馬。
共同通信杯から〔020〕。連対馬。
きさらぎ賞から〔011〕。4着以内の馬。
OPのジュニアCから〔002〕。勝ち馬。
クロッカスSから〔001〕。勝ち馬。
1勝クラスからが最もよく〔633〕。連対11頭に、4着馬1頭。
新馬、未勝利からの馬券圏内はありません。
また、馬券圏内27頭すべてが、前走4着以内の馬となっています。
連対18頭中、重賞勝ちのある馬が7頭、OP勝ちのある馬が2頭、1勝クラス勝ちのある馬が8頭。
残る1頭は、昨年の勝ち馬ガロアクリーク。この馬、新馬勝ちからGTホープフルSに挑んで11着、1勝クラス4着から、4戦目でスプリングSを勝ちました。
また、連対18頭中、17頭に芝1600m以上の勝ちがあり、例外の1頭は19年2着のファンタジスト。芝1200m、芝1400mの重賞勝ちに加え、芝1600mのGT朝日杯FSの4着がありました。
キャリア7戦以上の馬は3着に1頭のみです。
データを覆すタイプの馬の好走が、近年増えている感があります。個々の馬のポテンシャルを重視しながら、取捨選択をしてみて下さい。


阪神大賞典(日曜・阪神)
芝3000m戦。
過去10年、1番人気は〔621〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔312〕。
6番人気以下〔022〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ6回に、万馬券なし。
勝つのは1〜3番人気の馬です。
1番人気が馬券圏内を外したのは、昨年のみとなっています。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔451〕。人気、着順は不問です。
ジャパンCから〔101〕。人気、着順は不問。
日経新春杯から〔202〕。こちらも人気、着順は不問。
AJCCから〔200〕。1着または1番人気に推された馬。
ダイヤモンドSから〔123〕。掲示板5頭と、7着馬。
京都記念から〔002〕。3着以内の馬。
OPの万葉Sから〔010〕。勝ち馬。
3勝クラスから〔021〕。3着以内の馬。
馬券圏内30頭すべてが、前走芝2200m以上を走っていた馬です。
連対20頭のうち、前走が有馬記念以外なら、掲示板確保または1番人気に推されていたことは必須のよう。
連対20頭中、13頭に重賞勝ちがあり、6頭に重賞の2、3着がありました。
勝ち馬10頭で見ると、重賞勝ちが7頭、重賞2着が2頭、GT3着が1頭。重賞実績は重要です。
さらに、連対20頭中17頭に芝2200m以上での勝ちが、加えて17頭に芝3000m以上への出走経験がありました。
牝馬は〔010〕。
年齢別に見ていくと、4歳〔453〕、5歳〔333〕、6歳〔322〕、7歳〔002〕。
若い順によく、連対は4〜6歳の3世代に限られているようです。


フラワーC(土曜・中山)
3歳牝馬限定の芝1800m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
14年は2着同着。従いまして、9年で2着は10頭、3着は8頭です。
1番人気は〔321〕、2番人気は〔311〕、3番人気は〔120〕。
6番人気以下〔234〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
上位人気馬の勝ちが多い一方で、伏兵の台頭も目立ちます。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔010〕。4着馬。
クイーンCから〔100〕。3番人気9着馬。
京成杯から〔010〕。5着馬。
OP時代のアルテミスSから〔010〕。2着馬。
1勝クラスから〔477〕。勝ち馬10頭に、2、3、6着馬が1頭ずつ、7着馬が2頭です。
新馬勝ちから〔200〕。
芝の未勝利勝ちから〔230〕。
ダートの未勝利勝ちから〔001〕。
連対19頭中、16頭に芝1800mまたは芝2000mでの勝ちがあり、残る3頭は芝1600mまでしか経験がありませんでした。
つまり、芝1800m、2000mへの出走経験があるなら、勝ち必須ということです。
ちなみに、芝1600mまでの3頭は、すべて芝1600mの新馬勝ち馬です。
一方で、重賞やOPクラスでの実績は不問。
キャリア6戦以上の馬は2着まで。
また、ここが今年最初のレースとなる馬は、2着が精一杯。覚えておくといいかもしれません。


ファルコンS(土曜・中京)
3歳馬による、芝1400m戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
1番人気は〔110〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔231〕。
6番人気以下〔234〕、2ケタ人気馬〔121〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
こちらも伏兵の台頭が目立つ、波乱含みのレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔032〕。
阪神JFから〔001〕。
交流GTの全日本2歳優駿から〔001〕。
シンザン記念から〔210〕。
アーリントンCから〔202〕。
フェアリーSから〔100〕。
京成杯から〔010〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OPのクロッカスSから〔210〕。勝ち馬2頭と9着馬。
芝の1勝クラスから〔123〕。勝ち馬4頭に、4着馬1頭、1番人気に推されていた馬1頭です。
ダートの1勝クラスから〔110〕。どちらも1番人気1着馬でした。
連対18頭のうち、ここが初芝の2頭を除く、16頭中、9頭に芝1400mでの勝ちが、3頭に芝1600m以上での勝ちが、3頭に芝1200mのOPクラスでの勝ちがありました。
ダートしか走っていなかった2頭にも、1400mでの勝ちがありました。
近5年で見ると、連対10頭中、ここが初芝の2頭を除く8頭すべてに、重賞掲示板がありました。
新馬、未勝利からの馬券圏内はなく、キャリア2戦と8戦以上の馬は2着までとなっています。
 



 
 
週末の重賞……2021.3.10
金鯱賞(日曜・中京)
芝2000m戦。
12月末から3月の施行に替わったのが、17年のこと。従いまして、データは過去4年です。
1番人気は〔301〕、2番人気は〔101〕、3番人気は〔000〕。
6番人気以下〔032〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタはなく、万馬券もなし。
1番人気は馬券圏内パーフェクト。
1、1、2、1番人気が勝つも、2着には7、8、5、8人気が。ヒモ荒れに注意が必要です。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔300〕。4着以内の馬で、当日すべて1番人気だった馬。
ダービーから〔100〕。1番人気6着馬。
海外GTの凱旋門賞から〔011〕。16着と15着の馬。
同じく、香港ヴァーズから〔010〕。2着馬。
小倉大賞典から〔010〕。4着馬。
中日新聞杯から〔010〕。5着馬。
チャレンジCから〔001〕。勝ち馬。
OPの白富士Sから〔002〕。勝ち馬と、1番人気7着馬です。
国内のレースで掲示板を外していたなら、そのレースでの1番人気が必須のよう。
馬券圏内12頭すべてに、芝2000m以上での勝ちがありました。
また、馬券圏内12頭のうち、左回りを経験していたのは11頭。勝ちがあるのは9頭で、残る2頭にも左回りのGTでの2着、4着がありました。
さらに、馬券圏内12頭中、重賞勝ちは8頭、連対2頭、3着1頭。
勝ち馬4頭すべてに、GU以上での勝ちがありました。
牝馬は〔010〕。
年齢別に見ていきましょう。
4歳〔310〕、5歳〔122〕、6歳〔002〕、7歳〔000〕、8歳〔010〕。
若い順にいいようです。
関西馬が〔433〕と、関東馬を圧倒しているのも特徴のひとつ。
また、過去4年で、逃げ馬が〔021〕。比較的人気薄の馬が、逃げ粘ります。穴馬探しのヒントは、このあたりにあるのかもしれません。


フィリーズレビュー(日曜・阪神)
3歳牝馬による、芝1400mの桜花賞TR。
3着までの馬に、優先出走権が与えられます。
19年は1着同着。従いまして、過去10年で、1着が11頭、2着は9頭となります。
1番人気は〔220〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔300〕。
6番人気以下〔346〕、2ケタ人気馬〔112〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
毎年、馬券圏内に6番人気以下の伏兵が来る、波乱含みの桜花賞TRです。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔133〕。人気、着順は不問。
朝日杯FSから〔100〕。10着馬。
クイーンCから〔111〕。4着馬。
フェアリーSから〔010〕。2着馬。
OPから〔211〕。掲示板確保の馬。
1勝クラスの芝から〔534〕。勝ち馬9頭に、2、4、5着の馬が1頭ずつ。このうち、連対8頭の内訳は、勝ち馬6頭、2着馬1頭、1番人気5着馬1頭です。
1勝クラスのダートから〔001〕。勝ち馬。
未勝利勝ちから〔100〕。
馬券圏内30頭のすべてが、ダートも含め、前走1400mまたは1600mからの参戦です。
連対20頭中、18頭に芝1400m以上での勝ちがありました。
キャリア1戦の馬の馬券圏内はなく、6戦以上は2着まで。
内回りでも、差し、追い込みが決まります。牝馬らしい、鋭い決め手の持ち主に注意が必要です。


中山牝馬S(土曜・中山)
牝馬限定、芝1800mのハンデ戦。
阪神で行われた11年を除く、データは過去9年です。
尚、14年は2着同着。従いまして、9年で2着は10頭、3着が8頭となります。
1番人気は〔122〕、2番人気は〔020〕、3番人気は〔210〕。
6番人気以下〔335〕、2ケタ人気馬〔023〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
上位人気馬に信頼が置けない、波乱の牝馬重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔100〕。7着馬。
有馬記念から〔010〕。10着馬。
日経新春杯から〔101〕。3着馬と12着馬。
京都牝馬Sから〔101〕。6着馬と3着馬。
愛知杯から〔314〕。4着以内の馬が5頭に、8着馬2頭、12着馬1頭です。
OP時代も含む、ターコイズSから〔121〕。4着以内の馬。
中山金杯から〔010〕。5着馬。
東京新聞杯から〔010〕。6着馬。
OPから〔211〕。人気、着順は不問。
3勝クラスから〔021〕。連対馬。
2勝クラスから〔010〕。勝ち馬でした。
トップハンデは9年で15頭いて〔130〕。
勝ち馬のハンデは56〜52キロで、平均すると53.67キロ。
2着馬は56〜50キロで、平均53.5キロ。
3着馬は56〜51キロで、平均53.13キロ。
連対19頭中、17頭に芝1800mまたは芝2000mでの勝ちがあり、残る2頭は芝1600mにも中山芝にも勝ちがあった馬。
さらに、連対19頭中、14頭に重賞3着以内があり、1頭にはOP2着がありました。2勝クラス勝ちから2着に来た、昨年のリュヌルージュがこのパターンです。
残る4頭は、3勝クラス勝ちからが2頭、重賞に0秒2差以内ありが2頭です。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔331〕、5歳〔543〕、6歳〔132〕、7歳〔002〕。
5歳馬の好走が目立ちます。
 



 
 
週末の重賞……2021.3.3
弥生賞ディープインパクト記念(日曜・中山)
3歳馬による、芝1800mの皐月賞TR。上位3着までの馬に、優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔420〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔341〕、2ケタ人気馬〔011〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券2本。
2本の万馬券は、5万馬券と3万馬券。両極端な結果となっています。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔223〕。連対4頭、1、2番人気が1頭ずつ、6着馬が1頭。
GT昇格後のホープフルSから〔013〕。掲示板確保の馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔110〕。勝ち馬。
きさらぎ賞から〔101〕。掲示板確保の馬。
京都2歳Sから〔100〕。勝ち馬。
共同通信杯から〔100〕。5着馬。
旧ラジオNIKKEI杯2歳Sから〔020〕。4着以内の馬。
京成杯から〔003〕。4着以内の馬。
OPの若駒Sから〔210〕。4着以内の馬。
1勝クラスから〔220〕。1、2番人気で勝った馬。
新馬勝ちから〔010〕。2番人気で勝ち上がった馬でした。
近2走のどちらも3着を外していたのは、13年の2着ミヤジタイガのみ。この馬も、2戦続けてOP4着。近走好走は必須のようです。
連対20頭すべてに、芝1800m以上の勝ちがありました。これが無い馬は3着に3頭のみです。
また、連対20頭中17頭が2勝以上の馬。これが無い3頭中2頭に、重賞での掲示板がありました。
連対20頭中、OPクラスでの勝ちがあったのは12頭です。
キャリア1戦の馬と、6戦以上の馬は、2着まで。
本番と同じ舞台でのTR。クラシックに向けて、見逃せない1戦です。


チューリップ賞(土曜・阪神)
3歳牝馬による、芝1600mの桜花賞TR。上位3着までの馬に、優先出走権が与えられます。
過去10年、1番人気は〔512〕、2番人気は〔123〕、3番人気は〔120〕。
6番人気以下〔034〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
毎年1〜3番人気が1頭は馬券圏内に来ている、比較的堅めの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
圧倒的に、阪神ジュベナイルF組がよく〔836〕。3着以内が15頭に、2番人気8着と4番人気7着の馬。
クイーンCから〔020〕。4着と5着の馬。
シンザン記念から〔010〕。2着馬。
フェアリーSから〔001〕。3着馬。
OPの紅梅Sから〔100〕。勝ち馬。
エルフィンSから〔012〕。掲示板確保の馬。
1勝クラスから〔111〕。勝ち馬2頭に、5着馬1頭。
新馬勝ちから〔010〕。3番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔010〕。2番人気で勝ち上がった馬でした。
馬券圏内30頭中、前走掲示板外しは2頭のみ。どちらも前走は阪神ジュベナイルFの馬で、前々走はOPクラスで連対を果たしていました。
連対20頭中、16頭に芝1600mの勝ちがあり、残る4頭中3頭に芝1600mの重賞での3着以内が、残る1頭には芝1500mでの勝ちがありました。
また、連対20頭中2勝以上の馬が14頭。勝ち馬はすべて2勝以上の馬でした。
キャリア1戦の馬は2着まで。逆に6戦以上の馬の馬券圏内はありません。
勝ち馬10頭は、すべて前走3着以内。阪神ジュベナイルFのみ2、3着が許されています。
こちらも本番と同じ舞台でのTR。目が離せません。


オーシャンS(土曜・中山)
芝1200m戦。
過去10年、1番人気は〔322〕、2番人気は〔131〕、3番人気は〔220〕。
6番人気以下〔315〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券2本。
近4年は、1または2番人気のいずれかが連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
スプリンターズSから〔011〕。
海外GTの香港スプリントから〔101〕。
阪神Cから〔021〕。
シルクロードSから〔131〕。
他に、京阪杯から勝ち馬が。
京都牝馬S、ダートの根岸Sから2着馬が。
東京新聞杯、阪急杯から3着馬が出ています。
重賞組は、人気、着順不問です。
OPからの成績がよく〔623〕。4着を外していたのは1頭だけ。
最も好相性なのは、ラピスラズリSの連対馬で〔300〕。
3勝クラス勝ち馬の〔101〕というのもあります。
連対20頭中、19頭にダートも含むOPクラスの1200m戦での勝ちがあり、例外の1頭は芝1200mを7戦して連対パーフェクトの馬でした。
ちなみに1200mの重賞勝ち馬は11頭、OP勝ち馬は8頭です。
牝馬は〔351〕。5番人気以内が8頭に、9番人気が1頭です。
年齢別に見ておくと、4歳〔311〕、5歳〔515〕、6歳〔151〕、7歳〔120〕、8歳〔013〕。
ベテランの頑張りに注意が必要です。
また、過去の好走馬が再び、三度の好走を見せるのも特徴のひとつ。具体的に見ていきましょう。
11年勝ったダッシャーゴーゴー、13年2着。
11年3着レッドスパーダ、14年3着。
13年勝ったサクラゴスペル、15年も優勝。
14年2着スノードラゴン、16年3着。
15年2着ハクサンムーン、翌16年も2着。
17年2着ナックビーナス、翌18年、19年、20年も2着。
18年3着ダイメイフジ、翌19年も3着。
年を跨いでのリピートが目立ちます。
今年は18年の優勝馬キングハートと、18年、19年と3着のダイメイフジが登録。出走してきたなら、大穴候補に一考かもしれません。
 



 
 
週末の重賞……2021.2.26
中山記念(日曜・中山)
芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔300〕、2番人気は〔322〕、3番人気は〔312〕。
6番人気以下〔034〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ4回に、万馬券1本。
1〜3番人気で9勝。残る1頭も5番人気の馬でした。
ステップレースは実に様々。まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
有馬記念から〔210〕。
天皇賞・秋から〔120〕。
マイルCSから〔102〕。
海外GTの香港マイルから〔101〕。
秋華賞から〔020〕。
阪神Cから〔002〕。
中山金杯から〔300〕。
京都金杯から〔011〕。
他に、エリザベス女王杯、ダービーから勝ち馬が。
海外GTの香港ヴァーズ、旧朝日CC(現チャレンジC)、ダートの根岸Sから2着馬が。
菊花賞、ヴィクトリアマイル、札幌記念、富士Sから3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
また、OPの白富士Sから〔010〕。2着馬でした。
馬券圏内30頭中、海外も含めた前走GTからが18頭、GUから3頭、GVから8頭。OPからは1頭のみ。条件戦からの馬券圏内はありません。
また、近2走でどちらも掲示板を外していたのは2頭のみ。この2頭は前走GT出走馬です。
連対20頭で見ると、距離短縮で臨んだ馬が15頭、同距離が1頭、距離延長は4頭です。
しかし、3着馬を見ると、10頭中8頭が距離延長組。興味深い傾向かと思います。
連対20頭中19頭に、芝1800m以上での勝ちがありました。
加えて、中山芝に出走経験のある馬が15頭。うち13頭には中山芝での勝ち、または重賞3着以内がありました。
さらに、連対20頭中19頭に重賞勝ちがあり、そのうち17頭は芝1800m以上の重賞勝ち馬です。
牝馬は〔131〕。
年齢別に見ていくと、4歳〔535〕、5歳〔431〕、6歳〔132〕、7歳〔011〕、8歳〔001〕。
若い順にいいようです。
勝ち馬10頭中、7頭までが5番枠より内の馬。残る3頭は、9、9、15番枠。
逃げ馬に勝ちはありませんが、11、12年は4コーナー6番手、13年から昨年までは4コーナー4番手までの馬が勝っています。
内枠から、サッと好位を取れる馬がいいということかもしれません。


阪急杯(日曜・阪神)
芝1400m戦。
過去10年、1番人気は〔222〕、2番人気は〔222〕、3番人気は〔010〕。
6番人気以下〔413〕、2ケタ人気馬〔102〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
近4年は、7、7、11、6番人気が優勝。波乱の度合いが上がって来ているようです。
ステップレースを見ていきましょう。
海外GTの香港スプリントから〔200〕。
交流GTのJBCスプリントから〔010〕。
マイルCSから〔002〕。
阪神Cから〔342〕。
シルクロードSから〔210〕。
京都金杯から〔121〕。
京都牝馬Sから〔010〕。
東京新聞杯から〔002〕。
京阪杯から〔001〕。
重賞組は人気、着順不問です。
芝のOPから〔101〕。掲示板確保の馬。
ダートのOPから〔001〕。5着馬。
3勝クラスから〔100〕。連勝中の馬でした。
連対20頭中16頭に、重賞3着以内があり、そのうち13頭に重賞勝ちがありました。
重賞に掲示板がない馬は3頭。この3頭は、近2走のいずれかで、3勝クラスを勝ち上がった馬です。
連対20頭中、16頭に芝1400mでの勝ちがあり、残る4頭中2頭は芝1200mで5勝以上を上げていました。
芝1600mに勝ちがあるのは12頭。芝1800mに勝ちがあるのも2頭。長い距離への適性も必要なようです。
加えて、連対20頭中、12頭に阪神芝での2勝クラス以上に勝ちがあり、3頭に阪神芝での重賞3着以内がありました。
牝馬は〔122〕。
年齢別に見ていくと、4歳〔134〕、5歳〔522〕、6歳〔332〕、7歳〔111〕、8歳〔011〕。
5歳、6歳の順にいいようです。
逃げも、追い込みも決まります。展開をしっかり読みたいところです。
 



 
 
週末の重賞……2021.2.17
フェブラリーS(日曜・東京)
2021年最初となるJRAのGT競走。ダート1600m戦。
過去10年、1番人気は〔422〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔112〕。
6番人気以下〔224〕、2ケタ人気馬〔110〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券4本。
残る4回も、すべて1000円台。堅いか、波乱か、両極端のGTと言えそうです。
ステップレースを見ていきましょう。
旧JCダートを含む、チャンピオンズCから〔222〕。連対4頭に、2番人気12着馬と9番人気11着馬。
交流GTの川崎記念から〔031〕。連対3頭と、2番人気6着馬。
同じく東京大賞典から〔023〕。掲示板4頭と、4番人気7着馬。
東海Sから〔311〕。3着以内の馬。
根岸Sから〔422〕。3着以内の馬。
武蔵野Sから〔001〕。5着馬。
OPのフェアウェルSから〔100〕。3番人気9着馬です。
連対20頭すべて、前走の着順または人気が“3”以内。
また、交流GTからは2着までとなっています。
連対20頭すべてに、交流戦を含む、ダート重賞での勝利がありました。
また、連対20頭すべてに、左回りでの勝ちが。さらに、左回りの重賞での3着以内がありました。
連対20頭中、17頭にダート1600m以上の重賞勝ちがあり、このうち13頭にはGT勝ちがありました。例外の3頭は、根岸Sから参戦した馬です。
連対20頭、16頭は前走3着以内、4頭は1800mからの距離短縮馬です。
もうひとつ、連対20頭中19頭には、1年以内の重賞勝ちがありました。
勝ち馬10頭で見ると、9頭の前走時の馬体重が、490キロを超えていました。
牝馬は〔000〕。
年齢別に見ていくと、4歳〔311〕、5歳〔434〕、6歳〔323〕、7歳〔031〕、8歳〔011〕。
勝ち馬は6歳までとなっています。
過去に好走した馬の、再び、三度の好走が多いのも特徴です。具体的に見ていきましょう。
12年3着のワンダーアキュート、13年も3着。
14年勝ったコパノリッキー、15年も連覇。
15年2着のインカンテーション、18年3着。
15年3着のベストウォーリア、17年2着。
16年2着のノンコノユメ、18年優勝。
17年勝ったゴールドドリーム、18年、19年と2着。
今年は19年の勝ち馬インティと、昨年3着のサンライズノヴァが出走を予定。要注目です。


小倉大賞典(日曜・小倉)
芝1800mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔212〕、2番人気は〔111〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔282〕、2ケタ人気馬〔032〕。
馬連3ケタはなく、万馬券4本。
9回で6番人気以下の伏兵が連絡み。残る1回も、3着に14番人気という、大波乱のハンデ戦です。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは、複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
AJCCから〔101〕。
日経新春杯から〔031〕。
中山金杯から〔312〕。
京都金杯から〔012〕。
チャレンジCから〔011〕。
その他、有馬記念、金鯱賞、福島記念から勝ち馬が。
目黒記念、愛知杯から2着馬が。
ジャパンCから3着馬が出ています。
重賞組は人気、着順不問です。
OPから〔112〕。3着以内または1番人気に推された馬。
3勝クラスから〔200〕。勝ち馬。
2勝クラスから〔010〕。こちらも勝ち馬でした。
トップハンデは10年で18頭いて〔321〕。
勝ち馬のハンデは58〜54キロで、平均すると56キロ。
2着馬は58〜52キロで、平均55.5キロ。
3着馬は57.5〜53キロで、平均55.75キロ。
54キロ以下の馬の〔131〕というのがありますが、これはすべて近3年でのものです。
連対20頭中、19頭に芝1800m以上での勝ちがあり、残る1頭は小倉芝の連対率が100%の馬。
また、連対20頭中、13頭に重賞3着以内があり、5頭にOP勝ちがありました。
勝ち馬10頭に絞れば、9頭に重賞連対またはOP勝ちがあり、残る1頭には条件戦を連勝中の勢いがありました。
牝馬は〔010〕。
年齢別では、4歳〔312〕、5歳〔315〕、6歳〔220〕、7歳〔242〕、8歳〔020〕、9歳〔001〕。
ベテラン勢も頑張ります。
4コーナーで先頭の馬が〔402〕。この時期の小倉芝は、差し、追い込みのイメージですが、逃げ、先行馬にも注意が必要です。


ダイヤモンドS(土曜・東京)
芝3400mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔610〕、2番人気は〔123〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔225〕、2ケタ人気馬〔200〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
毎年1〜3番人気の馬が連に絡んでいますが、2本の万馬券は5万馬券と12万馬券。15&1番人気と、16&3番人気でのワンツーでした。
軸は人気馬でも、ヒモ荒れに注意が必要です。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔100〕。7着馬。
海外GTの香港ヴァーズから〔010〕。2着馬。
同じくメルボルンCから〔010〕。1番人気13着馬。
AJCCから〔300〕。3着または3番人気に推されていた馬。
ステイヤーズSから〔121〕。4着以内が3頭と、3番人気に推されていた馬。
日経新春杯から〔013〕。人気、着順は不問です。
OPの万葉Sから〔322〕。掲示板確保の馬。
白富士Sから〔110〕。人気、着順は不問。
ダートの師走Sから〔100〕。14着馬。
3勝クラスから〔014〕。4着以内の馬。
2勝クラスから〔010〕。9着馬でした。
条件戦からは、2着が精一杯となっています。
トップハンデは10年で13頭いて〔330〕。
勝ち馬のハンデは58.5〜53キロで、平均すると55.55キロ。
2着馬は58.5〜50キロで、平均54.8キロ。
3着馬は55〜51キロで、平均54.1キロ。
馬券圏内30頭中、25頭はハンデ54キロ以上です。
58.5キロで連対3頭、58キロで連対2頭。重いハンデでもOKのよう。
連対20頭中15頭に、芝2400m以上での勝ちがありました。
また、連対20頭中、9頭に重賞勝ちが、9頭にOP勝ちがありました。
さらに、連対20頭中、14頭に重賞3着以内が、4頭にOPの連対がありました。
馬券圏内30頭中、前走芝2200m以上からの参戦が27頭です。
牝馬は〔000〕。
セン馬は〔121〕。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔334〕、5歳〔321〕、6歳〔213〕、7歳〔111〕、8歳〔121〕、9歳〔010〕。
高齢馬の好走に注意が必要です。


京都牝馬S(土曜・阪神)
牝馬限定の芝1400m戦。
その名の通り、京都で行われていた重賞が、今年は阪神での施行となります。
芝1600mから1F短縮され、芝1400m戦になったのが16年のこと。従いまして、データは過去5年です。
1番人気は〔400〕、2番人気は〔000〕、3番人気は〔001〕。
6番人気以下〔142〕、2ケタ人気馬〔002〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券1本。
残る3回は、1番人気が勝つも、2着は6、7、6番人気で、馬連3000円台。ヒモ荒れに注意です。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔100〕。8着馬。
スワンSから〔100〕。6着馬。
京都金杯から〔101〕。勝ち馬。
OP特別時代も含む、ターコイズSから〔211〕。掲示板3頭に、7着馬。
OPのオーロCから〔010〕。2着馬。
3勝クラスから〔033〕。連対5頭に、3番人気8着馬。
馬券圏内15頭中、前走芝1400m以上だった馬が14頭。芝1200mからは2着に1頭のみです。
連対10頭中、9頭に芝1600mでの勝ちがあり、残る1頭は芝1400mの重賞勝ち馬。
また、連対10頭中、5頭に重賞勝ちが、1頭に重賞2着があり、残る4頭は近2走のいずれかで3勝クラスを勝ったばかりの馬です。
年齢別に見ていきましょう。
4歳〔231〕、5歳〔321〕、6歳〔003〕。
連対は、4歳と5歳の2世代のみとなっています。
 



 
 
週末の重賞……2021.2.12
京都記念(日曜・阪神)
芝2200m戦。
例年は京都で行われていましたが、今年は阪神での施行。
データは京都で行われた、過去10年で見ていきたいと思います。
1番人気は〔222〕、2番人気は〔024〕、3番人気は〔232〕。
6番人気以下〔400〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ1回に、万馬券なし。
毎年1〜3番人気が必ず1頭連対し、馬券圏内30頭すべてが6番人気以内の馬。
そんな中で、6番人気が〔400〕。波乱は6番人気馬が呼んでいるようです。
ステップレースを見ていきましょう。
まずは複数頭を馬券圏内に送り込んでいる重賞から。
有馬記念から〔213〕。
天皇賞・秋から〔110〕。
エリザベス女王杯から〔110〕。
菊花賞から〔110〕。
ジャパンCから〔012〕。
海外GTの香港ヴァーズからの〔210〕というのもあります。
AJCCから〔101〕。
中山金杯から〔110〕。
その他、新潟記念から勝ち馬が。
マイルCS、ステイヤーズSから2着馬が。
宝塚記念、天皇賞・春、海外GTの凱旋門賞、日経新春杯から3着馬が出ています。
前走重賞組が29頭。GT以外なら、4着以内、または3番人気までに推されていた馬です。
残る1頭は、OPのディセンバーSから〔010〕。1番人気1着馬でした。
連対20頭すべてにGT出走歴があり、15頭に3着以内が、2頭に5着以内がありました。
また連対20頭中、19頭に重賞連対歴があり、そのうち16頭には重賞勝ちが、残る4頭中3頭にはGT4着以内がありました。
距離で見ると、連対20頭中、12頭に芝2200m以上での勝ちが、残る8頭には芝2200m以上のGT、GUでの掲示板がありました。
牝馬は〔140〕。当日、5番人気までに推されている必要があります。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔463〕、5歳〔516〕、6歳〔121〕、7歳〔010〕。
4、5歳馬が中心のようです。


共同通信杯(日曜・東京)
3歳馬による、芝1800m戦。
過去10年、1番人気は〔131〕、2番人気は〔212〕、3番人気は〔422〕。
6番人気以下〔222〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
1〜3番人気の馬が、毎年1頭は馬券圏内に入っています。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔030〕。1、3、9着馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔211〕。3着以内の馬。
京成杯から〔013〕。人気、着順は不問。
京都2歳Sから〔001〕。勝ち馬。
OP時代のホープフルSから〔111〕。2着馬2頭に、1番人気10着馬。
OPの若駒Sから〔110〕。3着以内の馬。
1勝クラスから〔322〕。3着以内の馬。
新馬勝ちから〔111〕。1番人気1着馬。
未勝利勝ちから〔100〕。こちらも1番人気1着馬です。
馬券圏内30頭すべてに、近2走のいずれかでの3着以内がありました。
勝ち馬で見ると、10頭すべてが前走3着以内の馬。
連対20頭すべてに芝1600mでの勝ちがあり、そのうち17頭に芝1800mまたは芝2000mでの勝ちがありました。
また、連対20頭中14頭にOPクラスでの4頭以内があり、残る6頭はここがOP初出走の馬でした。
牝馬は〔000〕。
キャリアは不問。
脚質的には、好位差しがいいよう。
出走頭数があまり多くならないこともありますが、それでも勝ち馬10頭すべてが8番枠より内の馬。
2着馬も、10頭すべてが9番枠より内の馬です。
1枠、2枠が連に絡まなかったのは2回だけ。
内枠優勢を覚えておいて下さい。


クイーンC(土曜・東京)
3歳牝馬による芝1600m戦。 データは過去10年ですが、13年は3着同着。従いまして、3着は10年で11頭になります。
1番人気は〔411〕、2番人気は〔412〕、3番人気は〔130〕。
6番人気以下〔016〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタ4回に、万馬券なし。
勝ち馬は4番人気まで。堅めの重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神JFから〔441〕。掲示板6頭に、1番人気馬1頭(8着)、6着と16着の馬が1頭ずつ。
ちなみに、勝った4頭は、すべて阪神JF3着以内の馬です。
フェアリーSから〔223〕。掲示板5頭に、1番人気馬1頭(6着)、9着馬1頭です。
京都2歳Sから〔100〕。2着馬。
ファンタジーSから〔010〕。2着馬。
アルテミスSから〔001〕。2着馬。
OPのジュニアCから〔001〕。勝ち馬。
1勝クラスから〔311〕。3着以内の馬。
新馬勝ちから〔012〕。1番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔011〕。こちらも1番人気で勝ち上がった馬です。
馬券圏内30頭中、29頭が前走芝1600m以上からの参戦。芝1400mからが1頭いるだけです。
さらに、近2走のどちらも連に絡めていなかった馬は2頭だけ。
連対20頭中、19頭に芝1600m以上での連対歴があり、例外の1頭も芝1600mの阪神JFの4着馬でした。
勝ち馬10頭中、9頭に1勝クラス勝ちまたはOPクラスの連対歴があり、例外の1頭は前走重賞(フェアリーS)で1番人気に推されていた馬でした。
キャリア1戦の馬は2着まで。逆に6戦以上の馬は、3着に1頭いるだけです。
面白いのが、勝ち馬の馬番に偏りがあること。
過去10年の勝ち馬10頭中、6番が4勝、9番が3勝、15番が2勝。
この3つの馬番で9勝ですからね。オカルトですが、迷った時には頼りにしてみてはいかがですか?

 



 
 
週末の重賞……2021.2.3
東京新聞杯(日曜・東京)
芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔102〕、2番人気は〔102〕、3番人気は〔310〕。
6番人気以下〔252〕、2ケタ人気馬〔001〕。
馬連3ケタはなく、万馬券2本。
毎年5番人気以下の馬が、連に絡んでいます。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔300〕。人気、着順は不問です。
マイルCSから〔201〕。人気、着順は不問。
菊花賞から〔010〕。11着馬。
阪神Cから〔104〕。人気、着順は不問。
京都金杯から〔123〕。4着以内5頭に、4番人気7着馬。
中山金杯から〔011〕。共に5着馬。
ターコイズSから〔010〕。6着馬。
OPのニューイヤーSから〔131〕。掲示板4頭に、2番人気9着馬。
キャピタルSから〔010〕。2着馬。
3勝クラスから〔210〕。1、2番人気で1着の馬。
阪神C(芝1400m)以外は、すべて1600m以上の芝のレースからとなっています。
コースで言うと、連対20頭すべてに左回りの芝で勝ちがあり、そのうち15頭には東京芝での勝ちが、3頭に東京芝でのOPクラス3着以内がありました。残る2頭は、東京芝は初出走または1走だけの馬です。
距離の面では、連対20頭中、18頭に芝1600mでの勝ちがあり、1頭には芝1600mでの重賞2着がありました。残る1頭は、芝1600mが初めてで、芝2000mの重賞に2着があった馬です。
重賞実績で見ると、連対20頭中、16頭に重賞連対歴があり、残る4頭中3頭は、前走または前々走で3勝クラスを勝ったばかりの馬でした。
牝馬は〔420〕。このうち4頭はGT連対馬、1頭はGT4着馬。残る1頭は、GTは未出走の馬でした。
最後に年齢別に見ておくと、4歳〔444〕、5歳〔245〕、6歳〔410〕、7歳〔011〕。
勝ち馬は、4歳と6歳から多く出ているようです。


きさらぎ賞(日曜・中京)
3歳馬による芝2000m戦。
例年、京都の芝1800mで行われているレースが、今年は距離も変更して、中京での施行となります。
データは京都での過去10年で見ていきましょう。
1番人気は〔321〕、2番人気は〔124〕、3番人気は〔202〕。
6番人気以下〔322〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ5回に、万馬券1本。
近2年は馬連が7000円台。どちらも8頭立て。波乱の傾向が強まったところで、中京にバトンタッチといった感じでしょうか。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔102〕。人気、着順は不問です。
シンザン記念から〔201〕。3着以内の馬。
東京スポーツ杯2歳Sから〔001〕。2着馬。
OPの若駒Sから〔100〕。2着馬。
OP特別時代の京都2歳Sから〔100〕。勝ち馬。
1勝クラスから〔473〕。3着以内が13頭。残る1頭は2番人気4着馬。
新馬勝ちから〔110〕。共に2番人気の馬。
未勝利勝ちから〔023〕。1、2番人気が4頭に、9番人気が1頭です。
連対20頭中、15頭に芝1800mでの勝ちがあり、3頭に芝2000mでの勝ちがありました。残る2頭は、芝1600m勝ちのある馬と、芝1600mの重賞に3着がある馬です。
勝ち馬10頭中、8頭にOPクラスの3着以内、または1勝クラス勝ちがありました。
さらに、勝ち馬10頭中、8頭は新馬勝ちの馬。ただし、近2年は2戦目、3戦目で勝ち上がった馬。デビュー勝ちの必然性は薄れてきているようです。
牝馬は〔100〕。2戦2勝で、当日1番人気に推された馬。
キャリア2、3戦の馬で〔776〕。6戦以上の馬の馬券圏内はありません。

 



 
 
週末の重賞……2021.01.28
根岸S(日曜・東京)
ダート1400m戦。
過去10年、1番人気は〔330〕、2番人気は〔211〕、3番人気は〔130〕。
6番人気以下〔135〕、2ケタ人気馬〔004〕。
馬連3ケタ3回に、万馬券1本。
毎年4番人気までの馬が1頭は連絡み。軸は人気馬でよさそうです。
ステップレースを見ていきましょう。
チャンピオンズCから〔212〕。人気、着順は不問です。
芝のマイルCSから〔100〕。14着馬。
地方交流GTのJBCスプリントから〔010〕。2着馬。
同じく、東京大賞典から〔001〕。3着馬。
武蔵野Sから〔301〕。勝ち馬3頭は4着以内の馬、3着の1頭は14着馬。
カペラSから〔221〕。3着以内の馬。
交流GVの兵庫ゴールドTから〔001〕。5着馬。
OPのキャラクシーSから〔220〕。3着以内の馬。
大和Sから〔020〕。勝ち馬。
師走Sから〔012〕。2着馬と、3、9着馬。
ファイナルSから〔011〕。連対馬。
すばるSから〔001〕。3着馬。
連対20頭中、近2走のいずれかで連対を果たしていた馬が17頭。
残る3頭中2頭には3着が、もう1頭には4着がありました。
近走好走が必要なようです。
連対20頭中、17頭にダート1400mでの勝ちがあり、そのうちダート1400mのOPクラス勝ちが14頭です。
同条件に勝ちがなかった3頭を見ていくと、18年、勝ったノンコノユメは、ダート1400m初出走。ただし、ダート1600mの重賞に勝ちがありました。
20年、勝ったモズアスコットは、ここが初ダートも、芝1400mに勝ちがあり、芝1600mのGT馬。
20年、2着のコパノキッキングは、ダート1400mに2着があり、ダート1200mを3連勝で飾ったカペラSから臨戦の馬でした。
連対20頭中、16頭にダート重賞の連対、もしくはOPクラスの勝ちがあり、2頭にOPクラス3着以内がありました。例外の1頭は、芝のGT馬です。
牝馬は〔000〕。
セン馬が〔210〕。現在、3年連続連対中。
年齢別で見ておくと、4歳〔220〕、5歳〔341〕、6歳〔423〕、7歳〔111〕、8歳〔015〕。
この8歳馬がみんな人気薄。2ケタ人気馬も3頭います。
脚質的には、差し、追い込み馬の天下です。
また、関西馬が〔91010〕と、関東馬を圧倒していることを覚えておきましょう。


シルクロードS(日曜・中京)
芝1200mのハンデ戦。
例年は京都で行われていましたが、今年は中京での施行。データは、京都での過去10年で見ていきたいと思います。
1番人気は〔310〕、2番人気は〔410〕、3番人気は〔210〕。
6番人気以下〔039〕、2ケタ人気馬〔027〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
勝つのは4番人気までの馬ですが、2、3着に穴馬が。特に3着に大穴が来ていて、3連単10万円超が5本も出ています。
ステップレースを見ていきましょう。
スプリンターズSから〔210〕。人気、着順は不問。
阪神Cから〔210〕。2、4着馬と、16着馬。
スワンSから〔001〕。17着馬。
京阪杯から〔321〕。掲示板5頭と7着馬。
OPの淀短距離Sから〔154〕。3着以内8頭に、2番人気5着と、4番人気8着馬。
ラピスラズリSから〔101〕。1着と3着の馬。
尾張Sから〔101〕。1着馬と、2番人気11着の馬。
3勝クラスから〔012〕。勝ち馬2頭と4着馬。
トップハンデは10年で11頭いて〔220〕。
勝ち馬のハンデは58〜55キロで、平均すると56.65キロ。
2着馬は59〜53キロで、平均55.9キロ。
3着馬は57〜53キロで、平均54.9キロ。
55キロで勝った馬は2頭いますが、どちらも牝馬。牡馬換算なら57キロ。
牡馬は56.5キロ以上のハンデの馬しか勝てていません。
2着も牡馬は55キロ以上。53キロは2頭いますが、こちらも共に牝馬でした。
ハンデは背負わされているほうが、“強さの証し”となるようです。
連対20頭中すべてに芝1200mでの勝ちがあり、18頭に芝1200mの重賞連対またはOPクラスの勝ちがありました。
例外の2頭は、前走で3勝クラスを勝ち上がった馬です。
牝馬は〔332〕。
関西馬が〔1077〕。関東馬は2着まで。
年齢別では、4歳〔331〕、5歳〔332〕、6歳〔334〕、7歳〔111〕、8歳〔001〕、9歳〔001〕。
4〜6歳が中心です。
前走芝1200mを走っていた馬が〔898〕、芝1400mが〔212〕。
馬券圏内30頭すべてが、前走は芝1200mか芝1400m。
10年で、9頭の3着馬が7番人気以下。穴党は3着に来そうな伏兵を見つけたいところです。

 



 
 
週末の重賞……2021.01.21
AJCC(日曜・中山)
芝2200m戦。
過去10年、1番人気は〔330〕、2番人気は〔312〕、3番人気は〔112〕。
6番人気以下〔233〕、2ケタ人気馬〔010〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券2本。
毎年、1または2番人気が馬券圏内に来ています。
ステップレースを見ていきましょう。
有馬記念から〔401〕。人気、着順は不問です。
天皇賞・春から〔100〕。4着馬。
菊花賞から〔020〕。勝ち馬と3番人気6着馬。
天皇賞・秋から〔010〕。17着馬。
ジャパンカップから〔001〕。12着馬。
凱旋門賞11着馬の〔100〕というのもあります。
金鯱賞から〔202〕。3着以内3頭と、2番人気8着馬。
ステイヤーズSから〔100〕。3着馬。
福島記念から〔020〕。連対馬。
中日新聞杯から〔013〕。18着の馬と、掲示板確保の馬が3頭。
中山金杯から〔011〕。人気、着順は不問です。
チャレンジCから〔010〕。4番人気10着馬。
OPのディセンバーSから〔021〕。連対2頭と、6着馬。
3勝クラスから〔101〕。1、2番人気で1着の馬。またこの2頭の前々走は菊花賞でした。
芝1800mのディセンバーS以外は、すべて芝2000m以上のレースです。
連対20頭中19頭に、GTまたはGUに3着以内がありました。
また、連対20頭中17頭に、芝2000m以上の重賞での連対歴がありました。
ただし、GT馬の優勝は、昨年のブラストワンピースが、この10年で初となります。
さらに、連対20頭中19頭に、芝2000以上での勝ちがありました。
牝馬は〔000〕。
年齢別では、4歳〔143〕、5歳〔513〕、6歳〔312〕、7歳〔120〕、8歳〔022〕。
馬券圏内30頭すべてが、近2走のいずれかで重賞に出走していました。チェックをお忘れなく。


東海S(日曜・中京)
ダート1800m戦。
1月の中京に移ったのが13年のこと。ただし、昨年は京都での施行。従いまして、データは13年から19年の7回で見ていきたいと思います。
1番人気は〔502〕、2番人気は〔020〕、3番人気は〔011〕。
6番人気以下〔043〕、2ケタ人気馬〔021〕。
馬連3ケタ2回に、万馬券1本。
勝ち馬は4番人気まで。
1番人気の馬券圏内は100%です。
ステップレースを見ていきましょう。
JCダートを含む、チャンピオンズCから〔213〕。人気、着順は不問です。
交流GTの東京大賞典から〔210〕。4着以内の馬。
みやこSから〔020〕。人気、着順は不問。
交流GUの名古屋グランプリから〔010〕。勝ち馬。
OPから〔223〕。4着以内または4番人気までの馬。
3勝クラスから〔101〕。1番人気1着馬でした。
連対14頭中、9頭に交流を含む重賞勝ちがあり、2頭にOPクラスの連対歴がありました。
また、連対14頭中10頭が、ダート1800mで3勝以上を挙げており、ダート1800mで未勝利の馬は2着に1頭だけ。
別の見方では、14頭中13頭に、1700mから2000mのダート戦に4つ以上の勝ち星がありました。
中2週以内の馬の勝ちはなく、勝ち馬のすべては前走掲示板確保の馬。
牝馬は〔000〕。
年齢別では、4歳〔112〕、5歳〔433〕、6歳〔102〕、7歳〔120〕、8歳〔010〕。
5歳馬が中心ですが、ベテランの頑張りも見逃せません。
さて昨年ですが、2、3、1番人気の1〜3着。
年齢は、5、7、6歳馬。
1番人気は馬券圏内100%を維持しましたが、勝ったエアアルマスは武蔵野S1番人気11着から。“掲示板確保の馬”ではありませんでした。
ちなみに、2、3着はそれぞれ、チャンピオンズC7着、3着の馬です。
中京ダートは逃げ、先行馬が優勢。中京に限れば、4コーナーで先頭の馬が、7回で〔310〕。
前々で進められる馬を狙いたいところです。

 



 
 
週末の重賞……2021.01.13
日経新春杯(日曜・中京)
芝2200mのハンデ戦。
昨年までは京都芝2400mで行われていましたが、今年は中京芝2200mに舞台が移ります。
データは、京都での過去10年で見ていきましょう
1番人気は〔431〕、2番人気は〔410〕、3番人気は〔021〕。
6番人気以下〔214〕、2ケタ人気馬〔111〕。
馬連3ケタ5回に、万馬券1本。
1、2番人気のいずれも連に絡まなかったのは1回だけ。
1〜3番人気でのワンツーが5回ある、堅めのレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
菊花賞から〔300〕。掲示板確保の馬。
有馬記念から〔200〕。3着と6着の馬。
ダービーから〔100〕。7着馬。
ジャパンカップから〔001〕。勝ち馬。
アルゼンチン共和国杯から〔010〕。2着馬。
札幌記念から〔001〕。14着馬。
金鯱賞から〔102〕。2番人気8着と、3、4着馬。
ステイヤーズSから〔001〕。3着馬。
中日新聞杯から〔020〕。3着馬。
鳴尾記念から〔010〕。2着馬。
OPの万葉Sから〔001〕。2着馬。
3勝クラスから〔242〕。勝ち馬6頭に、2、4着馬。
2勝クラスから〔111〕。すべて勝ち馬でした。
様々なレースからの好走が見られますが、重賞をまとめてみると、
GT〔601〕。掲示板5頭に、6、7着が1頭ずつ。
GU、GV〔144〕。3着以内5頭に、4、8、14着が1頭ずつ。
ざっくりとですが、なんとなくの傾向は見えるかと思います。
トップハンデは10年で13頭いて〔112〕。
勝ち馬のハンデは58.5〜52キロで、平均すると54.9キロ。
2着馬は56〜53キロで、平均55.1キロ。
3着馬は58〜51キロで、平均55.05キロ。
トップハンデで馬券に絡んだ4頭中3頭は、当日人気が1番人気の馬でした。
連対20頭中、13頭に芝2200m以上での勝ちがあり、残りの7頭には芝2000mのOPクラスでの勝ちか、芝1800m以上の重賞の連対歴がありました。
また、連対20頭中、12頭に重賞3着以内が、1頭にOPでの勝ちがあり、残る7頭中6頭は、前走3勝クラスまたは2勝クラスを勝ち、かつ芝2200m以上に勝ちのあった馬。
例外の1頭は前走3勝クラス4着の馬ですが、この馬にも芝2200m以上での勝ちはありました。
実績か勢いの、いずれかは欲しいといった感じでしょうか。
牝馬は〔011〕。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔841〕、5歳〔144〕、6歳〔125〕。
馬券圏内は3世代のみ。中でも4歳馬が、他を圧倒しています。


京成杯(日曜・中山)
明け3歳馬による芝2000m戦。
過去10年、1番人気は〔231〕、2番人気は〔221〕、3番人気は〔101〕。
6番人気以下〔236〕、2ケタ人気馬の馬券圏内はありません。
馬連3ケタ2回に、万馬券なし。
7番人気の馬が〔222〕。ひと捻り必要なようです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔110〕。2番人気7着の馬と、2着馬。
OP、GU時代も含む、ホープフルSから〔113〕。掲示板確保の馬。
京都2歳Sから〔010〕。5着馬。
OPの萩Sから〔100〕。5着馬。
1勝クラスから〔423〕。3着以内の馬。
新馬勝ちから〔213〕。
未勝利勝ちから〔131〕。
馬券圏内には、前走OPクラスなら掲示板が必要で、例外の1頭はGT2番人気7着の馬。
1勝クラスは3着以内。
距離別で見ると、前走芝1600mからは朝日杯FSのみ。他はすべて芝1800mか、芝2000mからの馬。
近2走続けて3着を外している馬の馬券圏内もありません。
連対20頭中、11頭に芝2000mでの勝ちがあり、残る9頭には芝1800mでの勝ち、または同距離の重賞2着がありました。
牝馬は〔010〕。出走自体が少なく、昨年1番人気で2着のスカイグルーヴのみ。
キャリア5戦以上の馬は2着まで。
一方で、キャリア3戦の馬が〔642〕と連対の半数を占めています。


愛知杯(土曜・中京)
芝2000mで行われる、牝馬限定のハンデ戦。
1月に変わったのが16年のこと。また、昨年は小倉での施行。従いまして、データは16〜19年の過去4年で見ていきたいと思います。
1番人気は〔111〕、2番人気は〔000〕、3番人気は〔000〕。
6番人気以下〔321〕、2ケタ人気馬〔020〕。
馬連3ケタはなく、万馬券2本。
残る2回も7450円、4600円ですから、大波乱の牝馬重賞です。
ステップレースを見ていきましょう。
エリザベス女王杯から〔110〕。
OP時代も含む、ターコイズSから〔110〕。
マーメイドSから〔100〕。
中日新聞杯から〔001〕。
OPクラスからの人気、着順は不問です。
3勝クラスから〔103〕。連対馬。
2勝クラスから〔020〕。勝ち馬。
トップハンデは4年で7頭いて〔111〕。
勝ち馬のハンデは55.5〜53キロで、平均すると54.13キロ。
2着馬は55〜50キロで、平均52キロ。
3着馬は56〜53キロで、平均53.75キロ。
連対8頭すべてに芝1800m以上での勝ちがあり、勝ち馬4頭中3頭に重賞3着以内がありました。
年齢別では、4歳〔012〕、5歳〔321〕、6歳〔111〕。
そして昨年は、9、5、11番人気の1〜3着。
馬連12500円の万馬券。
前走は、ターコイズS6着、エリザベス女王杯8着、万葉S4着。
ハンデは56、53、52キロ。
年齢は7歳、6歳、7歳馬。
また連対2頭に芝1800m以上での勝ちがあったこと。勝ち馬に重賞3着以内があったことも引き継がれました。
舞台が変わっても、波乱の傾向は変わらず。
今年も穴狙いでいきたいところです。
ちなみにハンデ55.5キロ以上は3頭出走して〔201〕。昨年の勝ち馬デンコウアンジュも、56キロでのV。
重いハンデは強さの証しと狙ってみるのも面白いかもしれません。
 



 
 
週末の重賞……2021.01.07
シンザン記念(日曜・中京)
明け3歳馬によるマイル重賞。芝1600m戦。
例年は京都での施行ですが、今年は中京で行われます。
データは過去10年で見ていきます。
1番人気は〔301〕、2番人気は〔321〕、3番人気は〔012〕。
6番人気以下〔354〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券2本。
10年中、9年で7番人気以下の伏兵が馬券圏内に。そのうち8年では連対まで果たしている波乱のレースです。
ステップレースを見ていきましょう。
朝日杯FSから〔122〕。
デイリー杯2歳Sから〔011〕。
京王杯2歳Sから〔010〕。
東京スポーツ杯2歳Sから〔100〕。
アルテミスSから〔100〕。
重賞組は人気、着順不問です。
1勝クラスから〔434〕。掲示板9頭に、2、3番人気だった馬が1頭ずつ。
新馬勝ちから〔121〕。1、2番人気で勝ち上がった馬。
未勝利勝ちから〔211〕。こちらはすべて1番人気での勝ち上がりでした。
連対20頭中、14頭に芝1600mでの勝ちがあり、1頭は芝1600mに2着が。残る5頭には、芝1400mまたは芝1800mに勝ちがありました。
別の見方をすると、連対20頭中、16頭に芝1600m以上での勝ちがあり、残る4頭中3頭に芝1600mの重賞出走歴がありました。
勝ち馬10頭中9頭が前走で1600mを走っていて、例外の1頭は芝1800mに出走。
2着馬も8頭が前走で芝1600mを走っていて、残る2頭は芝1400m、芝1800mの出走馬。
かなりマイルの距離にこだわった、予想の立ち位置でよさそうです。
OP実績は不問。
キャリア6戦の馬は2着まで。7戦以上の馬の馬券圏内はありません。
牝馬は〔321〕。前走1、2番人気で、1着または重賞2着が好走の条件になります。
尚、牝馬で勝った3頭は、レース当日も1、2番人気に推されていました。
過去10年の勝ち馬10頭中9頭までもが、9番枠より内の馬。今年は中京で傾向は変わるかもしれませんが、本来は内有利のレースです。
同じ舞台で行われた今年の京都金杯は、2番と4番のワンツー。果たして、データは受け継がれるのでしょうか?


フェアリーS(月曜・中山)
明け3歳の牝馬限定戦。芝1600m戦。
過去10年、1番人気は〔210〕、2番人気は〔102〕、3番人気は〔401〕。
6番人気以下〔373〕、2ケタ人気馬〔330〕。
馬連3ケタはなく、万馬券3本。
勝つのは1〜3番人気までの馬か、2ケタ人気馬という両極端。3本の万馬券は、すべて3万馬券です。
ステップレースを見ていきましょう。
阪神ジュベナイルFから〔201〕。
アルテミスSから〔100〕。
どちらも掲示板を外していた馬ですが、共通するのは前々走で1着だったということ。これは重要なポイントかもしれません。
1勝クラスから〔373〕。掲示板9頭に、1番人気1頭ですが、人気も着順も低い馬が3頭も連に絡んでいます。
新馬勝ちから〔213〕。
未勝利勝ち、芝から〔222〕。
ダートから〔001〕。ただし、この馬にも芝での2着がありました。
新馬、未勝利の人気は不問です。
勝ち馬の前走はすべて芝1600m戦。
関西馬は〔022〕と、2着まで。
連対20頭中、16頭に芝1600m以上での勝ちがあり、3頭に1勝クラスの芝1600m戦での4着以内が。残る1頭には1勝クラスの芝1400mでの2着がありました。
1勝クラスに勝ちがなくても好走出来てしまうあたりに、難解さがあると言えそうです。
ただし、芝1600m以上のレースで馬券圏内に入ったことのない馬は、2着が精一杯というのも覚えておきましょう。
キャリアは不問。
過去10年の勝ち馬10頭中、8頭が8番枠より内の馬。14番、15番枠での勝ち馬もいますが、基本は内枠。
内に入った先行馬の粘り込みに注意が必要なレースです。
 



 
 
週末の重賞……2021.01.04
中山金杯(5日・中山)
芝2000mのハンデ戦。
過去10年、1番人気は〔313〕、2番人気は〔310〕、3番人気は〔200〕。
6番人気以下〔053〕、2ケタ人気馬〔012〕。
馬連3ケタ1回に、万馬券なし。
勝ち馬は5番人気まで。1〜3番人気が連に絡まなかったのは1回だけ。その時も3着は1番人気の馬でした。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔120〕。人気、着順は不問です。
天皇賞・秋から〔001〕。6着馬。
金鯱賞から〔210〕。2番人気10着馬と4着馬2頭。
毎日王冠から〔100〕。3着馬。
アルゼンチン共和国杯から〔100〕。3着馬。
チャレンジC(朝日CCも含む)から〔133〕。掲示板6頭と、12着馬。
福島記念から〔111〕。勝ち馬2頭と、4着馬。
中日新聞杯から〔101〕。連対馬。
新潟記念から〔001〕。勝ち馬。
OPのディセンバーSから〔131〕。掲示板確保の馬。
3勝クラスから〔102〕。こちらは勝ち馬です。
GTからなら人気、着順は不問。
GU以下は掲示板もしくは1、2番人気に推されていた馬。
例外は、チャレンジC9番人気12着から3着に来た、昨年のテリトーリアルのみ。この馬も前々走では、OP1着の成績を残しています。
トップハンデは10年で12頭いて〔421〕。
勝ち馬のハンデは58〜55キロで、平均すると56.6キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均55.95キロ。
3着馬は57.5〜53キロで、平均55.7キロ。
54キロ以下の馬は〔012〕。勝ち馬10頭と2着馬9頭までが、ハンデ55キロ以上となっています。
連対20頭すべてに、芝1800mまたは芝2000mでの勝ちがありました。
また、19頭が中8週以内(今年は10月31日、11月1日)での出走。冬場の長期休養明けは、割引が必要ということかもしれません。
勝ち馬で見ると、10頭中9頭に複数回のOP3着以内歴があり、残りの1頭は2勝クラス、3勝クラスと連勝で臨んだ重賞初挑戦の馬。
牝馬は〔000〕。苦戦を強いられています。
年齢別にみておくと、4歳〔322〕、5歳〔343〕、6歳〔343〕、7歳〔102〕。
ひとつ年を重ねて、4〜6歳馬でまんべんなく。7歳の好走馬は、5番人気以内に支持された馬でした。
実は13年からの8年中7年で、トップハンデ馬が馬券に絡んでいます。
このレースでの重いハンデは“強さの証し”と考えていいのかもしれません。


京都金杯(5日・中京)
芝1600mのハンデ戦。
例年は京都での施行ですが、今年は中京で行われます。
データは、京都での過去10年で見ていきましょう。
1番人気は〔311〕、2番人気は〔021〕、3番人気は〔320〕。
6番人気以下〔236〕、2ケタ人気馬〔013〕。
馬連3ケタはなく、万馬券1本。
6番人気以下の伏兵が1頭も馬券に絡まなかったのは、1回だけ。
ステップレースを見ていきましょう。
マイルCSから〔121〕。
菊花賞から〔100〕。
毎日王冠から〔110〕。
阪神Cから〔022〕。
チャレンジC(朝日CCを含む)から〔120〕。
中日新聞杯から〔010〕。
ターコイズSから〔001〕。
重賞組は人気、着順不問です。
OPからが最も好相性で〔604〕。すべて掲示板確保の馬で、3着以内7頭に、5着が3頭。
中でも、リゲルS組がよく〔401〕。要注目のステップと言えそうです。
3勝クラスから〔021〕。こちらはすべて勝ち馬でした。
トップハンデは10年で16頭いて〔032〕。
勝ち馬のハンデは57〜53キロで、平均すると55.35キロ。
2着馬は58〜54キロで、平均56.15キロ。
3着馬は58〜53キロで、平均55.1キロ。
ハンデ53キロで馬券に絡んだのは4頭で、内訳は〔202〕。このうち〔201〕が牝馬。連対した牡馬は、すべて54キロ以上と覚えておきましょう。
連対20頭中、17頭に重賞3着以内またはOPでの勝ちがあり、残りの3頭は芝1600mの3着以内率が8割を超えていました。
また、連対20頭中17頭に芝1600mでの勝ちがあったことから、マイル適性の高さは重要なポイントのよう。
ちなみに、前走からの距離延長馬は〔024〕。2着までとなっています。
牝馬は〔202〕。勝った2頭は共に3番人気で、ハンデはどちらも53キロ。3着の2頭は10、11番人気で、ハンデは53キロと54キロ。
牝馬は上手く狙い分けしたいところです。
最後に年齢別で見ておくと、4歳〔442〕、5歳〔322〕、6歳〔322〕、7歳〔023〕、8歳〔001〕。
勝つのは6歳までとなっています。